Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

バブル真っ盛りの時代から、ITコンサルティング会社、とある金融会社にてITと人事の仕事をしてきました。外食の機会はそれほど多くはないですが、行ったお店の印象を綴っています。

  • 1289投稿
  • 1469フォロー
  • 2025フォロワー

好きなジャンル

  • 海鮮料理
  • 中華
  • 和食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

名古屋の東山線車内広告で見た『麺屋はなび』、チェーンで南行徳店があるというのに気付いたんです。 『麺屋はなび』は台湾まぜそば発祥の店だとのこと、これを地元近くでも食べられるなんて幸せなんだろう。 お店は東西線南行徳駅のガード下、浦安駅寄り奥の方にあります。 まだ12:00前なので空いているだろうかと思いきや、カウンター席は全て埋まっており、2つのテーブル席も使われているのか。 お一人様で20~30歳台の男性がずらり、という感じはさすが。 今日はお初なので、ノーマルな「台湾まぜそば」970円を券売機で購入。 同じ台湾まぜそばでも辛くないものもあり、店員さんに券を渡す際に「ニンニクどうしますか?」と聞かれるので、入れないという選択もありという懐の深さを感じます。 奥の座敷席は空いており、更に奥にもテーブル席がある様子。 これだけ広ければ、満席で待つということも無さそうですね。 テーブルに置いてあった「台湾まぜそばの美味しい食べ方!」。 えっと、①具材がよく絡むまで混ぜる!、②夢中で食べる!、③昆布酢で味の変化を楽しむ!、④追い飯をして完食!か。 夢中で食べる!って、言われなくても食べるけど... あ、ニンニクを入れたほうがいいよってことらしく、入れておいて良かったと一安心です。 待つこと10分ちょっと、運ばれてきた台湾まぜそば。 右にある白いのがニンニク、たしかにガッツリ入っています。 まずは①具材がよく絡むまで混ぜる!から、よし、混ぜ混ぜ、混ぜ混ぜ。 こんな感じでいいですかね。 ではでは、頂きます。 まずは麺を一口... うん、いろいろな味がするなぁ。 ニンニクの助けもあってなのか、ノーマルでも結構辛めです。 更に一口、今度はニラとねぎの風味。 風味に特徴があるものの組み合わせながらも、お互いの個性がバランス良く残っていい味に仕上がっています。 麺のコシもしっかりとしており、味が濃そうな外見ながらも決してそんなことはなく。 今まで食べた台湾まぜそばのなかでは、最も美味しい一品ですね。 そうだ、③を忘れないように昆布酢で味の変化を楽しまないと。 まずはほんの少しかけて一口、ほぉなるほど、これはさっぱりする。 酢の酸味が具材の味を緩和、昆布の旨味を甘く感じます。 最初からこれだと大人し過ぎるんでしょうけど、途中で加えてあげると食欲が戻る感じ。 この味変、なかなか高度な技です。 更に昆布酢を投入して、最後まで美味しく完食。 よし、次は④だな。 店員さんに声をかけると、丼にレンゲ1杯分のご飯を入れて持ってきてくれます。(見た目があんまり綺麗じゃないのはご容赦) このご飯を残った具材に混ぜ合わせると、これがまた美味。 先程の昆布酢も美味しさに貢献、さっぱりと締めることができるんですよね。 台湾まぜそばは味が濃いものという印象でしたけど、この一食でちょっとイメージが変わったなと。 新たな経験をさせて頂き、ありがとうございました。 ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

