プロフィール カバー写真
Takao  Kajiwara

TOP USER

福岡県

Takao Kajiwara

福岡県民じゃないと知らない美味しいあの店

博多と言えばラーメンを思い浮かべる方が多いでしょう。 博多はうどん発祥の地で、うどん店もラーメン店と同じくらいの店があります。 また他にも博多チャンポンや皿うどんなど独自の進化を遂げた様々な麺類もあります。 そんな博多の麺をこよなく愛す普通のおっちゃんです。

  • 2624投稿
  • 6568フォロー
  • 5092フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 餃子
  • ちゃんぽん
  • 中華
  • うどん
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

西鉄平尾駅

居酒屋

美味しい料理に舌鼓 私が主催するRetty福岡南部会は、今回で第17回目となりました。 今回の開催場所はこちらのお店です。 総勢19名でしたので、お店は貸し切りとなりました。 乾杯から始まり皆さんで美味しい料理をいただきながら話が弾みます。 どの料理も美味しかったですが、特に餃子ともつ鍋が絶品でしたね。 私のオーダーミスで鯛飯はありませんでしたので、次回リベンジといきましょう。 本当に皆さんありがとうございました。 また、お店の方、ありがとうございました。 次回もよろしくお願いします。 ごちそうさまでした

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

渡辺通駅

焼き鳥

大変美味しい焼き鳥 予約していた焼き鳥店が、予約時間を聞き違えていたため入店できず、急遽飛び込みでこのお店に入ることになりました。店内に入ると、つくねを押しているようでしたので、つくねなどの焼き鳥を注文することにしました。つくねは見た目通りの味で、とても美味しかったです。タレではなく塩で提供されているところも良かったですね。また、後から海老を豚バラで巻いた焼き物や、雲仙ハムが刺さって焼かれているのも初めて見ました。大根の天ぷらは、薄味で味付けされた大根が天ぷらになっていて、これもまた美味しかったです。鶏皮はタレでしたが、辛子が添えてあったので、辛子を付けていただくとこれもまた美味しかったです。今まで辛子を付けて食べるという発想はなかったです。飛び込みで入ったお店でしたが、大変美味しいお店でした。 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

次郎丸駅

うどん

ちょっと贅沢に 久しぶりにうどんが食べたくなり、こちらのお店に向かいます。前回うかがったときは、お客さんが入口に待っていましたのでパス。今回はゆっくり座ることができました。店内に入り、カウンターに座る前に注文します。やさい天うどんにわかめのせの大盛り、無料のキムチもお願いします。注文した後、水を汲んでカウンターに座ります。注文してからうどんを茹で始めますので少々時間がかかります。15分ほどかかったでしょうか、丼がやってきます。まずはすみからいただきます。出汁がきいた美味しいすみです。一味は振らずそのまま麺をいただきます。つるんとした食感でこれまた美味しい。わかめも干しわかめではありませんので、磯の香りと食感がとてもいいですね。また野菜のかき揚げも揚げたてでとても美味しい。特にさつまいもが入っているので、芋の甘さがうどんにとても合います。この美味しいうどんを激変させるのがキムチ。3分の1ぐらい美味しい味を味わったところでキムチの投入です。キムチの辛味と酸味が加わり、パンチが効いたうどんに大変身です。最初にうどんにキムチを入れた人は天才ですね。Wakame にキムチの食感が加わり、とても美味しくいただくことができました。 大盛り無料にキムチ一皿無料、850円を超えるとなんと玉子まで無料になりとてもお得なお店です。長く続けてくださいね。 やさい天うどん550円、わかめトッピング100円 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

うま辛ラーメン 今日はお弁当がなく、夜は飲み会ということで車もなし。徒歩圏内で昼食をいただくことになりました。最初に向かった食堂は、なんと定休日。仕方が無いので第2候補だったラーメン店に向かいます。店内に入ろうとすると、キーマカレー店がオープンしています。看板を見て気持ちがちょっと揺らぎましたが、ちょっと高かったのでラーメン店へ入ります。ラーメン店に入ると、なんと隣のキーマカレー店と繋がっているじゃありませんか。それもキーマカレー店でラーメンを食べている人がいらっしゃいます。オーナーは一緒だったんですね。店内はしゃれたバーみたいで、ラーメンが際立つような造りになっています。空いてるカウンターに座り、メニューを拝見します。前回は革命という醤油ラーメンをいただきましたので、今回はピリ辛の炎帝をいただくことにしました。1辛から10辛まであり、辛いのが強い方は2辛からと書いてありましたので、2辛を注文します。10分ほどで丼が登場です。スポットライトに当たったラーメン、なかなか美味しそうです。調味料等は一切置いていませんので、このままいただきます。まずスープからいただくことに。スープのうまみを感じながら辛さを感じます。この辛み、どこかで食べたような記憶です。麺は細麺ストレート、ちょっと堅めで私好みの硬さではないかな。どうせストレート細麺ですから、麺の硬さを聞いても良いのではないでしょうか。個人的にはもう少し茹でた麺が好きです。鶏チャーシューは今回はそのままいただきます。以前食べた辛くないラーメンの鶏チャーシューは、わさびなどを付けて食べましたが、辛いラーメンは何も出てこないのでそのままでいただくことにしました。気のせいかもしれませんが、辛いラーメンの鶏チャーシューはしっかり味が付いているような気がします。食べ進めると、しっかり辛さが伝わり、汗ばんできました。おそらくこれ以上辛くすると、元々のスープの美味しさが味わえないような気がします。この辛み、よくよく考えると小郡系ラーメンの辛いタレの味に近いのかな。ただこの辛いタレ、タレの塩味が加わり、ちょっと塩分がきつめに感じました。辛いのも相まって、スープは少し残してしまいました。帰りがけ、大将から声をかけていただきました。頑張ってほしいですね。 せっかく雰囲気も良く、器もかっこいいので、レンゲのプラスチックはやめた方が良いのではないでしょうか。陶器の方がかっこいいかも。 炎帝(辛いラーメン)800円 ごちそうさまでした。

Takao  Kajiwara

Takao Kajiwara

excellent

大橋(福岡)駅

ラーメン

以前は屋台で提供 以前は屋台で提供していたお店が、現在は大橋の近くに店舗を構えています。 店の横にある駐車場に車を停めて、店内に入ります。 店内はカウンターと小上がりがあり、子連れでも安心して食事を楽しめます。 カウンターに座り、基本のラーメンを普通の硬さで注文しました。 5分ほどで丼と初対麺です。 まずはスープからいただきます。 彩り豊かに盛り付けられていますが、意外とあっさりしたスープです。 出来ればおろしにんにくを加えたくなる感じですね。 胡椒と胡麻を振って麺をいただきます。 麺のゆで加減はちょうど良く、とても美味しいです。 キクラゲも入っていて、食感のアクセントになっていますね。 麺を一通り食べたところで、替玉を注文します。 お皿にのった替玉を丼に移し、スープの味を確認します。 少々薄くなっていましたので、ラーメンダレを入れて第2ラウンドを開始しました。 まずテーブルに置いてある辛子高菜を入れて味変を開始しました。 辛く味付けされた辛子高菜を入れることで、全体的に味が引き締まります。 ただし、この辛さは入れすぎに注意が必要ですね。 第2ラウンドではスープも楽しみながら麺をいただきました。 ちなみにチャーシューは、堅めで昔ながらのチャーシューでした。 さすが元屋台のお店、居酒屋メニューも充実しており、昼間から飲むこともできるようです。 自宅の近くにあったら、通いたいところですね。 ラーメンの価格は650円で、替え玉は120円です。 ごちそうさまでした。