プロフィール カバー写真
Kazuyoshi Koshiyama

TOP USER

Kazuyoshi Koshiyama

延べ6000軒!ジャンクから高級店まで垣根なく

Rettyが公認制度を始めた2014年から9年連続で、公認ユーザー・トップユーザーを務めています。 食べるの大好き、呑むのも大好き。 ランチ・ディナー・飲み屋など、日々開拓中です。 基本大食いですが、シャレ乙な店も大好き。 三度のメシより、メシが好き。 2013年5月Retty利用開始。

  • 5104投稿
  • 780フォロー
  • 18663フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • ビュッフェ
  • しゃぶしゃぶ
  • 焼き鳥
  • フレンチ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

町田駅

中華料理

旨くて安いテーブルオーダー式中華バイキングの人気店・南国亭! 南国亭は、都心を中心に13店舗が展開されているようです。 こちらは、町田駅からすぐの雑居ビルB1Fにある、町田本店。都内23区外ではここにしかありませんが、店名に本店と付くので、ここが本店なんですね。 iPhoneのバッテリーが劣化してしまったので交換しに町田までやって来たので、交換待ち時間中にこちらでランチ。 ランチと言っても14:30頃という遅い時間ですが、ここは11:00の開店から23:00の閉店までいつでも食べ放題ができるので、とてもありがたい♪ 食べ放題は、2時間100種類食べ放題のスタンダードなコースで、1人2198円。 他に、薬膳美肌火鍋付きのコースもあります。 食べ放題コースの場合はワンドリンク制とのことで、黒烏龍茶(418円×2)もオーダー。 テーブル上にお茶が置かれているので、本当はいらないんですけどね…(^^;) 2人で食べたものは、以下の通り。 焼き餃子、春巻き、小籠包、肉焼売、ピータン、冷やしトマト、胡瓜の浅漬け、イカと胡瓜の辛味和え、ネギチャーシューの辛味和え、きくらげ冷製甘酢風味、青菜炒め、海老チリソース、黒酢酢豚、茄子と豚肉細切り甘辛炒め、回鍋肉、イカときくらげ炒め、広東麻婆豆腐、海鮮麺、タピオカココナッツミルク、バニラアイス、杏仁豆腐、ごま団子 海鮮麺とかは普通に一人前の量が出てきてしまったのですが、隣のテーブルの人が「少なめで」と頼んでいるのを見て、少なめできるんだったらそうすれば良かった…と(^^;) 春巻きとか小籠包とか焼売とかごま団子などは、1個からでもオーダーできます。これはたくさんの種類を食べたい人にはありがたいですね(^^) 料理は、「食べ放題だから…」というものではなくしっかりクオリティあり、どれもハズレなしでした。 もうお腹いっぱい…(^^) 通し営業でいつでも食べれて、お値段も安いので、とても使い勝手の良い中華食べ放題。ここは再訪ありです! #中華  #食べ放題

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

江戸麺 GOODLE

店舗情報

高田馬場駅

ラーメン

ラーメン激戦区・高田馬場に参戦してきた、新顔ラーメン店! オープンしたのは、今年の6月下旬です。 久しぶりに高田馬場に来たので、勤務終了後にもちょいと新顔店を拝んできました。 場所は、駅から早稲田通りを西に進んだ先。 店名のGOODLEは、GOODとNOODLEと合体させた造語とのこと。まぁ、そうだろうなとは思いましたが(^^;) 20時ちょうどに入店。先客無しで少し不安になりましたが、すぐにぞろぞろと客がやってきました。良いタイミングだったようです。 店内はL字型カウンター席が7席だけと、こじんまり。 なんと、カウンター席のテーブルが畳敷き! そのせいで、めっちゃ和風な雰囲気。扇子も置いてあったりして。BGMはバリバリな音楽でしたが(^^;) しかし、この畳敷きのカウンター、汚れちゃったりしないのかな…? 券売機で、「細麺」をポチッとすると、醤油・鶏白湯・貝塩の3種類が表示されました。「太麺」のほうには、煮干しとまぜそばがあるようです。 醤油グードル(900円)をポチリ。 5分ほどで、着丼。 非常に美しいビジュアルのラーメン! ザ・醤油!といった感じの濃い醤油色スープに、麺線が綺麗に揃い、チャーシュー、穂先メンマ、海苔、そしてクルクルと巻かれた青ネギ。 スープは、5種類の地鶏のほかに、豚ガラと豚足、さらに魚介系や昆布、椎茸なども投入してじっくりと煮出した清湯スープ。 そこに、6種類の醤油をブレンドしたタレと鶏油を加えているとのこと。 まろやかな甘みを強めに感じる、とても美味しいスープ! 麺は、低加水の中細ストレート麺。 しっかり煮込まれたチャーシューも、めっちゃ長い穂先メンマも、美味♪ とてもバランスの取れた、美味しいラーメンでした。 しかし、ここの店主は、ラーメン店で修行したような経験がないらしく、独学で準備してきたんだそうで、それもまたびっくり。 知恵と情熱があれば、こんなに美味しいラーメンが作れるんですね。長く頑張ってほしいものです(^^) #ラーメン

