プロフィール カバー写真
Mihoko Kumagai

TOP USER

品川

Mihoko Kumagai

「美味い物好きの行動派」は今日も品川を行く

「美味いものは自分で確かめるべし‼︎」という自称「美味い物好きの行動派」として、美味しいものを求めて全国あちこちに出没しています。

  • 2886投稿
  • 438フォロー
  • 4172フォロワー

好きなジャンル

  • イタリアン
  • 丼もの
  • 和食
  • 海鮮料理
  • 居酒屋
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Mihoko Kumagai

Mihoko Kumagai

excellent

    かまくら個室ビストロ KAMAKURA 新宿店

    店舗情報

    新宿三丁目駅

    居酒屋

    友人たちと集まったのは、オープンしたばかりなのに結構人気が出ている、ちょっと面白い内装の和牛とチーズのビストロです。場所は新宿駅南口から徒歩3分、ガード下をくぐり抜けてすぐの飲食店が集まっているビルの7階です。エレベーターが1機しかないので上に上がる人で大渋滞、エレベーターに乗るまでに10分並んでしまいましたσ(^_^;) エレベーターの扉が開くと緑の小道のようなエントランスがあり、消毒と検温後にご案内です。個室だし感染症対策はきちんとなされているようです。 最初はこちらの名物ドリンクとなる 旬のフルーツスパークリング 990円、今の季節は巨峰とマスカットがあるとのことで、私は巨峰にしました。すぐにスタッフが宝箱のような木箱を抱えて来ました。中に入っているのはなんとお通し 380円 のマカロン⁈ チーズと抹茶マカロン、塩味の効いた豚レバーペーストとラズベリーマカロン、バジルサワーチーズクリームとチョコマカロンの3種類から選ぶのです。1人1つなので、3名でよかった‼︎ 1種類ずつをみんなでシェアしました。どれもお酒に合うように調整された絶妙な甘さのマカロンで、挟んでいるクリームやペーストとの相性も良く考えられています。 スターターは かまくらのポテトサラダ 580円 に タワー生ハムとチーズのピンチョス 680円 です。ポテトサラダはコンビーフが入り半熟卵が乗った、これはもう美味しくないはずがない鉄板の組み合わせです。ピンチョスは生ハムの塩味がパンとピッタリ、欲を言えばパンがもう少し薄く、軽くトーストしていれば申し分なしかしら?どちらもビジュアル的にも映えますね。3名だとポーション的には少なく感じたのでもう一品追加、和牛推しということなので どっさりバルメジヤーノ和牛炙りカルパッチョ 1080円 をチョイス、肉質の良さを感じられるもので、これならオリーブオイルと塩、胡椒にハーブをあしらってシンプルに肉の良さをもっと強調できるのでは?と思いました。 ここからメインになります。スタッフのおすすめで 燃えるハンバーグ 1080円、本気のオニオンリング 580円、和牛肉寿司 1080円 をオーダー、ハンバーグはあらかじめブランデーがかけられているハンバーグを目の前で火をつけて燃やすというパフォーマンスが楽しめます。ギュッと詰まったハンバーグはおそらくツナギなしの肉のみ、味はソースはジュのみという大人のテイストでこれはビストロならではの一品だとおまいます。オニオンリングはフリットのような仕上がりで、熱々の肉厚の玉ねぎの甘みが自家製タルタルソースやケチャップで旨味となって口の中に広がるのです。これ無限に食べていられるかも(^ ^) 肉寿司はサシの入った上質な和牛にイクラが散らされ、海苔で巻いて食べるもの、一貫が大きく食べ応えバッチリな肉寿司でした。 〆は 熟成チーズのラグーパスタ 1480円、お肉たっぷりのラグーに卓上でスタッフが「ストップ」と言うまでパルミジャーノをすり下ろしてくれます。最初に「そんなところでいいかも?」と言ったらスタッフに「え⁈もういいんですか⁈」と突っ込まれ、チーズおろしチキンレースになってしまって、終わった時はもはやパスタが見えませんσ(^_^;) しっかりとパスタに絡めてチーズを堪能しました。これも肉の味はよくマイルドな味付けはチーズの塩味で味が決まります。パスタはやや柔らかめだったので、私的にはもう少しアルデンテが好みかも⁈ 2021年9月にできたばかりと言うことですが、この日は満席のようで、開始後2時間の時間制限がありました。すでに人気店ぶりが窺われますが、更なるブラッシュアップを続けられることと思いますので、これからが楽しみなお店になると確信しました。

