K.Kunihiro

K.Kunihiro

岐阜市在住 アウトドア派 趣味:料理・釣り・ドライブ・海外サッカー観戦 食に関しては、食べる事も作る事も好きです。特に 和をテーマにした食べ物 お酒 に興味に興味が在ります… アイコンは、4時間の登山の末に、山小屋でスイカを齧り付く表情。 ひょうきんな表情をしてますが… 食べ物に対するリスペクトは人一倍です❗️

  • 1238投稿
  • 712フォロー
  • 886フォロワー

好きなジャンル

  • スイーツ
  • うなぎ
  • 和食
  • 海鮮料理
  • アイス
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
K.Kunihiro

K.Kunihiro

excellent

福渡駅

うどん

『おかやまうどん』の“名店”です‼️ 『おかやまうどん』… 聞き馴れ無い言葉ですが、 “うどん”の盛んな地域は、“西”の地域で言ったら、 『香川県』の『讃岐うどん』、『福岡県』の『博多うどん』 『大阪府』の『きつねうどん・カスうどん』 が、全国に聞こえた、“汁うどん”です。 『岡山県』で、『うどん』と言えば、 このお店の横を通る、『国道53号線』を“北上“した、『津山市』の“汁が無い”焼きうどんの 『津山ホルモンうどん』が有名です❗️ 『すぎ茶屋』の“所在地”は、 現在は、『岡山市・北区・福渡』と、なってまして、 『岡山市』になるんで… 『国道53号線』の“起点”は、一応は、『岡山市・北区』になってるんで、 “近いだろう”と想像しますと… “起点”から、30キロ超は、移動してます(苦笑い) “イメージとは違う” 日本の何処にでも在る、山あいの長閑な街です。 ただ、『岡山市』中心部を流れる『旭川』を遡って来ると、こちらまで来る… ”山あいの長閑な街“でも”物資は豊か“なんです❗️ 『瀬戸内海』を“東西”に行き来する“運搬船“や”北前船“の影響もあって、 『岡山』の少し奥でも“全国様々な物に馴染みが在り、 昭和53年に、店舗、喫茶、製菓がスタートしますと… 『北海道・産』の『昆布』、『枕崎・産』の『鰹節』 『静岡・産』の『山葵』を集められる環境で… ”うどん“を”メイン“にします❗️ 『おかやまうどん』の特徴は… 麺の食感が『たんわり』 (岡山弁で『まろやか』標準語で『もっちり』) の表現が似合う… 噛んだ時に、歯応えは有れど、軽く噛み切れる、 それでいて“モチっと”した食感が、満足感を産んで呉れます❗️ 『すぎ茶屋』さん、の、一日は、 東の空が、ようよう白んで来る頃から、仕込みがスタートします… “YouTube”で、『すぎ茶屋』と検索すると… 『うどんそば 広島 岡山 