やま かち

やま かち

食べることの大好きなやまかちが訪れたお店の中で、他の人にぜひ薦めたいと思うお店を紹介します。やまかちは神戸在住なので、神戸を中心とした兵庫県内のお店が多くなっています。文中に出てくる料理等の値段は、訪れた当時のものです。今は変更になってるかもしれません。 注)★1つは、残念ながら閉店してしまった店

  • 763投稿
  • 20フォロー
  • 57フォロワー

好きなジャンル

  • 中華
  • 洋食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
やま かち

やま かち

good

作りたての美味しい洋食弁当を手軽にテイクアウト  今日は午前中病院で検査、午前休を取っている。10時30分頃終了し、JR灘駅に戻ってきた。まだ少し時間があるので、改札口横のモスバーガーへ入店。朝食べていなかったので、「テリヤキチキンバーガーセット」(880円)をオーダー。ドリンクは「ペプシコーラM」、サイドは「オニポテ」。しかし、この時間なのに結構混んでいて、8割ぐらい席が埋まっているのに驚いたw  11時を過ぎると、灘駅構内の「洋食 Quattro 灘駅店」がオープンする。元町で人気の洋食屋の弁当が気軽にテイクアウトできる。モスを出てクアトロに向かう。今日は午後から出勤なので、弁当を買って行くことにする。前にも何度か買っており、美味しかったのは知っている。さて今日は何にしようか、ショーケースを覗き込む。ハンバーグとかチキンカツとかホタテフライとか色々あって迷うんだけど、結局タルタリストは「チキン南蛮」(1050円)をチョイスw「トマトのマリネ」(400円)も買おうと思ったが、1500円近くなるのでパス。  注文したら、そこから調理開始。10分ほどでできあがりテイクアウト。11時50分ごろ職場について、そこから昼ご飯。弁当の入れ物が変わっていたのに気がついた。そう言えば、チキン南蛮も50円値上がりしていた。このご時世だから、仕方がないのだろう。レモンを絞り、たっぷりタルタルをかけ、まずはチキン南蛮をパクリ。ちょっと冷めているが、やっぱり美味しい~。このタルタルが絶品なのよね。鶏肉も柔らかい。つけ合わせの野菜(レンコン、ニンジン、カボチャ、インゲン)も柔らかくて美味しい~。キャベツはシャキシャキ。しかし、やっぱりご飯が少ない。おかずが美味しいんだから、ごはんが進むよね~。すぐに完食。

やま かち

やま かち

good

高速神戸駅

パスタ

一人で食べられるパスタ屋はオジサンには有難い  晩ご飯のおかずを買った後、昼ご飯を食べるため、徒歩で高速神戸駅へ。この暑い中、なんとか影を通って到着、喉がカラカラ。前から行きたかったパスタ屋さん、ラーメン屋感覚で入れるスパゲッティ専門店らしい。ラーメン屋だったら、全然気兼ねなく入店してるもんねw13時15分ごろ到着。店の前に自販があるので、「ナポリタン(中)」(800円)をチョイス。ちなみに中は400gで、普通の店の大盛サイズとのこと。小(300g)、大(500g)、特大(600g)も同じ値段。ミニ(200g)は700円、特大より大きくなると値段が上がるシステム。やまかちは暑さのためあまり食欲がなく、中にしたw  食券を持って店に入って店の人に渡すと、テーブル席に案内された。鞄を置いてまずはセルフの水を入れに行く。コーンスープや味噌汁も飲み放題なので、スープもカップに入れて席に戻る。喉がカラカラだったので、水を一気に飲み干し、もう一度入れに行く。そうこうしていると、ナポリタンが着皿。いやあ、お手本のようなナポリタン。トッピングはウインナー、玉ネギ、ピーマン。味もケチャップがよく効き、本当にお手本のようなナポリタン(大事なことなので、2度書いたw)。なんか懐かしさを覚えるね。コーンスープはちょっと薄目だったかなぁ。普通に完食・完飲。  気を付けないとケチャップが飛ぶが、紙エプロンをもらえば問題なし。配慮が行き届いているね。店に入った時に気になったのが、全部食べずに残して帰っていった人が結構いたこと。値段が同じだから、多めのを頼んでしまって食べられなかったのだろう…

やま かち

やま かち

good

神戸(兵庫)駅

デリカテッセン

車でよく前を通過していたデリカテッセン  国道2号線を車で走っているとき、よく前を通っていて気になっていた店。焼豚やローストビーフが美味しいという噂なので、一度行ってみたいと思っていた。今日は時間があったので、昼ご飯の前に徒歩で向かうことに。JR神戸駅から歩いて10分弱、普段なら全く問題ないんだけど、この暑さ…。本当に梅雨なのか?  12時50分ごろ何とか店に到着、店頭には短冊がいっぱい貼ってある。値段を見ると、リーズナブル。小窓を覗くと店主らしきおっちゃんと目が合い、窓を開けてくれた。「焼豚」(380円/100g)を200g、「ローストビーフ」(900円/100g)を200gオーダー。すると、吊るしていた焼豚を降ろして、包丁で薄くスパスパ切り始めた。アッという間に200gを切り分けてくれたw職人技だわ。続いて、冷蔵庫の中からローストビーフの塊を出してきて、同じくシュパシュパと切っていく。持ち帰って、夜のおかずにしよう。楽しみだ。  晩ご飯のおかずに、焼豚とローストビーフを頂いた。焼豚は少し温めるとトロトロになり、付属の甘辛いタレをかけて美味しく食べた。肉質が良いので、タレがなくても美味しい。いろいろ焼豚を食べてきたが、やまかち好みの味でご飯が進む。ローストビーフの方は、日本食研のタレが付いてきたw肉の量に対してちょっと少ないかな。でも、抜群に美味しかった。また買いに行きたいなぁ。「和牛タタキ」や「ハンバーグ」、「ロールキャベツ」、ステーキ用や焼肉用の肉なども売っていたので、そちらの方も気になった。 #チャーシュー星人おすすめの焼豚