Mihoko Kumagai

Mihoko Kumagai

2021

    表参道駅

    鉄板焼き

    表参道から徒歩7分、渋谷からも同じくらいで歩ける2つの駅のちょうど中間に位置する九条ねぎ焼きのお店です。渋谷付近でなかなかのコスパを誇る人気の鉄板料理のお店があるとお誘いを受け、早速やって来ました。表通りから一本奥に入った路地にあるのですが、表に看板が出ているので迷うことはないと思います。 まずは日本酒スパークリングでお疲れ様な乾杯‼︎ お通し 400円(全て税別) は山芋そうめん、とびこが載っていて色合いも秋らしい一品です。柚子胡椒のタレがかかっているので少し刺激的なのも美味しい‼︎ さて、当然こちらに来たら焼き物を中心にしようと、スタートはこの季節ならではの 秋刀魚と大葉のパリパリ焼き 630円、すぐに食べられる 牡蠣のオイル漬け 980円、鯖のポテサラ 880円 です。目の前で秋刀魚が薄い生地とともに焼き始めたところで牡蠣がきました。マリネにはクセのないひまわり油を使い、出汁やみりんの和風オイル漬けで、旨味が引き立ちます。食べているうちに秋刀魚のパリパリ焼きが目の前で完成、出汁醤油系のタレが良い香り‼︎ 秋刀魚なので敢えて出汁粉は控えめにして風味を引き立たせているところが憎い気配りです。鯖のポテサラは鯖を目の前でこんがりと焼いて骨を取り、卵とともにポテトサラダに混ぜ込まれて供されるのです。極厚の鯖はしっとり感を残してフレークとなり、諸々の隠し味が仕込まれたポテトサラダに同化していて旨味たっぷりの新食味‼︎ これは自宅でも作りたいけれど、かなり難しいと思います。 お酒のつまみとしては最適の 馬車に乗ったモッツァレラ 880円 はバターとアンチョビでチーズサンドをカリッと焼いたものでモッツァレラが伸びる伸びる⁈ 素焼きのトーストではないところも素晴らしい‼︎ 作るのに時間がかかるのであらかじめオーダーしていた京九条ねぎ焼き(ホルモン) 1180円 が目の前で完成、小麦粉を使わないトロトロの生地にたっぷりの九条葱、新鮮なホルモンはプリプリしていて柔らかく、味がものすごく良いのです‼︎ これは私が食べた中でベストなねぎ焼きかもしれません。 そして変わった食材が目につき、いただいたのが 京生麩と彩野菜のバター焼き 860円 です。野菜の色が美しく、生麩が堪能的な舌触りでもうノックアウト‼︎ これは永遠に食べ続けられそうです。隠し味的なアンチョビも良い仕事をしていました。そして大将から勧められたのが、チゲ豆腐を食べている時に思いついたという 韓国風ホルモン豆腐 1080円 にもトライ、使っているキムチがめちゃ旨でまさに「焼きチゲ」でした。 メインに選んだのは 北海道肉厚帆立バター焼き 1580円と 広島菜の豚肉巻き 680円 です。帆立バターは山芋を土台にして共され、身厚な帆立は自家製ブルゴーニュバターで香り豊かにふっくらと焼かれていて、口に入れれば溶けるかと思うほど甘くて艶やかです。添えられたバジルソースはお好みとのことですが、焼き野菜につけていただくと口の中がさっぱりしました。豚肉巻きはさつまいもで飼育した豚肉を使っていて、肉の味も脂の甘さも申し分なしの身厚でみっちりと詰まった肉質で、広島菜の歯触りと豚肉と合わさった風味がgood‼︎ これも絶対ご飯が欲しくなる一品ですね。 〆はそばめし(山形牛牛すじ入り) 980円 です。オプションで目玉焼き追加しました。赤鶏の卵なのでコクと風味が加わって味に深みが加わるのは、今までいただいた料理で実感していました。細かく砕かれた焼きそばとご飯、柔らかく煮込まれた牛すじ煮、たっぷりの青ネギにソースを絡めて、お好みでピリ辛ソースを垂らしていただくのです。ソースは京都の小さな会社が作っており、ピリ辛ソースはソースを醸造した後に残るオリのようなものだそうで、これはアイディアですね‼︎生産者と繋がったお店であることがわかります。悲しいかな私たちはお腹いっぱいで完食は出来なさそう…相談したら余ったらお持ち帰りできるとのこと、これはいいサービスです。自宅に待って帰って、美味しくいただきました(^ ^) 大将は会社員を辞めて世界各国を旅して料理の道に入ったそうです。オリジナリティを感じる料理はヨーロッパの素材を使いながら和出汁や醤油などを合わせていて、和洋の旨味をうまく融合した料理に仕上がっていました。これを独学でここまで昇華させた力量と発想には頭が下がります。これからも意表をつく料理で楽しませてくれると思います。

