プロフィール カバー写真
Daichi Maeda

TOP USER

恵比寿

Daichi Maeda

恵比寿でのお一人様もこの人にお任せ

瓶ビールは 絶対 赤。 ポテサラもいいけど、マカロニサラダもいい。 日々、皆さまの幸せを追体験し 皆さまの生きた美味しい世界を訪れることで 自らの「旨い!」を再構築する糧を得ています。

  • 1987投稿
  • 284フォロー
  • 3431フォロワー

好きなジャンル

  • 居酒屋
  • イタリアン
  • バー
  • バル
  • 和食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Daichi Maeda

Daichi Maeda

excellent

TAP&TUMBLER 恵比寿店

店舗情報

恵比寿駅

バー

2022年5月28日New Open!! クラフトビール量り売り専門店「TAP&TUMBLER」さん。 恵比寿駅から徒歩3-4分。 「喜久や」さん跡地。 お店に入ると渡されるカードを使って、 セルフでタップから、ビールを注ぐ。 ガソリンスタンドのように、注いだ分だけ カードに情報が記録されて、後で精算。 入って右側の黒板に書かれた、 タップリストと暫し睨めっこ。 ●IPA No.21 カナダ・オンタリオ:Collective Arts Brewingの マンゴーやグァバを使ったミルクシェイクIPA。 甘く入ってきて、ホップの苦みで〆る。 そんな感じのメリハリがある一杯。 ●富士桜高原サマーヴァイツェン 粋な兄ちゃんが「みんなに一杯ご馳走するよ!」 となり、ギャルに紛れて施された一杯。 ABV4.9%と軽い夏仕様でゴクゴクいける。 爽やか苦みと香り、軽快な飲み口。 ●鬼伝説NEW鬼霧IPA 北海道・登別のHazy IPA。 鬼の名は“おにぎり”。 霧の中で柑橘、甘さや苦みとかに 遭遇しては、また霧に紛れていくような ジューシーで、もったり濁った感じの旨さ。 このカードを使った量り売りのスタイル 3年前にハワイの「Off The Wall」というお店で 密かに出会っていました。 https://retty.me/area/PRE999840/ARE1202/SUB120203/100000781383/38765335/?utm_source=ipaShareReport そこでは、「ちょっとずつ飲みたい」人用に 小さめのグラスもあったのが印象的だった。 小さめのグラス、あったらいいな。 ご馳走さまでした!!!!!

Daichi Maeda

Daichi Maeda

excellent

長命うどん 東京本店

店舗情報

恵比寿駅

うどん

2022年4月8日New Open!! 100年以上の歴史をもつ、名古屋の老舗 「長命うどん」さんが恵比寿にやってきた。 恵比寿駅から徒歩3-4分。 タコ公園に行く途中らへん。 白い暖簾に、白い提灯。 無機質なビルに、木の造りというギャップがいい。 カウンター席は、中央と窓際。 入って右側、奥のカウンターへ。 渡されたQRコードを読み込み、スマホで注文。 ●う中(690円) 「う」うどん、「中」中華麺、「そ」そば。 今回は、うどん&中華麺の2種ミックス。 暑い日だったので、「ころ」に。 冷たいお出汁と、冷たい麺の組み合わせ。 キンキンというわけではなく、程よい冷たさ。 冷えたお出汁は、輪郭のしっかりした旨さ。 鰹節と醤油が、じわじわと身体に浸透していく。 うどんは細めで、コシというより弾力。 中華そばは、プリプリとした食感。 角の先まで、衣はカラッと揚がり 黄身はトロリといい感じの半熟たまご(200円)。 小気味のよい食感と、コクが加わり 丼の中が賑やかになっていい。 そば、きしめん。 かけ、ゆつき、冷やし、ぶっかけ。 まだまだ食べるべきメニューがたくさん… ご馳走さまでした!!!!!!

Daichi Maeda

Daichi Maeda

good

ほうざん軒

店舗情報

鶴岡駅

定食

【庄内・鶴岡のらーめん15杯目】 住宅街にポツンとある「ほうざん軒」さん。 出前が多いお店のようで、この立地にも納得。 のぼりと暖簾がなければ、普通の家っぽい。 引き戸を開けると、右に座敷があり 左のカウンターの入口付近に腰をかける。 ●五目ラーメン(750円) キクラゲ、しいたけ、かまぼこ、メンマ チャーシューに煮卵など、豊富な具材。 スープは、あっさりした塩。 麺は中細縮れ麺。 ふむふむ。 ご馳走さまでした!!

Daichi Maeda

Daichi Maeda

excellent

鶴岡駅

韓国料理

だいたい、いつも混んでいる地元の人気店 特選和牛の店「焼肉 千山閣」さん。 鶴岡の人々の胃を、牛肉で満たしてきた 昭和50年から、親子二代つづく老舗。 お店は80名ほど入る大箱。 座敷の席も多く、ファミリー層にも人気だ。 ●赤星 瓶(700円) 写真はないけど、スタートは赤星。 これを置いてあるお店は間違いない。 ●赤身(990円) 個人的に千山閣のイチオシ。 大きさ、厚さ、程よいサシの入り方。 肉を食べている感を味わえる。 ●桜美豚バラ(600円) 牛もいいけど、豚もいい。 力みなぎるような脂、噛み心地。 ●メガハイデュワーズ(700円) ホルモンを迎え撃つべくハイボールへ。 脂を量的緩和するための、メガハイ。 ●てっちゃん(600円) 火柱を上げ、脂という汗をかいてもらった後 表目が少し焦げたくらいが食べ頃。 くどくない良質な脂が旨い。 ●特上ミノ(900円) いつまでも噛めそうなコリコリした食感。 肉厚で、噛むたびに甘い脂がじわりと旨い。 ここの特上ミノもイチオシ。 ●冷麺(850円) 肉と脂の精霊を清めるため、冷麺の儀式。 ツルシコな食感、あっさりだけど味わい深いスープ リンゴでさっぱり、キムチですっきり。 うん、旨い。 この日も安定の美味しさ。 ご馳走さまでした!!!!!

Daichi Maeda

Daichi Maeda

excellent

鶴岡駅

ラーメン

【庄内・鶴岡のらーめん14杯目】 スタンダードな鶴岡のラーメンを味わえる 「味の絹出屋」さん。 「学生ラーメン 500円」の貼紙が目を引く外観。 えんじ色の暖簾を潜ると、左にテーブル 右に座敷、奥に厨房という奥行きのある間取り。 入ってスグ左のテーブル席に陣をとる。 ●醤油ラーメン(650円) “創業から変わらない”を謳う醤油ラーメン。 チャーシュー、海苔、なると、メンマに葱。 このオーソドックスな構成に、妙に納得感を得る。 魚介出汁が香る、優しくほっこりした味わい。 細縮れ麺もフィットしていて旨い。 啜るたびに、どこか懐かしさを感じる。 創業当時の味は知らないけど、 きっと、こんな味だったんだろうなぁ… と思いを馳せる、そんな美味しさでした。 ご馳走さまでした!!!!