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

豊栄過橋米線 高田馬場3号店

店舗情報

高田馬場駅

中華料理

高田馬場に新しくできた、現地感がバリバリに溢れる過橋米線のお店! 初投稿いただきます(^^) 一ヶ月ぶりの高田馬場。どこでランチにしようかと、とりあえず駅から北西に伸びる、さかえ通りへ。高田馬場一番の、飲食店が連なるエリアです。 ふと見ると、見覚えのある豊栄過橋米線の看板を掲げたお店ができてるじゃない。 高田馬場3号店という店名ですが、大久保に本店があり、高田馬場2号店に次ぐお店ということらしい。高田馬場に3店舗あるわけではありません。 高田馬場2号店は早稲田通り沿いにあり、ここも3年半ほど前のオープン直後に訪問しています。 お店の前に若者の人だかりができていましたが、これは弁当やおかずのテイクアウトを購入する人たちみたい。 店内に入ると、4人テーブル3卓と2人テーブル2卓というこじんまりした空間で、ちょうど出て行くグループと入れ替わりで入れました。 店員も客も、自分以外全員中国人らしく、現地語で会話されているので、飛び交う言葉が何一つ分かりません(^^;) このあたり、アジア各国から来た外国人だらけですからね。 でもそれに怯んでいては、美味しい異国料理は食べられませんので(^^) 正宗雲南米線という、厨房で調理されて出してくれる米線も気になりましたが、ここはやはり店名にもなっている過橋米線を。 2号店ではラム肉過橋米線を食べたので、ここでは鶏肉過橋米線(950円)にします。 過橋米線は中国雲南省の麺料理で、煮えたぎったスープと油が入った鍋に、米線と呼ばれる麺と野菜や肉など生の食材を入れ、スープの熱で具を加熱調理する料理です。 さぁ出てきたぞと思ったら、間髪入れずに麺と具を鍋に投入されてしまいました… 鍋と麺と具の写真を撮りたかったんだけど…(^^;) スープは鶏ガラや豚骨をベースにした、やや白濁した塩味スープ。表面には鶏油が浮いています。 よく出汁が出ていて、山椒が舌にビリビリくるくらい入っています。スープだけ飲んでも美味しくて、クセになる味♪ 米線と言われる麺は、見た目も食感もほぼうどん。でも、うどんとは何かが違う。 断面はまん丸で、結構ボリュームありました。 具は、ほうれん草、もやし、きくらげ、豆腐皮、うずら卵など。 これだけでも十分に美味しいのですが、卓上にあった「食べるラー油」が美味しそうだったので、投入。 食べるラー油ならさして辛くないだろうと思ったのですが、これがこれが… もうおかしいくらい辛い。これ絶対に「食べるラー油」じゃないし(^^;) あとは、食べ終わるまでずっとヒーハーしっぱなし。やられました…(^^;) 鍋のスープで大量に薄めたりして、なんとか完食。中国4千年の歴史の威力を見せつけられました…(^^;) 終盤に辛さ調節はミスりましたが、やはり満足度高い過橋米線でした! #中華  #過橋米線

