プロフィール カバー写真
Koichi  Nomura

TOP USER

蕎麦

Koichi Nomura

500軒の蕎麦屋を食べ歩いた蕎麦と日本酒の伝道師

蕎麦と酒を愛する江戸ソバリエ。 蕎麦前に日本酒をすすり、〆に蕎麦をすする そんな蕎麦時間が至極のとき。 蕎麦屋酒を離れても“堅苦しくなく、おいしく、 楽しいお酒”を基本に“酒と食”を楽しんでる。

  • 4503投稿
  • 563フォロー
  • 17513フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • 蕎麦
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

西船橋駅

そば(蕎麦)

紅生姜に旬があるのかは知らないが、 季節限定の“紅生姜天そば”をチョイス 期待を超えるものは、特にはないのだが、 紅生姜の酸味が汁に溶けて結構、好き JR改札内で乗換中に立ち寄る立食いそば 西船橋ランチ 乗換タイミングでサクッとそばを食す 西船橋駅には、3つの鉄道系そばがあり、 正直なところ“菜の花そば”は好みでないが、 あるメニューが目に入って立ち寄ってみた それが、<紅生姜天そば・490円> このメニュー、結構好きで惹かれてしまう 券売機で目的の品の食券を購入して店内へ 密対策でカウンターのイスは、一つ置きに 使えるオペレーションになっている かけそばに紅生姜のかき揚げが置かれて 注文品がカウンター向こうから差し出された 汁を啜ると既に紅生姜の風味が溶け出してる こちらの麺は、やわらかめなタイプ その麺に紅生姜の風味が溶け出した汁が絡む 紅生姜天もさらに汁に崩したら 麺と一緒に箸でつまみながら一気に完食 紅生姜の旬の季節気になるから調べてみよう #蕎麦 #sova_sova #リーマンランチ #西船橋 #菜の花そば #立食いそば #季節限定の紅生姜天そぼを食す

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

excellent

プリップリのもつを白味噌ベースの鍋で堪能 旨みたっぷり、コクのあるスープで煮込んだ キャベツ、ゴボウ、ニラ、豆腐も良いお味 カレー風味の“ポテたく”もいい酒のアテだ 数あるもつ鍋の名店から選んだ佳店 天神ディナー 福岡観光の1日目は、やっぱりもつ鍋 事前に予約しておこうと評判店の数々から 選んだのが、こちらの味噌ベースのもつ鍋 女房とふたり、予約時間にきっちり訪問し、 <生ビール(中)・638円>で乾杯 もつ鍋以外にもおいしそうなメニューがあり <温玉シーザーサラダ・748円> <ポテたく・583円>をもらう カレー風味のポテサラとたくあんの 食味、食感のマッチングが絶妙だ 生ビールの後にもらった <極上レモンサワー・715円>も◎ 爽やかに甘いが、甘すぎず、口あたり良い そして<もつ鍋・1,518円/1人前>は、 もちろん“味噌”味を2人前注文 既に煮込まれた状態に青々としたニラが キレイにのせられて運ばれてきた ニラを汁に浸し、しんなりしたところで実食 まず、コクと旨み豊かな味噌スープが絶品 なめらかな舌あたりの豆腐の風味も良く、 モヤシかと一瞬勘違いした新ゴボウの やわらかさも印象的だ そして、なんといってもプリップリの牛もつ 黒毛和牛のもつとのことでサッパリとした 甘みがあり、いくらでも入っていきそう 実際<1人前セット>を追加した 〆には<ちゃんぽん麺>も投入して 満腹に至ってごちそうさま こちらは、全国旅行支援クーポンも使えて お得感もたっぷりに大満足の博多もつ鍋体験 もっと長くいられたらいろんなお店の もつ鍋や水炊きを食べ歩きたいのにな #博多もつ鍋 #もつ鍋一藤天神西通り店 #博多もつ鍋 #リーマンランチ #sova_sova #全国旅行支援クーポン #プリップリのもつを白味噌ベースの鍋で堪能