Udonsoba』チャンネルの所を選んで閲覧すると… 『仕込み』を“中心”に、開店、利用するお客さんの反応等が、出てます٩( ᐛ )و 基本的に、 “丁寧”で、“リズミカル”、それでいて、“手作り”で “手間を惜しまない”仕込み 『うどん』と『うどん以外の物』とに分けて、仕込み❗️ 『うどん以外の物』は “毎日綺麗に清掃“されてる『調理場』で、 『うどん』は 専門の機械と伸ばして板が在る『製麺所』で、 『うどん』の仕込みは、 “熟練の経験”と”何度も練り込む手間を惜しまい” 事を体現する、大ベテランの職人さん… 自分の経験だけに酔い知れるのでは無く、 『ボーメ』で『塩分濃度』をチェックして、 『塩水』を作り、“3種類”の『小麦粉』とタイミングを見計らい混ぜ合わせる❗️ “福渡本店”の『製麺所』で、グループ他店の分も、全て、 “製麺の種”を仕込みます٩( ᐛ )و “伸ばし”と“麺切り”は直前で、各々の店舗ですが… 『厨房』では、『うどん以外の物』 ”袋“や”容器“に入って、温めて、”器に移す“ なんて事は、しません( ◠‿◠ ) 『ダシ』も、『惣菜』も、”脇を固める”『食材』も、 “全て手作業“で”原材料に手を加えます“… 其れでいて、リズミカルに、順序立てて作る、 他の社員が出勤したら、挨拶をする、 (作るのに集中し過ぎず“周りに目配り”する “ゆとり”を感じる) ”動画“では、”普段着のスタイル“で… 当たり前に、最近では減ってる”手作り“を作り上げる❗️ 『うどん』の“ダシ汁”から“ツユ”に至るまで… 『おかやまうどん』を丁寧に作り込んで来る٩( ᐛ )و 『すぎ茶屋』名物の『山菜おこわ』と共に出る、 『おこわ定食』をチョイス❗️ 『たんわり』の“モチっと”した『うどん』の歯触りと… 『おこわ』の蒸したお米も“モチっと”した感覚、 取り持つのは、丁寧に取った“ダシ“と 脇を固める、炊いた山菜を始めとする”良い仕事“ イヤ〜昔から愛されるお店です( ◠‿◠ ) #岡山の山あいに在る昔懐かしいお店 #”たんわり“が『おかやまうどん』の特徴 #”手作り“で賄う優しい和食 #地域に愛される創業50年の名店 諸々の事、 遥か昔の、学生時代に、免許を取って直ぐの、春休みに、 ご先祖出生の地訪問❗️ 来た事が、初めての来訪でした(笑い) ”たんわり“は、昔からなんですねっ( ◠‿◠ ) 『うどんそば 広島 岡山 Udonsoba』の件でも 作り手の方が、 『お客さんが、昔から来てる方ばかり』と言ってましたが… 私の学生時代から4半世紀が過ぎてまして、 全国あちこち行きましたが… 『うどん』作りも、洗練されてます❗️ が… どうも、”似た様な画一的“なお店が増えて来てます… そう言う意味でも、此れから先も残って欲しいお店です

