akira i

akira i

バンコク投稿57件。ビルバオ(バスク)/広州/ムンバイ/フランクフルト/フィレンツェで投稿/行きたい、共にトップを長くキープ中です、日本手食協会(NHK)関西支部長。居酒屋をこよなく愛しています。主戦場は大阪北浜です!

  • 1570投稿
  • 1085フォロー
  • 980フォロワー

好きなジャンル

  • バー
  • フレンチ
  • 居酒屋
  • 和食
  • 寿司
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
akira i

akira i

excellent

【最後に南インドのミールスを】 最後のランチ。南インドのミールスで爽やかに。てか、本当デリーには何でもある。さすがである。 ミールスをどこで食べようかと思って、チェーンのお店もなあ、なんてふと思って、 あ、それは日本人の感覚であって、ここではそのセオリーは全く関係ないわ。 と思い直し、敢えてこの、世界的チェーンであるお店にした。口コミも写真も、どちらも素晴らしかったからだ。 で、やはりお昼時に私はギリギリ座れるタイミングで、食べ終わった後はすごい待ちの人たちが店外にいた。さすがの人気店である。 さて、そのミールスはもうご覧の通りの素晴らしいものだ。スペシャルミールス、およそ600円もする。しかしながらこの、完全なる南インド感が素晴らしい。ラッサムやサンバルの味わい。 思えば日本の現代的な本格的インド料理って、なぜかミールスばっかりだなと思う。わかりやすいし、軽いし、って事だろうか。とにかく、今回の旅の中で実は、最も馴染みがあった料理かもしれない。 もちろん、最も違うのはそれがベジであって、ベジの旨さが際立つことであり、やはり甘味や酸味、塩味と辛味辺りのポジションの取り方が、日本人が作るそれよりもパワフルだ。 鮮やかだ、と言ってもいい。 餅は餅屋だといつも思うが、やはりたとえば、一つの料理を作るのにある工程上の微妙な差っていうのが、最終的に大きな差になって露出するのであろう。 世界中に支店を持つのに日本にはないのは、やっぱりインド人比率の問題であろうか。とにかく、こんなお店があったら人が殺到することは間違い無いと思うのだが。 全部空輸しちゃえばいいしね! それにしても、美味くて鮮やかである。

akira i

akira i

2024

【ムガール帝国の宮廷料理】 オールドデリーの有名店。ムガール帝国の宮廷料理の流れを汲む老舗のレストランである。インドというのはとにかく広い。デリーだけでも、地下鉄の駅が2-3も変わればそこはまるで違う国のようだ。 オールドデリーはムスリムの街。故に、ここではノンベジタリアンしかない。肉が囂々と焼かれている。 混沌と喧騒。 チキンビリヤニにマトンコルマ。キーマとナルギシコフタ。チャパティやナンを適当に盛って。 最高に美味い。なんだこれは。どういう文脈なのか。日本のグレイビーは北インドのものって事だったし、あれは結構ちゃんとした料理人が作ってるはずだ。なのにこの圧倒的文化の差。 遠い国へと、きたものだ。 あまりのその美味さ、忘れがたし。何度も訪れてメニューを制覇したい名店。

akira i

akira i

2024

【アジアベストレストラン2023 】 19位にレジストされるモダンインディアンレストラン。です。さすがインド、富裕層とそうでない人たちとの差はえげつない。この、酒がほとんどないデリーにあって潤沢に出てくるワインのベアリングは、何とお料理代よりも少し高いのです。 ま、そんなことは置いといて。インドイノベーティブは私の大好物であります。洗練された、インドの地方料理などの数々をアレンジして出してくる、最高のお店。 食べていて、本当に楽しい。我々にとっては珍しい食材やテイストがかなりあるので、未知の味の冒険、という色も濃い。メニューを見てもわからないものも多い。 とにかく、これが今とデリーの最先端。そういう事です。素晴らしい。

akira i

akira i

excellent

【真っ先に目指したもの】 兎にも角にもターリーを食べないと。それも、カトゥリがたくさん乗ってるベジターリー。大晦日だし混んでるかもなと、電話したりなんかして。開いてるお店を確認。 デリー到着。最初のご飯はラジャスタンスタイルのターリー。グジャラートターリーとラジャスタン、どこが違うん?って聞いたら、だいたい一緒!って答えだった。 ほんまかいな。 とにかく、ラジャスタンターリーである。メニューなし。座ったら勝手にスタートした。 目眩く、魅惑のスパイスの洪水、、、! やっぱターリーは最高! もちろん、ベジタブルだぜ。 #デリー #インド #インド飯 #ラジャスタンターリー #カレー #インドカレー #ベジターリー

akira i

akira i

excellent

【インドのタンドール】 タンドール、めっちゃある。インドは広い、一言で括るわけにはいかないほど、場所によって違いすぎる。沖縄にいて北海道の話をするくらいに。 朝ごはんにパンジャブ名物クルチャを。アロクルチャのセットを頼んだらおうよ!と、言いながら生地を伸ばすところからはじまった。 美味いに決まっている、、、、!! アロクルチャ。中にじゃがいもを挟み込んでタンドリーで焼き上げ、これまたとびきり美味いギーとバターが乗せられた。 伸ばしたて、焼きたてクルチャのうまいことうまいこと。名もなき店の、朝ごはんかな。