西船橋駅

寿司

とある日曜日、この日はリフォームマンションの見学会に。 会場近くでランチをと探したら、お、寿司屋があるのか、よし、今日はこれだな。 お店の名前は『ほかけ寿司』、西船橋駅から徒歩5分ほど離れています。 なので通りがかって入るということはまずないお店ですけど、入店した12:00ちょい前でお客さんの入りは7割ほど、座敷席が2つ空いているのみでした。 これだけ混んでいるのは、ノーマルの握り(6貫)が760円、1.5人前(9貫)でも1,020円とお得だから。 しかもこの値段で茶碗蒸し、小鉢にバニラアイスがついているというんだから驚きですよね。 私と息子は1.5人前を注文、妻はノーマルをチョイスです。 オーダーして5分弱、まずは小鉢... いや、こんなにいろいろ盛られているのは小鉢とは言わないよな。 ジャガイモひき肉餡掛け、切り干し大根の煮物、甘酢大根に加え、天ぷらは豆腐とナスと白身魚、千切りキャベツまでついています。 よし、それでは頂きます。 天ぷらは揚げたてでサクサク、その他のものもしっかりといい味つけ。 さながらイタリアンのアンティパストのようで、この一皿もお店の人気につながっているんでしょう。 茶碗蒸し、量は若干少なめながら、シメジと銀杏のシンプルな具で美味い。 出来たてほやほや、器が熱いのには要注意。 味噌汁にはエビの頭、この出汁がきいていて奥深い味わい。 妻がお腹いっぱいで飲めないとのことで2つ頂きましたけど、これを飲まずというのは勿体ない。 握り寿司、下駄いっぱいに盛られていてびっくり。 そうか、握り寿司だけじゃなくかっぱ巻きと梅しそ巻きも3つずつ付いてくるのか。 海老、赤貝ヒモ、カツオ、サーモン、赤身、いなり寿司、とびっ子、ホッキ貝サラダに玉という構成ですね。 どれも普通に美味しくて、ネタもシャリも大きめ。 シャリは少々水分多めで、子供の頃に食べた握り寿司のような食感です。 寿司なんて滅多に食べられなかった時代のあの味、少し懐かしく感じながら次々と食べす進めます。 最も美味しかったのは、やはりマグロかな。 ネタの大きさも一際で、マグロらしい旨味がしっかりとありました。 ふぅ、美味しかった。 お腹いっぱいだ。 というところにアイス、そうだ、これも付いていたんだった。 小さめなので食べきれずということもなく、ボリュームに満足なランチの仕上げにはぴったりでした。 いやぁ、これで1,000円ちょっとというのは無茶苦茶安い。 お得な握りセット、ありがとうございました。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

原木中山駅

定食

午後出社というとある日。 今日も原木中山でのランチにしようか、そうだ。 先月も行った駅アーケードの『福徳食堂』、市場飯っぽい雰囲気が気に入っているのであそこにしよう。 券売機での購入時、一瞬迷って選んだのがおすすめ定食セット830円。 この値段で、生卵か納豆のいずれかが付いてくるんですよね。 メインは何品かから選べるようになっていて、今日はそうだな… マグロメンチにしておこう。 このお店、カウンター席が広くて一人でも入り易いんです。 私のすぐ後にもお一人のお客さん、券売機からお釣りのお札を取り忘れた私に丁寧に声がけ頂きました。 いやぁ、お声がけ頂き、ありがとうございました。 先週末にセブンイレブンで千円札のおつりを取り忘れた若者と同じく、疲れているのかな。 10分程で運ばれてきたお盆を見て、うぉっ、何じゃこのマグロメンチは! 半端なくデカく、しかも2枚もあるじゃないですか。 長径15cm・短径8cm、子供の草鞋サイズといったところか。 こんなに食べられるかと不安を感じながらも、さぁて、頂きます。 まずは余計なことを考えずにメンチを1枚片付けて、それから諸々考えるかと箸で切ってガブリ。 うん、美味い。 中にはマグロのすり身が詰まっており、砂町銀座商店街で食べたのと似た造り。 中身に旨味がしっかりあり、ソースの甘酸ぱさと衣の油がよく合っています。 味は間違い無いんだけど、これが2枚か。 よし、気合い入れていくぞ! 納豆と漬物はご飯に乗せてと、豆腐は一口でペロリ。 大物を目の前にすると、こういったオカズは存在を軽くしておくのがいいでしょう。 2枚目は刻みキャベツとともに。 これで少しでもさっぱりさせようという意図でしたけど、マグロメンチのパワーは半端ではなく、一口ごとに満腹感が増していくのがわかります。 持ち帰りもできるようだけど、これから会社だしなぁ。 残すなんて失礼のないよう、再度気合いの入れ直し。 ソースを追いがけし、辛子も塗りながら頑張ろう。 半ば意地になりながらも、美味さもあって何とか完食できました。 いやぁ凄まじいボリューム、ちょいオーバー気味の満腹に、会社で眠くならないよう気を付けなければ。 こんなにボリューミーな定食を安価で提供してくれる『福徳食堂』さんに感謝。 ご馳走さまでした、ありがとうございました。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

