yoko sato

yoko sato

美味しいゴハンと美味しいお酒が大好きです♡備忘録のためにやっているので日記調です笑

  • 1281投稿
  • 258フォロー
  • 1575フォロワー

好きなジャンル

  • フレンチ
  • イタリアン
  • ワイン
  • 寿司
  • 創作料理
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
yoko sato

yoko sato

excellent

    白金台駅

    中華料理

    今季のShinoisさん、『どこまでも続く幸せの階段』って感じでした。もはや幸せの階段が続きすぎて、コースが終わったあとなかなか現実の世界に戻ってこれなかった笑 その幸せの階段を駆け上り始めたのははスッポンの茶碗蒸し。お次の杏仁のスープ、雪の世界のような見た目、上品で美しく、あっさりした印象なのに、飲んだ後の旨味は優しくも持続性が高く、旨味の余韻が次のお料理の旨味と折り重なって、素敵なストーリーを織っていた。この杏仁のスープ、今季のコースのkeyになっていて、とってもとっても素敵だった。 続く巻き物シリーズ、豚の表面がクリームブリュレになっておりパリパリ食感を楽しんだ後にコクの旨み、美味。 そしてそしての上海蟹‼︎去年の海老芋に引き続き『見えない上海蟹シリーズ』。今回はジャガイモに扮していて、一口食べて思わずニンマリ。いや、美味しすぎるでしょ。シェフ最高。 もうここからの鮑、お魚、お肉とあっという間に過ぎ去るようで、幸せの儚さよ。 〆の牛鶏豚全てを使ったスープの冷麺は初めて。3種のお出汁が入っているというのにこの透明感。そして旨み。 今回は旨味の大合唱であった。 もう一回このコース味わいたい。

yoko sato

yoko sato

excellent

    渋谷駅

    創作料理

    jinen.  札幌のモリエールが好きなので、シェフの経歴を見ていたらどんな感じなか気になっての初訪問。  結果、私はとっても好きな感じ♡♡ 緑と陽の光が気持ち良いアプローチを抜け、フロアに進んでいくと、シェフが既にフロアでスタンバイ。ん、なんで⁇ご挨拶からのスタート⁇ 頭の中がぐるぐる。。 席に着いて納得。シェフはキッチンにスタンバイしており、そのキッチンは、テラスへと続くキッチンなのだ♡ シェフのバックにはお庭のグリーンが広がる。お天気が良いのでガラス戸は開け放たれており、フロアに入ってくる風や、水の音、葉擦れの音も気持ち良く、1/fゆらぎ、最高の環境。 「うわぁ〜気持ちいい♡」って何度口にしただろう。  そんな中でいただくフレンチ、とっても美味!!バターを使ったクラシカルなフレンチの要素と、食材ごとに丁寧に味付けされた和の要素とがうまく一皿の中で調和していて、その調和のスタイルが、流行りの和の要素たっぷりのフレンチとは一線を画していた。  バターも、カリフラワーのソースはガツンとバターでコクを引き出すメインの役、一方、お素麺は食べ進めるうちに美味しさを引き立たせているのは実はバターなんだって気付かせる縁の下の力持ち的な役回り、完全に意識して使われており、それに気付くと更に美味しさが増してにやにや♡  椎茸や牛蒡やいくらといった食材ごとの味付けは丁寧にお仕事がなされており、出汁が美味しい。主張しすぎず優しく響く。  あー♡鴨の火入れは最高に美味しかった。  シェフもお料理を楽しみながら作っていて、それが目の前で見れるので、こちらも見ていてワクワクする。  帰りは帰りで、来た時の日の差す感じや風の温度感もまた変わり、そんなのを含めて楽しめるなんて、なんだか自然を味わいに行った旅行先の気分。(と口にしたらシェフ曰く軽井沢をイメージしているそう)  途中でふわ〜っとお庭から吹き込む風に「気持ちいいー!!」とシェフもスタッフも私たちも心地よさを共有し進んでいく時間。贅沢な一体感。  一人でも良し、家族でもカップルでも良し、友人でも良し。ただ、この時間・空間の心地よさを、たっぷり味わえる人と行った方が俄然良い。予約困難店のスタンプラリー層には相応しくない。そういった意味で、伺うこちら側の意識も大事だなって思わせる素敵な時間だった。  まことにクセになるフレンチである。 椎茸、キャビア、卵黄ソース カリフラワーのムニエル 鰹のたたき 栗と秋刀魚のリゾット グレープフルーツ、山葵 鴨の炭火焼き 秋鮭のリゾット、いくら チーズ 生胡桃、キャラメルアイスクリーム

yoko sato

yoko sato

excellent

    新富町(東京)駅

    日本料理

     今年も松茸を炙った時にじわじわと出てくる旨味の濃縮したこのお汁をいただけて幸せです。  そして帆立なのか⁈と思う程の軸をいただいたときの衝撃よ。 大好きなキンキは脂がお上品で美味。  前回鰻をいただいた時は蒲焼きだったので皮がパリパリ香ばしくて、今回はご飯の硬さに合わせるために柔らかく蒸してあり、フワフワ、ほわほわ。めちゃめちゃ美味しかったです。  今回もとっても満足でした。

yoko sato

yoko sato

excellent

    鮨 すが弥

    店舗情報

    赤羽橋駅

    寿司

    大将は好き嫌いが分かれるっておっしゃるけど、私はすが弥さんのシャリが大好き。 鰤ごはんやいくら雲丹丼を食べさせて、こんなにシャリが美味しいと思わせるなんて、改めて考えるとすごい。もはやシャリを引き立たせるための黒子役が鰤やいくら、雲丹なのではないか。 鮪も噛めば噛むほど酸味が口の中でまろやかに広がっていって幸せ〜。 早くまた伺いたい。 鰆 クエ 鰹 カマスのたたき 鰤ごはん 鰆昆布締め 中トロ(腹) 北寄貝 中トロ(背中) 鰯 鮪 漬け  車海老 白子 いくら雲丹ごはん 大トロ炙り 煮蛤 トロたく太巻き 玉 小肌

yoko sato

yoko sato

excellent

    赤坂(東京)駅

    寿司

    今日はいつもに増して握りが好きだった。特にトロ。ちょこっと乗ったお塩が良い塩梅で最高。 そして、つまみ史上最高の鱧。骨を全て抜いてある丁寧な丁寧なお仕事。そして油煎した鱧と煎り酒の相性の良いこと。煎り酒が美味しくて煎り酒だけで飲めるレベルであった。この食し方を知ってしまったら最後、もう普通の鱧では物足りなく感じそう。 そして目の前に出されるまで何を食べて育って来たかがはっきり分かるような鮑、美味しさが深い。 とっても満足だった! 毎回飲み過ぎてしまうので今回は控えました笑