プロフィール カバー写真
Kazuyoshi Koshiyama

TOP USER

居酒屋

Kazuyoshi Koshiyama

延べ5000軒!居酒屋を飲み歩くビジネスマン

食べるの大好き、呑むのも大好き。 ランチ・ディナー・飲み屋など、日々開拓中です。 基本大食いですが、シャレ乙な店も大好き。 三度のメシより、メシが好き。 2013年5月Retty利用開始。

  • 4690投稿
  • 780フォロー
  • 18642フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • ビュッフェ
  • しゃぶしゃぶ
  • 焼き鳥
  • 丼もの
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

good

    THE SMOKIST COFFEE 神田須田町店

    店舗情報

    神田(東京)駅

    カフェ

    コンセプトは、「大人の嗜好品を愉しむ場所」。 全席喫煙可という、愛煙家にとっては天国のようなカフェ・THE SMOKIST COFFEE。 ベローチェや珈琲館と同じシャノアールグループの新顔ブランドのようで、ここ神田須田町店は昨年の11月にオープンし、ほかには新宿に2店と新橋の計4店があるようです。 出勤途上にお店があったので、コーヒーを買いに入ってみました。 け、けむい…(^^;; そう、私、タバコ吸わないんです。 吸わない人には、瞬間的に煙いのを察知する能力があるんですw 4分で室内全体の空気が循環するという、厚生労働省が定める基準値をクリアした換気システムが導入されているようですが、吸わない人には敏感に感じちゃうんですよね~(^^;; 時刻は、平日の8:20頃。 店内には、タバコをくゆらせながらコーヒーを飲んで一服するリーマンの姿がちらほらと。 こりゃいかんと、アイスコーヒーのLサイズをテイクアウト(367円)で購入し、急いで受け取って店外へ。 店員さんはとても丁寧で、可愛らしい紙袋にも入れてくれました。 コーヒー自体は、苦味も酸味も抑えられた味わいで、飲みやすいもの。 今や肩身が狭い思いをたくさんしていると思われる愛煙家にとっては、のびのびといくらでも自由にタバコを吸えるので、それなりに需要があるんでしょうね。 どちらかというと嫌煙家ともいえる自分が行くべきお店ではないかもしれませんが。 ならどうしてわざわざ行くんだよとお思いでしょうが、それはそこにお店があるから!(ジョージ・マロリー風) #カフェ  #コーヒー  #全席喫煙可

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

    点賛 神田西口店

    店舗情報

    神田(東京)駅

    居酒屋

    激安の朝粥で、神田モーニング! こちら、7月末にオープンした、中華・飲茶・点心のお店。 場所は神田駅西口商店街の入口あたりで、駅改札から徒歩30秒という好立地です。以前は、確かサンマルクカフェがあった跡地。 調べてみたら、このお店はサンマルクグループらしいです。ということは、カフェからの業態変更ということですね。 ちなみに、「神田西口店」と名乗っていはいますが、まだ全国でここだけしかないようです。これから増えていくのかな。 お店に入るとすぐ右手に厨房があり、左手は奥の方までずらりと席が続きます。 入口近くにテーブル席が1卓?ありますが、あとは全部壁に向かったカウンター席。1席毎にクリアな衝立で区切られていて、お一人様用っぽい感じ。 オープンして日が浅いので、どこもピッカピカですごく綺麗。 中華といよりも、全体的にカフェのような雰囲気です。 注文は、全席に設置されているタブレットで。 朝7時から食べられる朝食のメインは、お粥。5種類あって、なんと税抜き390円~490円。めっちゃ安くないですか!? オーダーしたのは、「チーズとトマトの肉味噌粥定食」(税込429円)。大事なことなので、もう一度言っておきます。めっちゃ安くないですか!? 7分ほど待って、着膳~(^^) お粥は、茶碗くらいの大きさで、白粥の上にチーズとトマトと肉味噌が乗っています。名前の通りだ。 ここに、添えられたネギと、揚げたワンタンの皮を投入し、ぐっちゃぐちゃに混ぜる! ほぅほぅ、優しい口当たりだけど、味は思ったよりも付いていますね。 トマトにチリが入っているんでしょう、ちょっとピリ辛でもあります。そこに、甘辛な肉味噌とマイルドなチーズ、食感を楽しめる揚げたワンタンの皮で、いい感じに渾然一体に♪ 蒸籠の中には、焼売が2個。 卓上の黒酢と酢醤油で、1つずついただきました。 プリプリで、とってもジューシー。すごく柔らかいけど、肉肉しさもしっかり感じられます♪ 食後は、ホットのジャスミン茶でホット一息(^^) ボリュームは少なめですが、朝食ならこのくらいでいいかも。 とにかく、安い。朝だけの特権となる、素晴らしいセットだと思います! お会計は、セルフレジで。注文も会計も、今どきっぽい。 人件費削減で、価格抑制。企業努力の賜物ですね(^^) #朝粥  #お粥  #中華  #点心

