Nori.K

Nori.K

美味しいものを知りたい食べたい! とにかく食べることが大好き♪ 考えるだけでも好き‪☆ 酒もこだわりは特にないけど飲むのが好き! よく飲むのはホッピーかシンプルに酎ハイ。 ホッピーがあるだけでテンション上がります。 飲むならせまっこいがやがやしたお店を好む♪ 理想のかつ丼を探し求めてます。

  • 1620投稿
  • 780フォロー
  • 1931フォロワー

好きなジャンル

  • 焼肉
  • 居酒屋
  • 和食
  • 焼き鳥
  • 海鮮料理
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Nori.K

Nori.K

2024

門前仲町駅

フランス料理

日本のフレンチ最高峰で老舗の銀座レカン。 7代目総料理長を務めた渡邉幸司シェフの料理をお手ごろに楽しめるフレンチビストロ。 気軽にフレンチを食べてもらいたいとの思いから2022年7月自身のお店を門前仲町の地にオープン。 店名は「わたなべりょうりみせ」と読む。 渡邉シェフの育った大阪や京都で使われる言葉を店名にしたそう。 現在では予約が困難となっており、月イチの予約日には電話が全く繋がらない状況。 そんな状況下でありがたくお誘い頂き、初のランチでの訪問。 久しぶりにこちらの料理を食べられると思うと必然的に心が踊る。 11時30分開店。 奥様に出迎えられ入って右奥のテーブル席に案内される。 ランチのコースメニューは、メインのみ4種類から選択できる。 デザートの追加も可能。 シェフと奥様からご挨拶をいただき、飲み物とメインをお伝えする。 まずはスパークリングで乾杯してコースのスタート。 〇 Ackerman L'Esprit Nature Crémant de Loire Blanc de Blancs ▪️季節の前菜 ・旬のアスパラ ・ホタルイカ ・桜海老 新鮮野菜をメインにした前菜。 桜海老の香りとホタルイカのワタも良いソースに。 ▪️アミューズ ・シュー生地 ・チーズ ・りんごのピューレ ・生ハム 指でつまんで一口でいただく。 シュー生地のような皮に包まれた中にはチーズが入っており、そこにリンゴと生ハムが合わさって絶妙に一体化。 この小さなアミューズだけでもクオリティの高さが伝わる。 ▪️パン 門前仲町の超人気ベーカリー「たむらパン」のバゲット。 小麦の香りがとても良く外はカリッと中はもっちりの美味しいパン。 この後のソースを拭うのに活用。 ▪️新玉ねぎのスープ ・グリーンピースのソース ・チョリソー風味のオイル 玉ねぎの甘みが程よくとてもクリーミーな至高のスープ。 ソースと具材にもグリーンピースを用いてフレッシュ感を演出。 風味と辛味のチョリソーオイルがアクセントに。 〇 Domaine Antonin Guyon Chardonnay Bourgogne 2017 ▪️桜鯛のポワレ 春キャベツ 生のりソース ・筒菜 皮目をパリッと焼かれた桜鯛の身はしっとり。 春キャベツの甘味と筒菜の食感を楽しむ。 ソースが筆舌に尽くし難いほど美味で、生海苔の香りが和のエッセンスを付加する。 〇 Louis Chèze Syrahvissante 2021 ▪️牛フィレ肉のポワレ 赤ワインソース ・人参のピューレ ・マッシュルーム ・そら豆 鶏肉,豚肉,牛肉,魚介の4種類のうちから牛フィレを選択。 断面がロゼ色の牛フィレ肉のポワレは肉の旨みがギュッと詰まっている。 煮込まれた赤ワインソースの濃厚な味わいに、人参のピューレが優しい甘さを加え、これもまた絶品のソースが仕上がる。 ▪️びわのコンポート アーモンドブランマンジェ ・アーモンドミルクの泡 アーモンドの泡とブランマンジェで挟まれるようにジュレで包まれたびわのコンポート。 ブランマンジェがまるで杏仁豆腐のような芳醇な香り。 見事なまでに完璧なひと品。 シェフと奥様の温かな接客がとても心地よく、ずっと居座りたくなる。 料理は言うまでもなく、どれを食べても極めて美味で特にソースが絶品。 複雑に絡み合う濃厚なソースは自分の好みに完璧にフィット。 ランチでもボリュームがあり、お腹も心も満たされる。 ワインも泡,白,赤と楽しんで1人9,000円ほど。 ここは来られるのであれば何度でも何時でも訪れたい。