K.Kunihiro

K.Kunihiro

excellent

『日本列島最後の秘境❗️大牧温泉・夕食編』 『富山県』の『庄川』に面した温泉です‼️ “川面に面した温泉”は、日本列島には、数多く在ります❗️が… “日本列島最後の秘境”なんて、“仰々しい名前”過ぎないかと思いますが… 実際行くと、納得します(笑い) “ダム湖”を『遊覧船』で、片道30分、水飛沫を上げて走って、着いた先は… “ダム湖に浮かぶ様“な”狭い陸地“の、 一軒宿の温泉旅館だった‼️ しかも”アクセス“の『遊覧船』は、 1日で、4往復(冬季は、3往復)の、看板の通りの 『日本最後の秘境』の雰囲気が伝わって来ます٩( ᐛ )و さぞかし”苦労して“行く温泉、そんな『秘境』では、 満足な”ご馳走“なんて出ない筈と考えてる貴方… 良い意味で、期待を大きく裏切って呉れます( ◠‿◠ ) 『特別和懐石』プランで… 先 付:ホタルイカの沖漬け 煮 物:海老と飛竜頭と湯葉のあっさり煮 洋 皿:ローストポークを始めとする“山の幸” お造り:富山湾産5種盛り 強 肴:和牛のミニステーキ陶板焼き 鍋 物:豆乳鍋 お凌ぎ:ズワイガニ 揚 物:白海老のかき揚げ&季節の2品 蒸 物:白海老焼売の餡掛け 焼 物:旬の富山湾の魚の塩焼き ご 飯:“あさり”と“豆”の炊き込みご飯 水 物:季節の果物 となってます… 素材的に “肉類”は、“牛”・“豚”・“鳥”の揃い踏み ”魚介類“は、”天然の生簀“『富山湾』産に拘り ”野菜“は、『富山平野』や、”山あい“の”地物“ ”メニュー“随所に”海の幸“や”肉類“の”練り物“ と…豊富に盛り込まれてます❗️ 印象的なモノの感想を❗️ 『洋 皿』 ”銘柄“は言ってませんが、 ローストポーク・蒸した鶏肉・大学芋 更に”サザエ“の煮物で”山椒“が効いてます❗️ 胃の調子を上げるには“パワフルな内容”です 『お造り』は、“天然の生簀”『富山湾』から、 真鯛・カジキ・鰤・甘海老・スズキ の、五種盛りで、 真鯛は“松皮造り”なので、よく吟味して、作ってます❗️ 『強 肴』は、 『和牛のミニステーキ陶板焼』、“和牛”の銘柄は名乗ってませんでしたが、 肉質は、“柔らか”で“肉汁”豊富、 付け合わせの“野菜”は、『にんにくの芽』等、 “高原物”を活かしてます❗️ 『お凌ぎ』は、加熱した『ズワイガニ』を… “一杯丸っと“出して来た方が、絵面的に”映えます“が… ”華“より”実“を取るのか、 ”箸に取って口に運ぶだけ“の状態に❗️ 『甲羅』に”脚“と”身肉“が盛られ… 『ホイル』に”蟹味噌“が❗️ 情報バラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』で 紹介された、『石川県』や『富山県』で有名な… 『蟹面盛り』ですねっ( ◠‿◠ ) 『カニ酢』に付け食べます❗️ 『揚げ物』と『蒸し物』に共通するのが、 『富山湾』の“宝石”『白海老』 一方は、『かき揚げ』にして、”殻の歯応え“を他の野菜と混ぜて、食感を上手く演出して、 『塩』で”甘さ“を演出、 一方は、『焼売』の仕立て、『白海老』の”身を叩き“すり身で”甘さ“を演出し、 ”蒸し“たて、熱々の”餡掛け“で頂きます… 『白海老』の”特徴“を上手く演出してます‼️ 『焼 物』は、 伺った日によって、変わりる様で… 私の場合は、『真鯛』の塩焼き❗️ ”養殖技術“で『真鯛』は、随分、”親しみ易い“魚に為りましたが… ”天然もの“は、”別格“❗️ 『富山湾』の”深い層”で育まれた『天然・真鯛』は、身が締まって、 “百魚の王”と名乗れる『真鯛』を久々に食べた感じです‼ イヤ〜素晴らしい“ご馳走”のオンパレードでした‼️ #ダム湖に浮く感じの『秘境の宿』 #『富山の味覚の幸』が出て来るお宿 #船でしか行けない宿 #サスペンスドラマや旅番組でお馴染みの宿 #“切り傷”に効く天然温泉 諸々の事 『サスペンスドラマ』でよく取り上げられ、 『旅番組』でも、同様に、 『日本最後の秘境』が、“連絡船”で片道30分を掛けてしか行け無い、お宿なので、凄く新鮮に映ります❗️ 此の状態になったのが… 『昭和』の始め、『小牧ダム』を作る事になってから、 『大牧温泉』の“開湯”は『平安時代』に遡ります、 源平合戦の、『砺波山の戦い』で敗れた、 “平家の落人”が、山伝に落ち延び、大牧の地で、 創傷を治す事が出来ない日に、悶々としてた所、 『庄川』の“河原にコンコンと湯が沸き”試しに、口に運んだ所、誠に“爽やか気分”となり… 毎日、沐浴してるうちに、創傷も治った、温泉❗ 歴史が在り、『ダム湖』に面する前から、 様々在る温泉‼️ ロケ地として選ばれます❗️ 連絡船で往復1時間、“著名人”が、“仕事ついで”に温泉を堪能、更に宿泊❗️ 正に『秘境』に泊まる❗️ 贅沢な温泉如何⁉️

