プロフィール カバー写真
Kazuyoshi Koshiyama

TOP USER

Kazuyoshi Koshiyama

延べ6000軒!ジャンクから高級店まで垣根なく

Rettyが公認制度を始めた2014年から11年連続で、公認ユーザー・トップユーザーを務めています。 食べるの大好き、呑むのも大好き。 ランチ・ディナー・飲み屋など、日々開拓中です。 基本大食いですが、シャレ乙な店も大好き。 三度のメシより、メシが好き。 2013年5月Retty利用開始。

  • 5823投稿
  • 824フォロー
  • 18707フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • ビュッフェ
  • しゃぶしゃぶ
  • 焼き鳥
  • 丼もの
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

good

GW道東の旅、その7。 日本最東端にあるスタバ! 以前は釧路鶴見橋店が日本最東端のスタバだったようですが、2018年にここができて最東端の座を奪取したようです。 しかし、網走から女満別、小清水、斜里、標津、野付半島、釧路と走ってくる間は、一面の畑や山ばかりで、まぁ本当にほとんど何もない地ばかりだったので、釧路がやたらと都会に見えます(^^;; なんていっても、釧路には2軒もスタバがありますからね。圧倒的大都会です。 入ってしまえば、イオンもスタバも、東京と変わりなし。 広くて綺麗。 客はほとんど入っていませんが…(^^;; 購入したのは、アールグレイのホット(480円)。 味も、東京と変わりなし。 安定しています(^^) そういえば、日本最西端のスタバは石垣空港にあるお店で、ついでに日本最南端でもあるそうです。 そこには2月に行ったばかりなので、日本最東端・最西端・最南端は制覇ということか。 あとは最北端か… GW道東旅行 1軒目:たんちょう    <釧路空港>(スパカツ、豚丼)  2軒目:摩周湖カムイテラス<摩周湖>(摩周湖の霧ソフト) 3軒目:喜八       <網走>(北海道名物いろいろ) 4軒目:モリヤ商店    <網走>(かにめし、ほたて弁当) 5軒目:北見食品工業直売所<網走>(揚げかまぼこ) 6軒目:レストランノツケ <野付半島>(いくら丼、ジンギスカン定食) 7軒目:スターバックス  <釧路>(紅茶) #カフェ  #日本最東端スタバ

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

GW道東の旅、その6。 トドワラで有名な野付半島の先端部にある、野付半島ネイチャーセンター内にあるレストラン! この日のランチは知床で食べようと思っていたのですが、一本道である知床峠がGWなのに凍結で通行禁止になってしまい、致し方なく回避。 そこで、野付半島のほうに行ってみました。 野付半島は、半島全体が日本最大の砂嘴。 立ち枯れたトドマツが海水の浸食と潮風によって朽ちた「トドワラ」。 ミズナラが立ち枯れたまま残る「ナラワラ」。 荒涼とした景色が広がった一帯は、まさに「この世の果て」のような絶景! 野付半島ネイチャーセンターは、トドワラ観光の拠点となる場所にあります。 すでに時刻は15時近くでしたが、ここに来るまで全く食事をとる店が見当たらなかったので、もうお腹ペコペコ(^^;; ネイチャーセンターまで来れば何か食べられるだろうという算段でやって来ました。 レストランは、お土産コーナーの奥にあり、15:30ラストオーダーで、16:00閉店。 ギリギリセーフ。危なかった~(^^;; 窓の外には遥か彼方にトドワラへと続く道が見えます。 メニューは、定番のラーメン類やカレーなどの他、ホタテバーガーや丼物、定食など。 知床で食べるつもりだった海鮮系が良いなと思い、自分と娘はいくら丼(1500円)、妻はジンギスカン定食(1100円)。 提供されたいくら丼は、小ぶりな丼ですが、いくらがびっしり! キラキラ輝いていて、美しい これにサラダ、味噌汁、漬物付き。 これで1500円は破格! いくらは、粒々がしっかりしていて、ねっとりした食感。 でも、粒々を噛むとプッチプチ。 美味しい♪ これは札幌とか街で食べると、倍額くらいはするでしょうね。 我慢した分、素晴らしい丼に出会うことができました(^^) GW道東旅行 1軒目:たんちょう    <釧路空港>(スパカツ、豚丼)  2軒目:摩周湖カムイテラス<摩周湖>(摩周湖の霧ソフト) 3軒目:喜八       <網走>(北海道名物いろいろ) 4軒目:モリヤ商店    <網走>(かにめし、ほたて弁当) 5軒目:北見食品工業直売所<網走>(揚げかまぼこ) 6軒目:レストランノツケ <野付半島>(いくら丼、ジンギスカン定食) #いくら丼  #海鮮丼  #ジンギスカン  #野付半島