Nori.K

Nori.K

2024

小伝馬町駅

フランス料理

小伝馬町の路地にひっそりと店を構える小さなビストロ。 ボリュームのある絶品の創作フレンチで訪れる客を魅了する。 店内は最大10席のテーブルのみで木の温もりを感じる穏やかな空間。 前回訪問時に予約し約半年ぶりの訪問。 今回も8人での貸切会を楽しむ。 山田シェフから事前に黒板メニューを共有いただき、参加されるメンバーと相談して食べたいものを予めお願いしておく。 当日の追加分も含めコースを組み立てる。 予約時間に全員が集まりシェフに出迎えられる。 各々着席してコースがスタートする。 ----------------------------- 〇 L. Bénard-Pitois  LB Brut Rosé Champagne Premier Cru ▪️豚のリエット 先ずはアミューズから。 指でつまんで一口で頂く。 小さいながらも豚肉の味がぎっしりと詰まった一品。 〇 Domaine Vigneau-  Chevreau Vouvray Sec ▪️ドイツ産ホワイトアスパラのゆでたてオランデーズソース 見事なまでに極太で巨大なホワイトアスパラガス。 バターのコクとレモンの香りが爽やかでクリーミーなオランデーズソースをたっぷりと纏わせて。 ホワイトアスパラはとても甘く柔らかな食感。 2本も食べるとかなりの満足感。 ▪️自家製パン 香ばしく中はもっちりと小麦が香る。 皿のソースを拭いながら楽しむ。 〇 Domaine Paul Garaudet  Bourgogne Chardonnay 2012 ▪️広島県産カキのムニエル焦がしバターソース 〈カリフラワーのロースト添え〉 中サイズの牡蠣をたっぷりと使用したムニエル。 バターで牡蠣の表面がサクッと焼かれとても香ばしい。 旨味をふんだんに蓄えたジューシーな牡蠣の磯の香りにバターのコクが合わさり、悶絶するほどの美味しさ。 牡蠣の旨みを吸収したカリフラワーも絶品。 〇 Gustave Lorentz  Pinot Noir Alsace Evidence 2020 ▪️岩手県産短角牛シンタマのタルタル 〈フライドポテト〉 短角牛のシンタマ(モモ肉)を使用したタルタルは赤身の美味しさをダイレクトに味わえる。 少し酸味の効いたスパイシーな風味も良い。 〇 Domaine Saint Vincent  Vinsobres 2016 ▪️フランス産鳩のパイ包み焼き 〈フォアグラ,モモのミンチ,胸肉の三層仕立て〉 美しいロゼ色のムネ肉は柔らかくキメ細やかな上質の赤身。 モモ肉のミンチには旨味がたっぷりと。 2つの肉に挟まれたフォアグラが良い感じでつなぎの役目を果たし一体感を生む。 ▪️ズワイガニたっぷりリゾット 〈ブッラータチーズがけ,ビスクソース〉 芳醇な海老の香りの濃厚ビスクソース。 ズワイガニのほぐし身が存分に混ぜられ上には脚の身とたっぷりのブッラータチーズ。 蟹の風味に海老の香りが見事にマッチ。 ▪️デザート盛り合わせ ・クレームショコラ ~ヘーゼルナッツアイス添え~ ・レモンタルト ~バニラアイス添え~ ・ヌガーグラッセ ~フランボワーズソース~ 今回も辿り着くことができたデザート。 盛り合わせにすると3種類全てを楽しむことができる。 ----------------------------- それぞれの料理が驚くほどのボリュームがあり、そしてどれも絶品。 見たことの無いような大きなアスパラに、大盛りの牡蠣のムニエル。 赤身を存分に味わえる短角牛のタルタル。 ここに来たら必ず食べたいのがパイの包み焼き。 今回は贅沢にフランス産鳩を楽しんだ。 追加オーダーのズワイガニのリゾットも運ばれてきた瞬間にテンションの上がる盛りつけ。 デザートまで食べ終えるとかなりの満腹感。 最初から最後まで圧倒的ボリュームとその美味しさに魅了され続ける。 調理を終えたシェフと和やかに会話を楽しみつつ、次回の予約も忘れずにお願いする。 次は9ヶ月後。 今度は何を食べられるのか今から楽しみ。

