プロフィール カバー写真
スダ カエエ

TOP USER

カフェ

スダ カエエ

新店開拓に命をかけるカフェ女王

「今行ってきたお店」を投稿するように心がけています。徘徊系オープンゲッター。お店は足で探す派。年間400件以上目指します♪ノンスモーカー、ノンドリンカー、カフェラヴァー。非喫煙者のための完全禁煙なお食事会「ノンスモ部」やってます。

  • 2167投稿
  • 1307フォロー
  • 15979フォロワー

好きなジャンル

  • フレンチ
  • スイーツ
  • イタリアン
  • カフェ
  • パンケーキ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

    京橋 鮨 よこ田

    店舗情報

    宝町(東京)駅

    寿司

    麻布十番の老舗でありながら、ミシュラン8年連続掲載の天ぷら店「天冨良よこ田」さんがプロデュースするお寿司屋さんです。今年オープンのわりと新しいお店で、都内に何店舗かあるうちのひとつです。 「鮨と天冨良会席 特上」17600円のコースを予約していきました。 鮨と天ぷらの両方がしっかりと楽しめるコースです。 コースはお料理からスタートし、お鮨、お料理、天ぷらを挟んでまたお鮨という流れで、次から次へと気がつけば30品も!2時間くらいかかったかな。 この品数なので当然シャリは小さめ、ネタの美味しさを存分に味わえるサイズです。全体を通して赤酢のシャリでしたが、味覚が疲れることなく美味しくいただけました。 「鮨と天冨良会席 特上」17600 ■前菜 5種の盛り合わせ イチジクのクルミ餡、茄子の煮こごり、にしん、あん肝、モロッコインゲンの炙り蒸し プルプルの茄子の煮こごりには炙った栗が。季節が感じられて美味しかったです。 ■椀もの 蟹の真薯はふわふわ。練り梅のアクセント。 松茸入りの椀で贅沢な香りを堪能しました。 ■鮨 前半 前半のお鮨は中トロ 、雲丹の小丼、マハタ、ブリ、車海老、真ツブ貝、赤身。 中トロは蛇腹部分で中トロといえどしっかりと脂ののったもの。 クルマエビは豪快にまるごと1匹を握りに。口の中が海老でいっぱいになって幸せ〜♪ コリコリとした真ツブ貝も美味しいです。 ■茶碗蒸し 鱧との茶碗蒸し。イクラの入った餡とキャビアがのっていて、ぷるんとした茶碗蒸しとプチプチとした魚卵の食感が楽しいです。 ■天婦羅 車海老、鱚、ヤングコーン、ホワイトマッシュルーム、金目鯛、安納芋、おこぜ、ホタテ 鱚の衣の中の蒸したようなふっくらとした具合がとても美味しいです。 オコゼの天ぷらは初めて食べましたが、かなり美味しい!オコゼの形そのままでプリッとした身が特徴的でした。 天ぷらのために用意されたのは天つゆと塩、レモン、おろし。 天冨良よこ田さんのようにカレー塩がないのは、きっとこのあともお鮨が出るからですね。 ■鮨 後半 鯖、縞鯵、赤貝、大トロ、あなご 後半のお鮨は光り物から。踊るような赤貝が大好き。 大トロは炙りか生が選べましたが、生でいただきました。 口の中に入れた瞬間にとろけるような脂が至福〜 穴子のツメはさほど甘さもなく、サッパリとした印象。 ■穴子揚げ出し 最後の穴子が鮨と天ぷらそれぞれで出てくるのが良いですね。 ■巻物 手巻き1本。中には赤貝が入っていて珍しいです。 「海苔が蒸れる」という理由から基本は巻物手渡し。 パリッとした食感が良いですよ。 ■赤出汁 最後は赤だし。具材はなめこでした。 ■季節の甘味とお抹茶 デザートはなんと自家製カステラ! 大好きな底のジャリジャリを思う存分堪能できますw お抹茶椀がついていて食後が爽やかに。 場所は京橋の駅から数分、ビルの地下にあります。店舗は元々は焼き鳥屋さんだったところを居抜きで使っているようでカウンターが高く仕事する手元が見えないのがとても残念ですが、その分気さくにたくさんお話ししてくださり、楽しくお食事することができました。

