Hiroaki Ishiyama

Hiroaki Ishiyama

フードコーディネーターのいっしーです 『MEN'S Lifestyle Blogger』として「いっしーのデート飯」というBlogを運営しています http://date-meish.com デートの食事に悩んだら...!? よかったら見てください‍♂️

  • 391投稿
  • 74フォロー
  • 175フォロワー

好きなジャンル

  • 焼肉
  • イタリアン
  • ダイニングバー
  • フレンチ
  • 和食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Hiroaki Ishiyama

Hiroaki Ishiyama

excellent

    新宿 鉄板焼き Sublime

    店舗情報

    新宿三丁目駅

    鉄板焼き

    3年連続ミシュランを獲得した麻布十番のフレンチ「Sublime」がプロデュースする鉄板焼き屋が新宿にOpen!! 『新宿 鉄板焼き Sublime(スブリム)』 店内は新宿らしい!?艶感のあるSexyなインテリア。 今回いただいたのは「Luxury course」(17,600円) 緊急事態宣言もあけたからね。グラスのシャンパンで乾杯です。 ■前菜 出てきた瞬間、秋の彩りも美しい前菜盛り合わせ。 秋トリュフも香る、ほんのりとした柔らかめのテクスチャーの和牛100%ミートボール。 ホタテと梨のタルタル。下にはサクッとしたクレープ生地。 ほおずきトマト。 ねっとり感もたまらない、紅富士鱒のサーモンマリネ。 ■Sublimeスペシャリテ 発酵熟成マッシュルームスープ じっくり発酵させたことによる熟成感が強く出ているスペシャリテなスープ。 下には温泉卵が入っているので、途中で卵を割って味変も。 コレでもかっ!とマッシュルームの旨みをダイレクトに味わえるスープです。 ■焼き雲丹、牛タン ★いっしーリコメンド ナイフのいらないソフトなテクスチャーの牛タンの上に、ウニ+金粉の豪華コンビが鎮座。 ウニの旨味がしっかり感じられるソースとのバランスもお見事。 ■活伊勢海老の鉄板焼き ★いっしーリコメンド 続いてまだ生きているフレッシュな伊勢海老の登場!! 美しいサフランソースは海老の旨味を生かす絶妙な味付け。 火入れも抜群のちょいレア気味がモロ俺好み♡ 続いてお肉に合わせて赤のフランスワインを。 ■A5黒毛和牛フィレ&黒毛和牛サーロインの鉄板焼き 目の前で繰り広げられる激しいフランベでワクワクしながら、出てきた肉はまさに絶品のテクスチャー。 合わせるのは岩塩、生醤油、わさび、ニンニク。 個人的には醤油漬けしたニンニクチップはかなり好み。この後キスできなくなるけどね(笑) しっかりグリルした野菜もシンプルにうまいんだよ。 ■ガーリックライス 一言で言うとすげぇ地味だけど、すげぇうまい(笑) まさに「Simple is best」なガーリックライスは、ガーリックと脂と塩胡椒のシンプルな味付け。 コレなら少食男子の俺でも何杯でもいけちゃうやつ。 赤出汁のほっこり感もいいね。 ■自家製ティラミス、本日のシャーベット きなこと黒蜜を使った和風ティラミス。 ラフランスのシャーベット、イチジク、葡萄と秋の味覚も。 味に関してはさすがミシュラン獲得店プロデュース…って感じかな。 個室もあるけど、せっかくならLive感を楽しめるカウンター席がオススメ。 まだ新しいお店なんで、コレからの進歩・進化にも期待ですね。

