プロフィール カバー写真
スダ カエエ

TOP USER

スダ カエエ

新店開拓に命をかけるカフェ女王

「今行ってきたお店」を投稿するように心がけています。徘徊系オープンゲッター。お店は足で探す派。年間400件以上目指します♪ノンスモーカー、ノンドリンカー、カフェラヴァー。非喫煙者のための完全禁煙なお食事会「ノンスモ部」やってます。

  • 2199投稿
  • 1304フォロー
  • 15968フォロワー

好きなジャンル

  • フレンチ
  • スイーツ
  • イタリアン
  • パンケーキ
  • カフェ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

ブクギョンチャジャン 新大久保店

店舗情報

西武新宿駅

韓国料理

こちらのチャジャンミョン、この界隈で一番好みかも。 濃過ぎなくてちょっと懐かしい味。 590円という価格も嬉しい。タンスユクとセットにしても1290円。しかもレモネードまでついてきた。 韓国のチェーン店のようだけど、いつも通り真偽は不明w

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

Hello!Donuts

店舗情報

新大久保駅

カフェ

最近の新大久保はクァッペギから始まってドーナツ店が増殖してます。こちらはマラサダスタイルのドーナツ店。 甘いもしょっぱいもさまざまで、選ぶのに悩んだらお持ち帰りもできます。 今日はチョコミン党には嬉しいチョコミントクリームのドーナツ。 ふわふわ生地なのでかじるとクリームが溢れてくるよ。クリームがミルキーで軽くて美味しいです。

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

IVO HOME’S PASTA Trattoria

店舗情報

品川駅

イタリア料理

品川駅アトレのレストランフロアにオープンした、個性的なパスタのお店です。早めのランチでお邪魔しました。 ランチメニューは選べる8種類のパスタにドリンクがセット。 トマトソース系5種類、塩系1種類、クリーム系3種類とあり、どれも美味しそうで迷います。悩んだ挙げ句、シンプルな「ニンニクとトマトと唐辛子のスパゲッティー」を選び、サラダを追加しました。 ランチのサラダは+100円で付けられるにしてはかなりお得感のあるサラダです。ベビーリーフにロメインレタスやケールのようなものまである数種類の葉っぱに、生ハムとパルミジャーノのようなチーズがトッピング。コブっぽいスパイシーなドレッシングでなかなか美味しいです。 しばらくしてセレクトした「ニンニクとトマトと唐辛子のスパゲッティー」が登場。こちらのパスタはスープパスタスタイル。ネーミングからすると非常にシンプルですが、見た目のインパクトは絶大!溢れそうなほどの赤いスープからスパゲッティが顔を出しています。 スープを一口飲むとニンニクとトマトの旨味が強烈に広がります。熱めのスープとパスタをフウフウ冷ましながら巻いて食べていきますが、食べても食べてもなかなか減らない(笑)。この時真っ先に頭に思い描いたのが微乳化系のラーメン●郎をそのままで(笑)。それくらい味もボリュームもパンチがありました。ベースとなるトマトスープもかなり煮つめて凝縮しているのではないでしょうか。旨味すごい。 さらに半分すぎたくらい食べたところで、さらにカップ1杯の粉チーズを投入して、味を濃厚にしていきます。どのタイミングでチーズを入れるかはお好みかとは思いますが、私は一口目のスープのインパクトがすごかったので、そのまま止まらなくなってしまい、危うくチーズの存在を忘れるところでした(笑)。チーズを入れるとまた表情が変わり、バゲットにつけたりしても美味しかったです。 シンプルではあるけれど、決して他店にない個性のある美味しい一品でした。次は看板メニューらしい「絶望のスパゲッティー」を食べてみたいな。 ところでかなりパスタの量が多かったのですが、普通盛りで乾麺150gとのこと。どうかおなかをすかせ、心して行ってください!

スダ カエエ

スダ カエエ

2022

春日(東京)駅

懐石料理

和菓子の岡埜榮泉の茶寮、岡埜荘で朝の御膳。 昨年改装して、元々は夜のみの懐石だったけど、朝昼営業も始めたとのこと。小石川あたりでこんな素敵なあさごはん食べれるとは。朝ごはんは水曜までの予約制です。

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

大衆ジンギスカン酒場 東京ラムストーリー 品川店

店舗情報

品川駅

ジンギスカン

ラムストーリーは突然に。よし、ジンギスカン行こう!とのことで、品川駅港南口の繁華街にあるジンギスカンのお店に行きました。 大衆ジンギスカン酒場とつくだけあって、ジンギスカンだけでなくちょっとしたおつまみなんかもあり、卓上には蛇口。「蛇口系居酒屋」なんて話してたけど、自分のペースと好みで飲めるから良いらしいです。 平日にもかかわらずお店はほぼ満席。お席がだいたい2時間制とのことで、さっそく注文を。 何から伝えれば良いのかわからないまま時が過ぎてしまわないように、ジンギスカンの注文は初回セットから始まります。 生ラムの肩ロースと野菜盛り、オリジナルの薬味の3点セットがでてきました。 ラムはオーストラリア産のチルド。しっとりとして、刺しのバランスも良く、見るからに美味しそう。 それを1人前890円とは思えない厚みで贅沢にカットしています。 少しミディアムレアな感じで焼くのがポイント。クセもなく柔らかくて美味しくいただけます。 ジンギスカン用に用意された自家製のタレがまた良くて、出汁醤油のような旨味と甘さのあるさっぱりとしたタレが、浸けるごとに羊の脂で育っていきます。 ラムがあんまり素敵だから、当然追加肉行くでしょう。 今度は漬け込みの肩ロースと、ラムタン、ラムチョップ。 漬け込み肉は焦げやすいので注意ですね。同じ肩ロースだけど、つけ込まなくても美味しいお肉&タレなので、個人的には漬け込んでない肩ロースでも良かったかな。 あの日あの時あの場所でラムタンに出会いましたが、そのときは薄切り。クセがない印象でしたが、こちらのタンはそれとは違ってしっかり厚切り。 見た目がザ・舌でまあまあグロいのですが、ぜひトライしていただきたいです。タン特有の食感と後から追いかけてくるほのかな羊の香り。羊好きなら絶対気に入るはず。 大好物のラムチョップはひっくり返し、立てたりしてじっくり焼いたあと、はさみで骨から切り離していただきます。脂が甘くて美味しい〜。心揺れます。 合間でラムザップサラダなる創作サラダをつまみます。ラムの薄切りと鶏肉の入った肉ゴロゴロ系サラダ。これはダイエットに最適。 店名やお手洗いに貼られたキャッチコピーなど、ユーモアたっぷりのお店ですが、ラム愛がひしひしと伝わってきます。美味しいラムがいただけて大満足でした。