プロフィール カバー写真
Akira Sugihara

TOP USER

殿堂入り

Akira Sugihara

年間500軒!酒場を放浪するせんべろキング

人間のニンゲンたる所以は、食と芸術と哲学とエロ! https://youtube.com/channel/UC7YN7Vy2UXFEmW94DV4BqAA YouTube観てネ♡ インスタ https://www.instagram.com/akirand0522/?hl=ja

  • 5454投稿
  • 18530フォロー
  • 24900フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • ホルモン
  • 蕎麦
  • 中華
  • 焼き鳥
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Akira Sugihara

Akira Sugihara

excellent

三ノ輪駅

とんかつ

正ちゃんかつ@三ノ輪! やっべぇ店みっけた! 以前からお店の前は通っていたが、やっているのかさえ分からずスルーしていた。 店名の書かれた看板はなく、たまに「とんかつ」と書かれた暖簾だけが風に揺れていた。 Googleマップ等で調べてみると、どうやら店名は「正ちゃんカツ」と言うらしい。 店の前まで来てみると、香ばしい揚げ物の香りがした。 期待とアソコを膨らませて入店してみた。 正ちゃんというからには、職人気質の爺さんがやっていると思ったが、店主は高齢の女性であった。 特上かつ定食@1,500円! 隣のタコ社長が食べていた並カツ定食と大差はなかったが、若干大きく分厚かったかも知れない。 高温でがっつりと揚げられたカツは、ガリガリガリクソン並みにガリガリで、衣が歯茎に当たって痛いぐらいであった。 はっきり言ってしまえば、今は流行らない真っ黒なとんかつではある。 だが、卓上のソースをたっぷりとぶっかけて、粗く切られたキャベツと共に飯の上に置き掻っ込むと、実に荒々しく野生味があって美味しいのだ。 店を出る間際に来た配達員風の男が頼んだ刺身定食は、立派なマグロの赤身と中トロに一口カツ付きで1,200円だった。 次回は刺身定食にすると心に誓い、新聞紙にくるまって寝た。

Akira Sugihara

Akira Sugihara

excellent

新富町(東京)駅

ホテル

モエギクリヤ@新富町! 銀座キャピタルホテル内にあるレストランでランチ! 栗谷萌木というスク水を着てソフマップでイベントやってそうな地下アイドルみたいな店名だが、さすがはホテルだけあり、なかなか! メインにサラダ、スープ、ライスorパン、更にフリーソフトドリンク付きで1,200円〜と、銀座界隈での休日ランチなら高コスパの部類と言える。 グリル系の料理とパフェに定評があるようで、ランチ後にゆっくりパフェを食べてる女性がチラホラ。 奥には個室があるようで、築地高校バレーボール部OG会みたいな女性たちが盛り上がっていて楽しそうだった。 ボクの事、レシーブしてくれちゃってもいいよ♡

Akira Sugihara

Akira Sugihara

excellent

上野御徒町駅

ラーメン

足ピン派のボクは北海道ラーメンでも味噌ではなく醤油派である。 ただし、味噌オロチョンなる辛い味噌ラーメンは結構な確率で食べてしまう。 オロチョンとは北方系(ツングース系)少数民族の事で、火を神としてあがめた事が辛い味噌スープのイメージと重なってオロチョン味噌ラーメンなどと言う名称に繋がったのではないだろうか? 因みに、火や水などの自然をあがめる事をシャーマニズムという。 シャーマニズムとは、シャーマンを軸とした宗教である。 シャーマンとは、トランス状態に入って超自然的存在(神霊や精霊など)と交信する巫女や祈祷師のような存在であり、勝俣州和とは全く関係はない! 醤油でっかいどう@1100円! 通常の2倍というコンセプトである。 醤油でっかいどう下さい!って言うのが恥ずかしいので、食券でよかったと思った。 普通サイズのを二杯食べるよりお得だが、二人で醤油でっかいどう一杯を食べると怒られる。 ただ、5歳で両親を亡くし3歳下の弟と共に意地悪な婆さんに育てられ、婆さんからの虐待に耐えきれず家を飛び出し、なけなしの1100円で醤油でっかいどうを弟と分けるのは可!

Akira Sugihara

Akira Sugihara

2023

横浜駅

居酒屋

超久しぶりの念願の再訪! 豚の味珍@横浜! 近未来都市のように様変わりする横浜地区だが、昭和のまま時が止まったかのような横丁が残るのもまた横浜の魅力の一つだ。 昭和30年頃にできた狸小路は、現在も10軒ほどの飲食店がひしめき合っている。 狸小路最古参のお店が「豚の味珍」で、初代オーナーが北海道の出身だったという。 北海道にも狸小路という名の飲み屋街があり、故郷の懐かしさにもちなんで同じ名前を冠したのがその名の由来との事である。 もう細かい説明は不要だろう。 豚の耳や胃をもらい、やかん(焼酎)に梅シロップを入れて胃に流し込む。 カッーっとカラダの中が熱くなるのが分かる。 最後は紹興酒とラッパ。 ラッパとは白菜の甘酢漬けで、正式名称の辣白菜(ラッパーツァイ)から生まれた常連さんの呼称だ。 狸小路からJRの線路を渡って反対側に抜けると、月見橋がある。 月見橋は松本竣介が描いた「Y市の橋」のモデルとなった橋だが、狸小路が生まれる以前の戦中の横浜が描かれている。

Akira Sugihara

Akira Sugihara

good

桜木町駅

立ち飲み

福田フライ@野毛! 野毛の関所! 通称FF! 辛いソースで、アサリ、牡蠣、アジなどを堪能。 さすがに美味い。 店内撮影不可になったらしいので、写真は自粛。 ママが居なくなってさらに接客が殺伐としてきた。 そのせいか、昔ほどは混んでないね。