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

    川崎 鉄板焼き Sublime

    店舗情報

    京急川崎駅

    鉄板焼き

    レストランのジャンルの境界線てどんどん無くなっているなぁと実感しているこの頃。 スブリムがお鮨屋さんとコラボしたお店を出した時はかなり驚きましたが、こちらは鉄板焼き屋さんとのコラボ。あの有名なシグネチャーディッシュが鉄板焼きで味わえるとは嬉しいです。 【ミシュランスペシャルコース ミシュランフレンチ×鉄板焼】 ●アミューズ 滑らかなホワイトアスパラのムースにバフンウニをのせ、コンソメのジュレをトッピング。トップにはキャビア。 アミューズの定番的なひと品ではありますが、穂紫蘇があしらわれていて、軸から外して散らしながら、香りをアクセントにしていただきます。 ●ミシュラン 鮮魚アンサンブル この日の鮮魚は真鯛と炙ったホタテ。 粒にした柑橘とカブのスライスで、サラダのようなサッパリした仕上がり。 バターミルクとネギオイルベースの大葉のソースがドレッシングがわり。 ソルトバランスは控えめで鮮魚の甘さが感じられます。 ここで鉄板焼きの食材を見せていただき、鉄板での調理に入ります。 ●ミシュラン 発酵マッシュルームスープ おーこれこれ!スブリムといえばのビジュアル。 発酵したマッシュルームをうまみ濃厚なスープに、上にはフレッシュのスライス。 スープの中には温泉玉子。この温泉玉子が発酵で角の出たスープの酸をまろやかにしてくれます。 ●鮑鉄板焼き 大好物の鮑。大ぶりのしっかりとしたサイズでまるごと1個いただけます。 肝も大きい!エスカルゴバターでいただきました。 ●シェフの逸品 松坂牛とトリュフのタルタル~キャビア添え~ 松阪牛のゲタをタルタルに。部位的にもしっかりとした味わいのあるお肉です。油の甘さとお肉の味のバランスが良いです。上にはさらにキャビア。 トリュフの香るオイルとほんのり山葵のソースでいただきました。 ●オマール海老鉄板焼き オマールは時間をかけて調理。身が柔らかいです。 海老味噌は掻きだしてジェノベーゼソースに。オマールを余すところなく味わえます。 ●焼き野菜 今回の焼野菜は鮑に添えられていた小松菜も含めると8種類。 2色のズッキーニ、茄子、人参、椎茸、ジャガイモ、大黒本しめじ、マコモダケ。マコモダケが鉄板焼きででるのは珍しいかも。焼くと美味しいですね。 ●松阪牛サーロイン、松阪牛フィレ鉄板焼き このスペシャルなコースはA5の松阪牛をサーロインとフィレ両方いただけるのがすごく嬉しいポイント。じゅんわりとした脂が美味しいサーロインと、きめ細かで柔らかいフィレ。上質なお肉を今回はどちらもミディアムレアで焼いてもらいました。 味付けには出汁醤油、ビネグレット、山葵、ゲランドの塩が用意されましたが、個人的にはしっかりとしたサシのA5サーロインに辛子醤油の組み合わせにハマっているので、無理言って用意していただきました。フィレは山葵&塩がいいですね。 ●ガーリックライス たっぷりの肉の脂をチリチリになるまでやいたガーリックチャーハン。 肉々しくて少し濃いめの味でちょうど良い仕上がり。とても美味しいです。  赤出汁がでてお食事は終了。 ●デザート  鉄板焼きの〆のデザートはシンプルなものが多いのですが、こちらはてんこ盛り。スイーツ好きなのでたまらなくテンション上がりますね! 渋皮栗のアイスに抹茶ケーキ、おいもにパイナップル、蜜漬けのトマト、紅芋チップスなど、見た目も中身も華やか。食後のコーヒー/紅茶も付いていて、ついつい長居しちゃいそうなやつ。 川崎駅近くのビルの8階なので外の景色に期待していたのですが、雑居ビルの多いあたりなので、その辺はあまり期待したほどではなかったです。ただそれなりに建物の高さがある分視界の抜けは良く、圧迫感はかんじられませんでした。 シェフもサービスの方もとても感じよく、フロアに目を配っているので、飲み物のオーダーなどもストレスなくできたのがとてもよかったです。接待に使えるレベルなのはうれしいですね。

