Atsushi Teraoka

Atsushi Teraokaさんの My best 2016

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

奈良県

ラーメン

Atsushi Teraoka

奈良攻めてます。食べログの全国ラーメンアワードで16位のこちら。鶏スープが不思議なお味、じっくりと絞り出された鶏スープが濃厚ですが、すっきり。麺は店内で製麺され、平なストレート麺がスープと相性バッチリ。そしてチャーシューはピンク色、とろける脂身。こんな上品なチャーシューあったかなと言う不思議なお味。ここまで来て80分ほど行列に並びますが立ち寄る価値ありです! #GW2016

2

地酒専門 野崎酒店

店舗情報

東京都

居酒屋

Atsushi Teraoka

念願の野崎酒店。次から次へ地酒を掘り起こす!これが本当にザクザク財宝のようにわき出てくるから嬉しい。そして、店員さんの丁寧な対応&解説が素敵すぎる。料理もハズレなし。刺身も日本酒のためにあるような名脇役に、〆は十割そば、こいつがまたうまし。いやー最高すぎるおみせ見つけました。

3

麺屋 たけ井

店舗情報

京都府

ラーメン

Atsushi Teraoka

京都南部城陽エリア攻めてます。11:00オープン前に伺うと、まだ第2駐車場は空きがありましたが、既に20人ほどが行列。オープン後はどんどんお客さんが来て駐車場は直ぐに満車。3回転目、約60分ほど待って入店です。お初ですからRettyを参考にして、〈つけめん大¥980〉〈全部のせ¥300〉をオーダー。400グラムの麺は感覚的には2玉分って感じですが、これぐらいの方が楽しめていいですね。つけ汁は魚介の出汁がしっかりと効いて濃厚。ユヅのトッピングが口の中で確変を起こしてくれます。本当に美味しいつけ麺で飽きることなく、またトッピング一つ一つも丁寧に作られていて、いやぁ本当に美味しかった! #GW2016

4

麺屋 極鶏

店舗情報

京都府

ラーメン

Atsushi Teraoka

2016ラーメン食べ納め。午後京都着後、はるばる一乗寺まで京都ラーメンを求めてやって来ました。通り沿いに京都随一のラーメン店が凌ぎを削っており、至るところに行列が!? 一番行きたかった極鳥へ、整理券システムで二時間後に来てくださいとのこと。空き時間に一軒ラーメン屋を挟んで二軒目で訪問。基本の鶏だく¥700をオーダー。 もはやスープは液体ではなく、本当に濃厚なポタージュ状で驚き。麺は固め、しっかりと麺とポタージュを混ぜて絡ませる。絡ませれば絡ませるほど一体感があり、未知の体感。チャーシューも鶏で、ウマイ。スープは魚粉も入っていて、いや衝撃だなぁ。2016年の〆はこれで間違いなし。 #年末年始

5

広州市場 西新宿店

店舗情報

東京都

ラーメン

Atsushi Teraoka

ワンタン10個入。恒例の人間ドック、診断で昨年よりも改善されている項目ばかりとのことで、健康体であることを確認。最近、もっぱら生野菜をオリーブオイルで食べる習慣が身についたせいかここ数年で最も良い結果かも!?ということでがっつりこちらへ再訪。定番の塩ワンタン麺にはワンタンが10個入ってます。これにランチセットで焼き海老ワンタン!これはお初ですが大当たり!海老プリプリでタケノコの食感もあり、丁寧なおしごと。もちろんここに来たらワンタンにベチャベチャに食べるラー油につけてからいただきます。シアワセ~。

6

韓国郷土料理チョンソル

店舗情報

東京都

韓国料理

Atsushi Teraoka

風邪なので。急に秋めいてきたせいか風邪をひく人が多いですね、私も誰かのウィルスを頂き物風邪ひきました。これはまずい、一発回復を狙って、朝からこちらでハンゲタンを食べるぞと一人で向かいました。朝鮮にんじんやらたっぷり食べて発汗して気持ちいい。お陰で週末までには直りました。疲れ気味の時にオススメです。

7

The Angus Barn

店舗情報
Atsushi Teraoka

Chateaubrian steak(シャトーブリアンステーキ)。出張最終目的地てあるNorthCarolinaへ、湖畔のまち、森の中にたたずむ一軒家の町並みが素敵すぎます。こちらのAngusbarnというレストランは地元に愛されるステーキ店のようで、行きに乗ったUberの運転手からも『この店ならステーキを食え!』ということで肉の一択である。選んだのは幻の部位と言われているシャトーブリアン。二人前をシェアすることに。まずはスターターとしてオニオンスープ、こいつがウマイのですがチーズがたっぷりでステーキを前にして先制パンチを食らった感じ。お腹が半分埋まってしまった。しばらくするとやって来たのがこの肉の塊!お姉さんが塊を丁寧に切り分けてくれて着丼。さすがのシャトーブリアンで肉は柔らかく、ジューシー。リブのようなワイルドさはないが味わい深く、いくらでも食べられそう。ここは本当に地元の名店のようでお客さんが絶えません。土地柄、日本人はほとんど訪れないような場所なので、味もスタイルもThis is American! である。

8

東京都

ビストロ

Atsushi Teraoka

隠れ家的ないいところ見つけた。たまたま隣のお店で飲んでからの、ずーっといい臭いがしていたこちらのお店に飛び込みイン。これが当たり!美味しいガレットをアテにワイン、最高 でした。 備忘録として今回頂いたガレット。 ▪キャトルフロマージュ ブルーチーズが効いて濃厚。 ▪プロヴァンサル ラタトゥイユ、グリョイエールチーズ、ハチミツを絡めて。 新橋なのにおしゃれでありながらコスパよし。

9

鼎泰豐 Din Tai Fung, 南西店 Nanxi Store

店舗情報

飲茶・点心

Atsushi Teraoka

小籠包の奇跡。台湾ビギナーにとってこちらは絶対に外せない。以前、シンガポールで初めて食べたティンタイフヲンは衝撃だったし、東京を含め世界中で本場の小籠包を食べさせてくれる同店はあまりにも有名。本拠地を攻めないわけにはいかない。 今回は中山地区のホテルに宿泊のためこちらの三越この中にある同店へ。オープンは三越デパートの開店時間11:00である。エアラインはピーチの5:50AM羽田発を使った、自宅を出発して約7時間後の10:00には同店の前に着いていた。 すると、11:00か近づくにつれて続々と同店目当ての多国籍行列ができてしまう。奇しくも自分は先頭集団に入りなんとか第一集団で席につくことができたが、一瞬の判断ミスが命取りになったであろう。 さて、定番の小籠包はもちろん。あえておすすめしたいのが、<ワンタンのチリソース><海老チャーハン>でる。ワンタンは絶妙なピリ辛と肉汁が絡み合って洪水のように旨味が押し寄せ。海老チャーハンは透き通ったレモンイエローでおおわれ本当に美味しい。 あぁ、早くまた食べたい。 ※写真をアップ失敗のため後日再アップ

10

神奈川県

焼肉

Atsushi Teraoka

29。義両親が湘南に来たのでいくつかおすすめ店をご案内。この日は江の島セットをオーダー。キンキンのビールにカルビ、ロースがたまらんです。最後はレバーで〆てからの、石焼きビビンパです。こいつはなかなかおすすめです。