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

GW道東の旅、その5。 職人が手作りしたかまぼこを選ぶと、その場で揚げてくれるという面白いお店! 初投稿いただきます。 実は、冷凍すり身発祥の地と呼ばれている網走。 そんな網走で、揚げかまぼこや、筋子、いくら、帆立貝柱、新巻鮭などの北海道名産を製造・販売している北見食品工業の直売所です。 店内の中央に置かれている、揚げかまぼこのコーナー。 並んでいる「揚げ前かまぼこ」は、ほたて天、かに天、えび天、やさい天、いか天、たい天、たこ天、長天、チーズ天、かぼちゃ天、ごぼう天、えびざんぎ。 この中から好きなものを選んで、パン屋さんのようにトングで取ってお盆の上に乗せていきます。 チョイスしたのは、ほたて天(238円)、かに天(188円)、いか天(128円)、長天(90円)。 お盆を渡すと、おもむろにお姉さんが屋台のような「揚げたてコーナー」に移り、かまぼこを油へ投入! 適当にやっているように見えて、ちゃんとモノによって時間差で油へ投入しているあたり、さすがプロ(^^) 揚げ上がったかまぼこは、お見事なキツネ色に仕上がっていました。 ここでは食べられないので、車に戻って実食。 アツアツなので、少し冷ましてから。 フワフワで美味しい~♪ なにげに、いか天のコリコリ食感がクセになるかも(^^) どれもジャンボサイズで、良いおやつになります。 網走に来たら訪れる価値あり、です! GW道東旅行 1軒目:たんちょう    <釧路空港>(スパカツ、豚丼)  2軒目:摩周湖カムイテラス<摩周湖>(摩周湖の霧ソフト) 3軒目:喜八       <網走>(北海道名物いろいろ) 4軒目:モリヤ商店    <網走>(かにめし、ほたて弁当) 5軒目:北見食品工業直売所<網走>(揚げかまぼこ)  #かまぼこ  #揚げかまぼこ

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

網走駅

弁当屋

GW道東の旅、その4。 昭和13年から網走駅で名物駅弁「かにめし」を販売し続ける、老舗の弁当屋。 網走で泊った翌朝の朝ごはんとして購入しに行きました。 しかし網走駅は趣がありますね。 横にだだっ広い造りで、正面には力強く駅名が縦書きされた看板。網走刑務所を出所する人が二度とよこしまな道に逸れてしまうことのないようにと、縦書きにしているんだそうです。 他にも、アイヌの像があったり、網走監獄のフォトスポットがあったり。 でも、石北本線と釧網本線が乗り入れてはいるものの、発車は1時間に1~2本。「最果て」という言葉が似合う侘しさが漂っています。 駅弁は駅構内でも販売しているようですが、早朝8時前だったのでまだ営業していないようで、駅前ロータリー内に建つ本社ビルの販売店で購入。 一番の名物は「かにめし」(1100円)ですが、他にも「ほたて弁当」(900円)、「かにいくら」(1580円)、「鮭いくら」(1380円)、「いくら数の子」(1280円)などもあります。 自分と娘は「かにめし」、妻はカニがNGなので「ほたて弁当」を。 ホテルに戻って、実食! まずは、かにめし。 創業当時から変わらぬ看板駅弁で、炊き込みご飯の上には、網走産のカニのほぐし身がたっぷり。 カニは、地元の醤油蔵から仕入れた醤油で薄味に炊き込んでいるそうです。 いや~、贅沢♪ 甘辛く煮つけられた椎茸、錦糸卵、昆布が、ビシッとカニの風味を引き立てています。 ほたて弁当も、かにめしと同様に長く愛され続けている駅弁。 炊き込みご飯が敷かれ、その上に椎茸と錦糸卵が乗っているのはかにめしと同じ。 カニではなく帆立が散りばめられているところが、違い。 帆立は甘辛く煮つけられていて、10個も乗っていました。 オホーツクの海の幸を堪能できる、宝石箱のような駅弁でした(^^) GW道東旅行 1軒目:たんちょう    <釧路空港>(スパカツ、豚丼)  2軒目:摩周湖カムイテラス<摩周湖>(摩周湖の霧ソフト) 3軒目:喜八       <網走>(北海道名物いろいろ) 4軒目:モリヤ商店    <網走>(かにめし、ほたて弁当)  #駅弁  #弁当  #GW道東旅行

