Kohei Abe

Kohei Abe

最近は出張がほぼ無しなのでちょっと寂しいグルメ事情。ラーメン、蕎麦、肉で攻めていきたいアラフォー。

  • 979投稿
  • 896フォロー
  • 837フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 餃子
  • 丼もの
  • すき焼き
  • 坦々麺
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kohei Abe

Kohei Abe

excellent

    京華樓 大通り店 別館

    店舗情報

    日本大通り駅

    四川料理

    中華街の老舗・四川料理の名店で絶品辛痺麻婆豆腐! ゲキカラドウの影響で、色々な激辛グルメを堪能しているのは前述の通りですが、激辛の鉄板・麻婆豆腐の中でも、こちらの「京華樓」さんの麻婆豆腐はかなり美味かった! お邪魔したのは緊急事態宣言が明ける少し前。みなとみらいでも行こうかと家族3人で横浜へドライブ。すると、嫁さんからせっかくなので中華街で激辛の四川料理が食べたいとリクエストがあり、みなとみらいではなく中華街へ。平日ということもあってか、中華街の人出はまだまだな感じでしたが若者はそれなりに一杯いました。で、向かったのは四川料理のお店として40年近く中華街で店を構える「京華樓」さんへ。最初、関帝廟通りにある本館に行ったけど、緊急事態宣言の影響で休業中。(現在は再開している模様)でも貼り紙があって、別館はやっているとのことだったので、別館の方にお邪魔しました。 場所は中華街のメイン通りの真ん中くらい。席は一階と二階に分かれていて、平日なのにほぼ満席。ベビーカーも問題なしの一階のテーブル席に通して頂きました。俺たちの後で、サラリーマン連れが入って、満席になってました。 メニューを見ると色々と豊富なので、迷ったけど、まずは外せない麻婆豆腐!それにお互い食べたいものということで、俺が五目炒飯、嫁さんがこれまた辛めの担々刀削麺に、一品だけ点心を頼もうということで、これも俺が好きな海老蒸し餃子をお願いしました。いやー麻婆豆腐、マジ美味いですよコリャ。辛味・痺れ・旨味・香ばしさのバランスが最強。実は痺れ系はそこまで好みではないのだけど、この麻婆は完全にアリ中のアリでした。口に含むとまずは鮮烈な痺れを感じるや否や、旨味が口に広がり次第に辛味が全身を包んでいきます。そして辛味、旨味、痺れがブレンドされた香ばしさが鼻を抜ける心地良さ、いや堪らん。それに加えて肉餡もしっかり旨味が利いていて、これまた美味い。豆腐もしっかり目の食感が余計に満足感を与えてくれました。久しぶりにこんなに美味しい麻婆豆腐に出会えたものです。 炒飯もパラパラの仕上がりでベーシックながら、間違いなく美味い!そして、この炒飯と麻婆豆腐を合わせて食べると、炒飯の甘辛な風味と鮮烈な辛さがまた程よくマイルドになり、これまた美味かった〜クセになる辛さと、マイルドな辛さを交互に楽しむ内に麻婆も炒飯もあっという間になくなり、思わず麻婆豆腐はおかわりしちゃいました。結構、多めだったからハーフみたいなのを頼んだけど最初から、普通盛りにしとけば良かった。刀削麺は普通かなーちょっと麺がクタクタ過ぎ感があり、スープも麻婆豆腐食べてた刺激もあってか、ちょっと物足りなさを感じた。肉餡は美味かったんだけどねぇ。これはちと残念。海老蒸し餃子はやはり中華街では安定感抜群。大好きです。 そんなこんなでバッチリ完食して、お腹も大満足。結構いつも中華街行くと、決まったお店に行きがちだったけど、色々と言ってみると美味しい発見があるもんだと思い知らされたわけです。息子も最後ぐずったけど良い子にしてくれてたし。この後、山下公園やらをちょいと散策したりして、地元ながら楽しい横浜タイムを過ごすことができました。

