やま かち

やま かち

食べることの大好きなやまかちが訪れたお店の中で、他の人にぜひ薦めたいと思うお店を紹介します。やまかちは神戸在住なので、神戸を中心とした兵庫県内のお店が多くなっています。出張や旅行等で行ったお店もあります。あ、文中に出てくる料理等の値段は、訪れた当時のものです。今は変更になってるかもしれません。

  • 535投稿
  • 16フォロー
  • 49フォロワー

好きなジャンル

  • 中華
  • 洋食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
やま かち

やま かち

good

    岩屋(兵庫)駅

    寿司

    久しぶりに寿司とうどんの定食を…松・竹・梅・菊・桜?  阪神岩屋の海側には、かつて神戸製鋼があった。そこで働く人は、阪神岩屋かJR灘を利用する。だから2つの駅の間には、安くて美味しい店がいっぱいあった。近所にある超人気店の洋食SAEKIの場所も、以前は居酒屋であった。神鋼がなくなり、かわりにHAT神戸ができてから、この辺は大きく変わってしまった…。しかし、昔の店が完全になくなってしまったわけではない。今日は岩屋で仕事だったので、その頃から頑張っている店で昼ご飯を食べることにした。実は、少し前に訪れたんだけどお盆休みだったので、そのリベンジも兼ねている。  12時45分に到着、店の外にメニューがあり、「合乗り定食」(寿司とうどん又はそば付)が目にとまったので、それを注文することにした。店に入ると先客は0、店の人がテーブル席でくつろいでいるw一応メニューを拝見、ん?「合乗り定食」には松・竹・梅・菊・桜のランクが…。桜はイナリ3個で520円、菊は上巻2個&イナリ2個で560円、梅は胡瓜3個&イナリ2個で580円、竹は鉄火3個&イナリ2個で700円、松はにぎり3個&鉄火3個で960円。ここは無難に菊の熱いうどん付で。  4分ほどで到着。うどんにはとろろ昆布とかまぼこ、まずは出汁を一口。カツオ出汁の美味しい味。麺は柔らかめでコシはない。関西風で、やまかちなんかにはホッとする味。最近は讃岐のように、コシが強い店が多いからね(讃岐も嫌いではないが、たまには関西風のうどんも良い)。イナリも関西風の三角。上巻は、まぁ普通かな。やまかちには、もうちょっとボリュームがあった方が良かったかな。  他に客もいないこともあり、13時過ぎにはもう賄を並べ始めたwランチは14時までとあるので、そのあたりまで待った方がいいのにね。あと、今時すべてのテーブルに灰皿が置いてあるのは、なかなか見ることがない。やまかちはタバコの煙は気にしないけど、食べている最中は止めてほしいかも知れない。今日は1人しかいないから問題ないけどね。まさに昭和のにおいがプンプン。

やま かち

やま かち

good

    洋食のエース

    店舗情報

    三宮のディープな場所に新しい洋食屋が…  今日は所用で元町に行き、仕事後に昼ご飯。仕事前はラーメンを食べるつもりで店をピックアップしてたけど、仕事が終わったらなぜか洋食が食べたくなったwそれで、洋食屋を探しながら、三宮へ向かうことにした。途中、センタープラザ西館から地下に入り、洋食屋を発見!あれ?前はこんな店じゃなかったような…  「Aランチ(ハンバーグ&トンカツ)」(780円)という看板に惹かれ、この店にすることにした。時刻は14時、先客は1人。カウンターに着席し、迷わず「Aランチ」をオーダー。セルフの水を飲みながらキョロキョロしていると、壁に「お会計はキャッシュオンデリバリー」と書かれた紙が貼ってある。つまり、着皿と同時に会計ということなので、お金の用意をしておかねば。  4分ほどで着皿、お金を渡して恒例の写真撮影。小ぶりのトンカツと中ぐらいのハンバーグにデミグラスソースがたっぷり、ドレッシングのかかった千切りキャベツ、ケチャップのかかったスパゲティ。見た目は完ぺきな洋食の王道。味の方はというと、いたって普通。トンカツは揚げたてで、衣がサクサク。もうちょっと分厚くしてほしいが、この値段では限界か…。ハンバーグは柔らかいけど、肉汁ジュワッて感じではない。デミグラスソースも普通、まあ普通がいいのかもね。小鉢は福神漬けとハリハリ漬け。ライスはこれで普通盛、大盛は50円プラスだが、普通の人にはこれでも多いくらい(やまかちにはちょうど)。味噌汁がついていたら、もっとありがたかった。あと、売り切れていた「チキンカツ」も気になる…

やま かち

やま かち

excellent

    Atelier Kato

    店舗情報

    六甲駅

    ケーキ屋

    スタイリッシュなタルトが並ぶオシャレなケーキ屋  胃カメラと大腸カメラを終え、鎮静剤を使ったので、トボトボと徒歩で駅に向かう。今日は身体に負担をかけたので、美味しいものでご褒美をあげたい。それも食べやすいものが良い。ということで、帰り道に阪急六甲の近くのケーキ屋に寄ることにした。いつも前をよく通るのだが、車だったり定休日だったりで、なかなか立ち寄ることができなかった。  店内に入ると、先客が1名。ショーケースの一番上に、有名な「メロンケーキ」(1500円)が鎮座している。しかし、周りに並べられているタルトが、やまかちには魅力的に見えた。種類がいっぱいあって迷ったが、「苺とホワイトチョコのタルト」(500円)、「スイートポテトタルト」(550円)、「オレンジレアタルト」(700円)をテイクアウトすることに。イートインスペースもあるので、今度試してみよう。  家に帰り、やまかちは「苺とホワイトチョコのタルト」を食べた。タルト生地ってあまり好きじゃないけど、ここのはしっとり感もあって美味しかった。甘さが控えめなのもgood。生のフルーツがのっているのもいいけど、焼きタルトも良い。高級住宅街にあるので、値段が若干高めなのは仕方がない…