Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

  • 730投稿
  • 315フォロー
  • 553フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • アジア料理
  • 居酒屋
  • 担々麺
  • ホルモン
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

2023

上大岡駅

立ち飲み

雑居ビルの細い階段を上った2階にある、早い時間帯から賑わう人気の立ち飲み店。人気の理由は、新鮮モツに創意工夫を凝らした多彩な料理たち。しかも安い。18時半頃に訪ねたら、細長く狭い店内はすでに一杯。今回は運よくカウンターの隙間に入れたけど、その後に来たお客さんは断られてました。 砂肝刺380円は惚れ惚れするような美しいピンク色。コイツに生姜と大蒜を乗せて、香ばしい胡麻油で。信玄鶏とろレバー450円は名前の通りとろとろ。たっぷり盛られた葱とともに。コンカツ550円はコンビーフのカツ。揚げたて熱々が旨い。レバカツ350円なども間違いのない逸品。とにかく何を食べても美味しい。 飲物はもちろんホッピー(セット450円・ナカ200円)。他にサワー・ハイボール類も充実。注文ごとに代金を支払うキャッシュオンデリバリ方式。開店は平日16時、土日祝日15時。外が明るいうちの来店が吉。(2022年3月24日) (2022年4月28日) (2023年1月26日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

excellent

今やどこにでもある餃子のダンダダン。溝の口店は2017年オープンなので古株の部類? 主力商品の肉汁焼餃子526円は皮厚めで好みのタイプ。「肉汁注意」は伊達ではなく、不用意に行くと本当に汁が飛散します(小籠包かよ)。水餃子548円は淡白なスープが美味しい。葱レバー438円は強い塩気にごま油と葱の香りが効いて、酒が進むこと間違いなし。ダンダダンのサイドメニューではこれが一番好きです。 飲物はもちろんホッピーセット537円にナカ317円x2。ホッピーにしてはえらく高いですが、ナカは「ストップ」と言うまで焼酎をヤカンで注いでくれる太っ腹商品なのでまあ問題なし。他にプレミアムモルツ548円、香菜(パクチー)サラダ小504円。パクチーサラダは内容がほぼパクチーで、パクチー好きには垂涎の一品。(2023年1月13日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

excellent

大学時代の同級生と何年ぶりかの同窓会兼新年会。年月を経て皆すっかりオジサン 笑。この後すぐ新幹線で名古屋まで帰るやつがいたので、新横浜駅ビル内のもつ鍋の店を選択。 看板商品のもつ鍋、プルプルのもつが旨い! コラーゲンを摂取してお肌ツヤツヤになっても仕方ないオジサンばかりですがw 明太子メーカーが経営する店なので、明太子を使ったチキン南蛮や唐揚げなどもオススメです。お座敷席で、心ゆくまで飲んで食って盛り上がって、オジサン5人で約35,000円。満足です。(2023年1月6日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

excellent

新宿西口駅

ラーメン

新宿新都心、高層ビル群のすぐそば。徳島ラーメン950円に生卵50円を付けて。強火で10時間炊くという豚骨スープに味濃いめのカエシが合わさって、なかなかのパンチ力。ただしカツオ出汁の風味があり、どことなく懐かしい味わい。通常のラーメンのチャーシューに相当する豚バラ肉は、甘辛いすき焼き味で生卵とは相性抜群。 徳島ラーメンって、和歌山ラーメンとキャラが被ると個人的に思っているのですが、1998年に「いのたに」が新横浜ラーメン博物館に出店して徳島ラーメン(茶系)が全国区になったときは、生卵がデフォルトで乗っていて、それが徳島ラーメンの強力なアイデンティティでした。こちらでは生卵は別売り。おそらく当地のスタンダードを意識しておられるのでしょう。(2022年12月26日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

excellent

大阪駅

お好み焼き

大阪出張。せっかく来たのでお好み焼きを食べようと、大阪人の元同僚に連れられてやってきたのは大阪駅前、グランフロント大阪の南館7F。このフロアだけでもお好み焼きが2店舗あってさすが大阪。トンペイ焼き、ネギ焼き、スジ玉々焼き、ゲソ焼き、白菜キムチなど、大阪らしい品々を一通り注文して本場の味を満喫。粉もんですが粉は少なめで、軽い仕上がりでいくらでも食べられそう(お値段は結構しますが…)。言うまでもなくビールとの相性は鉄板です。(2022年12月18日)