Atsushi Teraoka

Atsushi Teraoka

2020年10月よりバンコク暮らし。コロナ禍で世界が激変しましたが、楽しくバンコクボッチ飯を記録しています。仕事はIT関係 、日本では湘南エリアがホームです。

  • 879投稿
  • 754フォロー
  • 519フォロワー

好きなジャンル

  • 海鮮料理
  • 韓国料理
  • 居酒屋
  • ホルモン
  • 焼肉
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Atsushi Teraoka

Atsushi Teraoka

excellent

    ナムターン・ジュースの屋台

    店舗情報

    ラチャダーはバンコクの若者が一人暮らしするにはピッタリの街らしい。ファッションやデジタルガジェット系のショッピングモールが多くあること、そしてコロナで本当に残念なことに閉鎖されてしまったTrain Night Marketがあったエリア(本当に復活しないのだろうか…)でコスパよく暮らせる街と聞いている。Withコロナへ方針転換しつつあるバンコク、こちらでは小さなナイトマーケットが開いていた。そこで見つけたのがこちらのヤシの実ジュースである。タイ語ではナムターン・ソッと発音するみたい。 ナムターンとはタイ語で砂糖の意味。カフェで飲み物を頼むときにノンシュガーにしたい、というか、何もいわなければ、大量の砂糖が必ず入ってしまうタイの飲物なので、そんなときに私は”マイ・サイ・ナムターン”と必ず伝えている。 ちょっと調べてみると、大昔、タイは砂糖をヤシの実”トン・ターン”から精製するのが主力であったことから、たぶん”ナーム=水”、”トン・ターン=ヤシの実”が語源になり”ナム・ターン=砂糖”になったのではと妄想してみた。 こちらのジュース、ヤシの実、タイ・ウィスキー(少々)、あと砂糖がミックスされたものらしい。さっぱりした甘みの中に多少クセのある味わいが私の好みで、一口でハマってしまった。初めて飲んでから、この素朴な飲物を気に入っているのだが、バンコクでは珍しいようで、というか確かに田舎臭い味わいではあるため、私はこの #タラーット でしか出会えていない。ヤシの実の看板が目印。 #ラチャダー #ナムターン・ソッ #バンコクライフ #タイ最高 #ナイトマーケット

Atsushi Teraoka

Atsushi Teraoka

excellent

    チムチュムの店スティポーンBU店

    店舗情報

    タイの東北部はイサーンと呼ばれ、この地域料理はイサーン料理という。 こちらはイサーン料理の名店、ラマ9通りという大通りはバンコクを代表する大通りでローカルの生活がぎっしり詰まったエリア、すっかり外国人観光客が消えたバンコクであるが、私が住むスクンビットは定住している日本人駐在家族やファラン(西洋人)を必ず見かけるが、このあたりではほぼ見かけない気がする。 この日はチムチュムを食するために、ここまでやってきた。ご覧いただきたいキッチンというか、地べたに調理器具をならべたタイスタイルのワイルドな調理場にむずうに並ぶかわいい土鍋たち。年中暑いタイで汗を垂らしながらこの土鍋で水炊きスタイルが最高なのです。チムチュム専門店ということで具材が豊富、豚肉、牛肉、シーフードと選び放題で、選ぶのも楽しい。 #チムチュム #ナムトックムー #ミールァ #カオニャオ #アヒルのクチバシ揚 #パペットーット #ソムタム #ゴイヌア

Atsushi Teraoka

Atsushi Teraoka

excellent

    #パタヤ から来ました!コロナ禍によりタイでは全く外出できない、外出しても何も店がやっていないという状況がずーっと続いてまして、Retty もしばし触ってませんでしたが、この日、たまたま知人がデリバリーしてくれたのがこちら。 #サーモンヤム #プーヤム #ムートーット #ヤム というタイ料理は日本ではあまり馴染みのない、日本だと新鮮で美味しい刺身がいくらでもあるのでこういう食べ方はしないと思うんですね。秘伝のタレ #ナムチム をドバドバっと入れて漬け込むイメージ。味は酸味ありつつナンプラーベースのタイ好みな味付け。 個人的にはこの #蟹 #プー が絶品でして、身をプリっと出してタレに絡めていただくと蟹の甘みがミックスされるんだけど、辛子がしっかり効くという。なお、タイ全土でNo1のヤムだそうです。 さて、この投稿を書いているのはワクチン1回目を打ちおわったバンコクの病院にて。メイドイン^o^タイのアストラゼネガがどんな影響を体に及ぼすのかわかりませんが、こちらでワクチンパスポートを手に入れるためには選択肢がないので。満足にタイ料理も楽しめない日々の上、未知のワクチンを打って、なんだかなぁ、という感じで、必ずこの店に行ってやる。 #バンコクライフ #ロックダウン #タイ最高 #サーモン #カニ #タイ料理 #ローカル

Atsushi Teraoka

Atsushi Teraoka

excellent

    By chef Aody

    店舗情報

    #リバーサイド で #サンセット を‥こちら #ナコーンパトン 日中の灼熱の太陽に十分に焼かれて、ぶらりサンセットをおがみながら、たぶん #チャオプラヤ川 の支流とおもわれるこちらは #チン川 と言うそうです。このあたリバーサイドにいい感じのレストランやカフェが点在しているようで、バンコクから小1時間足で都会の喧騒から離れたいい感じのローカルレストランに出会えるかも。 私、ここのレストランが気に入ってしまってチャンスあればまた行きたいなぁと切に願っております。食事はもちろんgood、派手さはないが片田舎の実力店という感じで小綺麗な川辺のレストラン、こんなレストランの2階に住んで、川の流れを眺めながら楽しく暮らせたら最高だなぁなんて気にさせてくれます。 #ロックダウン #県越境禁止 #夜間外出禁止 #世界の問題はたくさんある #バンコクライフ

Atsushi Teraoka

Atsushi Teraoka

excellent

    てっぺん

    店舗情報

    巣篭もり #ひとり 飲みのための #海鮮 #居酒屋 セットと名付けたい。この日は昨年まで所属したチームの若手とオンライン飲みが急遽開催されることとなったので、 #てっぺん の海鮮丼セットをオーダーすることにした。金曜夜で混雑が予想されたものの、お店側のオペレーションとバイク配送マンの仕事がよかったのか、 #Grab アプリが提示した時刻通りに届いた。 Omakase Kaisendon set THB780 Salad +THB60 Fried chicken +THB30 メインの海鮮丼はまさに #豪華絢爛 #マグロ #イクラ 等が豪華に盛られ、キレイに別パッキングされる卵とだし醤油をトッピング。実にうまい海鮮丼である、白米もやっぱり美味しいなぁ。そしてタイ人に絶大な人気を誇る #お刺身 といえば #サーモン ということでこちらもたっぷりついてくる。実に豪華な海鮮居酒屋を自宅で気軽に楽しむことができました。 #海鮮丼 #バンコクライフ #ボッチ飯 #オンライン飲み #teppen #Grabのある生活 #ステイホーム