Kazuyoshi KoshiyamaTOP USER

Kazuyoshi KoshiyamaさんのMy best 2024

シェアする

  • facebook
1

東京都

イタリア料理

Kazuyoshi Koshiyama

妻の誕生日お祝いで、アマン東京のメインダイニングイタリアンへ! 以前は「ザ・レストランbyアマン」という店名で、ずっと行きたかったお店です。念願叶いました(^^) 大手町タワーの33Fがアマン東京のロビーフロアになっており、中央エリアにソファなどが多数配置されています。このロビーからして、めっちゃ居心地良し。 こちらのArvaも、そのエリアからつながった一角にあります。 吹き抜けのごとく高い天井と、大きく取られた窓で、広々とした開放感バツグンの空間! 窓際席を準備していただけたので、窓からは皇居などが眺められました。 まずは、乾杯ドリンク。 自分は運転があるので、ノンアルのクランベリージュース(1265円)。 妻は、ジンジャーエール(1265円)。 娘は、白ワイン(ケットマイヤー ピノ クリージョ アルト アディジェ、2530円)。 ちなみに、ドリンクメニューを見せてもらったら、最初に渡されたのがボトルワインのメニューで、パラっとめくったら「936,100円」とか「759,000円」とか書かれていて、びっくりしました…(^^;; お願いしたコースは、「TERRA(大地)」。 ■グリッシーニ 3本提供され、黒いのはイカ墨、幅広のはパスタとのこと。 ソースは、ドライトマト、ホワイトバルサミコ、ジェノベーゼの3種類。 ■アミューズ 「シェフからのおもてなし」と名付けられた品。 牛肉テリーヌ、セロリのスープ、トマトのクラッカー。 ■パン バゲットとフォカッチャ。 もちろん、おかわりもいただきました。 ■前菜 信州サーモンと生ハム 春野菜のソプレッサータ 山梨県産契約農園のハーブサラダ マスカルポーネと広島県産自家製有機の塩檸檬 サーモンが3段になっており、真ん中のサーモンは燻製、上下のサーモンはマリネ。 塩檸檬の入ったマスカルポーネが美味しい~♪ ■メイン魚料理 伊佐木のソテー クレソン 桜エビ 北海道十勝産熟成インカのめざめ 外の皮目はパリッと、中の身はふっくらとソテーされています。 インカのめざめは、1年熟成させたものだそうです。 ■メイン肉料理 山梨県産甲斐路軍鶏のインヴォルティーニ 春野菜のヴィニャローラ ヴィニャローラは、春野菜の煮込み。グリーンピースを使用したソースと共に、緑色が鮮やかです。 ■お口直し バジルのシャーベット 指でつまむくらいの可愛らしいサイズ。 ■デザート ティラミス 苺とグラッパ ホワイトバルサミコ 妻には、お願いしておいたメッセージ入り。ロウソクがイチゴに刺さっているのが面白いw 可愛らしい形だなと思ったら、そこに上から温かいイチゴソースをかけて、温かさと冷たさを同時に楽しむという趣向とのこと。 温かいソースをかけるので、形がグチャグチャになっちゃいましたが(^^;; ■小菓子 ■コーヒー または 紅茶 メニューに記載のない料理もいろいろ出てきて、お腹も満足♪ そして、イタリア人(たぶん)をはじめとしたスタッフの丁寧で感じの良い接客は、さすが。 どこを取っても高級感漂うのは、アマンならでは。 とても良い記念日になりました(^^) #イタリアン  #ホテル  #記念日

