プロフィール カバー写真
Koichi  Nomura

TOP USER

Koichi Nomura

500軒の蕎麦屋を食べ歩いた蕎麦と日本酒の伝道師

蕎麦と酒を愛する江戸ソバリエ。 蕎麦前に日本酒をすすり、〆に蕎麦をすする そんな蕎麦時間が至極のとき。 蕎麦屋酒を離れても“堅苦しくなく、おいしく、 楽しいお酒”を基本に“酒と食”を楽しんでる。

  • 4483投稿
  • 563フォロー
  • 17512フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • 蕎麦
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

そば処 めとろ庵 新木場店

店舗情報

新木場駅

そば(蕎麦)

朝は揚げ物を避けて“月見”で一杯 安定のまろやかで甘みのある汁を啜り、 その汁と卵のまろ味を絡めて食す サクッと完汁してオフィスへGO 乗換タイミングに立ち寄る立食いそば 新木場で朝そば オフピーク通勤の乗換駅でこの日も朝そば JR側には“いろり庵きらく”もあるが、 どちらかといえば“めとろ庵”が好み 揚げ物を避けて券売機でチョイスしたのは、 <月見そば・370円> シコシコとしたコシのある麺に まろやかで甘みを感じる汁が絡む一杯は、 食べ慣れた安定の味だ 朝そばメニューとして揚げ物以外の 選択肢が、広がるとうれしいな 因みにその次の朝訪問では揚げ物に惹かれ <春菊天そば・450円>に手を出した #立食いそば #そば #新木場 #めとろ庵 #sova_sova #リーマンランチ #朝は揚げ物を避けて“月見”で一杯

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

excellent

西千葉駅

そば(蕎麦)

やや平たく切られた蕎麦も風味が良いが、 なんと言っても鶏肉と葱のつけ汁が秀逸 鶏の出汁が効いてる鶏歪み浮く汁がよく絡み プリッとした鶏肉や葱の風味もよくハマった つけ汁を麺に纏わせその妙を愉しむ蕎麦処 西千葉ランチ 休日のジムあがりに女房とふたりで初訪問 2020年12月開店というとコロナ患者が 日本で確認される直前であるから ここまで営業は容易くなかっただろう 3つあるテーブル席はひとつだけ空いていて なんとかすんなり席につけた <瓶ビール(中)・700円>をもらって ジムあがりの喉の渇きを癒そう アサヒかエビスかと訊かれエビスを所望 ランチメニューは、温冷の蕎麦のほか カレーライスや丼ものが用意されている 女房の注文は、サッパリ食せそうな <茄子・みょうがせいろ・880円> 自分は、<鴨葱せいろ・990円>を通した やや平たく切られた蕎麦に鴨葱のつけ汁が 添えられて注文品が運ばれてきた この日は福井産の素材を使っているという 蕎麦をそのまま口に含めば、コシがあり、 やさしい蕎麦の香りが口腔にふくらむ 気に入ったのは、鴨葱の入ったつけ汁 鶏油が浮く汁は、鶏の旨みが豊かで プリッとした鶏肉とネギも風味が良い 汁の鶏の旨みが蕎麦に絡み、それが良く合う ミツバの香りも感じながら軽快に完食 人気どころの日本酒の銘柄がおさえられ、 酒肴のメニューも充実しているから 次は夕飯がてら来ることにしよう #蕎麦 #西千葉 #吉輝 #つけ日本蕎麦 #sova_sova #リーマンランチ #つけ汁を麺に纏わせその妙を愉しむ蕎麦処

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

ゆで太郎豊洲店

店舗情報

豊洲駅

そば(蕎麦)

ゆで太郎に立ち寄れば、“夏そばまつり” ヒンヤリ〆ったコシの強い麺に 豆腐、茗荷、野沢菜わさび昆布といった 具を絡めてサッパリと夏そばを啜る 豊洲ワーカーの財布にやさしいゆで太郎 豊洲で朝そば オフピーク通勤で早めに着いたところで ゆで太郎で朝太郎することにした 時節柄、値上げがされたが、それでも 立食い系そばは、リーマンの財布に必須だ 店頭で訴求されているの季節メニューを 眺めて朝食に選んだのは、 <冷がけ薬味とうふそば・590円> 冷ぶっかけそばに添えられた具材は、 豆腐、茗荷、ネギ、カイワレ、そして 山形ダシの様なのは、野沢菜わさび昆布 ヒンヤリ〆ったコシの強い麺に 薬味を絡めながら食してみると シャキシャキとした歯応えも心地よい サッパリとした夏そばで朝食完了 ほかの“夏そばまつり”メニューも 次の機会に味わってみよう #ゆで太郎 #豊洲 #夏そば #sova_sova #リーマンランチ #“夏そばまつり”メニューで朝太郎

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

箱根そば 豊洲店

店舗情報

豊洲駅

そば(蕎麦)

今年も箱根そばに豆腐一丁の夏がきた 冷かけそばにデンッと鎮座する豆腐を そばの合間にたぬき奴風にアクセントにし、 途中からは崩して麺に絡めたりして愉しんだ “夏は豆腐が風物詩”。小田急系立食いそば処 豊洲ランチ オフィスから一番近い立食いそばである 小田急系のチェーン店“箱根そば”へ 目的は、毎年定番の季節メニュー <豆腐一丁そば・550円> ※今年(2022年)は7/21〜8/21の提供 冷ぶっかけそばに豆腐が一丁ドーンッ 天玉、削節、刻みネギ、生姜、ワサビが そこに添えられて供される そうそう、一年ぶりのこのビジュアル まずはコシのあるそばを啜り、豆腐に天玉を 併せてたぬき奴風にしてアクセントにする 次は、豆腐を崩して麺に絡めて食せば、 サッパリと豆腐一丁で腹がふくれていく 毎日の様に食べようと思うものではないが、 まさに箱根そばの夏の風物詩 また来年も一度だけ食べることにしよう #箱根そば #豆腐一丁そば #豊洲 #sova_sova #リーマンランチ #“夏は豆腐が風物詩”。小田急系立食いそば処

Koichi  Nomura

Koichi Nomura

good

吉祥庵 豊洲店

店舗情報

豊洲駅

そば(蕎麦)

冷かけそばの水面に涼しげに散りばめられた 輪切りのすだちは、徳島県神山町産 酸味のある汁を細切りの麺に絡めて啜れば、 ヒンヤリ、サッパリとしてまさに涼味 季節にぴったりなメニューも魅力のそば処 豊洲ランチ やはり豊洲で本格そばを食べようと思うと ららぽーと豊洲にあるこちらに足が向く 最高気温が40度に達しそうな猛暑日、 喉と胃が喜びそうなメニューを発見 <神山すだちそば・950円> メニューの写真から涼しげだ 半個分くらいだろうか薄い輪切りのすだちが 水面に散りばめられた一杯が供された 鼻を寄せれば柑橘系の爽やかな香りがある すだちの渋味が溶け出す前に別皿に移し、 細切りのそばに酸味を感じる汁を絡めて 喉越しよく、サッパリといただいた こんな季節メニューや丼もののセット等 そば好きの豊洲ワーカーにとっては、 貴重なランチ処 この2週間後にまたランチ訪問した時は、 季節のおすすめメニューから <とうもろこしと芝海老のかき揚げ 天玉そば・1,180円>を愉しんだ #sova_sova #リーマンランチ #豊洲 #吉祥庵 #ららぽーと豊洲 #季節にぴったりなメニューも魅力のそば処