K.Kunihiro

K.Kunihiro

excellent

飛騨細江駅

ホテル

『サッカーの合宿地』で有名な施設です‼️ 【飛騨古川の里山の宿・夕食編】 『岐阜県・飛騨市・古川』 『古い街並み』(飛騨高山とは違う雰囲気) 『アニメ映画』の『君の名は。』 で、有名な街ですが… “涼しい”環境で、“いつも”と違う雰囲気で、 『高原』の様な“涼しい”気候ですが、周囲は、『田圃』初夏を迎える頃、“窓”を開けてると、 『カエル』の鳴き声、『小鳥』の囀り… 本当、『田舎』の『里山』を連想される環境❗️ 『中庭』を囲む様に、黒い塗装の、木造のベランダ、『田舎の小学校』の様な“外観” 中身は“小学校”では無いですが(笑い) 『飛騨のおもてなし』を受けれるお宿❗️ 地元のJリーグチームの、『名古屋・グランパス』 『名古屋・グランパス』で、選手としても、監督としても、“タイトル”を獲った、 『ドラガン・ストイコビッチ』氏 お爺さんですが、伝説の日本代表監督 『イビチャ・オシム』氏が率いた頃の、 『ジェフ・千葉』が、此処で宿泊して『合宿』です❗️ 奇しくも『ユーゴスラビア』出身の師匠と弟子で共に日本を愛した人の合宿地‼️ では、此処の一番人気の、 『特選飛騨会席』を頂きましょう٩( ᐛ )و 食前酒:白酒 吸 物:蛤 先 付:荏胡麻豆腐 お凌ぎ:飛騨牛炙りにぎり寿司 酢の物:もずく酢 前 菜:郷土名物を使用の三品 強 肴:飛騨牛のステーキ お刺身:真鯛・中トロ・ヒラメの三点盛り 温 物:飛騨牛饅頭 焼 物:子持ち鮎の塩焼き 揚 物:地元の天麩羅 御飯物:飛騨産コシヒカリ 菓 子:苺のムース ざっと感想を… 食前酒、は、大体が、『果実酒』が多いですが、 『飛騨古川』は、『日本酒』の有名な『蔵元』が並ぶ、『酒蔵』の街、『どぶろく』が食前酒です❗️ 前 菜、は、地元を上手く活かしてます、 『宿儺南瓜』『ほうれん草』『日本酒』 全体的に、甘めですが、 『日本酒の酒カステラ』には驚かされました❗️ 『白海老の唐揚げ』も良い酒肴。 温 物、の、『飛騨牛饅頭』、“饅頭”と言うより、 “団子”のサイズ感で、温い餡掛けが、“団子”は、荒く挽いた『飛騨牛』を丸めて、芯に“クリーム”を入れた、技巧の椀物です。 