Kazuyoshi Koshiyama

29回目の結婚記念日お祝いランチ! 三越前のマンダリンオリエンタル東京37F、長くミシュランの星を取り続けているフレンチです。 店内は、白と青を基調にシルバーのパーテーションで仕切られた内装で、ラグジュアリーさを感じる洗練された空間。 大きく取られた窓からは自然光が注ぎ込み明るく、眼下には美しい景色が広がっています。 まずは、乾杯ドリンクを。 自分は運転があるのでノンアルで。赤ブドウジュース ローター トラウベンモス ノイデルフル(1518円)。 妻もノンアル。土佐山ジンジャエール(1391円)。 娘は、白ワイン ローリー ガスマン リースリング アルザス(2760円)。 それでは、コースのスタートです。 お願いしたのは、4品のランチコース(12144円)。 ■アミューズブーシュ 牛肉のクロケット、フォアグラのムース、アンズ、クリームチーズとサーモン ■パン フランスパン、発酵パン、ミルクのパンの3種。 3種とも、おかわりしました(^^) パンに付けるのは、無塩バター、フランス産の塩、カンボジア産の黒胡椒。 ■冷前菜1 パテアンクルート ポートワインのジュレ 根セロリと菊芋のクーリ パイ包みされたパテには5種類の肉が使われていて、猪のフィレ肉も入っているとのこと。 ■冷前菜2 ポロ葱のベルヴュー 下仁田葱のババロア 黒トリュフ ヴィシソワーズスープ ベルヴューは「美しい眺め」の意。葱三昧の一品。 濃厚なヴィシソワーズスープがセットで出されました。 ■温前菜1 オマール海老のクネル ほうれん草のソテー カルナローリのリゾット ヴァンジョーヌの香るビスクソース スタッフがビスクソースを回し注いで仕上げ。 ソースの下には、カルナローリのリゾットが隠れています。 オマール海老が、ぷりっぷり! ■温前菜1 土佐ジロー卵のポシェ 季節の茸のラグーとエスカルゴ 軽いパセリのエミュルション パセリのエミュルションらしいですが、濃い緑色の料理はなんとも珍しいですね(^^) 茹で卵、茸、エスカルゴと様々な食材が見事に一体化。 ■メイン魚料理 サーモンのピティヴィエ 燻製にした鰻 南瓜 ジュヌヴォワーズソース ピティヴィエは、パイ菓子のこと。サーモンを中に詰めた、遊び心のある一品。 鰻が使われているのも珍しいなと。 ■メイン肉料理 赤鶏胸肉のゆっくりロティ アンディーヴとボーフォールのオルロフ 黒トリュフ アルビュフェラソース じっくりと火入れされた鶏肉の柔らかいこと! シェフが挨拶に来てくれた際に、この鶏肉の食感に一番驚いたことを伝えました。 ■デザート 冬の柑橘とそのマルムラード 軽いメレンゲ エストラゴンの香り レモンのアイスクリーム 冬だけに、柑橘類の揃い踏み的な。酸味と甘味のコントラストが良し。 ■小菓子 メッセージをいれていただきました(^^) ■カフェ コーヒー、紅茶 少し前にシェフが変わったらしく、クラシカルなフレンチの技法に、モダン要素を組み込んだ料理の数々。堪能しました。 付かず離れずのほど良い距離感を持ったサービスも、良い感じ。フロアスタッフが女性中心だったのが、外資系だなぁと。 「心地よいサービスとともに、いつまでも記憶に残る本物のフランス料理をご体験いただきたい」というのがこの店の想いだそうですが、しっかり伝わって来ました。 良い記念日を過ごすことができました。 来年はいよいよ30回目、真珠婚式です(^^) #フレンチ  #ホテル

