H.Yajima

H.Yajima

思うところあってただ今休眠中 (( _ _ ))..zzzZZ たまに復活するかも ………

  • 1857投稿
  • 487フォロー
  • 1848フォロワー

好きなジャンル

  • 蕎麦
  • うなぎ
  • 天ぷら
  • うどん
  • 和食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
H.Yajima

H.Yajima

excellent

そば処 ひさゑ

店舗情報

西松井田駅

そば(蕎麦)

地元の蕎麦屋放浪記 NO.229 … 初投稿です。 昨年11月にオープンした新しいお店に行ってみた。場所は群馬県富岡市妙義町、日本三大奇景の一つとされる妙義山の妙義神社入口近く。新築のようで新しく綺麗な店内、落ち着いた雰囲気のお店です。 4人掛けテーブル席2組、2人掛け1組、カウンター3席のこじんまりとした店内、相方とカウンター席に座った。 相方は「天もりそば」、自分は「もりそば」に「舞茸天ぷら」を付けた。天ぷらは野菜天で、舞茸、大葉、サツマイモ、人参、下仁田ネギという構成。山の中なので、海老はおりません。舞茸天は、グンマー帝国の名物でもある。大きなものが3個、外側はカラッと揚がって、中はとてもジューシー、美味しい天ぷらでした。塩で頂いた … 蕎麦は、群馬県みなかみ町産というご説明。石臼挽き自家製粉の手打ちそばです。よく見ると僅かに蕎麦殻の星が飛んでいます。エッジの立ったコシのある細打ちで、蕎麦の風味もなかなか良い。冷たく締められ喉越しもまた良しです。 もりつゆは、あっさり目だが出汁が効いて蕎麦との相性も良い。欲を言えば、徳利で少しずつ頂きたいところ … 薬味は、刻みネギと辛味のある粗めの大根おろしで山葵は付かない。「郷にいれば郷に従え」だが、山葵をお願いすると本山葵が沢山、本山葵も大根おろしもなかなか旨い。箸休め的に昆布も付いていた。 地元で最近食べた蕎麦の中では、かなり美味しいという評価でしょうか。もう1枚とも思ったが、食べ過ぎるのでやめておきました。メニューはシンプルでまだ少ないが、今後に期待です。 ご馳走様でした! #蕎麦ランチ #もりそば #舞茸天ぷら

H.Yajima

H.Yajima

excellent

そば処 福田屋

店舗情報

渋谷駅

そば(蕎麦)

東京の蕎麦屋放浪記 NO.259 … 寒くて外出するのも億劫だが、山手線ぐるり蕎麦屋放浪の再開です。 山手線ぐるり蕎麦屋放浪20 … 「恵比寿駅」の次は、→→ 「渋谷駅」。 高校卒業するまでは世田谷区にいて、高校も渋谷の近くにあったので、勝手知ったる渋谷と言いたいところだが、それもかなり昔の話です。 此方のお店は、SHIBUYA109を過ぎて道玄坂を少し登った「道玄坂小路」にある。創業70年以上、渋谷繁華街の歴史と変遷をずっと見守って来た町蕎麦の老舗です。109と言えば、その1Fに入っていた「元祖くじら屋」という「くじら料理」のお店で、大学に行く前の春休みと夏休みにウエイターのバイトをしたことを懐かしく思い出す。「くじら屋」は、109が建つ前の昭和25年からこの地で営業していたが、今となっては109のテナントからは抜けて近くの別の場所で営業しているようでした。話が逸れたが、それだけ昔とは変わってしまっているという事 … 「とり団子せいろ」をお願いした。つけ汁の表面が水菜で覆われているが、「水菜せいろ」ではありません。(笑柚子の風味がする大きな鶏団子が3個、刻んだ油揚げ、筍、椎茸、水菜など具沢山で、熱々のつけ汁がたっぷり入っていた。味付けは、醤油より塩味が強めでしょうか … 蕎麦は、階上早生、牡丹、キタワセの3種類の産地表示があったが、ブレンドということだろうか?… コシの強い極細切りで、蕎麦殻の星が飛んでいる。喉越しの良さはもちろんの事、風味もかなり良い。暫くはつけ汁なしでそのまま頂く。好みのタイプの蕎麦で実に旨い。つけ汁に潜らせてもまた旨しです。蕎麦の盛りもとても良かった。あっさり目の蕎麦湯で〆てご馳走様でした! 自社ビルの2階、明るく綺麗で席数も多い。秀逸な町蕎麦でメニューも多く、蕎麦前で昼間酒も出来る。ランチ時で結構賑わっておりました。近ければ通い詰めたいお店だが、渋谷は上野の丁度反対側なのでちょっと遠いなぁ〜 「渋谷駅」の次は、→ → 「原宿駅」です。 #蕎麦ランチ #とり団子 #道玄坂小路 #町蕎麦放浪記

H.Yajima

H.Yajima

excellent

そば処 田

店舗情報

藪塚駅

そば(蕎麦)