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

excellent

唐人町駅

寿司

生牡蠣、雲丹、鯛、穴子、漬けまぐろ… 福岡の海鮮の良さを鮨で満喫 どのネタもおいしかったが、中でも 固有の風味が愉しめる“生牡蠣”に魅了された 唐人町商店街にあるこじんまりとしたすし処 唐人町(福岡)ランチ 単身赴任中の義兄に案内されて街中観光 午前中は、舞鶴公園や大濠公園を散策して ランチにすしでもつまもうとこちらを訪問 義兄、女房と3人連れで奥の座敷へ通された 午前中からよく歩いたのでまずは、 <生ビール(中)>でプハーッと喉を潤す <上にぎり>をお願いすると 生牡蠣、雲丹、鯛、穴子、漬けまぐろ、等、 8貫が角皿に並べられて供された 女房が生牡蠣が食べられないというので 鯛と生牡蠣をトレードして実食 さすが福岡のすし屋は、どのネタもうまいが にぎり具合も絶妙でシャリのパラっとした 食感がとっても良い 女房とトレードして2個になった生牡蠣の 軍艦を口に運べば、なめらかな口あたり 生牡蠣固有の海な風味がかなり良い 8貫を軽快に食べ切ってごちそうさま すしで程よく腹ごしらえしたところで 午後は、Pay Payドームや福岡タワーへ #すし #上にぎり #リーマンランチ #髙寅 #唐人町 #福岡の絶品海鮮を鮨ランチで堪能

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

福岡空港駅

うどん

昆布やいりこの出汁が効いた汁を もっちりとした弾力のあるやわらか麺に絡め すするとなんともカラダにやさしいお味 とろろ昆布の酸味も絡めながら朝の腹ごしらえ 出発ロビーのフードコートにある博多うどん店 福岡空港で朝ごはん 朝イチの便で福岡空港に降り立ち腹ごしらえ 2階の出発ロビーのフードコートにある こちらのお店で朝うどんすることにした 丸天も気になったのだが、朝なので自分は、 <昆布うどん・600円> 一方、同行の女房は、一番人気っぽい <ごぼう天うどん・600円>をチョイス 因みに空港店は、他店より少しお値段高め 一口汁を啜ると西日本らしく、 昆布やいりこの出汁が効いたやさしい汁 初めて食べる博多うどんだが、前情報通り 麺はやわらかく、もっちりとした弾力がある 出汁の効いた汁が麺によく馴染む とろろ昆布を絡めれば、酸味が効いて 朝の食事としては、なんとなくヘルシー 女房のごぼう天も少し分けてもらったが、 それほど油っぽいということもなく 博多うどんらしく丸天食べてもよかったか さて、2泊3日で福岡グルメを堪能しよう #博多うどん #sova_sova #リーマンランチ #福岡空港 #因幡うどん #昆布うどん #やわらかもっちり麺にお出汁を絡めて

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

青物横丁駅

そば(蕎麦)

二八で打たれて中太めに切られた麺には、 蕎麦の香りがちゃんとある 添えられた辛汁は濃口で出汁の風味豊か 硬めの麺の端にそれを絡ませて噛み締めた 立食いスタイルで手打ちを振る舞う蕎麦処 青物横丁で朝そば 青物横丁駅と品川シーサイド駅の中間くらい 数年前、オープンしたばかりの時以来、 2度目の訪問になる 開店直後にこの日の一番客として入店 前回は、温そばで天玉をいただいたので 今回は、<もりそば・420円>と決めている 中太めに切られたそばに鼻を寄せれば、 強くはないが、蕎麦の香りがちゃんとある コシが強いというか、硬めで 噛み締めて蕎麦の風味を味わう感じ 濃口なつけ汁は、しっかりと出汁の旨みが 効いていて、手打ちで提供するだけあって 汁の造りにも店主のこだわりを感じられた 麺量も十分な一品を食べ切ったら カウンターにポットで置かれた“そば湯”も 愉しんでごちそうさま 手打ちで提供する立食いそば処と考えると コストパフォーマンスは高いと思う #蕎麦 #sova_sova #リーマンランチ #青物横丁 #品川シーサイド #うちば  #もりそば #立食いスタイルで手打ちを提供する蕎麦処