Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

バブル真っ盛りの時代から、ITコンサルティング会社、とある金融会社にてITと人事の仕事をしてきました。外食の機会はそれほど多くはないですが、行ったお店の印象を綴っています。

  • 1250投稿
  • 1471フォロー
  • 2024フォロワー

好きなジャンル

  • 海鮮料理
  • 中華
  • 和食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

亀有そば

店舗情報

亀有駅

そば(蕎麦)

この日のランチは京成高砂の『立喰そば 新角』でと思っていたんですけど、亀有香取神社に行くのに手間取ってしまったので亀有でランチ時間帯に。 『立喰そば 新角』は立ち席6席のみ、こりゃ今日は諦めて別のお店にしたほうがいいよな。 そうだ、亀有にも立ち食い蕎麦のお店があるんじゃないだろうか。 ネットで調べてみると、おぉ、あるある。 『亀有そば』と『越後そば』の2店舗、いずれも駅の北側で。この通路を抜けて左手が『越後そば』、右手には『亀有そば』。 今日は初訪問だから、地名がついてる『亀有そば』にしておこうかな。 手前に鯛焼き屋さん、奥が『亀有そば』... かと思いきや、実は店内で繋がっていていずれの扉からも『亀有そば』に入れるんです。 立食い蕎麦店で鯛焼きも売っているって、これは初のパターンだ。 券売機で選んだのはカレーそば大盛り、420円+100円で520円です。 完成までは2分弱、この速さ、チャリを漕いで腹ペコの自分には有り難い。 よし、それでは頂きます。 まずは汁を一口...むむ。 そば汁の上にカレーを乗せているというイメージで啜ろうとしたですけど、ドロっとしていて飲みにくい。 そうか、このお店はカレーライスも売りにしていたよな。 そのカレーをそのまま蕎麦に乗せたんじゃないかという様子、これは先ず蕎麦を食べるとういのが正しい進め方。 蕎麦を一摘み、これをズズッと啜る。 お、太めでフニャッとした昔ながらの蕎麦のようですけど、カレーが味を引き立ててくれる。 出汁が効いている懐かしい味、そこそこのピリ辛加減がいい感じじゃないですか。 太めの蕎麦にはカレーはよく絡まり、「これぞカレー蕎麦」というお店の主張が伝わってくるんですよね。 ボリュームも期待以上、豚肉の脂もよく合います。 このお店のカレー蕎麦、高い蕎麦屋さんの蕎麦をカレー汁にするよりもバランス良く旨いんじゃないだろうか。 美味しいので不要だよなと思いつつ、実験的に七味をアドオン、混ぜ込んでズズッと。 なるほど、元々そば汁で味付けしてあるので七味も合う。 このカレー、インド料理のカレーとは全くの別物で、和の美味しさ。 庶民的な味ながら、これは美味いなと感心しながらの完食でした。 値段の高い食材を使わない、でも美味しさをしっかりと出すことができるという熟練の技ですね。 美味かった、ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

鶏そば 朱雀

店舗情報

下総中山駅

ラーメン

午後から出勤という日。 少し早めに出て神田でランチを、そう思っていたのがすっかり遅くなってしまい、地元駅で食べて行くことに。 今日はカレーっていう気分だ、そう思いながら歩いていたところ、お店に着く直前に… そうだ、『鶏そば朱雀』をまずは覗いてみよう。 『鶏そば朱雀』が満席だったらカレー、そう決めてお店に着いたところ、おぉラッキー、空いているじゃないか。 珍しく先客は1組のみ。 後から何人も入ってきて店を出る頃には満席に、やはり11:30前に行くのは正解らしい。 オーダーは「あさり×鶏ポタつけそば大盛り」。 ポタ? あぁ、ポタージュね… え? つけ麺にポタージュ? 1,050円+130円、ランチにしては少々贅沢だけど、期間限定なので今食べておかないと。 この記事をアップする頃には終わっているんでしょうけど、評判よければ再登場するでしょうからその日のために。 おぉ、これがあさり×鶏ポタつけそばか。 「湯で時間、少々かかります。」と言われたのは、太麺だからだったんだなと。 朱雀の料理は見た目も綺麗で、食べる前から食欲そそられるんですよね。 よし、それでは頂きます。 まずはつけ汁を一口… ポタージュスープだ。 あさりの風味と鶏のとろみが絶妙で美味しいんだけど、果たしてこれがつけ麺に合うんだろうか。 底を掬って一口、お、なるほどね。 味が濃くて旨味も強く、これが麺に程よい風味を加えてくれるんだな。 太麺は食べ応えありそうだ。 つけ麺をくぐらせてズズッと、うんうん。 濃厚クリーミー、そして程よい麺の固さ。 つけ麺らしい味わいがありながら、洋風の仕上がりというのは初体験。 底に沈むコーンもポタージュらしさを演出していて、なるほど、ポタージュってこういう美味しさになるのか。 鶏チャーシューは胡椒をまぶした刺激、豚は表面を炙った香ばしさとそれぞれに特徴あっていい味。 麺を食べ進めるにつれてつけ汁が減り、味が濃くなっていくから飽きることはなし。 一啜り毎に美味しさの真髄に辿り着く、そんな冒険ここにあり。 大盛りの麺もスルスルと食べ進め、あっという間の完食でした。 いやぁ、これは私にとっては新しい味。 年に数回お邪魔するお店ですけど、違うものを食べる都度、こういう味もあるのかと発見が多くて飽きることはない。 今日も非常に美味しかったです。 ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

