Katsuhira  Takano

Katsuhira Takano

ラーメン屋さんと酒場によく出没します。神保町〜神田、多摩エリアが主な活動範囲。職場近くでのランチ、酒場、スイーツ、旅先グルメなどいろいろ投稿しています。夢は吉田類さんにおすすめのおつまみを差し入れすること。

  • 2791投稿
  • 69フォロー
  • 1494フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 居酒屋
  • 和食
  • 丼もの
  • ビール
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Katsuhira  Takano

Katsuhira Takano

excellent

大船駅

魚介・海鮮料理

【ふらっと湘南】 絶品アジフライとともに湘南の海を満喫した後、モノレールで北上し大船を目指します。人気店とのことで前もってカウンター席を予約。訳あって1時間前の入店でしたが快く通していただけました。 何はともあれ生ビール!風呂上がりで一切水分をとっていなかったこともあり吸い込みがすごいよ!筍とわかめを煮たお通しをお供に早々に2杯を飲み干します。 オススメの手書きメニューをもらって作戦会議。お、あるねやっぱり『生しらす』。そしたらお刺身はしらすと『三点盛り』でいきましょう。 合わせる日本酒は故郷の石川『天狗舞』をお願いします。なんとねぇ、グラスから升にこぼしさらに大きな小皿にまでたっぷりこぼす太っ腹ぶり。大船ってこんな素敵な街なのっ⁉︎のっけからノックアウトです。 ナチュラルな甘みを湛えるねっとりとした生しらす。生姜のシャープな刺激がキリっといいアクセントなんだよねぇ。酒が進みます。刺身はイナダにマグロ、赤貝。マグロは赤身とトロなので都合4種盛りか?こちらもすこぶる酒が捗ります。 もうちょいいただきたいな、とお願いしたのが『ぎんぽう天』。初めて見る魚だったので調べてみるとポピュラーな江戸前の天種のよう。穴子と比べてより野生味溢れる感じかな。存在感がしっかりあってアテ感強めな天ぷらを楽しめます。 チャキチャキした女性陣で回すホールは活気があっていいですね!大船飲みでお店を探すなら真っ先に候補に上がると思います。 お魚定食の食事ニーズから昼飲みまでいける良店。 ごちそうさまでした! #酒場 #旅グルメ

Katsuhira  Takano

Katsuhira Takano

excellent

腰越駅

魚介・海鮮料理

【ふらっと湘南】 “釣りたて”ד揚げたて”=最高だった!いくらでも食べられそうな絶品アジフライを堪能です。 鎌倉で都合1kgオーバーのつけ麺を楽しんだ後、稲村ヶ崎温泉でねっとりとした泉質の天然温泉につかり、しっかりリフレッシュした後おやつ目当てで向かったのは江ノ島をのぞむ腰越漁港。漁港の協同組合の建物の一角にその日の朝に釣りたての魚をフライにして食べさせるお店があります。土曜の15時過ぎ、この時間はイートインは終了とのことでテイクアウトでお願いしたのが『特大アジ(1枚)』です。 注文番号が入ったプラ札をもらって揚げ終わるのをしばし待ちます。5分ほどで呼ばれて受け取ったアジフライはプラ容器を通して熱々感がしっかり伝わってきます。そそくさと店を出て海をのぞむ買い食いスポットを物色。5分ほどでナイスな場所を見つけてさっそくいただきます。 ビニール袋を開くとなんともそそるルックスの黄金色のブツがお見めえ。たまらず箸で持ち上げると手首にかかる重量感。おお、これが“特大”か!たまらずガブり。さっくり軽い衣の先に現れるホワっとソフトな身。絶妙な塩味はソースはむしろ邪魔な印象。これ美味いぞ! 気づけばソースを使う暇もなくあっという間に完食。やばい、この美味さを知ったら他所でアジフライを食べられなくなっちゃう! 新鮮な素材で出来立てをいただくというのは、すべからく贅沢でこの上なく美味しいことだと再認識。こちらでアジフライを頼むならお代わりしようかと本気で迷ったのは内緒です。 こちらでアジフライを頼むなら“特大”を激しくオススメします。 ごちそうさまでした! #旅グルメ