Nori.K

Nori.K

excellent

赤坂見附駅

寿司

本格江戸前鮨の飲み放題付きのおまかせコースをお手頃価格で提供。 そのハイコスパなコース設定ゆえ、人気が高まり現在では予約が数ヶ月先となっている。 赤坂見附駅からすぐの立地。 お店はプレミアム横丁と名のついたビルの地下にあり、系列の「希鳥」「NaCamogro」も並んでいる。 足を踏み入れると清潔感のある明るい店内にカウンターがLの字に配置。 上着と荷物を預け4人並んで席に着く。 まず飲み物メニューの説明から。 フリーのものと追加料金のものがあり、フリーのメニューでも日本酒も複数用意されている。 贅沢を言わなければこれで全然OK。 1人1杯注文可能なシャンパンをお願いしコースのスタート。 ――― 〇 champagne 1人1杯のみシャンパンの注文が可能。 こちらで乾杯。 ▪️本鮪手巻き うずらの卵 ここに来たら先ずはここから始まる。 一つ一つ丁寧に海苔で包んで手渡される。 ねっとりと濃厚なうずらの卵と本鮪。 シャンパンにもよく合う。 ▪️筍と木の芽味噌 軽いおつまみ。 ここからは日本酒に切り替え。 〇 あたごのまつ 鮮烈辛口 ▪️お造り ・白ミル貝 ・カツオ ・にきり醤油&新玉ねぎ ・すだち&わさび 新鮮で臭みのないカツオに柔らかく活きの良いミル貝。 それぞれ違う食べ方で。 〇 日高見 辛口 本醸造 ▪️メキシコブラウン海老フライ ・タルタル ・海藻藻塩 アーチ状に整えられた海老は段力が強くて美味しい。 個人的にはタルタルの方が好み。 〇紀土 純米酒 ▪️真鯛 ▪️スミイカ ・すだち&塩 シンプルでイカの味が際立つ。 〇 AKABU ▪️黒むつ 皮目を炙られ香ばしい。 脂も極上。 ▪️牡蠣の紹興酒漬け 酔っ払い牡蠣。 ジューシーな磯の香りと紹興酒の香りがマッチ。 〇 磐城壽 浜の復興酒 ▪️野菜のおひたし 出汁をたっぷりと注いだおひたし。 桜海老の香りも良い。 〇 金陵 濃醇純米 ▪️漬け鮪 ▪️中トロ ▪️白えび ヅケの後に中トロの流れが良い。 中トロに軍配。 ▪️しじみとハマグリの玉子とじ雑炊 ・あおさ ・シロウオ 貝出汁の詰まった雑炊。 アオサの香りが良い演出。 ▪️マスノスケ幽庵焼き キングサーモンの別名。 脂の乗った身に味が染み込む。 こらは箸が止まらない。 〇 一白水成 特別純米酒 ▪️シマアジ ▪️ホタテ ▪️味噌汁 魚の出汁の旨味がたっぷり。 白味噌ベースの優しい味わい。 〇 伯楽星 特別純米 ▪️穴子 握りの〆はやはり穴子が嬉しい。 身はとても柔らかくツメはアッサリ目。 濃厚なツメの方が好み。 ▪️ロイヤルミルクジェラート ・熟成みりん このご時世でも値上げをせずに、コストパフォーマンスを維持し続けているのは企業努力の賜物。 板前さんの技術も素晴らしく、高級鮨店にいるかのような雰囲気。 日本酒も大将の隠し酒を含め8種類を存分に頂いた。 値段、ボリューム、質ともに満足な内容だった。