Hiroaki Ishiyama

Hiroaki Ishiyama

excellent

    ヘイフンテラス

    店舗情報

    日比谷駅

    広東料理

    言わず知れた五つ星ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」2階の広東料理の名店 『ヘイフンテラス』 今回は10/31までのスペシャルコース「秋の五行和漢」をいただいたよ。 漢方の専門家・秋山あかねさん監修の元こだわり抜いた一級の食材を使い、漢方が苦手な人でも食べやすいよう絶妙にアレンジされたコース料理なんです。 店内はLuxuryな中国古典庭園をイメージ。 程よい照明の暗さが「デート飯」にぴったりな雰囲気でしょ!? なんか王族になった気分だよ(笑) ご用意いただいたのはスペシャルな個室。外はミッドタウン日比谷だね。 乾杯は栗の渋皮のエキスで割ったシャンパンで。 ■天然舞茸と紫蘇の沙参 西洋人参スープ炊き 大好きな長野県産舞茸の入った「漢方感」少し強めのスープ。気力と潤いを満たすんだって。 ■金華豚の釜焼きチャーシューと落花生の香料煮 最上鴨のロースト 桂皮と栗の甘露煮 山梔子のソース 香川県産マナガツオと銀杏の湯葉巻 一番刺さったのは金華豚かな。しっとりとした上品な脂が最高なんだよな。 ■有明車海老と秋ナス オオバコの蒸し餃子 ★いっしーリコメンド 松茸小籠包 ポルチーニ パパイヤ 松の実のタロイモ衣揚げ 海老の入った蒸し餃子は、とろーりとろけそうな皮と最高級車海老のコンビネーションは絶妙なんです。 小籠包も中には秋の王様松茸が入っていたり、タロイモのねっとり感もたまらん。 いやぁ、うまい!! ■冬虫夏草と霊芝 山ゴボウ 乾燥百合根 きび丸豚の蒸しスープ 慈養強壮に効果絶大とも言われる冬虫夏草の入ったスープ。 霊芝のコリコリ感がいいアクセントに。 ちょうど出張が立て続けにあって疲れてたんで、ビンビン!?ギンギン!?に元気になりました…(笑) ■天然マクブの菊花巻とクコの実 桔梗の根 黒トリュフソース炒め 最初お肉かと思った初対面のマクブはベラの仲間。 沖縄とかだと三大高級魚とも言われているんだって。 意外にもしっかりとしたテクスチャーで身質がしっかりしたマクブに、黒トリュフソースのしっかりとした味付け。 ■雉肉 白木耳 高麗紅参と山奈を閉じ込めた自家製豆腐 雉のスープ煮込み タンパク質が多く、脂質の少ないヘルシーなキジの肉と豆腐のコンビは絶妙な優しさ。 ■佐賀県産渡り蟹と上海蟹味噌の和え麺 南瓜とともに 蟹がたっぷりの中華料理風パスタ!? 大好きな蟹味噌もたっぷりでコレかなり好きです♡ 腹いっぱいだったけど、コレはペロリと。 ■ヘイフンテラス特製 月餅 キウイフルーツのココナッツ団子 水晶文旦と燕の巣 ざくろの甘味 ■ヘイフンテラス中国茶ティーマスターより 最後のデザートは「世界で一番うまい」と言われる月餅と、キウイの種までしっかり入った団子。 そして甘味を抑えた文旦。 サービス精神旺盛!?だからか、かなりボリュームがあったので、ランチ抜き…とかの方がいいかもね(笑) 名店ながらも、こういった新しい取り組みに挑戦する姿勢はさすが絶対王者。 漢方が苦手な俺でも見事美味しくいただけたし、漢方好きの方はもちろん俺みたいなタイプの人にもオススメしたいコースです。

Hiroaki Ishiyama

Hiroaki Ishiyama

good

    本舗 丹次亭

    店舗情報

    金島(群馬)駅

    うどん

    ひさびさの群馬県渋川市へ出張。 やることが多すぎてあまり時間がなかったんだけど、どうしても名物の「水沢うどん」が食べたくなってね。 伺ったのはお初の 『本舗 丹次亭』 ちなみに秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどん、そして群馬県の水沢うどんと合わせて「日本三大うどん」と言うそう。 まぁコレに関しては諸説あり…とのことで、いろんな地方の方からご意見がきそうですけどね(笑) orderしたのは天ざるうどん(1,375円) 水沢うどん特有の艶やかさとしっかりとしたコシはやっぱうまいね。 こちらも群馬県名産の舞茸を天ぷらに。 水沢うどんの天ぷらには絶対付いてる!? 東京だとあんまり食べないんだけど、サクサク感が実にいいんだよね。 ひさびさ食べた水沢うどんはやっぱり好きだね。 いつもは「田丸屋」に行ってるんだけど、今回は休みで締まっていたのでこちらに。 あと有名どころだと「大澤屋」あたり!? 機会があればそっちも行ってみたいと思います。