3

東京都

居酒屋

Kazuyoshi Koshiyama

「飲兵衛の聖地」立石での朝飲み昼飲み、DAY2・2軒目。 もつ焼きの横綱的ポジションとして、圧倒的な人気を誇る名店中の名店。 実は、初めての宇ち入りです(^^) こちら、既にアルコールの入った客はNGなので、立石ツアーを2日に分け、かつDAY2の1軒目は酒抜きでお茶にして臨みました。 すぐそこの栄寿司で小腹を満たした後、こちらの行列に接続したのは、13:15頃。 平日なのに、既に大行列。キャパ的に1巡目は無理そう。 入れるまでに時間はたっぷりかかりそうなので、その間にネットでこちらのルールを念入りに予習しておきます(^^;; 1巡目にはあと7人で入れず、入店できたのは14:30頃。 でも開店30分後に入れるとは、開店早いですね。 指示された席は、一番出口側のカウンターの角席。 メニューは見えない席だったので、予習しておいたとおりに注文。 ニコミ タンナマオス カシラタレ アブラシオ ダイコンショウガノッケテオス シロタレヨクヤキ 予習の甲斐あって、我ながら上手いこと呪文を唱えられたような気がします(^^) ヤバい、どれもこれもめっちゃ美味い♪ そして、ボリュームもたっぷり。 これが1品250円とは、恐るべし! ドリンクは、梅割甘めを3杯と、ぶどう割甘めを1杯。 こちらも、1杯250円。 お会計時には「4つ」と伝えて、フード6皿と合わせて、計2500円。 いや〜、これはたまりませんね。 最初は緊張しましたが、すぐに場の雰囲気が掴めたので、後はこのちょっとした緊張感を楽しむことができました。 皆が競ってこちらを目指す気持ちが理解できます。 他の品もぜひ食べてみたく、ここは必ず再訪したいと思います(^^) 立石朝飲み昼飲み  DAY1   1軒目:八百屋の一平ちゃん(1580円)   2軒目:与作(1620円)   3軒目:倉井ストアー(1240円)  DAY2   1軒目:栄寿司(1560円) *酒飲まず   2軒目:宇ち多"(2500円) #居酒屋  #もつ焼き

4

沖縄県

居酒屋

Kazuyoshi Koshiyama

石垣島・竹富島旅行、その10。 石垣島で一番有名かつ人気のある居酒屋・ひとし。 本店は市街地中心部から少し外れたところにあり、こちらは中心部にある石敢當店。 ここは絶対に行くべし!と石垣島マニアの後輩から勧められたので、2週間前くらいからチャレンジしてみましたが、とにかく基本的に電話に出ないので、何十回も電話しましたが繋がらず。 もしつながったとしても、2ヶ月前くらいから埋まっているらしいとのことですが…(^^;; それでもどうしても行きたく、直接突撃してみましたが、並び待ちはしておらずキャンセル待ちが20組以上いるとのことであえなく撃沈。 とりあえず翌日のキャンセル待ち6組目くらいで名前書いておいてもらったら、なんとその日夜遅くに「明日の18時半に空き出ました」との連絡が! 18時半入店、19時料理LO、20時退店という条件付きながら、なんてラッキーな! お店は、入店する人、退店する人、予約を取りたい人などで、ごちゃごちゃ。 おばちゃん店員が1人で捌いていますが、もう少し上手くオペレーションできそうな気もしますが…(^^;; 靴を脱いで上がるスタイルで、通された席は2F。 想像よりもリ広く綺麗で、しっかりした掘り炬燵の席がたくさん並んでいました。 いきなりLOまで30分しかないので、気になった品をどんどんオーダー。 ◾️刺身盛り合わせ2人前(2400円) 13種類も乗った、豪華な盛り合わせ。 マグロ居酒屋らしく、大トロ・中トロ・赤身と、マグロは揃い踏み! ◾️まぐろ寿司セット(1580円) 大トロ握り、中トロ握り、鉄火巻のセット。 脂の乗り具合も抜群。そりゃ、美味いですよ(^^) ◾️ 石垣牛寿司(380円×2貫) タレか塩が選べるので、2貫とも塩で。 厚めにカットされたレアめな石垣牛、めちゃ美味い♪ ◾️ウニソーメンちゃんぷる(880円) ウニ感たっぷりな一品。 スープパスタのような感じで、ボリュームもあり、満足度高し! ◾️海ぶどう(500円) 昔から大好きな海ぶどう。このプチプチ食感がたまりません♪ 値段の割にたくさん盛られていました。 ◾️グルクンの唐揚げ(500円) 本名はタカサゴという、鮮やかな色をした南国の魚・グルクン。 身と背骨の間に切れ込みが入り一匹丸ごと揚げられているので、空を飛んでいるような面白い形に。 淡白な白身ですが、レモン汁でアクセントを。頭から骨から尾っぽまで全部食べられます(^^) ◾️島豆腐の厚揚げウニ醤油(480円) タレのウニ醤油が濃厚! 厚揚げの上に乗っているのが明太子かと思ったら、めっちゃ辛いもみじおろしでした…(^^;; ◾️麩ちゃんぷる(850円) お麩が玉子焼きみたいな感じで、食感が良く、味付けもちょうど良し。 ボリュームもありました。 ◾️いかすみ焼きそば(980円) 八重山そばを使用した一品。食べると歯がお歯黒みたいになっちゃいますが、味は間違いなし。 コクを感じる美味しさでした♪ ドリンクは、オリオン生(550円)を皮切りに、シークヮーサーサワー(550円)、茉莉花さんぴん割(550円)、泡盛白百合水割(450円)などなど。 〆て、3人で12630円。 料理のクオリティにも、1品ごとのボリュームにも、大満足(^^) 1時間半ちょっとではありましたが、提供にさほど待たされることもなく、充実した時間を過ごすことができました。 やっぱりとても良いお店。胸を張ってオススメできます! #居酒屋  #石垣島