Katsuhira  Takano

Katsuhira Takano

excellent

和田塚駅

ラーメン

【ふらっと湘南】 ちょいと願掛けに出かけた湘南は鎌倉。無事所用を済ませた後、ランチに向かうは人気のラーメン店です。開店の30分前に到着でポールをゲット。そこから一人二人と列は伸び、オープン時には10人以上の並びとなりました。さすがです。注文はオススメの『青つけ麺』。大盛は茹で前600gとのことで少し怯むも滅多に来れないので後悔したくなく初志貫徹でお願いします。 可愛らしいシャンデリアが吊るされる店内はエスニックなカフェ風。麺類注文のサイドメニューに『鎌倉サラダ』なんてあって今風な感じですね。 さあやって来た大盛。ちょっとやっちゃった感?麺と具がラーメン丼いっぱいに敷き詰められた様は圧巻です。 まずは麺から。青唐辛子ペーストをまぶした極太平打ち麺。ところどころ襖が見える小麦香る滑らかでもっちりしたもの。これはすごいね! 受け止めるスープは“濃い豚骨、薄めの豚骨、コラーゲン系、鶏白湯、帆立スープ、米スープ(⁉︎)”と計6種を使っているそう。独特のとろみは米スープ由来だそうです。動物系のどっしりとしたベースに魚介系スープで奥行きを持たせた味わい。青唐辛子の鋭角に切り立った爽やかな辛みがあと引くアクセントです。なにげにトッピングの野菜が美味いんだなぁ。 一瞬怯んだものの、食べ始めると瞬殺の美味さ。野菜がとっても美味しかったので、麺前にサラダとビールを楽しみながら並盛りあたりをいただくのがお店のポテンシャルを最も感じられる組み合わせかもしれません。 ユニークなつけ麺まで楽しめるとは古都鎌倉、なかなか奥深いですね。 ごちそうさまでした! #ラーメン #旅グルメ

Katsuhira  Takano

Katsuhira Takano

excellent

西荻窪駅

居酒屋

月イチ参加のとある部活動の打ち上げ利用です。西荻窪の駅チカながらも大箱で使い勝手は申し分なし。そしてなにより美味い料理とお酒が揃っているとなれば、人気なのも納得というもの。日曜の夕方、口開け早々に16名での大宴会。まずは生ビールで乾杯だ! お通しはなんとも呑兵衛のツボを突いた盛り合わせ。お魚が推しのお店らしくバイ貝に燻ったタコ、しらすになまこなど魚介尽くしのラインナップ。これはお酒が捗ります。 コースをお願いしたので頃合いをみてお料理がどんどん運ばれます。分厚くカットされたあん肝に一人一皿で供されるお刺身の盛り合わせ、焼きそら豆、ホタルイカの沖漬け、分厚くてホワっほわな厚揚げ、大振りなアジの塩焼きとどれも美味しくボリュームもしっかり。大人数なので頼むお酒も一升瓶。クイクイ杯を重ねます。 ここで名物のカニクリームコロッケ!ザックり衣を纏った丸っとしたシェイプがなんともそそる一品。熱々なところをひと口かじれば、フルんっとしたクリームに塗れてたっぷりのカニの身が溢れ出ます。これは見事! そしてもうひとつの名物、イクラチャーハン。これほど日本酒に合うチャーハンは知りません。まったく締まらない絶品〆メシです。 どの料理も美味しく、お酒もなんともツウ好み。とっても酔い時間を過ごせました。 ごちそうさまでした! #酒場

Katsuhira  Takano

Katsuhira Takano

excellent

浦和駅

立ち飲み

【うらわでわらう】3軒目 わたやでしっぽり過ごした後、酔い覚ましにしばし浦和の街を散策です。卯月ということで調神社の狛うさぎにごあいさつ。隣接する調公園で終わりかけの夜桜を楽しんだ後、駅前に向かい〆の一杯に繰り出します。 浦和飲みのスタートを切ったモルガンのグループ店。伊勢丹浦和店の裏手に位置するビルの2Fに入ります。階段を登ってお店のドアを開けるとたくさんの呑兵衛が集う熱気溢れる空間が現れます。いやー、いいね! 唯一空いていたテーブルを陣取り、“あれば頼む”『バイス』を大ジョッキでいただきます。キリっとシャープで爽やかな酸味が仕上げの一杯にぴったりです。小魚を煮たのや揚げたの、山芋ときゅうりに茄子の漬けものなんかをもらって小一時間。そろそろ引き上げる時間です。 空中店舗ながらもすごい人気。モルガン然り浦和の街にしっかりと根ざしたお店なんだね。浦和の街のいろんな夜の顔を楽しめました。 ごちそうさまでした! #酒場