Kohei Abe

Kohei Abe

最近は出張がほぼ無しなのでちょっと寂しいグルメ事情。ラーメン、蕎麦、肉で攻めていきたいアラフォー。

  • 1083投稿
  • 1162フォロー
  • 1106フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 餃子
  • 丼もの
  • 寿司
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kohei Abe

Kohei Abe

excellent

人類みな夢を乗せて 赤坂店

店舗情報

赤坂(東京)駅

ラーメン

【担々麺を食べるつもりが…まさかの二郎インスパイア系に変化】 元々、赤坂にOPENしたばかりでコロナもあり、すぐに休業を余儀なくされた「人類みな麺類」さんが、店名も「人類みな夢を乗せて」と名前も変えてリニューアルオープンしたお店。お邪魔したのは6月頃とちょっと前のこと。人材紹介の件で会社と相談があり、後輩を連れて仕事終わりで赤坂へ。後輩自体は気に入ってもらえたらしく、採用の段取りなどを含めて確認。最初はお試し期間があると言う想定外の内容でしたが、結果的に今はウィンウィンな感じになっているようなので、それは何より。その打ち合わせが終わったのが午後7時頃。せっかく久しぶりに赤坂にきたもんで、夕飯は食べて帰ろうと思い、そう言えば「人類みな麺類」さんがリニューアルオープンしていることを思い出し向かってみることにしました。 場所は赤坂の駅出口から徒歩で2,3分の地下。ちなみに昔は相席屋が入っていた場所にコロナ禍のちょっと前だか最中にオープン。独特な担々麺を出すお店で、値段は中々張るけど個人的には結構気に入っていた。リニューアル内容は値段が安いメニューが出来たみたいな感じかなーとあまり下調べせずにお邪魔し、まぁリニューアルしたとは言え、元々のメニューもありきなんだろうと思い込み食券を買おうとすると、以前のメニューの面影はなし。基本はラーメン3種類で、「原点」「macro」「micro」と名前だけでは全くどんなラーメンか分からず、券売機の上に簡単な説明書きがありましたが、「macro」が貝出汁系で、あとは醤油ということしか分かりませんでした。とりあえず「原点」という名前だから1番ベーシックなのだろうと言うことで「原点」で焼豚2枚乗せをお願いしてみることに。 店内は、相変わらずミスチルのライブDVDが爆音で流れていて、内装とかのお洒落な感じは変わらず。ちょっとしたバーのような感じです。お客さんはテーブル席に2組ほどで、カウンターに座りましたが、俺だけだったので、他の人のラーメンを見ることも中々、叶わずどんなラーメンが来るのか、楽しみ半分、不安半分でまっておりました。程なくして着丼すると、えっまさかの二郎系!?むっちゃビックリでした。元々、このお店を経営してる「ラーメン大戦争」って、鶏ガラのサッパリ醤油系の流れが強いと思っていたし、「人類みな麺類」時代の担々麺も醤油味強めなサッパリ感が鮮烈な印象だっただけに、まさかの二郎系で来るとは本当に予想だにしなかった。 果たしてお味はというと、普通に美味しかったです。尖った感じはなく、どちらかというとマイルドな二郎インスパイア系で野菜とニンニクが二郎感を演出。そして焼豚の表面が炙りで香ばしく脂身もほどほど。ちょっとクセになる味わい。なんと言っても特徴的なのはツルシコ麺。二郎系は太めでザラつく舌触りが一般的なイメージですが、ツルッとした中太くらいの麺が食べやすく、これは前の店から引き継いでいるのかな。あ、でも前の麺は何かしらを練り込んであったような記憶があるので、ちょっと違うかもだけど、まぁこれはこれであり。量ももちろんしっかりなので、お腹も満足でした。ちょっと想定外だったので、結構胃もたれはあったけど…でも何だろう、前の攻めた担々麺の方が好きだったなー。安定したおいしさはあるんだけど、攻めた感じはなくなり、そしてなぜ二郎系?という疑問が解消できないままの時間を過ごした感じでした。多分職場から近いのでまた行くんだろうなーという感じはするんだけど、本当は前のメニューも復活させてほしいのが本音…値段は据え置きで良いので…いや、旨いんですよ。なので★3つですけど、特徴が死んだ感だけが残念。。でもご馳走様でした。今後に期待!

