プロフィール カバー写真
Takao  Kajiwara

TOP USER

福岡県

Takao Kajiwara

福岡県民じゃないと知らない美味しいあの店

博多と言えばラーメンを思い浮かべる方が多いでしょう。 博多はうどん発祥の地で、うどん店もラーメン店と同じくらいの店があります。 また他にも博多チャンポンや皿うどんなど独自の進化を遂げた様々な麺類もあります。 そんな博多の麺をこよなく愛す普通のおっちゃんです。

  • 2689投稿
  • 6565フォロー
  • 5102フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 餃子
  • ちゃんぽん
  • 中華
  • うどん
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

赤坂(福岡)駅

ちゃんぽん

懐かしのちゃんぽん 20代後半から40代前半にかけて、大名や赤坂で勤務していたころによく通ったお店の一つです。赤坂の飲食店では珍しく、駐車場があるお店です。西福岡県税事務所に用事があり、お昼はこちらでいただくことにしました。 時間は13時過ぎということで、店内のお客さんは少なめ。空いたカウンターに座り、ちゃんぽんを注文します。以前通っていたころは1杯600円だったような気がしますが、物価の高騰ですね。今は2代目の大将が中華鍋を振っています。先代の大将と女将さんがいらっしゃったころが懐かしいですね。2代目の大将もその頃から働いていらっしゃいましたよね。 5分ほどで丼が登場です。まずはスープからいただきます。以前と変わらず、懐かしい味です。ベースのスープに野菜の旨みが加わり、本当に美味しいスープです。胡椒を振って、具材と一緒に麺をいただくことにします。こちらのちゃんぽん麺は、もちもちとした食感でとても美味しいです。 お店の名前にもなっていますが、博多ちゃんぽんは長崎ちゃんぽんとは違います。麺はラーメンの麺を太くしたタイプで、ほとんどスープを吸い込みません。具材も長崎ちゃんぽんほど豪華ではなく、庶民がいただくちゃんぽんになっています。私もよくいただきました。具材もたっぷり入っていて、最後まで美味しくいただきました。 時々赤坂にも来るので、また寄りますね。大将、お元気で。 博多ちゃんぽん800円 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

藤崎(福岡)駅

中華料理

お気に入りの街中華 もう通いだして何年になるだろう。こちらの会社に就職してからだから、8年になるだろうか。本当にお気に入りのお店です。今日のランチは、そのお気に入りのお店に向かいます。駐車場がないので、申し訳ないですが路上駐車(駐車禁止ではありません)してお店に向かいます。 店内は冷房がガンガンに効いています。カウンターに座りメニューを拝見します。今日は暑いので汁物はパス。皿うどんも美味しいが、他店ではあまり見かけないカレー麺(カレー皿うどん)を注文します。 カレー麺も皿うどんと同じ作り方で、まずは麺を焼いていきます。なぜ博多皿うどんは麺を焼くかというと、長崎から麺を持ってくる際、加水率が高い麺は移動中に傷む可能性があるということで、焼いて博多に持ってきたのが始まりだとか。 麺を焼きながら、別の中華鍋で具材を炒めていきます。具材が炒め終わったら麺と中華出汁が加わり仕上げになります。そしてここでカレー粉が入ってカレー麺が完成です。熱々の皿が私の前に登場です。 一口いただくと、中華出汁にカレーが加わり、ピリッとした辛さが心地よい。これは夏の皿うどんですね。具もたっぷり入っていて本当に美味しいカレー皿うどんです。普通の皿うどんだと途中で酢を入れて味変するのですが、一気に食べ終わりました。他の店にはなかなか無い、夏の皿うどんでした。 あまりにも美味しかったので勢いよくいただきましたが、シャツを見るとカレーの汁が飛び散ってます。かみさんから怒られるんだろうね。 カレー麺 600円 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

六本松駅

ラーメン

福島白河ラーメン 先日、福岡県の非とんこつラーメンを紹介する番組で紹介されていたお店に行ってきました。お店は六本松という街中にあり、駐車場はありませんが、近くにコインパークがありますのでそちらに車を止めて向かいました。 時間は12時前、少し並ぶのを覚悟して行きましたが、運良く並ばずに入店できました。カウンターに案内され、メニューを拝見しました。今日はかみさんと一緒なので、ちょっと贅沢して塩ラーメンのワンタン麺とチャーシューおにぎりを、嫁は醤油ラーメンを注文しました。 まずはチャーシューおにぎりがやってきます。食べたいのをぐっとこらえてラーメンを待ちます。10分ほどで丼が登場しました。まずはスープからいただきます。塩ラーメンらしく、すっきりとした味わいでとても美味しい。胡椒に刻み玉ねぎを入れて麺をいただきます。さすが自家製麺、もちもちの麺がとても美味しい。そして初めてワンタンをいただきます。自家製のワンタンの皮がとても大きく、熱々だったので、思わず吐き出しそうになりました。皆さん、出来たてのワンタンは要注意ですよ。もちろんワンタンの具も美味しいのですが、皮もとても美味しかったです。とんこつラーメンのワンタンと違い、具もあっさり系でこのラーメンにとてもよく合っています。チャーシューおにぎりは見た目でしっかり味付けされている感じですが、ラーメンのスープと相性が良く、生姜が効いてこれまた美味しかったです。 嫁も醤油ラーメンがとても美味しいと感動していました。 こちらのお店は噂によると、福島のとら食堂から営業権を買い、完全独立店になったそうです。これからの進化がとても楽しみなお店です。 手打ち塩そばワンタン麺 1,160円、チャーシューおにぎり 90円 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

西鉄平尾駅

豆腐料理・湯葉料理

絶品豆腐のお店 異業種交流会の後、焼き鳥屋の隣にある絶品豆腐のお店に立ち寄りました。こちらのお店は、同じく平尾にある豆藤加藤本店が造ったお豆腐をメインに出している立ち飲み屋だそうです。豆腐好きの私にとってはたまらないお店です。 店内に入り、まずは豆角セットをいただきます。このセットには豆腐一品と小鉢二品、飲み物が付いてきます。私が頼んだのは、絹の厚揚げと小松菜のお浸し、おからです。飲み物はハイボールで、2次会の始まりです。 さすが豆腐専門の店が出しているだけあって、豆腐の味はとても美味しいです。あまりにも美味しかったので、いろんな豆腐を試しながら楽しみました。もちろんお酒もたっぷりといただきました。 本当に素晴らしいお店に連れてきてもらいました。また平尾で飲むのが楽しみです。 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

西鉄平尾駅

焼き鳥

鶏皮の値段が驚愕です。 毎月開催されている異業種交流会の「長者の会」に、今月も参加してきました。焼き鳥は大将が出してくれるままにいただき、飲み物はビールや焼酎、ハイボールが基本です。異業種交流会と言いながら、席はカウンター席だけなので、基本的には隣の方と話すのがメインです。焼き鳥をいただきながら、飲み物がなくなったら、ボトル近くに座っている人が水割りを作成してくれる、とてもフランクな会です。今回は、キープしていたボトルが流れたからと、ほぼ満タンの白波を500円でいただきました。飲み食いした後はみんなで割り勘で、いつも男性は3,000円で女性は2,000円です。とにかく安くて美味しい焼き鳥屋さんで、鶏皮が30円、ボトルキープが1,000円です。 大将、次回は友人を連れてきようかな。 ごちそうさまでした。