プロフィール カバー写真
野添 裕幸

TOP USER

うどん

野添 裕幸

店主に代わって、Retty全力投稿

Retty全力投稿を2013年7月17日から開始。ユーザーの方々の「参考通知」が何よりの励みです。店主さんに代わって、ちょっと立ち寄ってみたいお店選びに役立つ深堀り情報と一皿ずつの食撮にこだわりながら「きらりと光るお店」を日々探食中!!

  • 1858投稿
  • 4033フォロー
  • 4288フォロワー

好きなジャンル

  • うどん
  • オムライス
  • ラーメン
  • 餃子
  • 洋食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
野添 裕幸

野添 裕幸

excellent

    らーめん伊藝 玉出店

    店舗情報

    玉出駅

    つけ麺

    ◆本店と異なる味で勝負の「玉出ブラック」は、中毒性のある「男麺」! 《細麺・太麺・極太麺の3種類の自家製麺に合わせた4種類のラーメンを提供》 大阪メトロ四つ橋線「玉出」駅から徒歩1分。2020年11月1日にオープンした『らーめん 伊藝(いげい) 玉出店』は、阪急「中津」駅近くにある『らーめん伊藝』の2号店になります。開店して1年余りでRettyのつけ麺人気店★ 、食べログでも3.54(2021年10月21日現在)の高評点となっています。 本店とはメニューが異なる「超贅沢な鶏白湯ラーメン(細麺)」「超贅沢な鶏白湯つけ麺(太麺)」「玉出ブラック(極太麺)」「高級煮干しラーメン(細麺)」と「限定麺」を提供。テレビで紹介された「幻のチャーハン」などご飯ものや一品ものも充実しています。 《オススメニュー》 ・特製玉出ブラック(極太麺):1,150円 白い器にザク切りした青ネギが山盛り、肩ロース肉のチャーシューが3枚、穂先メンマに味玉(サービス券1個追加)に粗挽きコショウが器全体にかけられ、見るからにインパクトのあるブラック映え! 時間をかけてゆっくり育てた赤鶏と豚からとったスープに背脂を加え、醤油ダレのカエシが香ばしい旨みと酸味のある味わいと合わさってコクのある極上な醤油味に仕上がっています。 麺は全粒粉を配合した自家製の極太麺を使用。モッチリそしてプリッとしたコシ感と小麦の風味が口に広がります。 肩ロース肉のチャーシューは、しっとりした肉質で、ほろほろととろける食感でスープに浸しながら美味しくいただけます。先メンマも柔らかくて程よい食感で箸休めにもってこいです。 味玉もほどよい塩加減で半熟トロリの黄身がウマウマです。ブラック特有のザク切り青ネギをスープに馴染ませながら、極太麺にからめながらズルズルといただく極上の一杯は、まさに中毒性のある「男麺」でした。 ・幻の半チャーハン:300円 関西ローカルの「松本家の休日」で紹介された「幻のチャーハン」のハーフは、肩ロース肉のチャーシュー、青ネギ、玉子を香ばしい醤油の旨みが凝縮されたカエシを加えることで、パラパラのお米と熱々の中華鍋で炒めた自信作。しっとりそしてゴロゴロチャーシューの旨味がしっかり味わえる絶品なチャーハンでした。 #玉出ブラック #らーめん伊藝 2号展 #全粒粉を配合した自家製麺 #幻のチャーハン #中毒性のある「男麺」 #玉出の人気ラーメン店 #玉出のラーメン #玉出のランチ #テイクアウト #コロナウィルス感染症防止対策店

