Akira Iwamoto

Akira Iwamoto

都内と神奈川県でラーメン、イタリアン、居酒屋をよく利用します。 ◾️ブログ https://ameblo.jp/akilla3loik ◾️食べログ Adamos https://tabelog.com/rvwr/adamos/

  • 470投稿
  • 332フォロー
  • 198フォロワー

好きなジャンル

  • バル
  • 焼肉
  • しゃぶしゃぶ
  • 居酒屋
  • 焼き鳥
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Akira Iwamoto

Akira Iwamoto

excellent

    いまがわ食堂 湘南台店

    店舗情報

    湘南台駅

    魚介・海鮮料理

    小田急江ノ島線、相模鉄道いずみ野線、横浜市営地下鉄ブルーライン湘南台駅 A西口階段より徒歩1分 三浦漁港直卸の新鮮な魚がお安く美味しくいただける『いまがわ食堂 湘南台店』さん。 安政4年創業、今年164周年を迎えた今川商店が運営する食堂です。 まだ時短営業は実施されていますが、酒類提供も開始されたこともあり、全品350円のおつまみとビール、そして、新鮮な魚の旨い定食を食べにおじゃましてきました。 明るく清潔な店内。 ボックスタイプのテーブル席に案内いただきました。 先ずは食べたかったこちらをオーダー。 ■三崎まぐろのもつポン酢 350円 ■サクふわ!肉厚アジフライ 280円 それと ●生ビール(サッポロ黒ラベル)480円 アジフライは、以前別の店舗ですが、とっても美味しかったので、私的には必食メニューなのです。 ホント!ネーミングの通りサクふわ。 このアジフライと生ビールの組み合わせは最強です! 三崎まぐろのもつポン酢は、プリやわで味しみ。 こちらもおつまみに最高! このメニューもいまがわ食堂さんでは私的定番メニューになりました。 嬉しくなってつい日本酒も ● 熊澤酒造 湘南 吟醸 グラス480円 そしてこちら、いただきたかったやつ、 ■秋生しらすの贅沢丼 980円 ご飯の量が大・中・小から選べます。中で。 それに、+300円で定食にしていただきました。 ・南高梅の食前酢 ・選べるお味噌汁 ・三浦野菜の漬物 ・季節の小鉢 ・だし汁〜丼ぶりをお茶漬けに〜 これだけついて+300円は凄い! 三浦で唯一のしらす屋「君栄丸さん」の生しらす。 コロナ禍大打撃の漁師さん応援ということで、売り上げの50%を生産者さんへ還元されているという、素晴らしい企画に微力ながら参加です。 やっぱり秋の生しらす、甘くて美味しいなぁ。 旨いしらすで、旨い日本酒が、さらに旨いなぁ。 途中からはダシ汁をかけてお茶漬けに。 これもたまらない。美味しい。 このだし汁、そのままで飲んでも美味しいんです。 新鮮な美味しい魚と、旨い酒。 昼から幸せな時間でした。 美味しかった。 ごちそうさまでした。 伝票QRコードを読んでセルフレジでの会計も可能です。