お凌ぎ、の、『飛騨牛炙りにぎり寿司』、最近では、飛騨の観光地で、よく出るナンバー❗️ ”飛騨牛”を炙ると、“脂”が溶け出す、 同じ“霜降り”でも、マグロの『トロ』とは、 “脂”の質が違います… “加熱”してこそ旨味を発揮ですから、観た目が、“茶色”は当たり前です❗️ 舎利が若干甘めで、山葵等の薬味と、醤油に対する、円やかさを計算、良いバランスです❗️ お刺身、は、『真鯛』・『ヒラメ』・『中トロ』ですねっ、岐阜の『高山』は、魚介類は、 『富山』から、『日本海』のを、直送してるので、 此方の膳でも、『白海老』を唐揚げで出てますから、白身の海の魚も良質❗️ 先の、『飛騨牛炙りにぎり』で、“加熱”した“脂の旨さ”と、此方の『中トロ』の“生“で提供する”脂の旨さ“のコントラストが、心憎い演出です‼️ 揚げ物、は、緑映える、新緑の時期が、旬の、 『ヒメタケ』と『コシアブラ』 若竹、と、山菜の天麩羅です、 ”薄衣“で、サッと揚げるから、パリッとした歯応え、 イヤ〜旬を揚げる、幸せです❗️ 強 肴、は、『飛騨牛のステーキ』言わずと知れた、『飛騨』きっての“ご馳走”です‼️ 平地が少なく、標高が高い、そして涼やかな、 『飛騨』は、夏の間、『飛騨牛』の“放牧”が在ります、健全で育った『飛騨牛』を、 此れまた、『高原野菜』と頂く、“メイン”らしい一品です‼️ 焼 物、の、『鮎』❗️ 岐阜を代表する『魚』で、『香魚』なんです、 一年魚の為、春〜秋で、季節毎に、変化が在り、 主に『美濃地方』で盛んです… 『飛騨地方』では、『イワナ』・『アマゴ』が、良い環境で育ってるので、敢えて、『鮎』は挑む店は、少ない中、挑みます‼️ #サッカーJリーグチームの合宿宿 #里山溢れる大自然がお隣の環境 #飛騨牛尽くしの『特選飛騨会席』 #飛騨古川桃源郷温泉のお宿 諸々の事、 “ピッチのアーティスト”も虜にした『鮎』❗️ 『名古屋グランパス』で、“選手”としても、“監督”としても、愛された、 『ドラガン・ストイコビッチ』氏、 愛称は『ピクシー』(妖精) ファンタスティックなプレーで、彼が決めるゴールは、アーティストが描く芸術の様… “監督”時代に、地元のマスコミから『鮎好き』を暴露されてます…(笑い) 『古川キャンプ』で、6日間で… 『鮎』“29匹”平らげる(´⊙ω⊙`)‼️驚き 一日平均、5匹を…(日本人でも“毎日”は流石にの内容) 当然、『季古里』さん、は、『名古屋グランパス』の常宿、恐らくは、此処で出してます❗️ 里山の穏やかな宿如何⁉️