Kohei Abe

Kohei Abe

excellent

築地本願寺カフェ Tsumugi

店舗情報

築地駅

カフェ

【荘厳×オシャレ空間でホッと一息な朝食を】 今回の投稿は7月とちょっと前ですが、おひとりさまでお邪魔した「築地本願寺カフェTsumugi」さんです。5〜6年前でしょうか、本願寺に併設されたカフェとして、一時期メディアに出ずっぱりなほどに話題になっており、一度は行ってみたいとずっと思っていました。まぁ築地に行くタイミングも中々ないので、先延ばしになっていましたが、その機会に恵まれたのが、健康診断のタイミング。所属する健康保険組合の健診センターが築地にあるもんで、年に1,2回は築地に行く機会があるので、何気にそこでのグルメが楽しみだったりする。 この日は朝、8時半から健康診断スタート。最近、健康診断というよりは人間ドックにばかり行っていたので、結構時間かかるイメージがあり、お昼は何しようかなーとか考えていたんだけど、普通の健康診断ってよく考えればそんなに時間かかるもんでもないですよね。30分もかからずサクっと終わっちゃって、もちろん健診なので朝食はまだだったので、それではどこかで朝食でもと周辺を散策。場外市場とかも朝ごはんをやってるお店があるだろうかなーと、そちら方面に向かうと、途中に本願寺があるのを発見。そこで思い出したのが、コチラの「Tsumugi」さんの存在。一回仕事でもちょっと絡んだことがあり朝食があったことも覚えていたので、伺ってみることに。 場所はまさに築地の駅を出てすぐにある築地本願寺の敷地内、正面には荘厳な本願寺の建物がそびえる、その左脇の方にお寺とは無縁のようなスタイリッシュで小洒落た建物。その一角にカフェスペースと呼ぶにはそれなりに広いコチラの「Tsumugi」さんがあります。朝にも関わらず、店内は結構な賑わい。外国人の方なども多く、テーブル席はほぼ満席でしたが、カウンター席にご案内頂きホッと一息してメニューを拝見。朝食は3種類、お粥とご飯のお供がズラリの「18品の朝ごはん」(1800円)、オーソドックスな和定食「築地のお寺の朝ごはん」(750円)、今ドキヘルシー「京都産あられと宇治抹茶の和グラノーラ」(850円)が揃っています。18品にしようか迷いましたが、ちょっとお値段が張るのと、朝から1人でこれだけの分量を食べるのも何だか気恥ずかしい感じもあり、充分魅力的でお安い「築地のお寺の朝ごはん」を注文。セットの日本茶は冷たい日本茶でお願いしました。 程なくして、お膳が到着。いやー良いですね。ザッツ、和な朝食感。それでいて、一品一品にちょっとしたグレードアップ感もあって、家で食べる献立とは一味も二味も違う仕上がりが見た目からして伝わってきます。内容は、焼き鮭に、水菜のサラダ、おみそ汁、お漬物、十三穀米、江戸一飯田の甘口昆布の佃煮、築地松露のたまご焼きという、本当にスタンダードなんだけど、やっぱり一個一個が贅沢仕様。甘くて磯の香りが芳醇な佃煮でご飯が超進み、十三穀米のちょっとお赤飯っぽいお味との相性は抜群。そして、たまご焼きが築地の有名店「松露」さんですよ!前に熱々を頂いたことがあってその時から大好きでしたが、尋常じゃないフンワリ食感と染み出す出汁の味が最高!焼き鮭もふっくらでいい塩加減でこれまたご飯にピッタリ。朝ごはんなので、量的にもこれくらいがちょうど良し。最後は、猛暑の夏にバッチリな冷たいお茶で心が落ち着き、安らぐナイスな朝のひと時を過ごさせて頂きました。いやほんと、日本人であることを喜べる、そんなほっこり朝食メニューでした。ご馳走様でした。 ちなみに健康診断の結果は、おおむね問題なしとこちらもほっと一安心。ただ、毎回なんだけど眼の診断で緑内障の気があるといわれて、眼科に行っても何もないということが続いているのよねーちょと不安だけど、この前、結膜炎になったので眼科行った時も、そっちの方は特に何も言われなかったし…なんなんざんしょ。でも糖尿病の先生にその話をしたら、専門じゃないけど、目の形とか個性で検査結果に毎回そうなる人はいるそうで、そんなに心配しなくてもいいのでは、みたいな話を頂いたのでとりあえず一安心。40代、こういう心も体も落ち着くメニューで体調もしっかり管理していきたいところであります。