野添 裕幸

野添 裕幸

excellent

    みしまや

    店舗情報

    天理駅

    うなぎ

    ◆味よし!コスパよし!奈良県天理市にある行列必死のうなぎ専門店。 《駐車場がひっきりなしに満車状態の人気店》 近鉄天理線・JR桜井線「天理」駅から徒歩10分。国道169号線沿いにある『うなぎ料理 みしまや』は、週末や休日となると地元はもちろん、近隣の府県からも11時の開店と同時に42席があっという間に満席になるという「ミシュランガイド2017」の特別版に選出されたうなぎ料理専門の有名店。Rettyでもうなぎ★人気店、食べログでも3.54の高評点のお店です。 2017年に改装し、お店の南隣に駐車場を拡張。現在、南側に28台、北側に5台分の駐車スペースがありますが、基本的に電話予約が取れないため、駐車してからお店の入り口でスタッフに名前と人数、車のナンバーを伝え、待ち時間を告げられ車内で待つという流れになります。 人気の理由は、鰻の問屋をしている店主の親戚から仕入れているため、九州の宮崎・鹿児島産の安くて活きの良いうなぎ料理がいただけるのと、炭ではなくガスで焼くため、提供も早くお客さんの回転も早いとのこと。鰻丼の特上丼が2,700円(税込)でいただけるという超コスパの良さ!も魅力で、わざわざ天理まで食べに行く価値があります。 《オススメニュー》(税込) ・特上丼:2,700円 うなぎの身は肉厚でふっくら。皮目がパリッとしていて香ばしく、頭部を除いた1尾をまるまる焼いているのでボリュームもたっぷり。ご飯にはタレがしっかりまぶされていて、香ばしいタレにまみれたお米の粒がピカピカに立っています。身の照りも美しく、しっとりした食感を味わったと思えば、反対側の皮がパリッと焼き上がったお焦げの部分と合わさって絶品な味わいが堪能できます。 また、セットになっている「肝吸い」は、プリッとした食感の肝で美味。きゅうりとにんじん、レモンが添えられた「うざく」もさっぱりした味わいでお口直しにもってこいの一品でした。 ・ひつまぶしセット:3,060円 おひつに敷き詰められたうなぎの蒲焼きは、ほぼ1尾まるまると大きくカットされたもので、お出汁とお好きな薬味を少しずつ変えながらお椀に注いでいただきます。 うなぎの身がたっぷり入った「う巻き」と「肝吸い」そして、きゅうりで挟んだ「お香もの」も絶品でした。 味よし!コスパよし!人気が高いのも納得のうなぎ料理。パリッと焼いた関西焼き。鰻好きなら一度は、天理まで足を運んででも食べていただきたいお店です。 《追記》 お店は、名阪国道天理インターから5分ほどで、生駒からでも車で30分ほどで行くことができます。店員さんの接客応対も好感が持てるだけでなく、店内も改装して数年とあって、明るく広くゆったりした空間なので、家族連れでも気持ちよくお食事できます。再訪間違い無し!! #天理市にある行列必死のうなぎ専門店 #うなぎ料理専門の有名店 #「ミシュランガイド2017」特別版の選出店 #わざわざ天理まで食べに行く価値あり #味よし!コスパよし! #パリッと焼いた関西焼き #九州産鰻 #鰻丼 #ひつまぶし #天理市の人気店 #鰻好き #奈良のドライブ #再訪間違い無し

野添 裕幸

野添 裕幸

excellent

    野口製麺所

    店舗情報

    吹田駅

    うどん

    ◆創業から90有余年以上続く4代目の若き店主が挑戦する関西では珍しいイートインできる製麺所が大人気!【問答無用!の大阪で人気のうどん店巡り(118)】 《老舗の壁を破る新しい製麺の世界の創出に挑戦中!》 JR京都線「吹田」駅から徒歩8分。商店街を抜け閑静な住宅街に、小洒落たカフェのような外観が特徴の『野口製麺所』は、創業から90年以上続く、関西では珍しい製麺所でうどんやおそばを味わえるお店として人気のお店。 香川県高松市にルーツを持つ曽祖父が、大正の終わりごろに大阪市此花区で製麺所を始め、1949年(昭和24年)戦争で此花区が焼け野原になった際に、現在の吹田市高浜町に移転。現在三代目のお父さんと四代目となる岩見裕樹店主の親子で、うどん、そば、ラーメンと新しい製麺のカタチを模索しながらたどり着いたのが、2018年10月19日にDIYで改装オープンしたイートインできる製麺所だったんだとか。 新しいことに挑戦し続ける4代目店主は、その飲食スペース以外にもさまざまなイベントも開催し、その中でも注目を集めているのが、月に一度の早朝6時半から45分間営業する「おはようかまたま」で、地元はもちろんクチコミやSNSで評判が高まり、遠路はるばる駆けつけるファンがいて、営業日には閑静な住宅街に長い行列ができるほど名物イベントになっているそうです。 しかし、なぜこんな早朝しか営業できないかというと、通常の茹で時間より少し早めにあげるうどんを「かまたま」に使用するため、製麺所特有の事情でどうしてもこの時間にしか提供できないそうです。まさに製麺所ならではのレアなうどんが食べられるとあって、うどん好きにとっては垂涎の的に違いありません。 ちなみに関西では、うどんだしで中華麺を食べる「黄そば」という食べ方があって、甘い揚げをトッピングしたものを「きつねうどん」や「たぬきそば」と並び「いたち」と称されています。関西ならではの発想ですね。 《多種多様な飲食店のニーズにしっかり応える麺職人の技!》 製麺所は、うどん、そばがメインでラーメン、焼きそばまでお得意先の飲食店の細かいニーズに対応するなど、長年培った品質と信用で大阪を中心に、最近では、大阪の某超人気ラーメン店が北海道で展開する系列店からのオーダーも毎日出荷されるなど、規模に関わらず、親子二代の麺職人による製麺は高い評価を受けています。 《オススメニュー》(税込) ・天ざるうどん(冷):750円 ・ミニ親子丼:450円 白い麺肌の麺は、その日打った生麺を湯がいているので、モチモチで喉越しも格別。いわゆる大阪讃岐うどんで、少しコシがあって大阪うどん特有の柔らかさも兼ね備えています。最近は、本場讃岐うどんの剛麺より、ちょっと細くて柔らかいお年寄りが食べやすいソフトな讃岐うどんが人気なのもトレンドなので、この麺が評判が高いのも納得です。 鰹と昆布で出汁をとったやや甘めのめんつゆにうずらの卵を落とし、青ねぎとわさびで味わいます。カドが無くホッとするやさしい味わいです。 天ぷらは海老2尾と大葉1枚ですが、揚げ置きではなく、注文を受けてから揚げるので熱々サクサクの揚げたての海老がいただけます。 出汁で煮込んだ親子丼は、玉ねぎと鶏肉を玉子で包んだ上品でやさしい味わい。ミニサイズでも結構お腹が膨れるほどでした。 《追記》 三代目の岩見裕樹店主の苗字が「野口」ではないのは、奥さんの家に婿養子として迎え入れられたそうで、老舗の壁を破る新しい挑戦を続ける店主らしい選択と感心しました。これからもいろいろな挑戦を続ける30代半ばの岩見店主!!応援していきたいと思います。 また、製麺所のお店ですが、通常はセルフではなくフルサービスのお店なので、店内に入ってからきちんとオーダーを聞きに来られます。 なお「おはようかまたま」の開催日程は、野口製麺所の公式Twitter・Instagramで公開していますのでチェックしてください。 #問答無用!の大阪で人気のうどん店巡り #創業90有余年 #吹田の人気うどん店 #イートインできる製麺所 #大阪讃岐うどん #テイクアウト店 #おはようかまたま #親子二代の麺職人 #新進気鋭のうどん店主 #JR吹田駅 #地元に愛されるお店 #絶品うどん #コロナウィルス感染症防止対策店