Nori.K

Nori.K

excellent

虎ノ門ヒルズ駅

中華料理

沖縄、台湾、中国を融合した料理を提供する、渋谷、丸の内にもある人気店「TAMA」の分店。 虎ノ門ヒルズビジネスタワー3階の虎ノ門横丁に店を構える。 厨房を囲うカウンター席と、背の高い長テーブル席がある。 久々にこちらの魯肉飯が食べたくなり再訪。 テーブル席に座り口頭注文を済ませる。 支払いは後会計。 ▪️魯肉飯 1,000円(税込) ランチは4種類。 他の3種類は以下で全て1,000円の均一価格。 ・玄米タコライス ・沖縄そば ・アーサーそば 提供はかなり早い。 脂身と赤身が綺麗に層を成す三枚肉が目を引く。 半分にカットされた味玉と青菜も彩る。 以前来た時より肉は小さくなった印象。 値上げもしていないので仕方ないかな。 八角で香りつけられた柔らかな三枚肉。 脂身は甘味がありとろける。 細かなお肉もなどの具材もあるのでご飯が進む。 食べにくければ蓮華もあるのでありがたい。 沖縄県産の島コショウ「ピィバーズ」をかけて味変。 魯肉飯がピリッと引き締まる。 大盛りにはしなかったが少しご飯が多めのバランス。 少し値上がっても以前くらい具材が多い方が良い。 お腹はそこそこ充足。 ランチにはちょうど良い量かも。

Nori.K

Nori.K

excellent

新橋駅

カレー

コリドー街沿いのビルの4階。 クオリティの高い本格的なカレーを楽しめるお店。 外に出ている看板を目印に営業中であることを確認 ビルに入る壁面のところにシールで小さく店名が書いてある。 とても控えめ。 エレベータで4階に上がると、降りたところには営業中の案内板。 さらに進むと奥の方にブラン亭の蛍光灯が点る看板が見える。 扉の造りから雰囲気までスナックの居抜きのような店内。 ちょうど食べ終えた客が出たようでママさんがテーブルを片付け中。 間仕切りのされたテーブルと椅子は窮屈そうに並べられている。 指定された席に座り注文。 ▪️日替りカレー 1,050円 ・チキン,ポーク,キーマ,豆 ・目玉焼き 100円 ・ライス大盛り 50円 〈付け合せ〉 ・オニオンチップ ・ライムピクルス 本日の日替わりは上記4種。 これが一番お得感がある。 注文してから盛り付ける訳ではなく調理もしているのでそこそこ時間がかかる。 注文から15分程で提供される。 ターメリックライスを中心に4種のカレーとレタスサラダ。 時計回りにポーク、チキン、豆、キーマ。 チキンが半分ほどを占める。 チキンはシャバシャバ系のスパイスの効いたすっきりとしたカレー。 鶏肉もごろっと入っている。 マイルドなポークはバラのような肉の脂がカレーに馴染む。 煮込まれた豆は優しい甘口で他のカレーを引き立てる。 水分の少ないキーマはあらびきの肉が食感もよく抜群に旨い。 深い味わいながら少し酸味を感じる。 これら4種を混ぜながら味の変化を楽しむ。 ライムのピクルス、フライドオニオンを加えてさらに味変。 マスタードオイルに漬けたライムのピクルス。 さわやかな風味が口中に広がる。 無くなっていくのが惜しいほど美味しい。 大盛りを食べ終えてもまだ食べたくなる、強く余韻が残るカレー。 PayPayで支払いを済ませご馳走様。 雰囲気のとても優しげなママさんと少し会話をして心地よく退店。 個人的には新橋界隈で1番のカレー。