Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

バブル真っ盛りの時代から、コンサルティング企業と金融企業にてIT一筋で仕事をしてきました。外食はそれほど多くないですが、少しずつでも行ったお店の印象を綴ろうと思います。

  • 1135投稿
  • 1471フォロー
  • 2021フォロワー

好きなジャンル

  • 海鮮料理
  • 和食
  • 丼もの
  • 中華
  • ピザ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

good

    個室居酒屋 酒蔵 季

    店舗情報

    錦糸町駅

    居酒屋

    午後から出勤、このパターンは錦糸町でランチだな。 午後から雨が激しくなるというので少し早めに出発、錦糸町には11:00過ぎに到着。 アルカキットでは、『酒造 季』以外の店はオープンしておらず、他に選択肢がなくこのお店に入りました。 先客は2名のみ、まだランチにゃ相当早い時間ですからね。 前回は刺身定食で、あんまり美味しくなかったんだよな…今回はどうしようか。 メニューを開いて、一番安いメニューにしてみるか。 えぇと、野菜炒め定食が700円。 よし、これだな。 5分ほどで運ばれてきた野菜炒め定食、おぉ、ボリュームあるなぁ。 唐揚げ2つにサラダまで、野菜炒めにサラダとは、ダブル野菜、野菜尽くし。 さて、それではそのサラダから頂きましょう。 うん、普通に美味い。 野菜炒めに移行。 うんうん、塩加減が程よく、野菜の種類も多い。 野菜そのものはごく普通、肉もごく普通のものですけど、味付けがちょうどいいので美味いんですよね。 モリモリと食べ進めて、それでもなかなか減らないほどボリュームもしっかりあるぞ。 唐揚げはどうだろう。 みっちりと詰まった鶏肉がしっかりと揚っていて、これも特別感はないながらもいい仕上がり。 皿の左に寄っていた木耳、食感コリコリですね。 木耳の風味は弱いものの、抑えるべき食材が入っているというのが嬉しいもの。 美味しかった、ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

    鶏そば 朱雀

    店舗情報

    下総中山駅

    ラーメン

    過去何回もリピしているお店。 行列ができるのも珍しくないんですけど、この日は少し時間が早めだからなのか、サクッと入れるラッキーな状況。 何を食べても美味しいんですけど、昨年も食べて極めていい味だった「冷やし担々麺」。 たっぷり味わいたいので、今日は大盛りにしておこう。 5分ちょっとで運ばれてきた「冷やし担々麺」大盛り、素晴らしいビジュアルに気分が盛り上がります。 「よく混ぜてお召し上がりください」というのは昨年と一緒、あの時の美味しさが脳に蘇ってくるんですよね。 それでは早速、頂きます。 言われた通りに混ぜ混ぜ、そして麺が重くて上手く混ざらないのも記憶通り。 おそらく去年もそうであっただろう、我慢できないので少し食べちゃえ。 食べれば多少は軽くなるでしょうからね。 端っこの方をズズッと一口、おぉ麺が冷てぇ。 こんなにも冷えっ冷えの麺、他で食べたことあるのは焼肉店の冷麺くらいじゃないだろうか。 あれは氷を浮かべているので冷たいんでしょうけど、これはなぜここまで冷たいんだろう。 調理するのも手が冷たくて大変でしょう、体温が一気に下がる感覚の後、微かな舌先の痺れに気付きます。 あ、この痺れはスープだな。 掬って口に運ぶと、ビリッとした辛さと痺れが心地よい。 券売機を改めて見直すと、花椒に青山椒に自家製ラー油による彩りなのか。 このスープ、しっかり絡めるのが作法だなと再び混ぜ混ぜ。 コシの強い麺を啜った後の辛痺れ、余韻が素晴らしいのは研究心と調理の腕のよさの顕れなんでしょうねぇ。 そうだ、まだ挽肉に巡り会っていなかった。 探して口に運ぶと、強い旨味にナッツ系の軽やかな食感に舌鼓。 この一杯にどれだけの工夫がなされているのか。 麺はもちろん、挽肉までもレンゲで掬って食べ尽くし、あぁなんて美味しいんだろ。 ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

    野州茶屋

    店舗情報

    北浦和駅

    そば(蕎麦)

    失礼ながらも、かなり小ぢんまりした目立たない佇まい。 混んでいないだろと暖簾を潜ると、あれ、ほぼ満席じゃないか。 かろうじて1つだけ空いていた入り口近くの座敷に通されて、今日はこれで運を使い果たしてしまったんだろうか。 メニューを確認、野菜が入っているものというと、あ、特製サラダうどん。 いやいや、よく考えたら、私ゃ蕎麦を食べにきたんだった。 隣にある冷やしけんちん、これの蕎麦で大盛りだな。 入った時にはあれだけ混んでいた店内、嘘のようにスッとお客さんがいなくなります。 やはりお店に入るのは、12:00を挟んだ前後30分は避けた方がよいんだな。 お、そうだ、ビールを飲むか… いやいや、まだこの後も歩くのでやめておこうか。 そんなこんなの思案をしていると、運ばれてきた冷やしけんちん蕎麦大盛り。 きゅうりにトマトに錦糸卵って、パッと見は冷やし中華。 横に飛び出しているのは里芋で、人参や少量の鶏肉も入っているので、明らかにけんちん汁の具材ですね。 よし、それでは早速、頂きます。 まずは里芋、そして人参を一口。 おぉ、程よい柔らかさ、甘辛でいい味付けだな。 寒い季節だったら、このけんちん汁で蕎麦やうどんを食べて体を暖めたら、さぞや幸せな気分になるんでしょう。 噂の太い蕎麦、これをズズッと。 モグモグ… 味がほとんどない。 と思ったのは最初の一口のみ、コシがしっかりとした蕎麦なので、味わい方がわからなかったんです。 噛んでいるうちに、蕎麦の香りが徐々に広がって。 この太さを噛み締めて、口の中でしっかりと噛んで楽しむのがこのお店の流儀なんだなと。 喩えていうなら、武蔵野うどんの食べ方… いや、もっと似た経験があるぞ。 そうだ、一之江の『矢打』だ。 あの時は、蕎麦を1kg食べて本当に苦しかった。 お腹だけでなく、顎が半端なく疲れたんですよね。 今回の蕎麦は、当然ながらそんな無茶はなく美味しく食べ切れる量。 トマトやきゅうりで涼やかに完食、ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