Hiroaki Ishiyama

Hiroaki Ishiyama

excellent

    CarneSio east

    店舗情報

    恵比寿駅

    肉バル

    急遽発作的に美味い肉を食べたい♡と思い立って予約を入れた恵比寿にある 『CarneSio east(カルネジーオ イースト)』へ。 以前、同じ恵比寿の系列店には行ったことがあるんだけどね。 同系列なら間違いないだろうと。。。 今回はLive感あふれるカウンター席ね。 乾杯は、なみなみグラススパークリングワインで。 その名の通りコレでもかってくらい、なみなみまで注いでくれます。 と言うわけで恒例のCheers shotはグラスを置いたままで(笑) ■お通し 豚のタンとパルミジャーノ。お好みでマスタードソースをつけて。 ■アボカドサラダ 葉物のサラダを期待して頼んだら、まさかのアボカドだらけ(笑) だいぶイメージと違ったけど、何気にコレが正解。 まさに食べごろ(いやらしい意味じゃないよ(笑))に熟したアボカドは絶妙なねっとり感。 酸味とマスタードの辛味のバランスも絶妙なソースで、葉物じゃないけど確かにサラダっぽくもあるんです。 ■ホタテのカダイフ巻き 大好きなホタテを小麦ととうもろこしで作った極細のカダイフで巻いて。 カダイフはサクッとエアリーでパリッパリ。 安定のタルタルソースも俺の好みをわかってらっしゃる(笑) ■Carnesio特選牛フィレステーキ ★いっしーリコメンド さて、待ってましたのフィレステーキ。100g単位でorder可能です。(今回は200g) 付け合わせに焼き野菜盛り合わせと京都産春菊爆弾もね。 軽い火入れとソース作り、肉のカットは店員さんがやってくれます。 ソースは焦がしニンニクバター醤油。もうね…これ匂いだけでヤバいわ(笑) 繊細さ…はあまりないけど、ニクニクしい肉をがっつり食べたい…人にはとてもいいね。 ■京都産春菊爆弾 葉物が欲しかったので追加でコレも。 こっちは逆に葉っぱだけ(笑) 塩とライムで実にサッパリ。ちなみにこちらでハーフサイズ。まさに爆弾級のボリュームです(笑) ■ガーリックライス 店員さんから余ったガーリックソースでガーリックライスもオススメですよ…なんて言われたら頼むしかないよな(笑) こんなんもう、最高以外言葉が見つからないですよ。 うーん…満足満足。やっぱ肉とガーリックって最強だよね。 ここはパスタもウリ…とのことなんで次回はぜひ食べてみようかな。 値段、雰囲気、料理のクオリティー、店員さんのホスピタリティー。 どれもが高水準の良店ですね。

Hiroaki Ishiyama

Hiroaki Ishiyama

good

    百麺 中目黒店

    店舗情報

    中目黒駅

    ラーメン

    「いっしーの孤独のグルメ」 某ドラマに出てたんで気になっていた、中目黒のラーメン屋 『百麺(パイメン)』へ。 看板からお店のメッセージがダイレクトに伝わります(笑) orderしたのは太麺4点盛り(1,050円) 見てよ、この迫力!!!! まずはこだわり抜いたと言うスープ。 いわゆる家系ラーメン風の豚骨鶏ガラスープは、クリーミーでなかなかのパンチ力。 いつも通り麺固めでお願いした極太麺はコシがある…って感じでもないので固めのorderが正解。 トッピングはデフォルトのチャーシューに加え、たっぷり刻んだ臭いが気になるもののシャキシャキ感が心地よい青ネギ、家系レギュラーのほうれん草、味玉、そして見た目のインパクト大な豚の角煮。 しっかりとした味付けの角煮はこのスープに負けない力強さ。 うーん、なかなかうまいよ。 テーブルの上にはニンニクや刻みニンニク、豆板醤…とまだ刺激が欲しい人にも配慮されているのは嬉しい限りかな。 個人的には好きな方向性のラーメン。 がっつりいきたい時にはありよりのありです。