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

good

スターバックスコーヒー お茶の水サンクレール店

店舗情報

淡路町駅

カフェ

JR御茶ノ水駅・聖橋口、目の前にドーンと建つ煉瓦造りっぽい建物のサンクレール1Fに入っている、スターバックス。 この上ない条件最高の一等地で、目に付く場所でもあるので、当然ながら人気です。 いつもだいたい混んでいて、特にランチタイムなどはお店の外まで行列が続いていることも多々。 この日は朝に「サイズアップモーニング」で頼んだコーヒーを元手に、ワンモアコーヒーを。 スターバックスカードで支払うと、2杯目のコーヒーは108円、カフェミストは162円で飲めちゃうという、ワンモアコーヒー。買わなきゃ損みたいな価格なので、いらなくてもつい買っちゃいますよね(^^;) 自分はスターバックスカードを持っていないので、50円ほど高くなっちゃいますが…。 で、カフェミストにしました。テイクアウトで216円。 朝と同じく、Grandeサイズ。 ちょっと精算時にアタフタしていて、クソ暑い日だったのにアイスでと伝えるのを忘れてしまい、ホットで出てきてしまった…(^^;) 汗をかきつつ、熱いカフェミストを持って、職場へ。 扇子で猛烈に扇ぎつつ、一服。 熱くて暑いけど、ホッとします♪ #カフェ  #コーヒー

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

2022

ブリーズ ヴェール ザ・プリンス パークタワー東京

店舗情報

芝公園駅

フランス料理

キリ番投稿は、芝公園にある、ザ・プリンスパークタワー東京の33Fにあるフレンチ。 実はこのホテル自体にも初めて入ったのですが、ホテルもお店も想像以上に素晴らしいところでした! まずは駐車場からして広く、そのフロアから33Fまで上がるエレベータが設置された中央部分がてっぺんまで吹き抜けになっていて、圧巻!(@_@) お店は、広々としている中にテーブルが点在し、天井や壁は白く、窓が一面にとても大きく取られていて自然光が差し込み、すごく明るく開放的な空間になっています。入った瞬間に、これは素晴らしい!と感じました(^^) 通されたのは、窓側から一段高くなっている席。残念ながらお店自体が東京タワーの反対側に位置しているので東京タワーは見えませんが、眼下に広がっている東京の街が望めます。遠くには、レインボーブリッジもちらりと。 まずは、ドリンクで乾杯! 自分は運転手なので、クランベリージュースで。妻はスパークリングワイン、娘は白ワインを。 では、コースのスタートです(^^) ■前菜 鮪と茄子のモザイク仕立て ガルバンゾーのフムスとタプナードを合わせて トマトやエシャレットで作られたテリーヌのような料理で、周りはナスで包まれ、マグロがモザイクのように埋め込まれています。 わさびソースや、ひよこ豆とバターで作られたソースと共に。 ■パン ミルクロール、ライ麦パン、カンパーニュ おかわりを勧めてくれるので、計7つも食べちゃいました ■スープ バジル香る冷製コンソメスープ ホウボウの出汁を合わせたコンソメスープをジュレにした一品。 その下には、ホウボウの身、トマト、インゲン、冬瓜などが隠され、上にはバジルのソースがちょんちょんと乗せられています。 ■メイン ・白身魚のソテー アニス風味の野菜のラグーとともに 本日の魚はスズキ。皮はパリッと、身はふっくらと。白ワインとバターのソースで。 ・霧島豚肩ロースのロースト チョリソーのクロメスキ添え 低温調理されていますが、結構レアめ。赤ワインを煮込んだソースで。添えられたコロッケが美味しい! ■デザート パッションフルーツのブリュレ 半分凍っているブリュレの食感が珍しい。フレッシュマンゴーや、マンゴーのソルべと共に。 ■カフェ コーヒー&紅茶 なくなるとすかさず、おかわりを聞いてきてくれました。 とてもラグジュアリーな空間で、ゆっくりと食事を楽しむことができました。 接客もすごく丁寧で、こちらの気持ちを悟って先取りしてくれるところは、さすがです。 料理もサービスも、予想をかなり上回るクオリティと満足度でした♪ #フレンチ  #ホテル