Kohei Abe

Kohei Abe

2022

ひな鳥 そのだ

店舗情報

鮫洲駅

からあげ

【大井町の繁華街から離れ、ひっそり佇む鶏料理の名店】 1年間、島流し状態のお台場勤務も残すところ僅か。しかしながら半期ごとに働き方がガラッと変わる生活もそろそろいい加減にしたいな、と思う今日この頃ですが、色々変わりつつも1年間は働いた場を去る訳で、送別会的な飲み会も次第に増えつつあります。コロナも少し落ち着きを取り戻してきたしね。という訳で今回お邪魔したのは大井町の隠れた名店「そのだ」さん。今の職場の偉い人(と言っても年下で仲良し)と気の許せるメンツ4名で伺いました。偉い人が大井町在住で、オススメしてくれまして予約必至の人気店らしいとのことで期待は高まります。 場所は大井町の駅から徒歩で10分もないくらい。大井町駅周辺の裏路地に広がる飲み屋街を横目に見ながら、青物横丁方面へ坂を下っていった先に、住宅街へと差し掛かる暗めの路地が。そこに小料理屋的な雰囲気を持つ門構えのお店が数軒、軒を連ねておりまして、その中の一つが「そのだ」さん。本当に路地が暗すぎて一瞬どの店がそうなのか迷うほどでしたが、看板をしっかり確認して無事に入店することができましたw 店内は店構えの通りこじんまりとした作りで、メインはカウンター、小さいテーブルが2つくらいあったかな?お店の作りはまさにドラマや映画に出てきそうな小料理屋然としていますが、間接照明と落ち着いてアットホームな雰囲気に溢れています。オシャレで良い感じ。3組ほどいた先客の合間を縫ってカウンター最奥から4つ分で陣取らさせて頂きました。私たちが入ったすぐ後に、3人組が入ってこれで満席。やはり予約必至というのは間違いなかったようで。期待感が高まる中、まずはハイボールで乾杯。併せて出てきたお通しのきゅうりがみずみずしく美味くて確信、ここは美味い。第一陣で頼んだのは… ・鳥刺し ・水ナス ・オニオンスライス 最近、何だかハマり気味のオニオンスライスから。ピリ辛でシャキシャキ食感がクセになる味わいにハイボールをガンガン飲み進めていると、到着した水ナスにビックリ。想像以上に巨大な水ナスがゴロゴロ、そして食べてビックリ!なんて瑞々しいのでしょう…シャリフワっとした普通のナスとは全然違う歯ごたえから染み出すナスの旨味、そこにちょっとだけかけられた粗挽きのコショウが刺激を追加してくれてナスの甘みを引き立ててくれます。そして、鳥刺しが本当にヤバかった!普通のササミ肉のお刺身を想像してけど、聞けば胸肉とモモ肉の鳥刺しで、モモは皮付きでそれぞれ肉厚。九州の甘口なお醤油と生姜で頂きます。胸肉はトロっとした食感と溶け出す甘みがある味わいに生姜がピッタリ。モモ肉は少し炙ってある皮が香ばしく、皮はパリっとお肉は弾力がある歯ごたえで旨味が染み出してまいります。いや本当、美味しかった。お酒が進みます。そして、いよいよメイン! ・ひな鳥素揚げ ・焼き鳥(砂肝、手羽先、セセリ) ・厚揚げ むっちゃ残念なことに、メインで一番人気のひな鳥素揚げの写真を撮り損ねてブレブレですが、これもむっちゃ美味しかった!さすが1番人気!外はパリっと、中はフワッとな食感に、味付けはお塩だけとシンプルながら、鳥そのものが美味しいのでしょう、しっかり鶏肉の本来の旨味が引き出されていて、食らいついたら止まらない!そんなワイルドに食べられるのも楽しさの一つで、ひな鳥と言いつつ意外と大きいんですが、あっという間に1人ひとつを完食してしまいました。焼き鳥ももちろん、抜群に美味しく食べ応えもあり、当然のようにお酒のピッチはギャンギャン上がり気付けばいい気分に。おかげで焼き鳥の写真は手羽先くらいしか撮れず、あとは気付けば平らげておりましたw話も盛り上がり、楽しく美味しい飲み会となりました。ごちそうさまです。多い町は、隠れた名店が多いですな。しばらくは来る機会も減りそうですが、是非また飲みに行きたいなと思います。 ちなみに、22時過ぎくらいにはお店を出たので、飲み足りずもう1軒、前回の大井町飲みと同様、屋台街みたいなところの「来来羊」にお邪魔して、終電過ぎくらいまで飲み続け、記憶も朧気に…まぁ変なおいたはしなかったので、良しとしましょう…