5

東京都

居酒屋

Kazuyoshi Koshiyama

3年前に予約した分が回ってきたということでお誘いいただき、初訪問! そのくらいの超予約困難な人気店です。 これまでイヤというほど噂を聞いていて、いつかは行きたいなと思っていたお店なので、めっちゃ嬉しい♪ プレミアチケット、ありがとうございます(^^) 場所は、五反田駅近くのリバーライトビル、通称「五反田ヒルズ」。 目黒沿いに建ち、スナックや小料理屋などが多数集まるスポット。昭和レトロを感じる渋い店が並び、なんだか東南アジアのような雰囲気も。 本店に当たる「食堂とだか」も目の前にあります。 「立呑み」とありますが、完全に座り。カウンター8席と4人テーブルが1卓で、今宵は貸し切りです。 飲み放題付きで、12000円のコース。 ■ウニオンザ煮玉子イクラ乗せ 煮玉子の上にウニとイクラが乗った、とだかと言えば、の一品! ウニとイクラなんですから、間違いなし。 こぼれたイクラは取っておいて、次の品に投入してくださいとのこと。 ■シジミの茶碗蒸し 小ネギが大量に浮かんだ下に、柔らか食感の茶碗蒸し。 1品目のこぼれたイクラを投入すると、深みが倍増! ■ブリの刺身 めっちゃ脂の乗ったブリ。 たっぷりの大根おろしと、柚子胡椒で。 ■カブのお椀 優しい味わいの出汁に、小カブ。下には鶏のツクネも。 ■とだチキと里芋 とだかのチキン、略してとだチキ。素揚げですが、味もしっかり。 里芋のほっこり感も良し。柚子胡椒と共に。 ■イチゴとメロゴールドの白和え お口直しで。 メロゴールドは、グレープフルーツのような柑橘系果物。 アイスクリームのような味わいのマスカルポーネが美味し♪ ■搾菜と白滝のペペロンチーノ 白滝がペペロンチーノで出てくるとは。 細かく刻まれた搾菜の塩味と食感が良い仕事しています。 ■ゴボウの豆腐 上からパルメジャーノをたっぷり振りかけてくれました。 角煮に見えますが、ふわふわ食感。鰻も練り込んであるそうです。 ■和牛とセリのすき焼き 本日のメイン。 綺麗なサシが入った上等な和牛は、とろけるような柔らかさ。 大好きなセリ根が、美味い♪ ■甘納豆チーズサンド りっつに挟まれた甘納豆チーズ。 ■タコと菜の花の炊き込み土鍋ご飯 〆の1品目。 そりゃ美味いですよ。卵黄も乗せて。 ここまでくるとすでに腹パンになって持ち帰る人も。 ■カレーライス 〆の2品目。 ご飯の量は何玉?と聞かれましたが、「玉」で頼んだことがなく分からず、他の人はほぼ皆1~2玉でしたが、とりあえず10玉で。一人だけ量が違う…w ドロッと粘度高めの濃厚なカレー、美味しい♪ ■いちご大福 最後のデザート。 食べてしまっても良かったのですが、自宅で待つ家族に食べさせてあげたいな~と持ち帰り。 超巨大なイチゴが丸々1個入っていました。 ドリンクは以下を。 ■とだビアーノ(BEER+みかん)(900円相当) ■生おろし小松菜サワー(900円相当) ■生おろしいちごサワー(900円相当)×2 ■生おろしみかんサワー(700円相当) ■生おろしレモンサワー(700円相当) ■ボンタンアメのお酒 ソーダ割り(800円相当) ■鹿児島知覧茶ハイ(600円相当) ■かぼすサワー(600円相当) ■千代田蔵 フクノハナ 純米生原酒 うすにごり ■志太泉 純米吟醸 藤枝誉富士 ■仁勇 純米大辛口 蛙ラベル 鹿児島の酒が多いのは、店主が鹿児島出身だからだそうです。 13品に12杯。いや~、よく飲み、よく食べました。 エンターテイメント性も高く、店員さんのノリも良く、楽しい宴会でした。 噂どおりに良いお店ですね。これなら予約困難になるのも、よく分かります。 帰り際に予約を取っていた人もいましたが、また2年後?3年後?らしいです(^^;; #居酒屋  #予約困難