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

桂台駅

居酒屋

GW道東の旅、その3。 網走にある、老舗の居酒屋。 これまで2回発行されたミシュランガイド北海道で、2期連続のビブグルマンを取得した名店です。 旅行が決まり行程を決めた後、すぐに予約しました。2ヶ月前くらいだったかな。 ホテルからお店まで、徒歩で約20分。この間が、寒いのなんのって… 気温はまだ数℃あるようでしたが、ダウンを着込んでいても、凍えそうなほど。 もうGWで、東京では30℃近くあったようなのに、さすが網走…(^^;; 予約は20時。 一応、網走の中でも繁華街に位置する商店街にありますが、この店以外は全てすでにシャッターが下ろされていて、周囲に人っ子一人いません。 さすが、網走…(^^;; 店内に入ると、その暖かさにホッとします。 店の中央には厨房を囲む形で変形のカウンター席があり、通されたのはその周囲に配置された座敷席。 靴を脱いで上がる、掘り炬燵式の席です。 北海道セットという、北海道名物が詰め込まれたお得そうなセットもありましたが、今回はアラカルトで。 お通しは、ホタテ貝のマリネ的なやつ(440円)。 ■くじらづくし(2420円) 左から、鹿の子(アゴ)、ハツ、タン、畝須(ベーコン)、赤身。 貴重な鯨の肉♪ ■エゾ鹿肉のたたき(968円) 北海道ジビエの代表格、エゾ鹿。 たたきなので半生で、しっかりした食感。 タレがジュレになっていました。 ■ごま入りザンギ(836円) 北海道といえばの、ザンギ。ゴマ入りでヘルシーに。 ■串の盛り合わせ(6本、1397円) 桜姫鶏の鳥精、砂肝、鶏せせり、網走ポークの豚バラ、生つくね、ネギ。 北海道では鶏モモを鳥精と呼ぶとのこと。 ■鰊の塩焼き(1100円) 北海道の魚というイメージが強い鰊。丸ごと一本。デカい! ■チカめんたい(550円) ワカサギに似た魚「チカ」のお腹に明太子を詰めて焼いたもの。 流通しているチカは、ほぼ全て北海道産らしい。 ◾️喜八の皿うどん(825円) あんかけがかけられたかた焼きそばですが、てっぺんに蟹身! ◾️舞茸天(759円) ドリンクは、以下のものを。 パーフェクトクラシック樽生(660円) プレーンサワー(440円) 巨峰サワー(528円) グレープフルーツサワー(528円) サッポロラガー中瓶(605円) 料理は、北海道名物のオンパレード。どれも手が込んでいて、美味しい♪ さすが、ビブグルマン! 網走は寂しい街でしたが、この店は間違いなし。熱くなれます(^^) GW道東旅行 1軒目:たんちょう <釧路空港>(スパカツ、豚丼)  2軒目:摩周湖カムイテラス<摩周湖>(摩周湖の霧ソフト) 3軒目:喜八 <網走>(北海道名物いろいろ) #居酒屋  #ビブグルマン  #GW道東旅行