Shinobu  Shimizu

Shinobu Shimizu

ラーメンとカレーと女の子が大好きです。 グルメブログもやってます。宜しければご覧になって下さい^ ^ http://s.ameblo.jp/shimishino/

  • 2885投稿
  • 883フォロー
  • 804フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 中華
  • 餃子
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Shinobu  Shimizu

Shinobu Shimizu

good

荒川沖駅

牛丼

この日は久しぶりに『すき家』さん。実は、最近こちらの「タコライス」が気になってました。でも牛丼屋で「タコライス」っていうのもどうなんだろう?という訳で訪問。 店に入ると7月から始まったという「ニンニクの芽牛丼」の大キャンペーン中。しかも「ダブルニンニク」、「トリプルニンニク」なんていうのもある。だったら「タコライス」なんて食べてる場合じゃないね。「ダブルニンニク牛丼」をつゆだくで、「おしんこセット」を付けて注文です。 牛丼の上にこんもり盛られたニンニクの芽と、フライドニンニク。辣油と七見という特製ダレが結構辛い。つゆだくの甘い牛丼に、ガツンとパンチが効いてます。辛くてけっこう美味いよ。 牛丼なんだから紅生姜も必須。ニンニクに紅生姜が加わって更にジャンクに進化。美味しく完食ご馳走様でした。 『すき家』さんの限定って面白いですよね。バリエーションも多いし楽しめます。 牛丼チェーン各社、値上げ値上げで大変ですね。深夜料金導入とか、物価高とか。牛丼も今に高級品になっちゃうんでしょうか? 仕方ないんですけど、値上げの波に負けずに頑張って欲しいもんです。

Shinobu  Shimizu

Shinobu Shimizu

good

荒川沖駅

中華料理

この日は荒川沖の『中華飯店 福禄寿』さん。創業46年、立派な店構えの老舗中華料理店です。 ランチタイムは近所のお年寄りがたくさん来店。なんか施設の食堂みたいな感じ…(笑) 入店するのに躊躇するほどの立派な店構えとは裏腹に、ランチはお得なセットメニューが沢山あります。単品でオススメの「担々麺」を注文しました。 スープは鶏ガラと香味野菜ベース。芝麻醤がたっぷりの胡麻風味。辣油は適度な量で辛味は弱め。なんか味噌ラーメンのスープみたいな感じもするね。 麺はビックリ!博多長濱みたいな極細麺。これだけ細麺の担々麺は初めて。低加水のパツっとした歯応え。この麺が担々麺に合うかどうかは別にして、こんな担々麺もアリなんだろうね。 肉味噌は搾醬といった感じじゃなく挽肉炒め。加えて、タンメンみたいな野菜炒めがたっぷり乗ってます。モヤシ、人参、ニラ、木耳と正にタンメンの具材。シャキシャキ食感で美味しいけどね(笑) 総じて… 老舗中華料理店の、担々タンメンです。 これは担々スープのタンメンですね。野菜もたっぷりで、塩味に飽きたらこんなタンメンもたまには良いと思いますよ。 てっきり大陸系中華だと思ってましたが、ここは日本の中華料理店ですね。町中華価格で楽しめる地域密着の中華料理店。頑張ってください。

Shinobu  Shimizu

Shinobu Shimizu

excellent

土浦駅

定食

この日は土浦の外れ、国道125号線土浦北ICのそばにある『大衆食堂 やおせ』さんに初訪問です。 こちらは国道沿いの一軒家。駐車場は店前に4台ぐらい停められるのかな?最近大好物の、昭和の匂いがプンプンする古い大衆食堂です。 暖簾を潜ると店内も渋いです。オープン直後で、先客ゼロの後客一名でした。 こちらは女将さんのワンオペみたいです。暑いね〜とご挨拶してメニューを拝見します。 定食系に、麺メニュー。どれもビックリするぐらい安いです。「コロッケ定食」に「もやしラーメン」が450円?夢の二個食いっちゃう?(笑) 一旦冷静さを取り戻して(笑)、「アジフライ定食」650円を注文します。安いね〜。 15分ほどで大ぶりのアジフライが二枚乗った定食の登場です。盛りの良い白ご飯に、味噌汁。大豆の煮物に、お新香付き。これで650円ってホントウソだろう〜って感じですよ。 デカいアジフライは衣はサクサク、身はホッコリ。何も付けなくても美味しいアジフライです。卓上のウスターソースが良く合います。 大盛りぐらいある白ご飯は炊き立てでめちゃ美味い。流石は茨城の米。そのままでも美味しい白ご飯ですが、アジフライが二枚もあるので、足りなくなりそうな勢いです(笑) 味噌汁は蕪と油揚げ。大豆の煮物はホッコリしますね。美味しく完食です。 総じて… 文句無しに美味しいアジフライ定食でした。 派手さは無いけど、実に美味しい定食です。ボリュームもあって、何より安い。庶民の味方ですね。 女将さんの手作り感満載の家庭の味です。近くにあったら通っちゃいますね。これだから大衆食堂巡りはやめられないですよ(笑)