Mihoko Kumagai

Mihoko Kumagai

good

    神保町駅

    そば(蕎麦)

    方向だけ決めて歩き出したランチタイム、ビルの中の飲食街でも行けば何か食べたいものが見つかるかしら?と思っていたら、途中で見かけた蕎麦屋が無性に気になってしまい、これも何かの縁とばかりに入店しました。看板はかなり年季が入っていて、かなり永く続いているお店かもしれません。 店頭に出されている黒板を見て、サービス定食 950円 にきめていました。カツ丼と蕎麦でもりかかけを選べます。あまりにも寒かったのでかけにしました。蕎麦屋のカツ丼って、なぜかそそられますよね‼︎ カツの全面をおおう卵とじとツユがホッとする味です。カツはわりと厚めで、お値段からすればお得感を感じました。私は温かいかけ蕎麦にしましたが、関西風のツユで、出汁の味が少しぼやけた感じがしたのはやや残念でした。これなら他の皆さんが頼んでいたもり蕎麦のほうがよかったかな? あまり目立つ場所でもなく外観も地味ですが、お客さんは途切れずに入っていらっしゃいます。あまり他では見ないカレーせいろなんかもあるので、第一印象より尖った姿勢が印象に残りました。次回は尖った部分もトライしなければ⁈

Mihoko Kumagai

Mihoko Kumagai

good

    ア・ラ・カンパーニュ 本八幡店

    店舗情報

    本八幡駅

    カフェ

    ちょっとした打ち合わせで利用、本八幡駅の改札を出てすぐの立地で大変便利です。 パティスリーも兼ねているためケーキも豊富、目移りしそうでしたが、今回は所用で利用したので ブレンドコーヒー 580円 にしました。大きめのカップにたっぷりと注がれたコーヒーはかなり深煎りな印象を受けますがマイルドな風味で飲みやすいタイプです。ケーキと合わせるときのバランスは良さそうでした。 こちらのケーキは人気があるようで、開店直後にも関わらず多くの人が買い求めていました。お値段的には少々高めの価格設定ですが、食べ応えのある大きさとフルーツの多さを見ればそれほど違和感はないので内容として納得できるのでは、と思います。機会があればテイクアウトもしてみようかしら?

Mihoko Kumagai

Mihoko Kumagai

excellent

    100時間カレー B&R 神田店

    店舗情報

    神田(東京)駅

    カレー

    日曜日の神田はかなりのお店がお休みです。でもここならきっと営業していると確信して伺ったのがこちらです。前は通っていましたが実際に行ってみてびっくり、こんなに間口の狭くて奥に長いお店とは思いませんでした。 いただいたのは私の好きな 半日分の野菜カレー 780円 にオプションでトッピング追加、温泉玉子 100円 です。カレーはもちろん辛口にしました。こちらはオーダーを受けてから野菜やカツを揚げるので、提供まで少し時間がかかるのですね。多少時間がかかっても出来立てがいただけるのは嬉しいものです。呼ばれてお皿を受け取りに行くと、色鮮やかな野菜がきれい‼︎ 温泉玉子を崩すとお花畑のような色合いになります。濃い色目のカレーはしっかりと野菜や肉のエキスが溶けていて濃厚な味、そこに野菜をつけていただくのです。素揚げも歯触りを残した仕上がりで大変うまく揚げていました。地元にもある100時間カレーですが、カレー激戦区でいただくとそれなりに重みを感じるのは不思議です。 入店前にチケットを買おうと店頭にあった券売機でボタンを押してもうんともすんとも言わず、中に入って聞いたらオーダーカウンターでも注文できるとのことでした。もしPayPayを使うならチケットを買わずに店内に入って、口頭でのオーダーをお勧めします。 #2021カレースタンプラリー #PayPay使える