牧 直起

牧 直起

東京都世田谷区上用賀に転居しました。現オフィスは日本橋箱崎町。職場近隣の水天宮前や人形町等、出張先のランチ、ディナー事情を投稿しています!また、島旅好きです。

  • 1096投稿
  • 1797フォロー
  • 1048フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 洋食
  • 海鮮料理
  • 居酒屋
  • 丼もの
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
牧 直起

牧 直起

excellent

人形町駅

とんかつ

とんかつが食べたい同僚と共にこちらへ。人形町にはとんかつの名店がいくつかありますが、そんな中でも気になっていたこのお店へ。 オーダーは、名物の厚切りロースとんかつ。ごはん汁香は別途。登場した厚切りロースは、名前通りの極厚。切り口は厚さ約3cmほどあり、薄ピンク色。繊維のきめ細かさもよくわかります。お店の方におススメの食べ方を聞くと、「まずは塩と胡椒で食べてみてください」とのこと。いただくと、脂の旨みがものすごく強く、サラリとした脂です。とんかつであることに間違いないのですが、極上の豚のステーキを食べているかのような気持ちになります。さらには、サクサクとした食感が、肉の柔らかさ、ジューシーさを引き立ててくれています。 とにかく肉厚のとんかつは想像以上に素晴らしい逸品でした。天下無双の骨付きとんかつ、同僚が絶賛していたメンチカツなどまだまだ食べたいメニューも沢山。また来ます。

牧 直起

牧 直起

excellent

用賀駅

ラーメン

出張帰りに地元用賀駅近くのこちらで夕食。 バターを添えるとより美味!という鰹塩ラーメンをもちろんバター付きで。具は煮豚と低温調理のチャーシュー2種、メンマ、小口切りねぎ。煮豚は提供注文が入ってから提供直前まで網焼き。スープはさらさらの清湯塩味で、熱々での提供。鯛の頭、鯖節、宗田鰹節、本鰹節、真昆布で摂った出汁に鶏を合わせたというスープ。動物性は下支えで、節系強めな魚介の香りに満ち溢れた、和風で潮騒を感じる味わい。自家製麺という麺はストレート中細タイプ。風味の良さとなめらかな麺肌とコシの強い食感がいい感じにバランス。 美味しく完食いたしました。夜遅い時間だったこともあり中にしてしまいましたが、大にすべきだったと少し後悔。もう一つの推しの鴨南醤油ラーメンも食べてみたいと思います。

牧 直起

牧 直起

excellent

福山駅

お好み焼き

城崎&福山出張⑥ 福山駅の高架下にある広島焼きのお店でランチ。 基本の肉玉そばに、イカ天をトッピングした肉玉イカ天そばをオーダー。イカ天とは、広島のお好み焼き店では人気No.1のトッピングアイテムで、するめの胴部分だけをローストし、衣を付けてフライしたものです。生麺が使用されている麺は細目で、端のほうはパリパリとした食感で、内のほうはモチッとした食感。とっても美味でした。 勝成という店名は、おそらく初代福山藩主・水野勝成に由来しているのでしょう。JR福山駅至近というロケーションと、全席で鉄板から直にお好み焼が食べられるのが、このお店の魅力ですね。

牧 直起

牧 直起

excellent

福山駅

お好み焼き

城崎&福山出張⑤ 福山の街で夕食後、少しぶらついた後でもう少々食べたくてこちらへ。JR福山駅からすぐのところにあるお好み焼きで評点の高いお店です。 別に焼いた麺の上に乗せる、広島のお好み焼きのお店で、地元のスタッフもオーダーの豚玉そばをオーダー。オープンキッチンで、カウンターに座ると焼いてる様子が見えて楽しい感じです。田吾では自家製麺を使っているようで、店内奥に製麺室があります。豚から染み出た脂で麺がカリカリに。これが香ばしく、スナックのような味わいで美味しい。そして底の生地もカリカリになっていていい感じ。そこへ、タップリのキャベツのしなやかさと優しいほのかな甘み。そしてソースの甘さも加わって来ます。さらには、豚肉のプツプツとした食感とうまみも最高でした。 〆でこの味は最高でした。

牧 直起

牧 直起

excellent

福山駅

居酒屋

城崎&福山出張④ 城崎での仕事を終え、翌日からの次の仕事に備えて福山へ移動。福山駅近くの評判の良い海鮮料理屋さんでの夕食です。 オーダーは、以下の通り。 刺身盛り合わせ (カンパチ、あじ、はまち、さわら、ヒラメ) 白子ポン酢 蟹味噌 湯豆腐 ねぶとの唐揚げ シャコ一味焼き 自家製カニクリームコロッケ リーズナブルな価格設定ながら瀬戸内海でとれた旬の魚など食材にこだわったお店でした。一人前づつ提供される新鮮で身の厚い刺身、福山の郷土料理ねぶとの唐揚げ、こちらも広島の名産シャコなど全て美味しくいただきました。また、広島の地酒も各種取り揃えていて、亀齢・鋼・ずいかん・nekiなどを楽しくいただきました。