Akira Iwamoto

Akira Iwamoto

excellent

    モンスターコーヒー&グリル 神楽坂下

    店舗情報

    飯田橋駅

    洋食

    JR飯田橋西口より徒歩30秒 ステーキ&ハンバーグの専門店「モンスターグリル」が手掛ける新業態。朝はCOSTAコーヒーが飲めるカフェ、昼は豪快肉料理が食べられるグリルダイナー、夜はタパスでクラフトビール やワインが楽しめるバル。「カフェ×肉料理×バル」と様々なシーンで楽しめる『モンスターコーヒー&グリル 神楽坂下』さん。 休日ランチでおじゃましてきました。 1Fはカウンタ席と2人掛けのテーブル、2Fはテーブル席。 お洒落でとても雰囲気良し!です。 2階の窓からみる、神田川の上に居るかのような景色がまた良いですね。 2Fのテーブル席に案内いただきました。 さぁて、何食べよう。 注文はテーブル上のQRコードをよみ、スマホからオーダーします。 ステーキも食べたいし、ハンバーガーも気になる! よ〜し、今日のランチはがっつりいこう! ということで、 ■モンスターGOLDステーキ 1.5サイズ 1,400円 ■アボカドチーズバーガー 1,350円 をいただきました。 こちら普段はクラフトビールを置いているそうなのですが、いまは提供できないため、 ●サッポロ ザ・ドラフティ 微アルで。 ステーキにはサラダ、スープ、ライス(大盛・特盛無料)が付きますがさすがにライスは無しにしていただきました。 油はねしないように紙ナプキンを被せたその下でジュ〜っと心地良い音をさせているステーキ。 早る気持ちを抑えつつそっと外すと、そこには、、 溶岩プレートの上に静座する綺麗な焼き色の分厚い肉塊! ナイフを入れると、綺麗なレアの赤身。 柔らかくてジューシー。美味しいステーキです。 添えられたステーキソースと塩胡椒でいただきましたが、このソースがまた美味しくて嬉しい。 このサイズ、このクオリティでこの価格はハイコスパですねー! そして、アボカドチーズバーガー。 荒めに手切りしたような肉肉しいパティ。 シャキシャキのレタス、フレッシュなトマトとアボカド、とろ〜りとろけたチーズ、ふんわりとしたバンズ、チリビーンズ、どれもレベルが高く美味しい。 潰しても手持ちでは食べられないサイズなので、ナイフで切りながらいただきました。 バーガーサイドにはサラダ、コールスロー、フライドポテトが選べます。 フライドポテトでいただきました。 ウェッジカットです。 雰囲気も良く、美味しくいただけて、とても満足度の高いランチでした。 そうそう、今なら1ヶ月間何度でも 好きな肉を増量できるという嬉しいカード「スペシャルクーポン 肉特盛」が500円で購入できます。 メニューにより50g〜100gも増量できるなんてうれしいですよね! 今度は夜、クラフトビールやワインで高コスパのロッシーニを是非食べに来たいと思います。 美味しかった。 ごちそうさまでした。

Akira Iwamoto

Akira Iwamoto

excellent

    辛麺 華火 飯田橋店

    店舗情報

    飯田橋駅

    ラーメン

    JR飯田橋駅より徒歩5分。 九段下駅からも5〜6分だと思います。 宮崎のソウルフード“辛麺”を、オリジナルブレンドの唐辛子をふんだんに使い、辛さと旨さを極めた珠玉の辛麺が楽しめると噂の『辛麺 華火』さん。 2021年4月にオープンした飯田橋店にランチでおじゃましました。 真っ赤な看板。 目に飛び込む「辛」と「火」の字。 辛いのそれほど得意ではない私ですが、ワクワクしますw カウンター席と2人掛けテーブル席、奥に4人掛けテーブル席からなる店内。 券売機のボタンには、ゼロ辛、小辛、中辛、大辛、激辛、煉獄。6種類の辛麺が並んでいます。それとトッピング、丼・ご飯、デザート、ドリンク。 ここは「激辛」や「煉獄」といきたいところですが、初めてでどの程度の辛さかわからないし、激辛マニアではないので、初心者におすすめスタンダードな中辛にww 着丼を待つ間、気になっていたこちらをいただきました。 ■とろとろ豚なんこつ 450円 ネーミングの通りとろとろ。 酸味もあってこれかなり美味しい。好きです。 ■辛麺 中辛 850円 これと〆用に、 ■焼きチーズ飯 250円 画像で見る激辛や煉獄のビジュアルからすると、おとなしめの見た目ですが、それでも辛そう〜なのが伝わってきます。 先ずはスープを一口。 オリジナルブレンドの赤唐辛子、ニンニク、ニラ、卵、特製合挽ミンチ肉、秘伝のスープが一体となり、旨みと辛さが広がります。まさしく辛旨。 美味しいスープです。 麺はヘルシーなこんにゃく麺。 中華麺も選べますが、華火といえばこんにゃく麺!ということで。 食感は歯ごたえがあってもちもち。 スープと良くあっています。 食物繊維たっぷりのこんにゃく麺に、美肌効果やアンチエイジング効果もあるルチン成分を含んだ蕎麦粉を練り込んでいるんですって。 予想の上をいく美味しさでした! そして〆ご飯。 スープの底に沈んだミンチ肉、卵を絡めて雑炊風に。そこに焼きチーズ。これ絶対美味しいやつだ! うん、思った通り、いやそれ以上に美味しい! もう一つは、「辛麺 大辛」に「完熟トマト変更」 ■辛麺 大辛 880円 ■完熟トマト変更 250円 完熟ホールトマト、粉チーズ、バジルペーストがたっぷりで、大辛なのにスタンダードの中辛よりマイルドに感じます。 これもとてもイイなぁ〜。 このヘルシーなこんにゃく麺と唐辛子のカプサイシン。 コレステロールが気になるこの頃ですが、美味しいのに罪悪感なしで食べられるのも嬉しい! 何よりこの辛旨がクセになります。 汗かきながら食べていたら、サッと冷たいおしぼりを出してくれたり、明るく丁寧なお店の方の対応も気持ちが良かったです。 次回は大辛いってみよう! 美味しかった。 ごちそうさまでした。