地元の蕎麦屋放浪記 NO.228 … 初登録・初投稿です。 昨年12/16にオープンした新しいお店を訪問してみた。場所は「太田市大原町」。到着すると、以前に来たことのある「蕎匠十石(じっこく)」(地元蕎麦NO.138)というお店の場所でした。以前のお店とは関係なく、居抜きでオープンしたようです。 店内、ボックスタイプで仕切られたテーブル席と小上がりの座敷席がある。以前来た時と全く同じ席、2人用のテーブル席に座った。 「とろろ付きもりそば」(税込780円)と「桜海老かき揚げ」(税込280円)をお願いした。蕎麦は、蕎麦殻の星が少し混じったかなりの細切り。コシはそれほどないが、冷たく締められて喉越しはとても良い。北海道産の新そばで、風味もなかなか良かった。もりつゆは、出汁の効いたやや甘めのつゆです。とろろは、セパレートタイプで卵黄が入っていた。蕎麦猪口も付いてくるので、普通の「もりそば」と「つけとろ」の両方で美味しく頂きました。 サクッと揚がった「桜海老かき揚げ」は、大きな円柱状で食べ応えがあった。桜海老、ネギ、三つ葉などのかき揚げでしょうか。半分ほどを天つゆに浸した後、オープン記念サービスの「蕎麦の実ご飯」に載せて美味しく頂いた。 細切りの蕎麦は、やはり温かいそばには向かないタイプで、冷たいそばと温かいつけ汁が中心のメニューです。蕎麦、うどん、ひもかわが選べます。うどんは、チャンポンや明太クリームなどの創作的な季節メニューがあるようでした。蕎麦は、温かいつけ汁、天ぷらと組み合わせるようなメニュー構成でしょうか。コスパは、比較的良いと思います。 ご馳走様でした! #蕎麦ランチ #新店 #太田市蕎麦屋 #もりとろろそば #桜海老かき揚げ #蕎麦の実ご飯

H.Yajima

H.Yajima

excellent

松玄 恵比寿

店舗情報

恵比寿駅

そば(蕎麦)

東京の蕎麦屋放浪記 NO.258 … 山手線ぐるり蕎麦屋放浪19 … 「目黒駅」の次は、→→ 「恵比寿駅」。 席数の多いお洒落な雰囲気のお店。麻布十番、東京ソラマチ、名古屋などにも店舗がある。蕎麦屋というよりは、蕎麦もある和食店という感じだ。 カウンター席に座った。間接照明でテーブル周りがちょっと暗い。「大海老天せいろ2枚盛り」(税込1,450円)をお願いした。もりそば1枚追加の価格差は150円、3枚盛りにすると+300円になる。ランチ時はミニカレーが付き、コスパは比較的良いという印象です。 天ぷらは、海老、鯛ちくわ、茄子、南瓜、シシトウという構成。大海老と言うほど大きくはないと感じたが、プリプリの海老は美味しかった。 蕎麦は、蕎麦殻の星が混じった挽きぐるみの中細。エッジがなく丸い断面なので、押し出しの機械打ちのようだ。表面ツルツルの舌触り、モチモチとした面白い食感だが風味は弱い。 もりつゆは、出汁は効いているが、返し強めという印象です。1枚の盛りの量は少なめなので、数回手繰るとあっという間になくなる量でしょうか … 蕎麦は残念ながら好みとは違ったが、和食屋として利用するのには良いお店かもしれない。大箱のお店にありがちな傾向でしょうか。天ぷらは美味しかったので、評価が良いのは蕎麦ではなく和食料理としての評価のように感じた。 ご馳走様でした! 「恵比寿」の次は、→ → 「渋谷」です。 #山手線ぐるり蕎麦屋放浪 #恵比寿駅

H.Yajima

H.Yajima

excellent

手打ちそば 小菅 

店舗情報

目黒駅

そば(蕎麦)

東京の蕎麦屋放浪記 NO.257 … 山手線ぐるり蕎麦屋放浪18 … 「五反田駅」の次は、→ → 「目黒駅」。 駅からほど近い此方のお店、エリア評価では一番の人気店。女将さんの体調不良で暫く休みになっていたようだ。 お店の名物という「鴨せいろ」が目当てだったが、コロナ禍で中止しているとの事だった。それなので「鴨汁せいろ」をお願いした。鴨肉とネギ天が別皿で出されるのではなく、煮込まれた刻み鴨肉とネギのつけ汁。細かくした鴨団子と刻み鴨肉、長ネギが具材で、灰汁と共に鴨の旨味が良く出ていた。油分はやや多めで冷めづらく、時折柚子が香ります。 蕎麦は薄緑色の十割蕎麦。切りむらがやや目立つが、風味の良いコシのある蕎麦です。熱々のつけ汁に潜らせ美味しく頂いた。熱々の蕎麦湯でつけ汁も完食、ご馳走でした! ビル地下のお店で、引き戸を開けると更に下に降りて行くという店の造り。店内ちょっと薄暗く、入店するのにちょっと躊躇する。もっと明るくした方が、美味しい蕎麦と料理も更に美味しく見えるようになるのではと感じた。接客のホスピタリティはとても良いと思う。 「目黒」の次は、→ → 「恵比寿」です。 #山手線ぐるり蕎麦屋放浪 #目黒駅