Shinobu  Shimizu

Shinobu Shimizu

excellent

荒川沖の『山岡家』系列の「極煮干し本舗」さんが、看板付け替えの『煮干しラーメン山岡家』さんとして、再オープンしました。コンセプトも、メニューも『極煮干し』の頃と変わって無いみたいなんだけどね(笑) この日は暑かったので、限定の冷やしに惹かれましたが、レギュラーの「極濃煮干し豚骨つけ麺」と、前からお気に入りの「山わさび丼」を注文しました。つけ麺は茹で時間掛かりますとの事ですよ。 店内も綺麗にリノベしたようですが、ほとんど変わってないようです。正に看板だけ付け替えた感じですね(笑) 15分ほどで「極濃煮干し豚骨つけ麺」の登場。つけ汁は粘度が強いドロドロセメント色。煮干しは苦味、エグ味等の癖はないけど、ガツンと来ます。そこに『山岡家』で培った濃厚豚骨が下支え。ド煮干しと渡り合うド豚骨つけ汁といったところ。 煮干しと共に、豚骨自体も癖が無く全体は飲み易いチューニングだけど、煮干し初心者にはけっこうパンチあると思いますよ。これは凄いね。 麺は中加水の太ストレート。茹で時間かかるとの事だったけど、モチぷり食感がつけ麺としてはジャスト。つけ汁もガッツリ絡んで、久しぶりにつけ麺食べてるなぁ〜って感じ。 バラチャーシューはトロトロ。枕木メンマはサックリ。海苔の上に乗った煮干粉をつけ汁に溶かせば、更にニボガツン。 スープ割りは電気ポットで再加熱して登場。普通より多めに割ったけど、まだまだ濃厚。〆までしっかり美味いね。 サイドメニューの「山わさび丼」はおろしわさびの辛味が気持ち良い。鼻腔にツンと抜ける辛味が癖になる逸品。スープ割りにも良く合います。 総じて… 山岡家自慢のド豚骨+ド煮干の濃厚つけ麺です。 このレベルのニボつけが、24時間営業のチェーン店で出されたら、個人の専門店はたまったもんじゃないですよ。専門店よりは万人受けのチューニングだとは思いますが、『山岡家』さんらしい一杯です。 『極煮干し本舗』から、何が変わったのかは定かでは無いけど(笑)、今度は末永く続いて欲しいですね。 餃子無料券も貰った事だし、気になった冷やし限定を食べに再訪しようかな?

Shinobu  Shimizu

Shinobu Shimizu

excellent

下総神崎駅

塩ラーメン

稲敷市の博多ラーメンの『麺屋小鉄』さんからの帰り道にもう一軒寄ります。『珍來軒神宮寺店』さんに初訪問です。 鹿島から土浦方面に抜ける国道125号線沿い。辺鄙な所だけどドンと目立つ盾看板。色は褪せてるけど、珍來特有のデカい看板です。 こちらは独立系の『珍來軒』さんです。同じ『珍來軒』でも守谷とは無関係っぽいですね。他の『珍來』と明らかに違うのは、黄色の幌に書かれた「手作り餃子の店」の黒文字。餃子推しなんでしょう。 昼ちょい過ぎの時間なのに、店内ほぼ満席です。厨房の店主さんの立ち振る舞いが和食職人みたいでカッコイイ。壁には店主自身の演歌のポスター。CD出してるらしいです…(笑) メニューは見るとどれも安い。しかも税込み。基本の「らーめん」は550円。定食メニューも豊富。久しぶりに「タンメン」650円を注文。 スープは鶏ガラベースの澄み切った清湯の塩。スープ自体の旨味がしっかりしてます。そこに炒め野菜から出る油の旨味も加わり、めちゃめちゃ美味しくなってます。 麺は太麺と細麺から選べますので太麺選択。多加水平打ち気味の微縮れの、ぷりモチ食感の美味い麺です。聞いたら、船橋の『珍來製麺所』麺だそう。店によって、色んな麺があるのが面白いですね。麺量150g切るぐらいで少なめかな? 炒め具材は豚肉,キャベツ,もやし,ニンジン,玉ねぎ,キクラゲ。シャッキリと仕上がった炒め具合は、高温で一気に炒めた証です。絶妙の塩加減。 総じて… 今まで食べた『珍來』の中でもトップクラスのタンメンです。 失礼ながらこんな辺鄙な場所で、こんな美味いタンメンが食べられるとは思いもしなかったです。 量はやや少なめだけど、餃子やライスと一緒に食べれば満足度も高いでしょうね。全体の値段が安過ぎるので、色々食べれる楽しさもありますね。 今回は大当たり!頑張って欲しい実力店です。