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

    六本木駅

    懐石料理

    季節の移ろいは食材で感じられますね。 六本木の日本料理で夏の終わりと秋の始まりを味わってきました。 店名にもなっている店主の三宅輝(ミヤケアキラ)さんは2019年に日本食親善大使に任命された方。岐阜の「うなぎ 日本料理 優月」と行き来するようで、この日はご本人はいらっしゃらなかったのですが、看板料理であるウナギをはじめ、大変美味しくいただくことができました。 【おまかせコース 長月】 先付け:シマエビ 新イカ 若い墨烏賊と縞海老の沖漬け。 若い烏賊は柔らかく、縞海老は素材の甘さが活きる程度の漬け具合。 お椀:蟹真薯 毛ガニの真薯と冬瓜のお椀です。 ふんわりとした真薯と優しいお出汁の味で胃袋が温まります。 向付:鰹 平目 鰹はスモーキーな香りをまとわせてポン酢のジュレでいただきます。鰹自体がとても美味しくとても滑らかな身質。 平目は昆布締めしたものに海苔を挟んでお醤油を塗った磯辺仕立てに。 焼き物:甘鯛 松笠 ぐじの松笠焼。炭火で焼いた甘鯛は大好物。サクサクとしたうろことふっくらとした身がたまらないです。 コリコリとした黒あわび茸と巨大な大黒本しめじを添えて秋の香り。 香露うどん 鮑 輝キャビア 香露うどんは多治見発祥のうどんとのこと。冷たいおうどんに香りのある冷たいつゆをかけていただくものを香露うどんと呼ぶようです。 こちらでは鮑のすりおろしをつゆの代わりにかけ、蒸し鮑をのせたところに、オリジナルの国産キャビアをお好みでのせます。 キャビアの塩気と鮑の旨味でいただくうどん。なんとも贅沢な逸品。 はも 松茸 イチボ 実山椒 繊細に包丁の入った鱧と、松茸、柔らかなイチボをタマネギたっぷりのお出汁に。この時期の松茸は中国産とのことですが、独特の甘い香りがしっかりと香っていました。さっと火を通したイチボが柔らかくてとても美味しいです。実山椒のアクセントともぴったリ。 石川小芋 いちじく 新銀杏 胡麻豆腐 賀茂茄子 紅葉人参 くりぬいた賀茂茄子に旬を盛り合わせ餡をかけたもの。 新銀杏の若い香りが季節を感じさせます。しまった身質の賀茂茄子は餡とよく合うし、むっちむちの石川小芋が美味しすぎる! 器もとなっている茄子も食べれるとのことでしたが、賀茂茄子だけに案外硬く断念。かぶりつくか、ナイフとフォークでないと厳しいですね(笑) シャトーブリアン 雲丹 米沢牛のシャトーブリアンに雲丹を合わせていただきます。 肉の脂の甘さと濃厚な雲丹の味わいにオイスターソースで濃縮感のある旨味を加えます。 上にはたっぷりの木の芽。もしゃもしゃと噛めば香りが広がってお料理全体が軽やかに。 お肉がとても柔らかく程よくジューシーで美味しかった! 真蛸 フルーツトマト 緑酢 サッパリとした真蛸の酢の物。お口直しです。 味の濃いフルーツトマトに紫芽を合わせ、胡瓜のお酢で青々とした爽やかさ。 130年のウナギの蒲焼き 懐石料理でいうご飯にあたるこのお料理が、こちらのお店のメインディッシュといっても過言ではないと思います。 コースの最初に今日いただくウナギを活きた状態で見せていただきました。 つぶらな目の一色ウナギは蒲焼きになって戻ってきました! ウナギのつけダレは、130年もの間受け継がれてきたという伝統のタレ。 地焼きのウナギは香ばしく、脂の旨味とタレの甘辛さが相まって、口の中に長い余韻を残します。 おいしくて、あらためて地焼きの方が好きだなと実感したのでした。 水菓子:らいでんメロン シャインマスカット 赤肉メロンのらいでんメロンとシャインマスカット 白桃の焼きシャーベット 白桃を使ったシャーベットにメレンゲをのせ、ウオッカでフランベ。 香ばしい焦げた香りにレモンをきゅっと搾って、サッパリといただきます。 黒豆茶 夏から秋へのうつろいを存分に味わい、とても美味しくいただけました。 緊急事態宣言下ということもあり、アルコールの提供はなく、そのかわり「しろいぬ」という甘酒とジュースのミックスをソルティードッグのように仕立てたものや、「ホップソーダ割」というホップとエルダーフラワーにトニックを注いでスッキリとした苦さのあるドリンクなど、工夫したノンアルコールカクテルも用意されていました。どちらも美味しかったです。 お料理以外で特筆すべきはその器。 すべて三宅輝さんご自身が作られているそうで、手書きの絵の入った器などもとても素敵でした。器からお料理まで一貫して手がけることができるとは料理人冥利に尽きますね。 個室も用意されていますが、日本料理はやはりカウンター。 お料理が作られていくさまを眺めながら楽しい時間が過ごせました。

