n.Komura

n.Komura

新日、サザンファン歴30年。 食物系ではないですが、ややヲタクめいたブロクをやってます。 愛車は三菱コルトとコラテックR.Tカーボン。 とりあえず何から書いたらいいものやら。

  • 1773投稿
  • 419フォロー
  • 1678フォロワー

好きなジャンル

  • うどん
  • 焼き鳥
  • 居酒屋
  • 餃子
  • 丼もの
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
n.Komura

n.Komura

good

三本松(香川)駅

うどん

【香川と徳島を結ぶ峠道のうどん店】 Huawei P30Liteにて撮影。 香川県は東かがわ市、徳島の阿波市へ通ずる峠道の途中にあるうどん店。 このお店、開店してかれこれ10年弱は経つと思うが、やたらとボリュームのあるうどんを出してくれることで極地的に有名だったりする。 大盛り、普通盛り、小盛りとあるのだけど、小盛りでうどん二玉、普通盛りでうどん三玉らしく、しかもその一玉は「香川のうどん店の」一玉分。 どれくらいのボリュームがわかってもらえると思う。 今まで何度か店の前を車で通ったり、軒先まで伺ったことはあるのだけど、平日のお昼時でも行列も行列。 「並んでまでなあ」という気持ちが先に立って足が遠のいていたのだけど、この日店前を車で通りがかると、車は停まっているのだがいつもの?ような停まり具合じゃない。これなら、ということで伺ってみた。 正確に数えていないが、四人がけのテーブル席が六〜七つくらいか。 昔は座敷席もあったらしいが、今はテーブルのみとのこと。 メニューを見てみるとかけうどんから始まって、店の一番人気?の牛すじはうどんやら天ぷらうどん、果ては松茸のうどん(5000円とのこと)まで、バリエーション様々。 ただ、ひと目見て真っ先に思ったのが一部のうどんの値段が妙に高い。 今回は牛すじのぶっかけうどん小盛り(小盛りは50円引き)を食べたのだけど、普通盛りで1100円、天ぷらうどんになると1500円と、今まで幾度となく香川でうどんを食べてきたが、ここまでの価格を要求するうどんは始めてだ。 肝心のうどん自体はツルツルとした食感なのと、やたらめったらコシがある!というわけではない。 基本柔らかめなのだが、その中にもきちんとしたコシが感じられるといったようなもの。 たぶん加水率が高め?なのかと思う。 この峠道にあるこの雰囲気、このボリューム込みでの値段でどう考えるかによって、満足度が変わるのでは。 #ボリューム満点 #駐車場あり #麺にコシある #インテリアにこだわりあり #地元民に愛される店

n.Komura

n.Komura

good

【この手のからあげのお店って、だいたいパターン一緒だよね】 Retty初掲載並びにHuawei P30Liteにて撮影。 香川県は高松市、唐揚げと唐揚げ弁当専門テイクアウトのお店。 この手のお店は全国津々浦々、至るところで見受けられるが、大体店の作りから始まってフォーマットが一緒というか。 多分どこかが取り仕切ってて、屋号だけ変えてると思う。 さて、テイクアウト専門のお店なので、唐揚げ単品もしくは唐揚げ弁当の持ち帰りが可能。 一つ一つの唐揚が大きく食べごたえがあるのと、独自に?ブレンドした唐揚げ粉を、粉のまま鶏肉につけて揚げてると思われるタイプ。食感に関しては唐揚げというよりフライドチキンのそれ。 今回テイクアウトで唐揚げの弁当を。 デフォルトは唐揚げが三つ入ってて、増えるごとに追い銭。 ただ、一つ一つの唐揚げ大きいので三つでもそれなりに満足できるもの。 唐揚げに関しては何種類か味付けがあるが、個人的には塩唐揚げが旨いと思う。 他の唐揚げは味つけが濃すぎる気がするが、好みもあるしなあ。 #テイクアウトできる #駐車場あり #注文してから調理 #このクオリティでこの値段 #ボリューム満点

n.Komura

n.Komura

excellent

高知橋駅

居酒屋

【高知民御用達?居酒屋さん】 Retty初掲載店並びにHuawei P30Liteにて撮影。 高知県は高知市、高知パレスホテル近くにある居酒屋さん。 このお店、ビジネスホテル近くにはあるけど地元民御用達といおうか、雑居ビルの二階にあるのとそんなに「店やってますよ」という雰囲気がない。 それ故に地元民御用達という書き方をしたのだけど、Rettyでも誰もレビューしてないのと、店の雰囲気だけ見て「よしここにしよう」という考えになりにくい様な感じ。 店自体はそんなにキャパはない。 カウンター席六〜七席と6人が座れる座敷が三つほど。 年配の方が一人が調理と、給仕で一人おられるので、注文して出てくるのは少しばかり時間がかかるかもしれない。 と、言うのも今回意を決して入店したら年配の方の集まりか、座敷席で盛り上がっててそっちにリソースを割いていて、こっちの料理にまで手が回ってなかった。仕方ないか。 出てくる料理は至極まとも。(まともという言い方はおかしいが) 今回牛スジ煮込みと鯖寿司、そして高知の居酒屋ではつきものの鰹のたたき。 鰹のたたきに関しては「ハガツオですが」という説明があった。 時期が違うので、あまり市場に出回らない鰹らしいのだが鰹の旨味は十分。 鯖寿司に関しては焼き鯖にしてあって、表面を軽くバーナーが何かで焼いてある。 パリパリとした食感が面白い一品。 店の方に話を聞くと今年で14〜5年になるとか。 また行く。 #地元の名店 #地元民おすすめ #地元民に愛される店 #お一人様OK #1人だから行きたいお店 #カウンター席あり #カウンターで一人飲み #落ち着ける店内 #県外の人にもオススメ #観光客におすすめ