下総中山駅

ラーメン

在宅勤務のとある日、この日は妻と娘がお出掛け。 息子と二人、今日は外食にするかということで、向かった先は最近のお気に入り『味達』です。 いわゆる町中華で、お洒落とは程遠いお店。 男二人なら全く気にせず、むしろこのお店の美味しさはお気に入り、嬉々として店内に入っていきます。 「こんにちは。」... お、我々が一番乗りか。 大将がにこやかに出迎えてくれ、カウンターに陣取ってメニュー選びです。 今回はターゲットが明確、前回食べそびれた豆腐の辛子焼700円。 前回はこの名前が思い出せず、とりからし炒めを食べたんでした。 とりからし炒めも美味しかったんですけど、1964年の東京オリンピックの頃に発祥した料理、製糸工場で働く人々の胃袋を支えてきたローカルフード、というものも食べてみたいなと。 今回は間違えずにオーダーできました。 待つこと10分弱、これが豆腐の辛子焼か。 麻婆豆腐のようでありながら、粘り気のないスープ。 てんこ盛りのライスもいつも通り、よしそれでは頂きます。 まずはスープを一口、うん、ピリ辛。 この辛さは唐辛子、奥深い香りはニンニクも入っているからでしょうね。 キュウリが乗っているというのもユニーク、スープと一緒に食べてみると... あれ。 これが不思議といい味なんです。 熱々のスープと冷たいキュウリ、コクのある辛味とさっぱりとシャキシャキしたみずみずしさ。 これらのコントラストが新鮮。 豆腐はぶつ切りでデッカくて、これをシュロリと一口で。 うんうん、辛いスープが絡まって美味いなぁ、これ。 ご飯にのせても当然にいい味、そしてキュウリを混ぜるとさっぱり食感。 シンプルな料理ながらも、味わいが多彩なんです。 この構成、どっかで食べたことあるよな... そうだ、冷麺だ。 冷麺ほどに酸味はないものの、辛さとキュウリの組み合わせはあの雰囲気かなと。 ネギと豚小間もスープによく合っていたし、てんこ盛りご飯でも足りないほど相性のよさでした。 新しい味に巡り会えたなと、『味達』の大将に感謝。 美味しかった、ご馳走さまでした、ありがとうございました。

Yoshiki Kawamura

Yoshiki Kawamura

excellent

原木中山駅

中華料理

午前出社、午後在宅という日のランチ。 久々に原木中山で食べることにしようと思い、ふと頭に浮かんだのが『中華ダイニング 昇華』でした。 このお店に前回行ったのは昨年の11月末、その時は酢豚を食べたんですけど、気になっていたメニューが台湾麺。 ミニ麻婆丼がついているということで、刺激たっぷりの二品を味わってみたいと思っていたんですよね。 お店に到着したのは12:30前、ランチのピーク時間。 先客は3組5名いましたけど、まだ4テーブル空いていたので余裕で着席。 こういう入りやすさも、都内人気店とは異なる嬉しさですね。 今回予定通り、台湾麺とミニ麻婆丼のセットを注文。 値段も760円とかなりのオトク価格です。 待つこと5分強、おぉ、湯気モヤモヤのトレーが運ばれてきましたよ。 よし、それでは頂きます。 どちらが先か、サラダを食べながら考えて、やはり麺がのびないうちに台湾麺からですね。 まずはスープを一口、ん、辛くはなくて優しい味。 ひき肉に辛さがあるのかな、いやそうでもない。 パンチがないともいえるけど、麻婆豆腐が辛けりゃこれもまたありかな。 その麻婆豆腐、しっかりと味がついています。 辛くはないものの、スパイスが効いて奥深い味、これは何だ... ん?ニンニクかな。 ご飯との相性はよく、台湾麺との相性もバッチリ。 総合的にバランスがいい仕上がりにしているんだな。 台湾麺の麺はと。 ツルンと喉越しがよく、味わいよりも食感重視。 もやしと共に麺、ネギとひき肉をレンゲで掬って補うという食べ方で美味しく食べ進めることができるんです。 麻婆豆腐がもう少し味が濃いとベストなんだけど... そうだ。 付け合せの高菜、これを麻婆豆腐に混ぜ込むとちょうどいいんじゃないか。 試してみると予想通り、高菜の辛味と酸味が麻婆豆腐に刺激を加えてくれてこれが非常に美味。 今まで試したことがない組み合わせですけど、これは今後も活用できるなと自画自賛です。 優しい台湾麺をスルスル、高菜麻婆丼をモグモグ。 このループは素晴らしい一方、ボリュームはかなりのもの。 お腹いっぱい、大満足の味わい。 美味しかった、ご馳走さまでした。