    稲毛海岸駅

    魚介・海鮮料理

    最近のマイブーム、近隣の市場でのランチ。 今回は、千葉市地方卸売市場の『さくら』についてです。 千葉市地方卸売市場に行ったのは3ヶ月ちょっと前、もっと昔のことかと思っていたのは、その後あちこちの市場に行くようになったから。 思い返せば、『長谷川食堂』に行ったのが市場飯巡りのきっかけだったんだよなぁ。 今回行ったのは、『長谷川食堂』のお隣の『和食処 さくら』。 『長谷川食堂』よりも行列が短かったから、というのがメインの理由ですけど、海鮮丼だけでなく、定食も美味そうだなと。 並びながらメニューを見て、さてどうしようか。 目鯛の塩焼き定食、カジキマグロの煮込定食も美味しそうだよな。 暫し悩みましたけど、ここはやはり海鮮丼。 いろいろなお店でまずは食べ比べてみたいですからね。 20分ほど待って店内へ、海鮮丼1,650円を注文してと。 店内を見渡すと、おぉ、マグロの断面か。 そういえばこのお店、マグロの丼がメニューにずらっと並んでいたよな。 マグロに強いお店、というのが特徴のようです。 おぉ、きたきた海鮮丼。 醤油皿が2つついているのは… あ、なるほど、カツオが生姜だから。 こういうところの細かい気配り、嬉しいですね。 それでは早速、頂きます。 まずは味噌汁、わかめだけど、具がちょっと少ないな。 ひじきは甘めでいい味、さてさて、海鮮丼に行きますか。 まずはぐるっと、周囲を確認してみましょう。 この面は、なんと言ってもウニが目立ちますね。 マグロもいい色、これは生本鮪の中トロ、一番美味いところだな。 その左にあるのが冷凍マグロ、色艶が全然違うのがお分かりいただけると思います。 裏に回ると、あれ、蟹じゃなくカニカマだ。 ここに隙間があって、ご飯を攻めるのはここからだな。 アオヤギにホタテに…お、珍しい。 隙間に挟まっているのは、シャコじゃないですか。 よし、まずはアオヤギを食べてと、うん、美味い。 タコを攻略後にシャコ、うんうん、久々に食べたけど旨味が強いぞ。 そして本鮪は… なんとも言えないネットリトした食感、そしてほのかな酸味と強い甘味が素晴らしいぞ。 ウニも新鮮だったし、エビもデカくてトロッと美味でしたけど、なんと言ってもこの丼の目玉は本鮪ですね。 様々なデカネタが乗っていて、贅沢な丼であるのは間違いなし。 それでも少々物足りない気がしてしまうのは、あちこちで市場の海鮮丼を食べ慣れてきているからでしょう。 でも、その物足りなさを払拭してくれる本鮪の素晴らしさ。 美味しかった、ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

good

    かき小屋 飛梅 神田西口店

    店舗情報

    神田(東京)駅

    炉端焼き

    このお店は牡蠣たっぷりの定食があるので、時々食べたくなるんですよね。 まさか潰れていないよな… あ、暖簾も下がっているし大丈夫だ。 「メニューは大幅変更で、海鮮丼系を充実させたんです。」 だったら海鮮丼食べてみるかな… 種類が多くて迷うなぁ。 よし、ウニとアワビ入りで880円とお得な「南三陸丼」にしてみるかな。 5分ほどで運ばれてきた南三陸丼、ウニ・アワビ以外は、タコに鯵にイワシ、どれも好物なんですよね。 それでは頂きます。 まずはイワシ、うん、脂がのっていて美味いな。 鯵も定番の美味しさ、青魚はなかなかのものです。 ご飯を食べると… あれれ、かなり固いぞ。 たまたまなのか、ここの海鮮丼はそうなのか、今回だけではわからずでしたけど、ちょっとこれはイケてない。 タコは柔らかくて新鮮、よし、ウニはどうだろう。 … 独特の臭みがあるけど、決して不味い訳ではないんですよね。 でも美味しいと感じないのはなぜか。 そうか! 最近は地元の市場飯でウニを食べる機会が増えたので、味にうるさくなってしまったんでしょう。 美味しいものを食べ慣れてしまう贅沢、いかんなぁ。 アワビはというと、味は極めていいんですけど、ご覧の通りペラペラ。 880円のランチで豪快に盛られる訳ではないとわかっていても、これも市場飯のせいかちょっと物足りないなと。 イワシや鯵のレベルは高いので、次はもっと安い海鮮丼にしてみようと思いつつ完食。 ご馳走さまでした。