Ataru Era

Ataru Era

博多・天神周辺の、一人でも入れるお店が中心です。

  • 1086投稿
  • 82フォロー
  • 608フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 餃子
  • 焼き鳥
  • 丼もの
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Ataru Era

Ataru Era

excellent

定番つけ麺 普通(1玉) 辛さ1倍 ¥980 半熟卵 ¥100 冷たく締めた中華麺に茹でキャベツ、ネギが山盛り。 そして、広島のつけ麺といったらこのスープ。辛みと酸味が効いてます。 まぁ、1倍なんて「ピリ辛」のレベルで、通常でも5〜8くらいみたい。 確かに、キャベツがかなり甘いのもあって、辛いのは好きだけど辛みに強いわけじゃない私でも、もう少し辛くてもよかったかも、と思うくらい。 辛さ控えめだと、スープそのものの美味しさを強く感じられ、これはこれでアリでした。 帰りの新幹線の時間が迫ってたので、1玉かつアルコールなしで済ませましたが、麺量は少なめなので、1.5玉にビールかレモンサワーがベストかもなぁ……

Ataru Era

Ataru Era

excellent

胡町駅

お好み焼き

11:00時点で4人の待ち。後ろに接続したら瞬く間に後ろにも列が。11:30の開店時点で合わせて30人くらいかな。開店と同時にカウンターに通されます。 ふみちゃんスペシャルそば ¥1,200 トッピング イカ天 ¥150 瓶ビール(サッポロ赤星) ¥650 列待ちの間に頼んでおいたお好み焼きが、大きな鉄板の上で同時にどんどん出来上がっていくのは圧巻。 スペシャルはエビ、イカ、豚入り。蒸されてとろっと甘いキャベツ、豚やイカ天の油の旨み、海鮮の旨み、甘めのソース、そばはもちっとした部分もかりっとした部分もあって、それらが渾然一体となって絶妙のバランス。鉄板の上でずっと熱々なのもいい。 ヘラで自分でカットしながら熱々のお好み焼きを頬張り、鉄板の熱でぬるくなったビールで流し込む。 いやぁ、最高ですよ。

Ataru Era

Ataru Era

excellent

門松駅

ラーメン

ラーメン ¥750 無限チャーハンセット ¥650 替え玉10円とかは見なくはないけど、無限チャーハンはすごいですよね。通常サイズが700円なので、1回お代わりで元は取れる計算。 で、2回お代わりしたから、得しました。 ラーメンはサラッとした良い豚臭さのスープに、極細ぽきぽきストレート麺という、懐かしい感じ。 チャーハンは卵たっぷりで「ぱらっと」と「しっとり」のバランスがいい。少し濃いめの味付けも食欲を掻き立てます。 ラーメンも美味いけど、チャーハンも同じかそれ以上に美味い。 ラーメンの麺を終えたあとのスープでチャーハンが進む。確かに『無限』かもしれません(胃袋が耐えられる限り)。

Ataru Era

Ataru Era

2024

西鉄平尾駅

ラーメン

11:20に着いて、中2外3の待ち。途中で外待ちのご夫婦が諦めて帰られたので都合3人待ち。 カウンター7席のみ、店主ワンオペなので気長に待ちますが、思ったよりかからず、11:35に着席。 激鱗ラーメン ¥1170 玉子 ¥120 煮干し和え玉 ¥250 まず、スープが美味すぎる。この手のトロっとした煮干しスープって、粘度を出すための豚や鶏の旨みが強く、煮干しと動物系が半々くらいのチューニングなものなんだけど、粘度は確保しながらも煮干しが旨味の8割くらいを占めてる。これ、どれだけの煮干し使ってんだよ、贅沢すぎるだろ。 麺は細くてポキポキのストレート。チャーシューは軽く炙った豚バラ。トッピングで秀逸なのは玉ねぎとバラ海苔。煮干しの濃厚さにアクセントを加えてくれます。 このスープをもう少し楽しみたいと思って追加した和え玉がまたすごかった……ラーメンのスープと違って純度100%の煮干しペーストなので、もはや旨味の暴力。最初はこれ単体で混ぜて楽しみ、次につけ麺のようにスープにくぐらせて楽しみ、最後はスープをこっちに少し足して綺麗にペーストを溶ききって楽しみました。 スープも和え玉も多少の苦味は出ていますが、個人的にはその苦味すら美味いと思っているので、最高の一杯です。関東にあったら都心じゃなくても大行列必至のレベルですよ。 淡麗系も絶対美味いはずなので、ぜひ試してみたいですが、果たしていざ行ったときにニボニボ欲に抗って淡麗を注文できるのか大いに不安です。

Ataru Era

Ataru Era

excellent

千代県庁口駅

ラーメン

汁なし 味玉入り ¥1,080 いつのまにかお昼でもレギュラー入りしてた『汁なし』。 スープがない分、煮干しの旨みが濃厚。ただ、醤油そばと同じく塩味は控えめなので、テーブルの胡椒を振ってちょうどいいかな。 トッピングはかなり豪華。低温調理のムチっとしたチャーシューが厚めのスライスで2枚の他に角切りでもゴロゴロ。生玉ねぎにほうれん草、鰹節も乗っています。 全体的に濃厚で柚子皮が本領を発揮できてない気がするので、柑橘果汁とかの方が合いそうですね。卵黄は全体の混ざりをよくしてはいますけど、その甘みで少しニボニボ感を打ち消してるかもしれません。 控えめな塩味とトッピングによるマイルドさで、かなり上品な汁なし麺という仕上がりです。ジャンクな麺を力一杯すすりたいとなると肩透かしかもしれませんが、これはこれで大変美味しい一杯でした。