Akira Iwamoto

Akira Iwamoto

2021

    ステーキ コケット

    店舗情報

    町田駅

    ステーキ

    小田急線町田駅 東口より徒歩3分 自社熟成ドライエイジングビーフを使用した極上のステーキを中心に、地元の食材、文化にこだわり、ジャンルにとらわれない「武相料理」が楽しめる、シークレットバーを併設した大人のステーキレストラン『Steak Coquette(ステーキ コケット)』さん。 結論からいうと、最高です! 料理の質、味、サービス、お店の雰囲気、どれをとってもレベルが高く、こんなに素敵な大人の隠れ家が町田にあったのかと正直驚きました。 原町田中央通りの手前、ファミマが一入ったビルの8階。 『STRI』の一角をレストランエリアとして展開されています。 扉に小さく“Coquette ”と書かれただけの秘密の扉からシークレットバーへ案内いただきました。 落とした照明、大人の雰囲気漂うバーでアペリティフ。 その後レストランエリアのテーブルに移動し、食事を楽しむという流れです。 このご時世なので、アペロはノンアルコールカクテルですが、洋梨と和梨を使ったスパークリングワインが ノンアルとは思えないカクテル感です。 カクテルと雰囲気を楽しんだ後、テーブルに移動し、いよいよ食事です。 広めのフロアにゆったりと配置されたテーブル。 シークレットバーとはまた雰囲気の異なる、洗練された空間です。 今回いただいたのは、 3種類あるコースの中から、真ん中の、 【熟成黒毛和牛 肩サンカクとスペシャリテのステーキコース】7,800円 薪焼きのステーキと、星付きレストラン出身 久崎シェフのスペシャリテ、フォアグラシガー仕立てが楽しめるコースです。 ドリンクはノンアルコールペアリングでいただきました。 コースの内容は、 ■前菜 ・ヤーコンのスープ ・秦野ピーナッツ味噌 ・香福豚 パテ・ド・カンパーニュ ・馬肉のタルタル ・町田しいたけのマカロン ・海老のカダイフ包み ・三浦姫サザエのコンフィ ・ブロッコリーのソフトクリーム ■スペシャリテ ・至極のフォアグラムース シガー仕立て ■魚 三浦鮮魚のポアレ 秦野野菜 茄子のキャビア・ド・オーベルジーヌ ■メイン 熟成 黒毛和牛 肩サンカク肉のロースト マデラソース 小清水野菜の塩パン包み ■デザート DAIGAKUモンブラン 見た目の美しさにのっけからテンションの上がる8種類の前菜たち。 素材の甘みだけで加糖していないヤーコンのスープ、 町田の味噌の旨さが印象的なピーナッツ味噌、椎茸の味と香りが広がるマカロンなどなど、秦野野菜と町田の馬肉、椎茸、味噌など地の食材を使った、これぞ「武相キュイジーヌ」という前菜です。 フォアグラのムースを葉巻に見立てるという遊び心とセンスが素晴らしいスペシャリテ。 アペリティフをいただいたバーが元々シガーバーだったこともあり、ヒュミドール(葉巻ケース)、シガートレイも実際の葉巻用。 ペースト、パウダー2種類のブルーベリーソースをつけていただくと、口の中でフォアグラが心地よく広がります。 魚は、鯛のポワレ。表面はカリッと香ばしく、中はふんわり。 白ワインベースのソースがとても良く合っています。 茄子の皮の素揚げも美味しい! そしてメイン。 付け合わせの野菜は、小清水野菜塩パン包み。 塩釜焼きのように塩パンで包んで蒸し焼きにした野菜たちは、塩分とパンの旨み、そして野菜本来の旨味がギュと詰まっていてめっちゃ美味しい。 そしてそして、ステーキ。分厚い肩三角です。 美しいロゼ色。 絶妙な火入れ。 薪焼きのため旨味が凝縮されていて、柔らかさと旨味にため息が出ます。 美味しいマデラソースと食感が楽しめるタスマニアマスタードの相乗効果もあり、幸せ!の一言。 200gという量なので、食べきれない場合はサンドウィッチにしてお土産に持たせてもらえます。 食べきれましたが、サンドウィッチが気になり、わざと残してww おみやにしていただき、家に帰って美味しくいただきました。 デザートは、名前からもわかる通り大学いもをイメージしたさつま芋のモンブラン。 中にはメレンゲクッキーが入っていてサクサク食感も楽しめます。 ソースはみたらし。お洒落に、そして美味しく進化した大学いもです。 コンセプトも、味も、サービスも、雰囲気も、どれをとっても大満足! 随所に遊び心も感じる久崎シェフの織りなす素晴らしい料理たち、敷居の高さを感じさせない齋トップサーバーのサービス。 思う存分堪能させていただきました。 絶対また来ます。 そうそう、2回目からは事前にお願いすれば食べたい料理のリクエストにも応えてくれるそうですよ。素晴らしい! 美味しかった。 ごちそうさまでした。