Kohei Abe

Kohei Abe

excellent

    新大久保駅

    韓国料理

    ベビーカーもOK!韓流タウンの老舗韓国料理店で激辛激旨ポッサム! 緊急事態宣言が明けたばかりの週末、何年ぶりか分からないくらいの久しぶりに韓流タウンの新大久保へ。多分、前に来た時は違法風俗とかの取材とかで、まだまだ韓国料理屋も今ほど溢れかえっていなかったような印象でしたが、今はすごいっすね。韓流ショップに韓国料理屋、食べ歩きのスイーツやらが無茶苦茶いっぱい、そして若者達も緊急事態宣言明けの影響もあってか、無茶苦茶いっぱい。いやはや、驚いた。 別に韓流好きでもない我が家は普段であれば近寄りもしない街ですが、訪れたワケはこちらの「辰家」さんオンリー。「たつや」じゃなくて「ヂンガ」と読みます。というのも、我が家で今、ジャニーズWESTの桐山くんが主演を務めるNetflixのドラマ「ゲキカラドウ」にすっかりハマりまして、その影響で嫁さんが激辛に覚醒してしまったわけです。以前はむしろ、嫁さんは辛いのは苦手な方だったけど、様々なチャレンジを続け今じゃ結構、イケるクチになるほど。で、コチラの「辰家」さんはドラマの第一話で桐山くん演じる主人公が歓迎会で訪れたお店という、言わばゲキカラドウの聖地巡り的な感じでお邪魔したというわけです。 場所は新大久保のメインストリートから少し外れた裏路地の一角、何店舗か韓国料理屋さんがひしめく中の一つで、お店に入ったのが12時半ほど、店内は所狭しとテーブル席が並んでいて、ほぼ満席。ベビーカーを大丈夫か聞いたところ、快くOKして頂き、ちょっと広めのテーブル席に予約が入っていたのをズラして頂くという有り難いご対応をして頂きました。メニューはかなり豊富で一番オススメは豚の血や春雨を腸詰めっぽくしたスンデらしいですが、嫁さんも気が進まなかったようで今回はご遠慮させてもらい、ゲキカラドウで食べていたポッサムをメインにすることは確実に決定!というわけで、注文は… ・フジサン盛りタコポッサム ・玉子チム ・コムタンスープ ・ナムル盛り合わせ をお願いしました。せっかくなのでまずはオールフリーで乾杯していると、勝手にキムチが4皿ほど運ばれてきます。これは比較的多くの韓国料理店でも、サービスで出てくるスタイルですが、ここの特徴は水キムチという大根の酢漬け的なキムチがあること。大根というよりは汁が主役なんだとか。好き嫌いはあるかもですが、俺は結構好き。 そして、肝心の「フジサン盛りタコポッサム」ですよ!タコと豚肉とネギの鉄板炒めみたいなノリのお料理ですが、まずは盛り付けのインパクトったら!映えますな、こりゃ。辛さも選べるんですが、そこそこ辛いという2辛にしました。3にしたら店員さんが「止めたほうがいい」と警告を受けたので、今回はとりあえず2辛で。写真と見た目を楽しんだ後の調理は店員さんがシッカリやってくれます。まずは山盛りのネギを別皿に盛って、豚肉の土手を作り辛味ガッツリのタコと野菜を炒めます(写真2枚目)。程よく火が通ってきたらネギをドサッと乗っけて完成~!(写真3枚目)アツアツ、フハフハしつつ口に運べば…超美味い!唐辛子と調味料の辛さとお肉の甘味、そしてタコの海鮮な風味が絶妙で、結構な辛さだけど病みつきになる美味さ!辛さは2辛で調度よござんした。全然食べられるけど、結構ヒーヒー言う感じ。これは仕上がりますな。本当はビールがバッチリ合うんだろうけど、車だったのでノンアルで我慢…それでも、相性抜群で本当大満足でした。 その分、玉子チム(韓国風茶わん蒸し)とコムタンスープ(牛肉の内臓煮込みスープ)の優しいお味が、また体に染み渡りました。玉子チムは本当にフワッフワで食感も楽しいし、お出汁の味と温野菜、上にかかったチーズの味が絶妙でコレまた美味し!コムタンスープも内臓と牛骨かな?その味がシッカリとしつつ優しい味わいで、刺激されまくった胃を優しさで潤してくれました。そんなこんなで、お腹もかなり満足になりました。 そして、何より店員さんが息子に優しくしてくれて大変ありがたかったーしっかりしてるとお褒め頂いたし、途中ちょっとぐずり出しても笑顔で対応してくれたし、とても助かりました。また是非来たいお店になりました。次はスンデも頼んでみたい。