6

東京都

フランス料理

Kazuyoshi Koshiyama

キリ番5800投稿目は、グランドプリンスホテル高輪にあるフレンチ、ル・トリアノン。 自分の誕生日お祝いを自分で予約するという、セルフプロデュース(^^;; パリ郊外のトリアノン宮殿を模して造られたという店内は、白と青が基調となり、シャンデリア・カーテン・絨毯などに至るまで瀟洒な、エレガントな空間。 ここでは、創業から50年間引き継がれてきた、伝統を感じるクラシカルフレンチがいただけます(^^) まずは、乾杯ドリンク! 自分は、主役ですが運転手なのでw、ジンジャーエール。妻と娘は、ロゼスパークリング。 コースは、セゾン(7935円)。 ■Amuse 小さなアミューズ・ブーシュ ニンジンのムースと生ハム、ひよこ豆のガレットとヤギのチーズ、チョコレートで巻いたフォアグラとイチジク カブのエスプーマ。 それぞれを一口でパクッと。 ■1er サーモンのミ・キュイ タルタル プランタニエ レアに仕上げたサーモンの上にハーブのソルベ、ホワイトアスパラガス、オータムポエム、 サーモンのタルタル、鱒の卵。 黄色のソースはオレンジ風味、緑色のソースはほうれん草。 ■パン 穀物のタネを使ったパン、黒オリーブのパン、バゲット。 バゲットはおかわり出してくれました。 ■2eme 鹿肉のステーキアッシェ トリュフの香り 下に新玉ねぎが敷かれ、上に乗った鹿肉のアッシュはミンチ。赤ワインとマスタードのソースで。 ■Soupe 高輪伝統 コンソメスープ 鹿肉と一緒に提供。ビーフコンソメスープの中に入っているのは、なんとタピオカ。 ■Poisson シェフのインスピレーション 本日のお魚料理 真鯛のポワレ 晩白柚のソース、春菊のシフォンケーキ、クラッシュしたポルチーニ茸。 真鯛がフワフワ。 ■Viandes 鴨胸肉のグリエ オレンジ ピスタチオ ベーコンのよう。付け合わせは、魚料理と同じ。 ■Dessert クレームダンジュ メロンとハーブのスープ仕立て 周りにかけられているのは、メロンのスープ。 ここで、メッセージプレートも登場。自分でお願いしたやつですが…(^^;; ■コーヒーまたは紅茶 エレガントな空間で、伝統的ながらもコンテンポラリーな感性が組み合わされたフレンチを楽しめました。 この春配属されたのかな?と思しきスタッフが、先輩方に指導を受けながら緊張しつつ接客している姿が、初々しい(^^) ホテルは全体的に和の雰囲気で構成されており、食後は和風庭園でゆっくりとお散歩しました。 #フレンチ  #ホテル