下総中山駅

ラーメン

在宅勤務でのランチ、この日は同じく在宅勤務の息子とともに。 そういえば、『味達』には半年ほど行っておらず。 まん延防止等重点措置中、休業していたりということもありましたからね。 お店に到着、今日はやっている。 ん? このテント看板は新しくなっているような。 とはいえこの扉を開けるのには若干勇気がいる、相変わらずそんな歴史の重さ(?)と風格(?)がある店構え。 ここに来たら食べようと思ったもの、何だっけかな。 大量のメニューを前にしてすっかり忘れてしまったんだけど…辛子何とかだったよな。 あ、とりからし炒め… いや、違うんだけどなぁ。 まぁいいや、発見できないから今日はこれにしておこう。 オーダーした後に気付きましたけど、食べたかったのは豆腐の辛子焼き。 辛子豆腐は、「古くは東京オリンピックの年にあたる1964年発祥の料理。王子製紙(現:日本製紙)を始めとする製紙工場で働く人々の胃袋を支えてきたローカルフードです。」(https://rikuzi-chousadan.com/sdffoods/camprecipe/002jujokarashiyaki.html)とのこと。 歴史のあるお店だからこそ、こんな昔からの料理も食べられるんだなと思っていたんですけど、すっかり頭から抜け落ちてました。 このお店はワンオペ、先に息子の中華丼を作った後に私のとりからし炒め、変更もありだったんですけどね。 一度オーダーしてしまうと、なんだか妙にとりからし炒めを食べてみたくなってそのままに。 運ばれてきたとりからし炒め、熱々で湯気が立っていて美味そう。 よし、それでは頂きます。 まずは鶏を一つ、お、プリッとした食感に…このタレは何だろう。 見た目から醤油を想像しながら噛みますけど、微妙に味が深いのは辛子が入っているからだろうか。 野菜はピーマンとネギ、それにもう一品の緑は… キュウリか。 炒め物にキュウリ、珍しいですね。 これがさっぱりとした水分になって、ピーマンの苦味とともに味のエッセンスに。 全体的に味が濃いめなので、野菜が入っているのは嬉しい。 てんこ盛りのご飯、これ、絶対にご飯に合うオカズ。 乗せて食べてみると… おぉやっぱり、こりゃ美味ぇ。 ふっくらご飯にプリプリ鶏肉がいい食感。 こりゃ食べる手が止まらなくなりますね。 高級な料理も美味いけど、町中華で食べるこういったガッツリ飯はまた別の美味しさ。 デスクワークじゃなく身体を使う仕事であれば、更に美味しさを実感できるんでしょう。 初めて食べた味でしたけど、『味達』だからなのか、とりからし炒め全般が美味いのか。 他所でも試してみたくなる一品、ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