Kohei Abe

Kohei Abe

excellent

    門前仲町駅

    寿司

    コロナ禍もだいぶ落ち着いてきて緊急事態宣言も明けましたが、開ける前から車で息子と親子3人でのお出かけは相変わらず結構、頻繁にしております。そんな中で先日、新生児のビッグイベントの一つ、お食い初めの儀式を行って参りました。 場所は木場と門仲と清澄白河の中間くらいの住宅街にあり、外観からはちょいと高級感も漂うお寿司屋さんの「寿司孝」さん。近場でお食い初めのプランがあるところを調べたら、コチラが真っ先に出てきたので、決めちゃいました。実は、お宮参りの時も、お参り後の食事は本当はここにしようと思ってたんだけど、緊急事態宣言下の影響からか、休業していたっぽくて電話が一向に繋がらなかったので、リベンジの意図もあり、チョイスさせて貰いました。 12時に予約し、参加したのは親子3人と親父に姉ちゃんの合計5人。お店は一階がカウンター、2階に座敷席が幾つかあり、2階の広ーいお座敷をご用意してもらいました。息子用の座布団やバウンサーも用意してくれていて大変有り難かったです。ちなみに一階のカウンターは間接照明とかが効いてる小洒落た高級感ある雰囲気で、裕福そうなマダムとかがランチのお寿司を楽しんでました。 息子にはお食い初め膳(5500円)、お赤飯、漬物、お吸い物、筑前煮、歯固め石にもちろん鯛のお頭!全然知らなかったけど、お食い初めにも色々お作法があるらしく、まずは親が子供を抱っこして長老者がお箸でご飯を口元に運びます。ウチの場合は嫁さんが抱っこして、親父に食べさせてもらい、俺は撮影係。食べる順番も決まっていて、赤飯→お吸い物→赤飯→魚→赤飯…が基本らしいですが、間に煮物とか漬物を適当に織り交ぜつつこれを3周くらい。で、最後に歯固め石という石に箸をちゃんと付けて、その箸を歯茎にちょいちょい付けて終わり。コレで一生食うに困らないように、しっかりとした歯が生えるようにという御利益があるんだそう。御利益はともかくとして、家族が集まってお披露目する機会としては中々に良いものでありますな。もちろん、息子はまだまだ固形物は食べられないので、残りは大人達が美味しく頂きました。 そして大人達はコース料理もしっかり楽しみました。全員車なのでノンアルで乾杯し、お願いしたのは「おまかせコース(雅)」、8800円。その内容が… 先付:蛸マリネ お刺身2種:イカ、ハマチ 小鉢:茶碗蒸し 焼物:太刀魚 揚物:海老しんじょう お寿司7貫:マグロ赤身、中トロ、鯛、赤貝、鯵、イクラ、煮蛤、玉子焼き お椀:赤だし デザート:抹茶羊羹 という、美味しい海鮮尽くし。最後に握りが出るのは、何だかちゃんとしたお店きたなぁ、と満足度高し。お味もどれも納得のお味で、息子の鯛もしっかり塩が効いていて美味かったです。個人的には、太刀魚の焼物がとても良かった。普通に食べると絶対的に骨が多くて、焼きで食べるのは大変なイメージがあるけど、骨抜きもしっかり脂も乗っていて、外パリ中フワな仕上がりはさすが。丁寧なお仕事に感動です。味も塩気と後でかけるカボスの酸味が程よく満足させて頂きました。あと、お椀とかお皿がどれも洒脱で見た目でも楽しめました。特に赤だしのお椀はこう来たかと思わせてくれる形状で、欲しくなる勢いでした。やっぱりお料理は見た目も大事だな、と改めて実感した次第。 そんなこんなで2時間弱、催事に食事にと楽しませてもらい、息子も大人しくしてくれていて、とてもいい時間を過ごさせてもらいました。早く普通に息子と一緒にお寿司を食べに行きたいと思わせてくれる素敵なお店でした。

Kohei Abe

Kohei Abe

good

    吉そば赤坂店

    店舗情報

    赤坂(東京)駅

    そば(蕎麦)