n.Komura

n.Komura

excellent

岡本(香川)駅

うどん

【県内屈指の剛麺をウリにしたうどん店】 香川県は高松市、高松空港近くにある男麺?をウリにしたセミセルフのうどん店。 冒頭にも書いたように、このお店「県内屈指の男麺」と看板にデカデカ?と書いてある。 男麺〜?ホントかよ、と入店して壁のメニューを見てみると、店のウリは肉うどんらしく。 ほうほう、肉うどんはちょっと自分五月蝿いですよと思いつつ、素直に肉うどんを頼むのもなんか相手の手の内に乗せられてそうなので、「肉ぶっかけうどん」をお願い。 それぞれのメニューは小、中、大の三種類で、今回は中盛でお願い。 出てきたそれを見てみると、ま〜しくじった色んな意味で。 どどん!と煮込まれたバラ肉が敷き詰められててうどんが見えなくなる勢い。 うどんに関しても、香川ではこれで中盛りなのだろうけど普通は大盛りと言うんだこれは。 何度香川に行ってもこればかりは慣れない。 ウリの剛麺に関しては香川の一般的なうどん屋さんに比べると確実に太麺モッチモチ。コシがありすぎて噛み切れない!ということはない。 ただ、今回は温かい出汁と麺でお願いしたのでこれが冷水で〆るとまだ歯ざわり、食感が変わると思う。 今回は中盛でお願いしたが、女性は小盛りで十分だと思う。 美味しいものは少しで良いのだ。 #地元民おすすめ #地元民に愛される店 #ボリューム満点 #ガッツリ食べたい時に #麺がスープに負けない存在感 #麺にコシある #駐車場あり #県外の人にもオススメ #観光客におすすめ かんこ

n.Komura

n.Komura

excellent

【高知は鰹だけじゃない、四万十で食べるうどんの味】 Huawei P30Liteにて撮影。 高知県は四万十市にあるセミセルフのうどん屋さん。 高知は鰹のたたきだけにあらず、ここ四万十市は何気にうどんの有名店がありまして「水曜どうでしょう」にて、大泉洋さんが太鼓判を押したうどんの人気店「いろりや」は四万十市にあったりする。 さて、このお店以前は四万十市でも山奥に店を構えていたが2015年に今のこの店舗に移転。 とはいっても、今のこの店舗も大通りにあるわけでもなく、今このご時世だからこそ皆調べて訪れることができるといったような塩梅。 よくこんな場所を選んだなあと思うばかりだ。 さて、開店が11時かららしいのだが、到着したのはそれよりも10分ほど早い時間。 まあ、開店するまで待っておこうと車の中で待っていたら気づいた店員さんがジェスチャーで中に招き入れてくれた。良い人だ。 やり方としてセミセルフ?になるのか、カウンターで店員さんにうどん何玉食べるかと、かけうどんにするかぶっかけうどんにするか。 出てきたうどんを自分でタボに入れて湯がく。 多分四万十市ではこの店だけのような気がする。 肉うどん等は店員さんの方で作ってくださるとのこと。 今回はうどん玉1.5のかけうどん。 天ぷら類は色々とあったがイカ天で。 うどん自体はツルツルとした食感と、もちもちとした歯ざわり。 どちらかというと加水率高めでうどんをこねているのだろうが、温麺で食べてしまったのでコシ自体は自分の中では柔らかめ?に感じた。 これが冷水で〆た状態だと変わっていたと思う。 出汁はごめん。あまり好みではなかった。 鰹だし?だとは思うのだけど、もうちょっと甘め?な出汁の方がこのうどんには合うような気がする。 ただこれは中に入れる天ぷら等のトッピングによっても変わるのでなんとも...な部分か。 その昔、四万十市でロードバイクのイベントに参加したときに、途中のエイドで提供されていたのを食べて以来、いつかもう一度食べてみたいとは思っていたが、この日叶うとは思ってもなかった次第。 先にレビューして下っている方々に感謝だ。 #地元の名店 #地元民に愛される店 #県外の人にもオススメ #麺にコシある #ランチはお手頃価格 #駐車場あり #中毒性あり #観光客におすすめ