Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

  • 708投稿
  • 315フォロー
  • 542フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • アジア料理
  • 居酒屋
  • 坦々麺
  • ホルモン
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

excellent

Hyuga Brewery

店舗情報

この夏に訪ねた伊豆諸島の神津島。人口1,800人ほどの小さな島ですが、何気に美味しい店多数。中にはこんな小洒落たクラフトビールの店もあるのですね。「明日葉」や「くさや」などの地元食材を使ったアレンジ料理は都内ではなかなかお目にかかれない逸品。特に明日葉のピッツァ、モチモチ生地に明日葉がたっぷり乗って、シンプルなのに大変風味が良い。明日葉(地元では道端に生えている草という感覚)がチーズに全然負けてないのが驚き。クラフトビールも各種あり。明日葉で風味付けしたビールもあったりして楽しい。(2022年9月2日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

average

ぶっ豚 明大前店

店舗情報

明大前駅

二郎系ラーメン

【悲報】多摩エリアを拠点とする二郎インスパイア、我らが郎郎郎(さぶろう)の店舗が先月8月21日に閉店しておりました(T_T) 郎郎郎の新ブランド「ぶっ豚」にリニューアルしたのは確か去年の10月。1年ももたずということで…残念です。 しかしまあ、仕方ないです。場所が悪い。明大前には不動の人気店「富士丸」出身の「もみじ屋」が長らく君臨しておりそれだけでも分が悪いのに、今月14日、屈指のインスパイア「千里眼」の姉妹店「鷹の目」がすぐ隣にオープンした(写真参照)とあっては、ひとたまりもありません。 人気店ではない微妙なポジション(並ばなくてもよくて気軽に入れる)も含めて好きなので、今回は振られましたがこれからも他の既存店を利用したいと思います。(2022年9月17日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

good

元祖寿司 溝の口駅前店

店舗情報

武蔵溝ノ口駅

回転寿司

個人的に回転寿司カテゴリでもっとも利用頻度の高い店。職人さんが握ってくれて、日替わりのサービス品などもあってコストパフォーマンスが素晴らしい(以前はもっと安かったのですが、さすがに昨今の情勢から若干値上げ)。この日はサービストロ×2、ヤリイカえんぺら、ハマチ、シメサバ、ネギトロの6皿と瓶ビール1本で1309円。安くてもネタを選べば十分美味しい。 ちなみに都内にも店舗が多数ありますが、価格が都内仕様(店舗によって違うらしい)。行くなら是非こちらの溝の口店へ。(2022年8月21日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

2022

よっちゃーれセンター

店舗情報

伊豆諸島の神津島。港に降りてすぐの場所にあるなんて事のない食堂。しかしこちら、神津島漁協が運営する大人気スポットで、地物の魚介を使った定食が驚きの価格とクオリティ。三日間で二度行っちゃいました。 金目煮付定食1000円、漬丼定食1000円、刺身定食1000円等々、いずれも先発ローテーションの一角を張れる本格派ながら、一番人気のエースは金目鯛。まずその大きさに驚く。しかも大きいだけでなく、身が肉厚でふっくらしていて…美味すぎる。煮汁がまた鰻の蒲焼のタレのように濃厚で、これだけで白飯がいくらでもイケそう。地元名産の明日葉を使ったかき揚げなど小鉢も充実。脇役のあら汁すら、出汁の旨味が圧倒的で主役級。いや〜、これで1000円はどう考えても値付けがおかしい 笑。神津島、なかなか行けませんが行ったらココは外せません。営業は昼のみ。(2022年9月2日) (2022年9月4日)

Takafumi Koshinaka

Takafumi Koshinaka

excellent

香家 みなとみらい東急スクエア店

店舗情報

みなとみらい駅

ラーメン

どの店に入ろうか迷っていたら、その空気を敏感に察知した店員さんからクーポン券を渡され、吸い寄せられるように入店w 個人的には都内の渋谷店、目黒店、三田店は訪問済みで、こちらは4店目。要するに好きな店なのです。 麻辣・汁なし担々麺のセット1,100円、ごはん大、さらに前述のクーポンでミニ杏仁豆腐をプラス。デフォルトの辛さは程よいレベル(私的には十分辛いですが)。花椒の痺れもほどほど(私的には少し足りない)。麺がザクザクとした歯応えでとても美味しい。具のピーナツやザーサイが丸麦入りのご飯とマッチして追い飯も美味。フィニッシュの杏仁も含めて満足です。(2022年8月20日)