    仕事明けのモーニングシリーズ⑤ 結局、仕事明けで朝食頂くとなると超大手チェーンばかりになって、情報性としては薄いよね、という現実に今さら気付かされ、モーニングはこれにておしまい。 そんなわけでコチラも赤坂駅前にある「吉そば」さん。朝食の選択肢としては、個人的に常に上位にあるお店でして、身体に爆弾を抱えさせてもらってる身としては、ちょっとでもヘルシーな方が良いという思いから、朝から牛丼とかガッツリお肉系よりも、せめてお蕎麦で…と、なり、会社にも近く朝からやってるお蕎麦屋さんとして「吉そば」さんは重宝させてとらってました。 と言いつつも、吉そばさんを利用するようになったのは赤坂が初めて。何となくの印象で都内に乱立している立ち食い蕎麦なイメージだったけど、実は都内に14店舗だけらしく、そんなに巨大チェーンではなかったようです。そして、意外と言っちゃ失礼かもですが、普通の立ち食い蕎麦系に比べると、蕎麦つゆが美味しい。さすが無化調だけあってスッキリしてキリッとした味わい。お蕎麦自体もそこそこ美味し。バランスいいと思います。 そして頼むのは大体「かき揚げ蕎麦」。実は糖尿病の食事指導の時に、蕎麦も炭水化物なので血糖値を上げるのは間違いないので、食べても平気なのかと聞いたところ、食べて良いけど、かき揚げとかなるべく具材が多いのにしよう、とサジェストを受けて、それ以来、お蕎麦を食べる時はよっぽど他に食べたいものがなければ「かき揚げ蕎麦」をチョイスしてます。そもそもかき揚げ大好きだし。そして、大体、もう一品、トッピングを追加するのが基本で、ちくわ天や生卵を入れて、ちょっとした味変も楽しんでおります。 ちなみに立ち食い蕎麦の最多店舗数を誇るのは、富士そばだと思ってたけど、ゆで太郎のようです。 https://notsushu.com/2018/02/23/post-22908/notsushu1/ それに比べちゃうと吉そばは意外にも希少店だったんですね。知らないことはまだまだ世の中にはあるもんで。

Kohei Abe

Kohei Abe

good

    マクドナルド 赤坂駅前店

    店舗情報

    赤坂(東京)駅

    ハンバーガーチェーン

    仕事明けのモーニングシリーズ④ 9月末は色々クロージング作業があり、連日徹夜だったり、早朝5時とかに出社して挨拶だけして9時くらいに帰ったりという生活でした。さすがに、朝食を嫁さんにはリクエストできないので、会社にあったお弁当食べたり、食べて帰ったりという感じ。その中の一つで食べたのが、みんな大好き?朝マックですよ。 実は学生時代、高1から大学卒業までの7年間、マックでバイトをしてまして、完全にマックとともに青春を過ごしておりました。もう20年以上前のことですが…で、その時に週末よくオープン業務というシフトをやってまして、その縁から朝マックは常に私の人生の側におったわけです。当時の朝マックは、ソーセージマフィン、ソーセージエッグマフィン、エッグマックマフィン、フランクバーガー、ホットケーキ、フィレオフィッシュ、ハッシュポテト、アップルパイくらい。サラダとかグリドルみたいなシャレたもんはありませんでした。辞めて数年後くらいにたまたま朝マックを食べる機会があり、その時にマックグリドルが登場していて食べたら美味いの何のって!かなり甘めで決して身体には良くなさそうだけど、それ以来、朝マックを頼む時にはグリドルは欠かせません。 というわけで、今回もソーセージエッググリドルのサラダセットに、単品でチキンクリスプマフィンを注文。ソーセージの塩気とグリドリの甘さが相まって、ナイス朝食です。チキンクリスプマフィンもシンプルながら、良い発想。朝はそこまでカロリー気にせず食べてるから、量的に気持ち多いくらいで丁度良い。赤坂の街を見下ろすカウンター席で、これから仕事に向かう人たちの喧騒を眺めながらゆったりと寛ぐ、ナイスなモーニングになりました。 あーマックバイト懐かしいなぁ。未だにバイト仲間とは仲良しだし。今でもたまにポテトとか入れたくなる衝動に駆られるもの。真っ直ぐ揃った時は快感なのよねぇ。