Tomoharu  Miyaoka

Tomoharu Miyaoka

福岡市西部エリアを中心に食べ歩いています。 日本酒多め・ワイン多め。2022年1月に「唎酒師」取得。

  • 445投稿
  • 118フォロー
  • 57フォロワー

好きなジャンル

  • 海鮮料理
  • 和食
  • 鉄板焼き
  • ワイン
  • 居酒屋
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Tomoharu  Miyaoka

Tomoharu Miyaoka

good

えびえび食堂 えび八本

店舗情報

西鉄二日市駅

魚介・海鮮料理

居酒屋チェーン「しょうき」が、新型コロナ禍をきっかけにランチタイムにも対応できるよう業態変更した「えびえび食堂えび八本」。 定食のごはんはおかわり自由、えびふりかけもかけ放題。定番のエビフライ、エビチリから、天ぷらや茶碗蒸し、手毬ずしなどを詰め合わせた籠膳と、どれも魅力的。 エビ好きとしては、いつか「茹でエビ食べ放題」にも挑戦してみたいです。

Tomoharu  Miyaoka

Tomoharu Miyaoka

good

麺や おの食堂

店舗情報

天神駅

ラーメン

中京テレビ制作の番組『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で紹介された、福岡市・親不孝通りにある「麺やおの」。 定食は主菜以外のご飯、味噌汁、キャベツ、高菜、辛もやしが食べ放題。さらにどの定食にも「ミニラーメン」がついて、替え玉無料! この日いただいた「胡麻魚定食」のお値段、780円也。物価高の昨今、この価格はありがたい。が、どう計算すれば儲けが出ているのか謎。

Tomoharu  Miyaoka

Tomoharu Miyaoka

good

内臓専門 犇

店舗情報

西新駅

焼肉

西新の福岡記念病院近くにある「内臓専門犇」2回目の訪問。 前回アプリ会員で「主任」になっていましたが、今回で「課長」に昇格。 誰もが頼む、11種類の部位の肉が盛られた「犇盛り」、前回はタレ漬けだったけど、今回はより肉の味が楽しめる塩ダレ味で。追加で厚切り上ハラミも。どれも大ぶりに切られていて、その迫力たるや。 表面を強火で焼き固めて旨みを閉じ込めたところで、ハサミで切って一口大に。個人的にはタレ漬けよりもこっちが好きかも。ビールが止まらない。 前回、満腹でたどり着けなかった、この店のもう一つの名物、カレーを締めに。牛肉・牛脂の旨味が溶け込んでまろやかな味わいの「飲み物」でした。 2〜3杯ずつ飲んで、これだけ食べてひとり3000円ちょっと。普通の焼肉店ならこうはいかないでしょう。

Tomoharu  Miyaoka

Tomoharu Miyaoka

good

糸島食堂 福岡パルコ店

店舗情報

天神駅

魚介・海鮮料理

糸島半島の東側、福岡市西区今津にある桶に入った海鮮丼で人気の「糸島食堂」が天神、福岡パルコの地下フロアに出店。やっぱりここも行列ができる人気店。 並んでいる間、渡されたメニューを眺めながら、どれを食べるか悩む。悩む。悩む。 「だったら、ミニ丼2つ頼めば」 あぁ、その手があったか。ミニ丼はどれもレギュラーサイズの値段のほぼ半額。さらにミニ丼を2つ頼むと合計金額から100円引き。「あれも食べたい、これも食べたい」というニーズを満たしてくれる、嬉しい価格設定。 そんなわけで、クロマグロ丼と甘エビ丼。細かな魚の身が入っている味噌汁はおかわり自由。 映える、おいしい。 本店と違って海を眺めながらではないけれど、十分満足できます。

Tomoharu  Miyaoka

Tomoharu Miyaoka

good

串焼き 創作料理 ほていちゃん

店舗情報

姪浜駅

居酒屋

尾頭付き、肝付きの本カワハギ刺しが1000円! これ、天神や博多の割烹だったら何倍もするかも。 姪浜駅前の「ほていちゃん」は、漁師さんから魚を直接買い付けているからこの価格が実現。しかも新鮮。そしてこの店は、海鮮だけじゃなく朝びきの鶏をはじめとした串焼きも美味しいお店。このごろは野菜巻き串がヘルシーでいい。 締めにしっかり焼きちゃんぽんもいただいて帰りました。幅広い年齢層、客層に愛されている、地元に根ざした居酒屋です。