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

    鮨 まつもと

    店舗情報

    赤坂(東京)駅

    寿司

    こちらは2019年、2020年とミシュラン1つ星を獲得しているお店となります。検索すると同名のお店が何軒か出てきますが、この赤坂店と新宿店は直系の姉妹店だそうで、大将ももともとは新宿店にいらしたそうです。 江戸前の仕事を施した正当派のお鮨と、独創的なお鮨が混在していて、お料理もなかなかのもの。合わせたお酒なども選べ、かなり楽しめました。 またノンアルコールドリンクもこだわりのものがそろっており、飲めない人も楽しめる仕様。下戸にも良い時代になりました(笑) 【おまかせ握りコース 27500円】 まずは自家製糠漬けと肴菜のうちの3品がワンプレートに。 自家製糠漬けだけひとつのメニューとして記載するだけあって、かなり良いお味。とくにアボカドの糠漬けをマスカルポーネと合わせたものがすごく斬新でしかも美味しい。 肴菜は食感のよい石川のもずくに塩水雲丹をのせたもの、モロヘイヤのゴマ和え、鮴の有馬煮。いやもうこれ、すぐにお酒でしょ、という感じ。 続いてカツオ。 鹿児島産のカツオを土佐作りでにし、タマネギのドレッシングでサラダのようにいただきます。たっぷりのミョウガとかいわれがサッパリして美味しい。 和風のカンジャンセウ。 韓国料理のカンジャンセウを和風にアレンジしたもの。 トロリとした身がたまらない。 松茸と鮎のひと品。 たっぷりの松茸のスープの真ん中には葛そうめんで巻いた鮎が。 松茸は今シーズン初!秋の香り。 ここでガリ登場。そろそろお鮨ですね。 ガリは自家製で2種類。ぶつ切りとスライス、それぞれを赤酢と米酢で漬けたもの。甘くないガリ久しぶりで嬉しい。 お鮨がスタートします。 中トロ コチ 秋刀魚 しょっぱなから中トロ。脂と身のバランスが良く、これはめっちゃ期待できる!と1貫目にして思いました。 秋刀魚も今シーズン初。ほろ苦い肝のソースで。 烏賊と雲丹 このお鮨だけ握りの中で独立したメニューとなっています。スペシャリテ的なポジションなのかな? 馬糞うにを包み込むようにのせた剣先烏賊には細かく包丁を入れ(しかも80回以上!)、雲丹と烏賊という一見相反するような食感のふたつを見事に融合しています。すごい、しかも美味しい。この日一番の驚きの逸品。 続いてお料理に戻り、 優しい味わいの白子とフカヒレの茶碗蒸しに 鯨のベーコンとさえずり さえずり久しぶりに食べましたが、臭みもなくすごくいいおつまみ。 再びお鮨が3貫。 漬けマグロ 縞鯵 鯖の箱寿司 漬けマグロは柚マスタードを忍ばせ、いわゆる一般的な漬けマグロとはかなり印象が違っています。マスタードの風味がすごく印象的。 縞鯵は1週間寝かせてしっかりと旨味を引き出し、 鯖寿司は昆布の甘味が馴染んでとても柔らかくふくよかな味わい このタイミングでこの鯖寿司がとてもよかった。 鱧とポルチーニの湯葉揚げ サクサクの香ばしさとふっくらした鱧の組み合わせ 鴨とフォアグラ トリュフソース キャビア添え まさかの世界三大珍味の競演ですが、嫌みなくきれいにまとまっています。 ピンクペッパーが全体を引き締めていて良いアクセント。 うなぎの西京焼き うなぎがあまり得意じゃない私でも美味しくいただける、西京焼きの底力を感じました。 のどぐろといくらの小丼 さらさらっと書き込める魚卵TKG。 海老のフリットと雲丹 シャリにフリットと雲丹を合わせた変わり寿司。 海苔で包んで巻物のようにいただくと、カリフォルニアロールのような印象です。 カマトロ 脂ののったカマトロの表面を炙って、まるで霜降りの肉寿司のよう。 イシカゲガイ 身は大きめでトロリとした口当たりと、弾力の身は噛むと甘さがあります。はじめていただきましたが美味しい! 大好物のアワビ♪ アワビのうえにビーフンをのせ、濃厚な肝のソースととろろと絡めていただきます。海苔パスタのような潮の香り。 残ったソースには酢飯を入れてリゾットのように。最後まで美味しくいただけます。 巻物はネギトロ。 海ぶどうを一緒に巻いてプチプチとした食感とともに楽しめます。 斬新だけど良いアイディア! 穴子はしっかり焼き目を付けて、たっぷりのツメで。 最後にお椀とプリンのような玉子焼き。 このタイプの玉子焼き、実は大好き。2回デザートが食べれるようでテンション上がります。 甘味にメロンシャーベットで終了。 同行者はうなぎあたりからもうおなかがいっぱいになってきたようで、こうして書き出してみるとかなりの品数が出てたんだなと改めて実感しますが、それを感じさせない良いコースの流れでした。雲丹と烏賊はまた食べたいし、季節を変えてまたいきたいな。

スダ カエエ

スダ カエエ

excellent

    呑み処 左藤 総本店

    店舗情報

    巣鴨駅

    居酒屋

    期間限定でLumiereのカキ氷がいただけるとのことで行ってきました! 超穴場! 予約できるのに誰も予約してないw 11:00〜19:00 8月の間だけっぽいです。 インスタで人気の焼き氷。 メレンゲ×いちご×キャラメル×練乳の組み合わせ。 追いソースもできて、最後まで美味しくいただけます。