7

東京都

カフェ

Kazuyoshi Koshiyama

旧赤プリの跡地に建つ、プリンスのフラッグシップホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」の36Fに位置するAll Day Dining。 2023年のクリスマスランチを、こちらで。 「空中庭園」をコンセプトにした環地中海料理レストランとのこと。 店内は、広々としていて天井も高く、席はゆったりと配置されています。窓が大きく取られていて、地上約180mからの絶景は圧巻! 皇居、武道館、丸の内、その奥にはスカイツリーまで一望できます。別方向には、東京タワーも。 窓側の席をキープできたので、ずっと絶景を横目に見ながら食事を楽しむことができました。 ■乾杯ドリンク 自分はノンアルビールの、キリングリーンズフリー(1200円、サ別)。 妻はジンジャーエール(1100円)、娘は白ワインのクラウディベイソーヴィニョンブラン(1800円)。 ~Winter Lunch Course~(7500円) ■前菜 アミューズプレート オアシススタイル 4種盛りのアミューズは、以下のとおり。 ・サラダ トリュフのヴィネグレットソース ・鴨のロースト ・ポークパテ ・サーモンのタルタル ■パン ミルクパンとフォカッチャの2種。 オリーブオイルが、とても美味しい。高級なやつだな、これ♪ ■スープ 百合根のポタージュ フォアグラ添え 百合根大好きなので嬉しい。フォアグラはスープに浸していただきます。 ■メイン ・ポルチーネ茸とベーコンのクリーム リングイネ ミモレットの香りを添えて(娘) これ、クリームの味が最高だったとのこと。 ・蝦夷鹿肉のカイエット オーガニック赤ワインソース(妻) 鹿肉のハンバーグ的な。臭みは全くなかったそうです。 ・静岡県産富士鶏モモ肉のグリル ラケソース(自分) ラケソースは照り焼きソースのようなもの。 メインでオーダーミスがあり、自分の分だけ作り直しでしばらく待たされてしまいましたが、そのお詫びにとノンアルビールをもう1本サービスしてくれました。 こういう、臨機応変的なサービスが、さすが一流ホテルだなという感じ。 その後も、そんなに謝らなくてもいいよというくらい、ことあるごとに謝罪されました…(^^;; ■デザート サンタ帽を模したレアチーズケーキ、ベイクドチースケーキ、ベリーのソース クリスマスっぽい♪ ■カフェ コーヒー、紅茶 テーブルや椅子など若干カジュアルな雰囲気も纏っていますが、付かず離れずの接客はさすがのレベル。 とても居心地よく、クリスマスランチを堪能させてもらいました。 オーダーミスのお詫びなのか、駐車券も4時間分たっぷり付けてくれたようで。そういう心遣いが嬉しいですね(^^) #欧州料理  #ホテル