K.Kunihiro

K.Kunihiro

excellent

『明石海峡大橋』の真下の『道の駅・あわじ』に在る、 『コストパフォーマンス』良好な“海鮮丼”のお店です❗️ 『兵庫県』の水産物の水揚げで”全国1位なのは… 『しらす』٩( ᐛ )و 特に『明石海峡』に面した『淡路島』の 『岩屋港』は『しらす漁』が盛んで❗️ “小降り”ですが、“キラリと光る”事から… “瀬戸内海が育んだ”『海の宝石』と呼ばれてます❗️ 『しらす』は、“傷み易い”ので、 “釜揚げ”や“ちりめん”にして食べるのが…一般的❗️ ですが… 『漁師』さんは、知ってるんです、 “自ら水揚げ”をし、船上で“漁師メシ”を食い、 『市場』に出す“商品”を選ぶ“眼力”が… どの魚、をどの様に、して食べたら本当に 美味しい❗️のかを… 『淡路島』の漁師の“熱い思い”と“試行錯誤”の結果❗️ “水揚げ直後”に“瞬間冷凍”をする手法が編み出され… “生しらす”を普及させるのに“成功”٩( ᐛ )و その結果、 『淡路島』全体で、“生しらす”は普及して行き、 『淡路島』の宿泊施設・飲食施設61店舗で、 『生しらす丼』を提供してる… “旬の時期”が来れば 『淡路“アイランド”』は、知る人ぞ知る、 『生しらす丼』を求めるファンが、 『明石海峡大橋』を”通行“して『淡路島』にやって来る٩( ᐛ )و (因みに、垂水IC〜淡路IC迄、一番安いのが、ETC搭載の軽自動車で片道760円掛かります) 簡単に言うなら、他に『淡路島』に来る”目的“が在るか、”海鮮“を梯子する、『淡路島』の漁師に負け無い ”熱い思い“が無ければ、二の足を踏む、価格帯です… (因みに、私は、『ドラゴンクエストアイランド』に来る事が、目的でしたので、抱き合わせで、楽しみました) 2024年は、4月24日から11月末迄 の期間で、『淡路島』全体で提供されてます٩( ᐛ )و “インパクト大”のモノが飛び込んで来ました❗️ 『海原』の“岩場”の上に、『海鮮丼』が“セット”され、そこに、“波飛沫”が掛かる… 『日本一の、超鮮度。』の“文字が踊る感じ”の 『淡路島の生しらす』の『ポスター』(≧∀≦) 『おさかな共和国 えびす丸』に入る前に、 “何をメイン“にするかは決まりました( ◠‿◠ ) 入って、何をコラボするかと、観ると… 『AWAJI 桜鯛入荷』のポスターを発見٩( ᐛ )و 【期間限定】で『淡路鯛ご飯卵かけ』に使用と、 在りますが… 私が選んだのは、『淡路島の生しらす丼』❗️ 価格が1000円と、非常に”キリが良い“ 『淡路島生しらす & 淡路島の鯛』となってます、 そもそも『桜鯛』は、 『”桜の時期“になると”鯛が美味くなる“』とも言われてます٩( ᐛ )و から、此処に決定‼️ 因みにですが、『淡路島の生しらす丼』… ➕50円で『卵付き』 途中で”味変“が出来ます٩( ᐛ )و ささっと、『淡路島の生しらす丼』は、登場❗️ 見て下さい、『海の宝石』の”生バージョン“‼️ 光ってます٩( ᐛ )و 太陽が散策と輝く日でしたから、映えます❗️ 先ずは、『タレ』に、お蕎麦宜しく、”チョン“と付けて頂きます٩( ᐛ )و 口の中で『生しらす』が”踊る“感覚… 『タレ』も、後から、調べたら、工夫されてまして。 『白ポン酢と濃口醤油をブレンド』したモノ ”酢“の”酸味“と”濃口醤油“の”濃さ“が、 『生しらす』に残る”僅かな鰯の臭み“を洗い流して、呉れます、後に残るのは、”純粋“な『生しらす』の旨味だけ(≧∀≦) 『ご飯』は、”酢飯“では無く…普通の”温いご飯“ 此れが、『生しらす丼』に限っては、有り難いんです… 『ご飯』の”熱を吸って“下の方が、時間を掛けて食べる場合は… ”蒸される“感覚で、”とびっきり“の”しらす“に変化する٩( ᐛ )و 『素材』そのものが、”時間経過“と共に、変わる、 『生しらす』から『丼』の上で、『しらす』が出来る❗️ 此れは、『しらす』が出来る、自分好みのタイミングで搔き込むしか無いでしょう( ◠‿◠ ) #時期が来れば『生しらす』の島『淡路島』 #船上冷凍の『淡路島・生しらす』 #脇を固める『タレ』も『ご飯』も良い仕事 #至福の鮮度『生しらす』 諸々の事、 『海鮮丼』を”盛り上げて“来れます❗️ 『えびす丸』さんの店内は、『セルフ提供』ですから、 『アルコール』は、中々出ないと思いきや… 『アルコールの自販機』が… (提供時間が限られているので”ご注意“) 『自動車』のハンドルを握る事から、解放されてる ”同乗者“には嬉しい筈です❗️ 『海鮮丼』だけでは無く、”アルコールのアテ“も、 メニューに在ります(≧∀≦) 『明石海峡大橋』を背に食べる事も可能❗️ 『淡路島』の生しらす如何⁉️