Kohei Abe

Kohei Abe

2022

暫亭 いろり

店舗情報

内幸町駅

割烹・小料理屋

【新橋飲み…名店遭遇!フラッと入った先で絶品宮崎料理に舌鼓】 前回の「馬喰ろう」さんの二次会でお邪魔したのがコチラの「いろり」さん。馬喰ろうさんを出た時点で既にそれなりの酔っ払いでしたが記憶は鮮明なレベル。時間はまだ20時過ぎで5人中4人はまだまだ飲む気満々だったので、店を出た近くでやっているお店へ適当に入ろうとなりました。そこで見つけたのが、コチラでした。場所は本当に馬喰ろうさんの裏側にある、まさに路地裏。暗がりにひっそりと灯りがつく雰囲気に文字通り吸い寄せられ入店。 店内は縦長でまぁまぁの広さ、テーブル席とお座敷に分かれています。お座敷にご案内されまずは早速ハイボールで二次会スタート。宮崎料理のお店というのは後で知ったけど、一軒目でそれなりに肉尽くしだったので、まずはお魚系でアテにピッタリ系のものをチョイス。 ・穴子の白焼き ・帆立フライ いやーびっくりです、マジですげー美味かった!穴子も帆立もフワッフワで臭み全くなし。穴子はそのままでも十分美味しいけど、ちょっとだけワサビを付ければ、優しい白焼きの味に刺激追加で調和されて最高。お口直しで新生姜も付いてるのが粋ですな。軽い気持ちで頼んだメニューにあっという間に虜にさせられた我々は、お腹いっぱいなのも忘れて追加注文。 ・雉鍋 ・角煮 看板メニューっぽい「元祖豆乳鍋」も気になりましたが、オススメされた「雉鍋」に「角煮」をお願いしました。馬喰ろうさんでもすき焼き風の桜鍋をいただきましたが、やはりコチラでも雉肉を使ったすき焼き風のお鍋ということで、まさかの被りwですが、コチラのお鍋も超絶品!鳥すき的なものを想像していたけど、つゆのお味が想像以上に濃厚でちょい辛目よりの甘辛。そして、お肉が想像以上に大きくて肉厚!しっかりとした歯ごたえに噛むほどに染み出る野性味がありつつ少し淡白な味わいがバッチリお出汁に合うんです。野菜もたっぷりでコリャヘルシーデ食べ応えもあり堪りません。最後は卵でといて白ご飯に乗せる雉の親子丼で頂き、ホッコリ…甘辛な味で白ご飯進みまくり、もちろんお酒も進みまくり。途中からハイボールから焼酎に変えて、薄れゆく記憶の中でも雉鍋の美味さは舌と脳に鮮烈に記憶されました。角煮もオーソドックスながらしっかり染み染みの味わいで美味しかったです。 本当、フラッと入ったお店だったのに、超当たりで大ラッキー。店主?のおじさんとも最後、色々と面白いお話を聞かせてくれましたが、ほとんど覚えてないほど気持ちよく酔っ払い、おなかもいっぱいになりました。味、雰囲気、ホスピタリティが相まって、新橋でお気に入りのお店の一つとなりました。ご馳走様でした。また絶対に行きます。ちなみに、酔っぱらいまくった我々4人は、この後、通りがかったバスローブキャバクラというお店に行き、記憶が覚束ないままむちゃくちゃ楽しんで結果の高額支払いに翌日、地獄みたいな後悔をしたのでした。そして、嫁さんにもバレて修羅場を迎え、本当反省…楽しく飲むのはいいけど、ほどほどにしないとね、という戒めの一日ともなりました…記憶をなくさない程度に今後は気を付けて飲みにいきたいと思います…