野添 裕幸

野添 裕幸

2021

    なにわ麺次郎 然

    店舗情報

    梅田駅

    ラーメン

    ◆「食の阪神」から選ばれた人気店が「阪神バル横丁」に初出店! 《舌の肥えた大阪人を唸らせた『なにわ麺次郎』の2号店》 昭和、平成、令和と時代を超えて「食の阪神」として親しまれてきた阪神百貨店が、2021年10月8日に建て替え先行オープンし、食い倒れの街を知り尽くしたバイヤーによって選ばれたラーメン店が『なにわ麺次郎 然(ぜん)』です。 この新店は、大阪・福島で常に行列の絶えない人気ラーメン店『燃えよ麺助』の系列店として、2018年5月に中津に2号店の『麦と麺助』を、3号店として2019年7月4日に近鉄なんば駅の構内にオープンした『なにわ麺次郎』ブランドの2号店にあたり『燃えよ麺助』の近藤店主を実兄に持つ弟さんが「2021年ミシュランガイド」にも選ばれる実力が認められ、このほど阪神百貨店梅田本店の地下2階に新たにオープンした「阪神バル横丁」に初出店されました。 屋号の「然」とはしかるべき「然」とはそのまま「然」とはもえるという意味で、店内はこの「然」をイメージした幾重にも重なった螺旋の壁面が印象的で、現在、コロナ感染防止のアクリル板も個別に設置し、アルコール類は提供せず営業されています。(自粛期間が緩和され次第アルコール類も解禁予定) メニューは「黄金貝」「地鶏醤油」のラーメン、「黄金貝つけめん」と3種類にそれぞれ、ノーマル、味玉付き、特製という具合にトッピングの付加で値段を設定し、ご飯類とにんにく有り無しの「こだわり餃子」が選べます。また「大吟醸味噌ラーメン」も近いうちにメニューに加わる予定です。 《オススメニュー》 ・特製黄金貝ラーメン:1,200円(税込) 白い器に黄金色の透明なスープを一口いただくと、シジミの旨味と秋田の比内地鶏からとった出汁とまろやかな醤油のかえしが合わさって、貝と鶏の濃厚な旨味と柚子のさっぱりしたアクセントが印象的で上品なスープを堪能できます。 器を覆うように、大ぶりのドルチェポルコの低温調理した肩ロース肉と中ぶりの茶美豚モモ肉の炙りチャーシュー、メンマ、味玉、海苔、三つ葉が彩りよくトッピングされ、柚子皮と焦がし玉ねぎがスープと麺にからむごとにさっぱりした味わいも楽しめます。 特筆すべきは『麺屋 棣鄂』謹製の中細ストレート麺で、しなやかでスルスルッとした喉越しが、これまで食べた麺では食べたことがないくらい絶品麺で、それもそのはず『なにわ麺次郎』のメニューを進化させ約1年掛けて完成した自慢の麺らしく、スープも然り食材の一品一品にも近藤店長のこだわりがちりばめられた珠玉の一杯に仕上がっています。 チャーシューの肉質はもちろん、いずれの食材がもつ旨味や食感、味わいをバランス良くまとめた一杯は、最後の一滴まで飲み干しても余韻が後を引くまさに黄金できらめくラーメンでした。 《追記》 阪神百貨店本店の建て替え先行オープンを経て2022年春にB1を「阪神食品館」としてグランドオープンする予定になっています。 今回、B2が「阪神バル横丁」と銘打って「バルゾーン」「グルメゾーン」がオープン。「グルメゾーン」は、ひとり飯の聖地として人気になりそうです。 また1Fが「食祭テラス」「おやつテラス」「パンテラス」「日本茶・ティー・コーヒー・専門店ワールド」9Fが「阪神大食堂」として「レストラン」「フードホール」と食通にはたまらない「食の阪神」の真骨頂が見て、食べてじっくりと味わえます。 #なにわ麺次郎の2号店 #黄金できらめくラーメン #阪神バル横丁 #食の阪神 #黄金貝ラーメン #珠玉の一杯 #グルメゾーン #ひとり飯の聖地 #燃えよ麺助の系列店 #珠玉の一杯 #キタのランチ #梅田のランチ #期待の新店 #行列のできるラーメン店 #コロナウィルス感染症防止対策店