やま かち

やま かち

good

六甲道駅周辺にリニューアル・オープンした家系ラーメン  またまたラーメン激戦区・六甲道駅周辺に、6月14日に新しいラーメン屋が誕生した。新しくできたという訳ではなく、同じ場所にあったラーメン屋「龍虎」の息子が引き継ぎ、リニューアル・オープンしたもの。前の店も、「うま辛ラーメン」とか結構好きだったんだけどね。開店して3週間ほど経ったので、落ち着いてきているだろうと思い、今日のお昼に行ってみることにした。  11時8分ごろ到着、先客はいなかったw入って左手すぐのところに自販があり、食券を購入。ラーメンの種類は1つだけなので、選びやすかった。今回はフルオシとなっている「なま醤油とんこつラーメン 味玉+ライス小セット」(1150円)をポチッとな。後のボタンは、トッピング増量とか麺の量とか。だから選びやすかった。実はセットと言っても、それぞれのボタンを押して買っても、値段は同じなんだよねw近日提供予定というボタンは、少し気になるね。カウンター席に座って店員に食券を渡すと、「麺の硬さ・スープの濃さ・アブラ量を選んでください」と言われ、「初めての方は全部普通がお勧め」と壁に貼ってあったので、全部普通で。BGMを聞きながらボーッと待っていると、どんどん客が入ってきて、5分ぐらいで7人になった。9席しかないので、ほぼ80%の入り。  7分ぐらいで、ラーメンと小ライスが着丼。なま醤油とんこつという謳い文句だが、海苔やホウレンソウなどのトッピングからすると、横浜家系ラーメンのインスパイアだね。まずは、少しトロミのあるスープを一口、臭みがなく思ったほど豚骨の味がガツンとこない。マイルドで甘みも感じる。提供直前に、小豆島丸島なま醤油を加熱して加えているらしい。麺は自家製のストレート太麺、もちもちでスープによく絡む。トッピングは、海苔3枚にほうれん草、大きく薄めのチャーシューが2枚、あと煮卵。チャーシューは豚ロースを桜チップでスモークをしている。小ライスには、刻みチャーシューと漬物、ニンニク醤油漬けが載っている。チャーシューにマヨをかけると最高!小ではなく大でも問題なし。ニンニク醤油漬けは午後も仕事があるとキツイよね、食べたけどw器が深くて、思ったよりスープが多かったけど、ほぼ完飲。  家系ラーメンの特徴が前面に出ているが、無化調スープが特徴的。この激戦区でやっていくには、何か特徴がないとね。多くの人に受ける味だし、立地もいいし、面白い存在になるかもね。 #ラーメン激戦区・六甲道駅周辺

やま かち

やま かち

good

元町(兵庫)駅

飲茶・点心

南京町にひっそり佇む焼豚屋-思わず見逃してしまう  今日は昼ご飯の後、焼豚を買いに南京町へと向かった。明日帰る義妹の土産と今日の晩ご飯のおかず(ビール)のアテとして。というのも、やまかちがよく見ているブログの主が、この店について触れている記事を見たから。それにしても、今日は朝から雨なので、南京町は結構すいている。長安門から入って、キョロキョロしながら広場の方へと向かう。そして発見、呼び込みもいないし店頭にも誰もいないので、うっかりしたら通り過ぎてしまう。記事を読んでいたので、見逃さずに済んだw店の奥の方へ入っていくと、焼豚が吊るされている。店員も発見!「皮付焼豚」(450円/100g)を200g、「バラ焼豚」(405円/100g)を200gオーダー。食べやすくカットしてもらった。  家に帰り、皮付焼豚を温めて晩ご飯のおかずにした。バラ焼豚は撮影だけして、再包装してお土産にして持って帰ってもらった。さて味の方であるが、皮付焼豚は皮がパリッとしていて美味しい。塩と五香粉で味付けされている。五香粉は中国の代表的なミックススパイスで、八角、ウイキョウ、桂皮、クローブ、花椒の5つ。八角の香りと花椒のシビレがたまらん!豚の脂身がかなり甘く感じる。いやぁ、ビールによく合う。夕方になると売り切れることが多いので、予約するのがベターとのこと。やまかちが行ったのは昼過ぎだったので、客は誰もいなかったw品切れもなかったしね。忙しいと、食べやすい大きさにカットしてくれないらしい。何事も早めが肝心だね。  帰る時に、近くの焼豚有名店「堂記豚肉店」「和記」を回ってみたが、堂記はまだ開いていなかったし、和記は行列ができていた!焼豚を南京町で買って帰るのも、なかなかオツなものかも知れない。 #チャーシュー星人おすすめの焼豚