焼とりの八兵衛 六本木店

店舗情報

乃木坂駅

焼き鳥

とある休日、この日は前職の同僚2名との呑み会。 以前から年1回以上は呑んでいたんですけど、こんなご時世になってからは初めて。 家族以外と呑むのも数ヶ月ぶりなんですよね。 お店は六本木の『八兵衛』という焼き鳥屋さん。 六本木に行くのは超久々なので、前々から楽しみにしてたんです。 定刻通り18:00からスタート。 いやぁ、久しぶりだね、とりあえず乾杯! 期待の焼き鳥のトップバッターは梅しそささみ。 ふっくらと柔らかい仕上がりは、さすが専門店の仕上がりです。 後ろにあるのはゴマカンパチ、角がある新鮮さ、甘くて濃い目の味付け。 魚は寝かせたほうが旨いけど、この味付けならフレッシュなのもいいもんです。 そうだ、写真を取り忘れたお通しの煮物は薄味、出汁がきいていて美味。 裏にはうずらの卵も隠れていて、素材の味を引き立てる出汁が素晴らしかった。 珍しい一品、えんどう豆の串揚げ。 大阪の串揚げ名店の味を再現したものだそうで、フワッと香る豆がいい風味。 ボンジリは定番の味、コリッと固めの食感が心地よい。 ビールの次、酒はぬる燗から。 酸味が少しある「庭のうぐいす」、焼き鳥にぴったりで旨いな。 豚バラはオーソドックスなだけに焼き方勝負、これも文句のない仕上がり。 ん? 黒い肉と卵黄? 肉は牛、巻かれているのはエノキと春菊、おぉ、すき焼きね。 味付けも正にすき焼きを再現していて、これは他では食べたことがないユニークな串です。 炙り明太子、このお店は福岡に本店があるのでお得意の品。 ちょびちょびとツマミながら、2本目の「万齢」という旨味のある酒によく合うなと。 すき焼き串の卵が残っていたので、つくねはこの中を泳がせてから。 濃厚なコクが加わり、つくねの旨さが引き立ちます。 このあたりまでくると食べるペースに衰えがみえ、酒もう1本行く? どうする? 悩んだ時は呑む、これが正解ですね。 「鍋島」は名前の通り佐賀の酒、華やかな吟醸の風味は冷がベストです。 骨なし手羽塩、これも表面はパリッ、中はジューシーでふっくらとした仕上がり。 素材に合わせた絶妙な焼き具合。 この茶色い物体は何だ、えっ焼きおにぎり? さすがにこれは焼きすぎでしょ、そう思いつつ一口… うん、美味い。 どう焼けばこんなに茶色くなるのか、そして香ばしい衣の層をこれほどしっかりとつけられるのか...不思議だ。 鶏のスープもとろみがあって風味が濃厚、焼きおにぎりとの相性が素晴らしい。 デザートはプリンか。 一口食べて驚くのは、味は明らかにプリンではないこと。 知っているこの味は… そうだ、ごま豆腐だ。 カラメルがあるのですぐには気付かずでしたけど、上品にほんのり甘いごま豆腐とは面白い。 いやぁ、全てが美味しかった。 ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

日本橋天丼 金子半之助 三井OUTLET PARK木更津店

店舗情報

巌根駅

天丼

木更津アウトレットでのランチ、今日は時間が早いのでフードコートでも大丈夫そう。 ここには何回か来たことがありますけど、時間帯が悪くてフードコートはいつも大混雑。 どんなものがあるのかもチェックしたことがなく、さて今日はどうしよう... あ、天丼の『金子半之助』、これだな。 かつて「ららぽーとTOKYO-BAY」で系列店の天丼を食べて、これがまた美味しかったのを思い出しました。 妻にオーダーをしに行ってもらい、行列で待つこと10分以上。 そこから完成までも更に15分以上と、かなり待たされるのは人気店だから仕方ないかな。 ようやく届いた海鮮上天丼1,180円。 海老が2本という贅沢さ、値段が高いのもやむ無しですね。 よしよし、それでは頂きます。 ご飯が見えないほど、と天ぷらの防護は鉄壁。 これを崩すにはまずはお手頃なナス天からかな。 おぉ、サクッとした衣の中からはジューシーなナスの水分。 揚げ具合がちょうど良く、野菜の旨味を十二分に引き出しています。 シシトウを避けておいて、ようやく見えたご飯を一口。 うんうん、天ぷらの汁が染み込んだご飯の美味しさに思わず頬が緩む。 そして海老をガブッと、これは文句のない旨味。 噛んだ切り口からホワッと立ち上がる蒸気、これも味の良さを示すビジュアル効果です。 ん、この白い物体は何だ? ... 卵だな。 卵の天ぷら、最近食べるようになりましたけどこれって旨いですよね。 これは最後に取っておくとしよう。 そういえばと、妻がカウンターから取ってきた「醍醐味」という小袋は七味かな。 一口食べてみると、山椒も入っているんだ。 勝手がわからずご飯にかけてみましたけど、香り豊かで汁のしみたご飯の旨さが引き立つんです。 白身の魚はデカくて、開いていないのでシロギスじゃなさそう。 端から食べてみると、フワッと柔らかではありながらもキスの繊細な香りはせず。 結局何だかわからずでしたけど、味がいいことは間違いないです。 最後に残った卵を箸で真っ二つに割ると、トロンと半熟の黄身がご飯に流れ出て。 汁の染みたご飯にはこのコクは極上のエッセンス、最後の一粒まで美味しく頂きました。 いやぁ、美味しかった。 ご馳走さまでした。