Kohei Abe

Kohei Abe

excellent

馬喰ろう 新橋店

店舗情報

内幸町駅

馬肉料理

【久々新橋飲み…レトロな雰囲気で馬肉喰らい尽くし!】 ここからは家族とのお出かけではなく、コロナ禍ながらちょいちょいしているワタクシの食べ歩き、飲み歩きグルメを放出。まずは「馬喰ろう」さん。お邪魔したのは6月下旬頃。異常な暑さとなった今年の6月、暑すぎるからこそスタミナ付けようと職場の面々5人でお邪魔しました。というのも、4月から組織変更があったけど、コロナもあってろくに壮行会的なこともできておらず、そんな内に職場を離れるスタッフもチラホラ。相変わらず会社からは会食禁止令は出ていたものの、短い期間でも共に戦った仲間の送迎会も兼ねて、新橋に飲みに行くことに。 新橋で馬肉と言えばいつも「馬力」さんに行ってたけど、中々予約も取れないので、選んだのがコチラの「馬喰ろう」さん。前からRettyとか歩いているときに、ちょこちょこ見かけていて一回行ってみたかったのよね。調べると本社が新橋ということで恐らくコチラの新橋店が本店なのかな。新潟など北陸や京都などで20店舗ほどを展開する馬肉専門の居酒屋チェーンで、ラーメン屋なんかもやっている様子。正直、もっといっぱいあるのかと思ってたけど、これから拡大路線になるのかも。コロナ禍にあっても人気はあるみたいだし、馬肉とか羊肉がヘルシー神話ブームもまだ風潮としてあるしね。 というわけで18時頃に予約をして、職場から乗合でタクシーを使いお店へ。場所は最寄り駅の内幸町からだと徒歩で3分ほど、新橋の駅からだと7〜8分てとこかしら。日比谷通りから一本入った通り沿い。昭和レトロをイメージした雰囲気の外観に、店内も屋台のようなパイプ椅子にガスコンロと、コチラもレトロ感あり。18時の時間で店内は6割ほど埋まっていましたが、最終的には満席に。やはり人気なんすね。新橋のサラリーマンの味方な感じがビシビシ。ハイボールで乾杯をして、早速注文スタート。まず第一陣でお願いしたのは… ・桜肉のたたき ・馬刺し厳選盛り合わせ ・チョレギサラダ ・水餃子 まずはベジファーストということで白菜タップリなチョレギサラダをガツガツ頂いている内に、たたき、馬刺し、水餃子が次々と席に到着。馬刺しはモモ、ロース、ササミ、シロの4種盛り。安定の美味さですな。それぞれの部位で歯応えが変わりそれも楽しめます。シロのジワジワと噛み切れていく感じは何だか好きwそして、たたきが絶品でした。結構弾力のある歯ごたえ、まろやかながらちょっと特徴的な野生味ある味わいとニンニクが効いた甘辛のタレがタップリ。口の中でいつまでも残る味わいにお酒が進みます。そして、お酒も進み次第に酔っ払ってきた頃に追加で〆に向かいます。第二陣でお願いしたのは… ・ホルモン ・桜鍋 ・レモンステーキ さすがに男5人で行っただけあって肉肉しい〆w馬肉のホルモンは多分、初めてだったけど牛と変わらず美味かったー臭みもなくコリコリ食感とともに濃厚な味噌だれがしっかり合います。さして馬肉と言えば欠かせないのが桜鍋でしょう!いわゆる馬肉のすき焼きですが、馬肉独特の風味が生卵のまろやかさとピッタリ、バッチリ!牛肉に比べると多少肉厚で弾力のある歯応えが良い感じで酒が進む進む!ラストはコチラもかなり肉厚な馬肉のレモンステーキ。長崎名物のレモンステーキはもちろん牛肉ですが、馬肉のレモンステーキも初体験。いやはや美味いすね。レモンもそのまま一緒に食べれば、ステーキソースとレモンの酸味がまろやかな馬肉の味とバランスよくマッチして、ジューシーな肉汁が染み出してきて口の中が幸せに包まれます。どれもこれもしっかりお酒が進むグルメの数々に、結構ガッツリ酔っ払い。この後、2軒目に雪崩れ込むワケです。 でも久しぶりの外飲みはやはり楽しくて、美味しいですな。家で飲むのも全然、嫌いじゃないけど、どうしても酔っ払ってすぐ寝ちゃうのよね。とは言え、外飲みは最近、酔っ払いやすく記憶も飛びがちなのでそこは気をつけなければいけないけどwちなみにこの日はまだ全然、記憶はキープ。楽しく飲んで二次会もしっかり楽しみました。二次会のお店はこの後で。ご馳走様でした。