8

東京都

寿司

Kazuyoshi Koshiyama

毎週土曜日に行われる、1貫100円の超赤字寿司祭り! 大トロも、中トロも、ウニも、イクラも、ぜ〜んぶ100円! いつも神宮球場から歩いて新宿まで帰る時に前を通り、行列ができているのを見ていつか来ようね〜と言っていたお店。 気合入れ過ぎて、12:00開店の45分前に着いたら、誰もおらずになんと一番乗り。店員さんに「まだ長いですよ〜」と言われつつ並んでいたら、30分前から続々と客が集まってきて、開店時はすんごい大行列になっていました(^^;; 12:00少し前にメニューが貼り出され、少し遅れて12:06に開店。 店内はカウンター席とテーブル席が並び、50人ほど入れそうなキャパ。 カウンターの奥から詰めて座るように指示され、カウンターが埋まった後はテーブル席へ。 テーブル席は長いので一席空けての相席みたいなスタイルです。 寿司は30種類あり、全部100円。 1組で一度に10貫注文ができ、紙に書いて渡す方式。 握り待ちが発生しそうなので、一番乗りを活かして、座るや否やの注文! ドリンクは、濃厚抹茶ハイ(480円)。 妻は、普通のお茶(無料)で。 お通しはシラスと昆布が乗った大根おろしで、飲まなくても1人300円かかります。 まずは大トロでしょうと、大トロ8に中トロ2。 2回目も同じ。 3回目は、大トロ4、ウニ2、イクラ2、ボタン海老1、穴子1。 4回目は、大トロ5、中トロ1、ウニ1、ボタン海老2、ひらめ1。 ここで、来る前に食べ過ぎたという妻が脱落。 5回目は、大トロ3、ボタン海老3、あんこう1、寒メジナ1、黒鯛1、寒ぶり1。 6回目は、大トロ5、ボタン海老5。 大トロを中心に攻め、ウニやイクラは半分がキュウリで魅力が薄く、途中でボタン海老がいいぞと気付いた次第。 大トロはめっちゃ脂が乗っていたところもありますが、いわゆる中トロ的な感じ。それでも、とろけるように美味しいですけどね♪ でも今日の優勝は、ボタン海老! 「混雑時」に当たるらしく、90分制限でここまででしたが、ちょうどお腹もいい感じに。 自分は一人で40貫食べましたが、それでも寿司代は4000円ぽっきり。(+税。お通し代と酒代もかかります。)    懸念していた握り待ちもほとんど感じることなく、かなりスムーズに提供されました。 苦しくなるまで食べてしまい、握り待ちの長い食べ放題よりも、大トロなどのネタばかり頼めるここの方が良いかも。 再訪確実です(^^) #寿司  #激安

9

東京都

スイーツ

Kazuyoshi Koshiyama

カットフルーツの食べ放題とアフタヌーンティーのセットを楽しめる夢のようなお店、タカノフルーツティアラ! クリスマスイヴの日、娘にはフラれてしまったので妻とこちらへ。 友人の投稿を見て10月に初めて訪問してみたら、素晴らしく感動したので、再訪です。 酒飲みなおじさんながら、アフタヌーンティーもフルーツも大好きなので♪ 予約はHPからで、毎日9つの時間帯に分かれています。 月上旬に翌月分が開放されますが、休日分はすぐに埋まっちゃう人気ぶりです。 120分で、お値段は5500円。 毎月テーマが変わり、12月はズバリ、「Xmas」。 苺を中心としたカットフルーツや、サンタクロースやクリスマスツリーをイメージしたデザートたち。 アフタヌーンティーセットは、1人1セット。 3段に盛られたセットは、普通のアフタヌーンティーより気持ち軽めかな~という感じですが、これはこれで十分楽しめるボリュームです♪ ■上段 サンタ苺のグラスケーキ/ツリーのブラウニーケーキ/アップルパイ/苺クリームのマリトッツォ/マンゴーゼリー/3種ベリーの盛り合わせ ■中段 ミルクレープ~ラズベリーソース~/スコーン&苺ジャム/フルーツヨーグルト ミックスベリーとキウイ/ドライフルーツ バナナ&チェリー ■下段 フルーツサンドウィッチ/ロースハムとポテトサラダのサンドウィッチ/チキンと水菜のオープンサンドウィッチ フルーツは、選んだものをシェフが綺麗に盛ってくれます。 1回に3種類までなのですが、この日はなぜか最初から最後まで4種類ずつOKでした。 最初は待ち列ができていましたが、そのうち他の客はあまり動かなくなり、我が夫婦だけがひたすら永久ループのように(^^;; 数えたら28皿食べていたので、28×4=112個。 普段の3種類ずつだったら、112÷3=37皿ほどという計算。よく食べました(^^) ドリンクも飲み放題で、120分の時間はあっという間。 満足のフィニッシュ! 2度目の訪問も大満足。 またしばらくしたら来てしまいそうです♪ #フルーツ  #食べ放題  #アフタヌーンティー

