T.Ookubo

T.Ookubo

私にとってのRetty投稿は日記の様なもの、美味しいお店の情報をリアルに得る事が出来るツールとしてはRettyはBEST。自分の好みで美味しいと思える店故にどうしても偏ってしまいますが、ご理解下さい。

  • 937投稿
  • 6フォロー
  • 1866フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • ちゃんぽん
  • 中華
  • 海鮮料理
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
T.Ookubo

T.Ookubo

excellent

「こだわりの野菜をたっぷりのせた雑穀米の博多タコライス」 天神"ソラリア"「サラダレストラン Mr.& Mrs.GREEN」さんが、博多駅"くうてん"に昨年11月にオープンした「博多店」訪問してみた。 周りはほぼ女性、野菜中心の食生活にしたとは言いながら、やはり腹持ちの良い"米"は食べたい・・・と選んだメニューは「こだわりの野菜をたっぷりのせた雑穀米の博多タコライス」 "アボガド"に"温泉たまご"中央に盛られた"雑穀米にタコミート"と"新鮮でシャキシャキ食感のタップリな野菜"にオリジナルの"サルサソース"がピリッと美味い。 オーナーが言われた通り"野菜"だけでもボリュームが有りお腹いっぱいに・・・。 アトピーの漢方治療の食事療法で始めた.朝・昼・夜の野菜生活も半年・・・最近は新鮮な野菜の"美味さ"にハマりつつある。 ご馳走さまでした。 「感謝」

T.Ookubo

T.Ookubo

excellent

祇園(福岡)駅

魚介・海鮮料理

「しまばら具雑煮」 随分と昔、時々お邪魔していた「しまばら具雑煮 せき亭」さん。その後東京転勤など・・・で記憶が薄れていました。 聞けば、平成11年の福岡水害で被災され(当時博多駅前のビルの地下で営業中で水没)現在の地に移転された・・・とか。 昨日、TVの"グルメ番組"で放送された"しまばら具雑煮"を観て、懐かしくて久々に訪問。(移転先はRettyにて検索) 優しい旨みの美味しい出汁(醤油、鯖節、あご、昆布) 熱々の土鍋に入る具材は、お餅(3個)に、白菜、千切りのささがき牛蒡、人参、水菜、蓮根とタップリの野菜に、鶏肉、蒲鉾、薄焼き卵、穴子素焼き、高野豆腐、椎茸。 ちなみに、お餅は5個まで追加料金無し。 ゴボウのシャキシャキ食感と千切りされた人参、白菜、水菜が吸った優しい出汁と素材の旨みをタップリ味わえる「逸品」"グツグツ"と煮込まれた"島原"の郷土料理「しまばら具雑煮」・・・美味しい。 まだまだ寒い中、身体の芯から"温まりました"。 ご馳走さまでした。 「感謝」

T.Ookubo

T.Ookubo

good

「ゴーゴーカレー」さんと並ぶ"金沢カレー"の創業昭和36年元祖金沢カレーの「チャンピオンカレー」さん。 昨年末に博多駅地下街に(以前の吉野家跡)・・・。 カレーの味は、紛れもなく"金沢カレー"そのもの"(元祖に対して失礼) 盛り付けも、千切りキャベツと、カレールーとカツでご飯が覆われて見えないところも・・・こだわり。 濃厚なカレールーは、ゴーゴーカレーさんより"やや"マイルドかなと思える。 "カツ"も柔らかく、真っ赤な"福神漬け"をタップリとかけて、その甘みが濃厚なルーと絡んで美味しい。 久々"濃厚"でガッツリといただく「金沢カレー」は「うまい」。 Lカツカレー(レギュラー300g)をいただいたが、かなりボリュームがあり(ミニ180g)で私には十分の量。 ご馳走さまでした。 "感謝"

T.Ookubo

T.Ookubo

excellent

博多駅

中華料理

「天津丼」 ふわとろ卵の天津丼、優しい餡、タップリの卵に"椎茸"と"筍"の細い千切りの具材。 旨みとコクと食感がシンプルで"優しい"旨みのある餡と絡んで実に美味しくいただける「逸品」 「天津飯」とは似て非なる「丼」 毎回"器"と"中華餡"の量が若干異なるが、今日は今までで一番バランスが良い様に思える。 中華餡の量が多い日は、中華雑炊の様で、それはそれで美味しいのだが、今日は多からず、少なからず、天津飯らしい"ふわとろ卵"と"餡"の旨みがダイレクトに味わえる"絶妙な"美味しさ。 少し寒い日だったので、身体も暖まり大満足な中華ランチとなりました。 ご馳走さまでした。 感謝。

T.Ookubo

T.Ookubo

excellent

赤坂(福岡)駅

魚介・海鮮料理

「鯛のあら炊き定食」@900円 久しぶりに長浜鮮魚市場の「市場会館」に・・・ 目指すは「福魚」さんの「鯛のあら炊き定食」 最終的には、お店の前の"現物サンプル"を確認してからの入店。 「揚げ煮」も大好きなので、「タラの揚げ煮」と一瞬迷った・・・のだがココはやはり「鯛のあら炊き」。 ・・・で大正解。 鯛の"おかしら"が1尾半で3枚に、腹身2枚とタップリな"あら煮"は鯛の旨みに加えてダシ醤油に味醂の旨みと甘みが実に濃厚で程良い照りが贅沢で食欲をそそる。実に"美味しい" 定食には"刺身"が付いて来る、それも大きくて新鮮な切り身の"鯛"が5〜6切れ、かなりな量だ。 "あら炊き"て"刺身"しかも新鮮な「鯛」とは何と贅沢な「定食」。大満足です。 ココで気がついた・・・味噌汁は「貝汁」に(追加)すべきだった・・・と。(いつもの後悔) 「鯛のあら炊き定食」ご馳走さまでした。 "感謝"