Akira Iwamoto

Akira Iwamoto

excellent

    いまがわ食堂

    店舗情報

    青葉台駅

    魚介・海鮮料理

    東急田園都市線 青葉台駅より徒歩2分 安政4年創業、今年164周年を迎えた今川商店が運営する食堂『いまがわ食堂』さん。 三浦漁港直卸の新鮮な魚が安くいただけるんです。 明るく清潔な店内は、カウンター席、テーブル席、ボックスタイプのテーブル席で構成されています。 メニューには、大トロ炙りさば、三崎まぐろのレアカツ、肉厚アジフライなどの定食メニュー。 ごまさば、釜揚げしらす、三崎まぐろのネギトロなどなど、魅力的な丼たちが並んでいます。 他にも、刺身をはじめとする一品料理たちも安くて美味しそう。 まぐろ酒盗かけ冷奴、湘南シラスおろし、地だこきゅうりなどのおつまみは、なんと全品350円(税込)という嬉しい価格設定です。 どれも美味しそうで迷うなぁ。 いただいたのは、 ■名物 ごまさば丼 780円 ■肉厚アジフライ 280円 丼は+300円で定食にできるとのことで、そうしていただきました。 定食は、ご飯と量と味噌汁の具が選べるようになっています。 これも嬉しい配慮ですね。 ご飯、中盛り 味噌汁、青さ海苔 でいただきました。 ちなみにご飯は、大・中・小 味噌汁は、わかめ、青さ海苔、お麩 から選べます。 ほどなくやってきた大きな白木のトレイには、 南高梅の食前酢と、 ごまさばが美しく盛られた丼、 大きなお椀の味噌汁、 卯の花、 大根の漬物、 すり鉢に入った胡麻、 そして、だしの入った鉄瓶。 先ずは食前酢からとのことで、こちらから。 梅の甘みがイイ。飲みやすい。 でばでは、ごまさば丼を。 見るからに美味しそうなごまさば。中央に卵黄。 そこに、すり鉢ですった胡麻をかけて、崩した卵黄と一緒にいただきます。 あ、美味しい! 新鮮で肉厚のさばが美味しいなぁ。 お好みで自家製の甘醤油を加えるのもイイですね。 半分ほどいただいたら、そこにだし汁をかけ、ごまさば茶漬けにしていただきました。 これもイイ。美味しくて、サラサラとあっという間に完食です。 肉厚アジフライは、その名の通り肉厚!この見た目から既に美味しさが伝わります。 すり鉢で擦った胡麻と自家ブレンドまろやかソースをかけて一口。 サクッとした歯応えのあと、ふわふわで柔らかい肉厚のアジ。 これは美味しい! あ〜、ビールが飲みたい。 アルコール類の提供が可能になったら、こちらの魚たちを肴に美味しいお酒を飲みにまた来ようと思います。 美味しかった。 ごちそうさまでした。