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

    国分寺 甚五郎

    店舗情報

    国分寺駅

    うどん

    昭和レトロ感満載な内外観に、ボリュームたっぷりな武蔵野うどん&そば。 いろいろとクセが強い、国分寺の人気店です! 甚五郎を名乗るそば・うどん屋は他にもあり、ここも「国分寺 甚五郎」とわざわざ国分寺を付けているので、系列なんでしょうね。でも、ネット情報からは分かりませんでした。 こちらは、国分寺駅北口、駅から徒歩数分のところにあります。 まず、お店の外観のクセが強い。 ビルの壁に、金鳥とかカゴメソースとかの無関係な昭和レトロ的看板がたくさん貼られていて、ぱっと見だと何の店だか分かりません。 店内は、さらにクセ強し。 もう壁に隙間がないくらい、昭和レトロ的看板がずらり。さらに、古いボンボン時計もめっちゃたくさんぶら下がっていて今何時かが分からないし、駅のホームにある駅名標まであるし。 昭和63年創業とのことなので本当にすごく古いわけではありませんが、店主が好き勝手にやっている感じが笑えますw 平日11:50頃に到着すると、なんともう最後の1席。それも、相席で。人気ありますね~(^^) メニューもすごくたくさんあって、迷います。 武蔵野うどんがウリのようなので、それは外せませんが、そばとの合盛というのもできるみたい。これは飽きがこなくていいですね。 てことで、鴨汁の合盛(860円)を、特盛(+200円)で。 ちなみに、合盛の普通盛りは600gで、小(-50円)が400g、大(+100円)が800g、特盛(+200円)が1Kgだそうです。 混雑しているうえに、麺がぶっといので茹でるのも時間がかかるんでしょう。出てくるまでに、15分かかりました。 巨大な器に、ほんの少し茶色ががったうどんと、さらに色の濃いそばが半分ずつ。見た目はまさに、半分マン! 底も深い器で、かなりずっしりきます。持った感じでは、これは絶対1kg以上ありそうな。 鴨汁も、大きな器にたっぷり。 うどん、そば、うどん、そば、たまに鴨肉、うどん、そば、うどん、そば、たまにネギ… の順番で、ひたすら口の中へ。 うどんはずっしりとコシが強く、ゴツゴツした食感。噛む力が必要で、啜れないので噛み込んでいく感じで。自家製面なので、太さもマチマチ。やたら幅広のやつも入っていましたw そばは、いわゆる田舎そばで、こちらも乱切り。蕎麦粉感の強い味わいです。 鴨汁は、鰹節をベースに昆布と椎茸で取った出汁で、甘辛い味ですがそんなに濃くはなく、そのままでもグイグイ飲めちゃうくらい。 あまり時間に余裕がなかったので、急いで食べましたが、けっこうお腹にずっしりときました。 食べた感じでも、1kg以上絶対あるような。 お腹ペコリーマンでも満足できる、うどん&そば屋です! #うどん  #そば  #武蔵野うどん  #田舎そば  #大盛り

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

    カンダコーヒー

    店舗情報

    神保町駅

    喫茶店

    神保町のちょっと水道橋寄りにある、自家焙煎・スペシャルティコーヒー専門店。 専大通り沿いにあり、お店の周りには蔦が絡まっていて、とてもいい雰囲気です。 お店では、コーヒー豆の他にも、お米やストールなんかも売っているようです。 コーヒーは、10時を境に値段が変わるようです。 10時までのドリップコーヒーなら、280円と結構オトクな価格設定です。 ドリップコーヒーのアイスを深煎り(350円)で、サイズアップ(+100円)でお願いしました。 女性のバリスタが丁寧にハンドドリップで淹れてくれる間、しばしの待ち。 コーヒーのいい香りが漂っていて、待つ時間もゆったりとした気持ちになります(^^) 「エチオピア グジでお淹れしました」と渡されたアイスコーヒー。 ほのかな酸味と、ほどよい苦味で、すっきりとした口当たり。フルーティーな風味も感じられて、飲みやすいコーヒーでした♪ 系列のお店が、この周辺にあと3店舗もあるようなので、巡ってみたいなと思います(^^) #カフェ  #コーヒー

Kazuyoshi Koshiyama

Kazuyoshi Koshiyama

excellent

    レストラン鳴海

    店舗情報

    神保町駅

    カレー

    古き良きお店が点在する神保町に残る、昔ながらの洋食店。 同じ洋食店であるキッチンマミーと同じ路地に面していて、雰囲気も似たお店といえば、分かる人には分かってもらえるかな(^^) お店は古いビルの1Fにあり、とても雰囲気ある外観。 そして、お店の前に置いてあるショーケースの中は、蝋で作った食品サンプルではなく、メニューの写真が。 古臭~い店内を想像しながら入ってみると、店内は外観よりもとても綺麗でびっくり! テーブルや椅子は新品のようにも見えますが、よく見るとキズがあるので、清掃が行き届いているんでしょうね。 テーブル席のほかに、カウンター席と、小上がり席も2卓あり、まさに街の洋食店という感じ。 4人用テーブルが2人用に変えられていて、そのソファ側に座りましたが、座布団がフカフカで座り心地バツグンでした♪ こちらの名物はハンバーグらしいので、ハンバーグ&カニクリームコロッケのセット(850円)をオーダー。 ジュージューといい音を立てながら、3分ほどで早々に到着~! おかずのお皿とライスという、シンプルなセット。あ、スープとか付かないのね。よく見たら、味噌汁(50円)とかミニサラダ(200円)とかは別売でした。 200gくらいありそうな大きなハンバーグに、たっぷりのデミグラスソース。 ハンバーグを切ってみると、肉がぎっしりと詰まっています。 しっかりと焼かれていて、柔らかな食感。 デミグラスソースは、芳醇な香りがしますが、味が濃くちょっとしょっぱめです。 カニクリームコロッケは、たっぷりのマヨ乗せ。 カニの存在は見当たりませんが、フワフワの口当たりで、外側はカラッとしています。 付け合わせは、グリーンピース・コーン・ニンジンの冷凍でよく見るやつと、ハンバーグの下にはスパゲッティ。 ライスは、大盛にしていませんが、こんもりと盛られていてしっかりボリューム。 とても美味しいハンバーグでしたが、隣のおじさんがビールを飲みながら食べていたカツカレーもとても美味しそうでした。 こういう貴重なお店は、いつまでも頑張ってほしいですね~(^^) #洋食  #ハンバーグ