Hiroshi Abe

Hiroshi Abe

サラメシ中心に備忘録として記します。

  • 362投稿
  • 505フォロー
  • 194フォロワー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Hiroshi Abe

Hiroshi Abe

excellent

東梅田駅

お好み焼き

サラメシ 列がそれほどでは無く、あまり時間がかからないと思い、並ぶ事に。回転は意外にもはやく、あまり待たずに入店。 特選ミックス焼き(¥1,450)をオーダー。 奥の厨房で作られた物を目の前の鉄板に運んでくれる。中はフワフワでまるでホットケーキのよう、外はカリッとした食感。ソースとマヨネーズの配合もよろしく、粉物文化を堪能する。 美味しい大阪の粉物名店。

Hiroshi Abe

Hiroshi Abe

excellent

神保町駅

喫茶店

サラメシ、人気店。 たまに浸りたくなる昔よく食べた味。 パスタなどなく、スパゲッティーの時代の味は希少となった昨今、町中華と共に今また人気になっている。このお店も若い頃よく食べた味がしっかり残っている名店。 10人ほどの列に並び、30分ほど待ち入店。 ナポリタンをオーダー。 テーブルの上にスパゲッティーを食するのに必須のアイテム群。 サラダはフレンチドレッシング。 提供されるお皿はメラミン製の軽量で丈夫なもの。 ナポリタンは、これでもかというくらいのケチャップの海。程よいというレベルではなく、これこれっという納得感の甘さ。麺は中程度の太さ、きっと茹で置きを炒めたもので最高。具材は、マッシュルーム、タマネギ、ハム(かウインナーだったか?)、ピーマン。 名店。 #王道ナポリタン #さぼうる2 #スパゲッティー

Hiroshi Abe

Hiroshi Abe

excellent

神田(東京)駅

ラーメン

サラメシ 神田をフラフラとランチ散策をしていると、いくつかの行列に出会う。その中で“バラ焼き”の文字が目に入り、行列に並ぶ。 ほどなくして入店。店内はリーマンで埋め尽くされている。メニューにある「神田バラ焼き定食(¥930)」をオーダー。青森のバラ焼きが懐かしく思える。 豚バラ肉を甘辛醤油で絡めた大好き系の味。少し焦げ目を付けて、香りも香ばしい。 肉の下には、千切りキャベツとタルタルソース。タルタルと絡めて食すると、マイルドに。個人的にはマヨネーズの方が相性が良いと感じたが、これはこれで美味しい。 賑わいのある良いお店。 #甘辛バラ焼き

Hiroshi Abe

Hiroshi Abe

excellent

三田(東京)駅

中華料理

サラメシ あまり行かない田町・三田エリア。 打合せ前に腹ごなし、rettyで探し「中国飯店」へ。 ランチはリーズナブルという投稿が多く決め手に。 開店とほぼ同時に入店。 一見オフィスビルと思しき外観で、中に入ると格式高いエントランス。 着座し、メニューを見て、 「麻婆坦々麺(¥1,100)」をオーダー。 ランチも900円台もあり、エントランスに臆する事無く入店されたし。 胡麻の香り高い坦々麺は、町中華とは一線を画す品高い味わい。スープがとてつも無く美味しく、汗かきで打合せ前で無ければ全て飲み干していた。 麺は細麺。麻婆の挽肉は、スープの下に存在し、レンゲでスープと掬いながら食す。 急須の中国茶も美味しく、更に杏仁豆腐(一般の物と比較し、かなり硬め)まで付く。 少しの心と胃の豊かさを求めるなら、お勧め。 #名店中華 #中国飯店三田店

Hiroshi Abe

Hiroshi Abe

good

神田(東京)駅

ラーメン

サラメシ 神田だったので向かう電車の中で、必死にrettyでランチ店を探す。見つけたこのお店は、京都の名店第一旭に似ている感じがして、ここに決定。 券売機でスタンダードな中華そば(¥900)を購入し、カウンターで待つ。 予想通り、豚骨浅炊きの澄んではいるが、表面は結構オイリーな感じ。麺は平打ち麺で、チュルチュル感がする、これは好み。 スープは結構塩味が強く、飲み干したら喉が渇く系。チャーシューは、チャーシュー麺かと思えるほどの量が入っている。柔らかくて美味しい。 第一旭のスープは酸味が感じられて、塩味があれどついつい飲んでしまうが、ここのは酸味が薄く、飲み干せない。 好き好きだか、それなりの満腹感。 #豚骨浅炊きスープ