10

東京都

カレー

Kazuyoshi Koshiyama

多摩地区を代表する大人気カレー店のプーさんへ、初訪問! 食べログ3.76を誇る、武蔵小金井の「顔」といっても過言ではありません(^^) 臨時休業が多かったり、回転が遅くてタイミングが悪いと時間がかかったりと、ハードルもなかなか高く、実はこれまでに2回フラれていました。 臨時休業情報はホットペッパーグルメに掲載されていますので、訪問前に必ずチェックを! 自分も、1回目フラれてからは、事前にチェックするようになりました…(^^;; 武蔵小金井駅南口からは、徒歩数分。 まっすぐ進めば着きますが、お店には看板が全く出ていません。メニュー表が立てられているので、それを見て安心。 到着は、平日13:15頃。 行列が無くラッキー♪と店内に入りましたが、満席とのことで店内の椅子に座ってちょい待ち。すぐに次の客もやって来ました。 10分ほど待って、ようやく席が空きました。 入って左側にコの字型カウンター席が10席、右側にはテーブル席があるようです。 カウンター席の一番奥に通されましたが、カウンター席はコロナ禍の時のように1人ずつ衝立で区切られています。 ルーは、インド風カレーと、辛くないヤングカレーの2種類。 それぞれ具を選べ、インド風カレーは辛さも5段階から選べます。 そして量も、レギュラー、プチ、大盛の3種から。レギュラーでライスが300g、プチで200gとの情報があり、大盛りは不明。そしてライス以上にルーが多いとの情報。 インド風カレーの野菜、辛さは3(普通)、大盛にしてみました。お値段、1500円。 ドリンクかデザートが付くので、アイスコーヒーでお願い。 …オーダーから20分ほどかかって、ようやく到着。 ちょっと遅すぎですが、後から来た人は結構早めに出ていたので、タイミングが悪かったようです。 大きめな楕円形銀皿に、溢れんばかりのルー。というか、すでにちょっと溢れていますが…(^^;; ライスが絶壁のように立ち、ルーの上にはカラフルな野菜が散りばめられています。 めっちゃインパクト大! ネットで見た写真よりも野菜が散在しているように見えるのは、大盛で器がデカいからだと思いますw 多くの野菜と果物をベースに20種類近い香辛料を加えたというルーは、インド風だけど粘度の高いドロ系。 鰹節、昆布、椎茸などの旨味を加えて、塩分量を抑えているとのこと。 辛さに強くない自分には、辛さ3でも十分。数口で顔汗が出て来て、以降は止まらず…(^^;; 入っていた野菜は、確認できただけで、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラ、大根、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、ヤングコーン、パプリカ、トマト、ナス、ズッキーニ、ほうれん草、パセリ、オクラ、レンコン、キャベツ、椎茸、マイタケ、シメジ、エリンギ、こんにゃく、ウズラ卵。もっとあったかも。野菜ではないものも入っていますがw モノによって、素揚げされていたり、茹でられていたり。手が込んでいますね~(^^) 絶壁のライスは、400gくらいでしょうか。 そして、ルーが多い! だいたいお店のカレーだとルーが足りなくなるのですが、ここのカレーは逆にルーが余ってしまうほど。 野菜とかも合わせると、全部で1Kgくらいかなぁという感じです。 食後に、アイスコーヒーでクールダウン。 いやぁ、噂どおり、満足度高いカレーでした! #カレー  #大盛り