K.Kunihiro

K.Kunihiro

excellent

西条(広島)駅

居酒屋

『西条駅』から、アクセス良好❗️有名な酒蔵です‼️ 久々の【酒蔵投稿20】 午後6時近く迄、“営業”してるのが、 嬉しい酒蔵さんです( ◠‿◠ ) 『広島県・東広島市・西条』… 『西条』と“だけ”を聞くと、『愛媛県』の『西条市』を連想する人も多いですが(苦笑い) 『日本酒』の生産の蔵が立ち並ぶ、酒造元として、 有名です❗️ 『賀茂鶴』さんは、『日本酒』の酒蔵として、 酒造の一大産地『西条』をリードして来ました❗️ 更に、“全国の日本酒”の“酒蔵”でも“伝説の酒蔵” と呼べる酒蔵なんです( ◠‿◠ ) と言うのも、 『賀茂鶴』さん自体が、『江戸時代』の、 1623年(元和9年)に、『小島屋木村家』として、 創業、『西条』では一番旧い『酒蔵』として文献に残ってます❗️ “明治維新”は、『日本酒』の業界にも“起こり”ます 『酒株』と言う、『江戸時代』に存在していた “酒造りの営業権”が廃止され… 新規参入が増えた事で…『日本酒』の市場が拡大❗️ 『明治時代』終わりに、『日本醸造協会』が設立されます❗️ 『日本酒』は、それまで、米と麹を、各酒造蔵に、 “任せってきり”の体制、 従って“安定した”発酵が出来ず、各蔵でバラツキが起こる、 『日本醸造協会』が『酵母』を“採取”し“研究”する事で、“高水準の発酵“更に”高水準“の『日本酒』を造る事を目指す、 『協会酵母』を、”次々と発表“❗️ 『賀茂鶴』さんは、『協会酵母5号』を”採取“した蔵として有名です‼️ ”協会5号“で出来た日本酒は、果実系の香りがする事で、当時としては、画期的として評判が高かったと言われてます。 そして、1958年(昭和38年)に、 未だ『吟醸酒』と言う、ジャンルすら、確立して無い時代に、 『賀茂鶴ゴールド』が世に出ます٩( ᐛ )و 今までに無い“日本酒”は、時世の“所得倍増計画”にも相まって、“新しい時代を魅せて”ます❗️ 『酒米』を何%削れば、普通の日本酒と“違うモノ“を造れるとう言う”実例”が無い時代に、『酒米』と、 『協会酵母』の“吟醸系の基礎“になった『酵母』が出逢って産まれた、秀作٩( ᐛ )و 更に、後のエピソードで、 『賀茂鶴ゴールド』に入ってた『金箔』は”四角“の方でしたが、 1974年(昭和49年)、昭和天皇ご夫妻の”金婚式“を祝う宴で、『賀茂鶴ゴールド』が選ばれました… この”栄誉“に、”四角“から、”桜の花びら“に、 『金箔』の”形を変えて“提供❗️ 以来、“金箔の桜の花びら”が『賀茂鶴』酒造の“縁起物”に、 1997年に“市販品”でも“金箔の桜の花びら”を使用٩( ᐛ )و 正に“めでたいお酒”として縁起が良く、誰でも入手可能になりました‼️ そんな、『賀茂鶴酒造』さんで、 “飲み比べ”が出来ます٩( ᐛ )و 『純米大吟醸・大吟峰』 『大吟醸・双鶴賀茂鶴』 『大吟醸・特製ゴールド賀茂鶴』  の3種類‼️ どれも、“スッと入る”タイプでした٩( ᐛ )و 『香り』を醸す“酵母”に、どれだけ“米を削り” 無駄な味が出ない『酒米の“芯の旨味”』 を掛け遭わせてますが❗️ どれも“贅沢”な出来映えですが… 少しの“技術”の“差”で“また違う”高み“を目指すのが… 美味しいの追求に余念が無い❗️ 『賀茂鶴』を”店で出す料理“と”相性の良いお酒“として出す、 『東京』の在る名人と同じ様に見えてしまいます❗️ レベルの高い『日本酒』です‼️ #“酒都”『西条』を代表する蔵元 #著名人が唸る日本酒 #“吟醸酒の先駆け”『賀茂鶴ゴールド』 諸々の事 “『東京』の在る名人”とは… 『すきやばし次郎』の、『小野次郎』氏の事、 100歳に迫る、伝説の寿司職人、 『寿司の神様』・『ミシュラン三つ星“最高齢のシェフ』 彼を追った、ドキュメンタリー番組は、数知れず… 自身のお店で使うお酒を造る、 『賀茂鶴』さんに、法人記念100年に寄せて贈った賛辞の言葉は… 『”美味しい“に終わりはない』 と言う言葉… 『すきやばし次郎』のお寿司のネタの仕入れは、 その日来る、お客さんの2倍仕入れる… 勿論、ちゃんとした”目利き“をした上での”魚介”の仕入れ… 魚を捌いてみて、気に入らないで”外し“ 塩を振って、良い感じで、乗らないで”外し“ 酢で締める時、良い感じで浸からないで”外し“ 最終的に、その日のお客さんの数くらいにしか、 “ネタ”として“残らない”… 人知れ無い生存競争を経て、提供される “美味しい”の“仕込み” 更に、『巻物』とか、包丁を使って ”寿司を切る“にも、満足せず、次の“美味しい” を見据えて、切り方を“変える” 『“美味しい”に終わりはない』 見事な酒蔵さん、と、見事な名人、 コラボの“名言です‼