野添 裕幸

野添 裕幸

2021

    自家製麺 うどん 司

    店舗情報

    吹田駅

    うどん

    【Retty投稿1番乗り】◆吹田にあるもっちりツルツル麺が自慢の関西讃岐うどんの人気店!【問答無用!の大阪で人気のうどん店巡り(117)】 《自家製麺+讃岐と関西風を上手に取り入れたハイレベルな一杯が人気のお店》 JR京都線「吹田」駅北口より徒歩5分。産業道路沿いの片山商店街の並びに2018年4月21日同じ町内から移転オープンされた『自家製麺うどん司』は、讃岐と関西風を上手に取り入れた関西讃岐うどんのお店。 移転前は、片山商店街の『酒のやまもとや』の裏で立ち飲みをメインに営業され、呑んだ後の〆として提供されていたうどんの評判が高かったことから、本格的な自家製麺のうどん屋さんとして移転開業。以来、新店とは思えないハイレベルなうどんがいただけると評判を呼んでいます。 実は、1年前からブックマークしていたお店で、食べログは平均点以下、Rettyでは移転後の投稿がなかったにも関わらず、ネットでは吹田市民によるブログやTwitter等で、地元民が愛してやまないうどんの人気店という情報を確かめたく、やっと初訪問できました。店内は、厨房に面したL字型のカウンター席と、4人掛けのテーブル席が3卓。和風モダンで手入れも行き届き、仲の良いご夫婦で切り盛りされアットホームな雰囲気なお店です。 《メニューはすべて1000円以下!大盛り(400g)無料でいただける良心店》(税込) かけうどん、ざるうどんが540円から、一番高い「天ぷら盛り」のうどんとぶっかけ、生醤油が980円で、大盛り(400g)が無料!というリーズナブルで良心的なお値段。しかも自家製麺で、かつおと昆布の無添加天然出汁が美味しくて、天ぷら、から揚げも絶品な揚げ具合と評判です。 《オススメニュー》 ・天ぷら盛りぶっかけ:980円 ・かやくご飯:180円 国産小麦のもっちりツルツル麺と、かつおと昆布の無添加天然ダシのぶっかけつゆが織りなす自慢の関西讃岐うどんは、麺肌も白く艶やかで、関西讃岐うどん特有のほどよいコシがあって喉越しよくいただけます。 とくに、海老、かしわ、小ちくわ、かぼちゃのサクッと揚がった天ぷらが絶品。天ぷら職人並の油のキレがよく、主役の麺の引き立て役に徹しています。 薬味の大根おろし、生姜、刻みネギ、酢橘も瑞々しくぶっかけつゆにひたすとサッパリ!つゆも最後まで飲み干せるほどやさしい味わいが堪能できます。 さらにうどんとセットにして食べていただきたいのが「かやくご飯」。かつおと昆布だしで炊いていて、具のにんじんとプリッとしたシメジが顔をのぞかせます。お米に出汁がしっかり染みていて、ほっこりさせられるやさしい味わいでした。 《追記》 Rettyでも移転後の投稿1番乗りになりましたが、地の利からも地元では有名でも、遠隔地まではまだまだ評判が届いていないようですが、このお店の自家製麺と出汁、天ぷら、かやくご飯とどれもはかなりクオリティーの高さを感じました。うどん好きな方にはぜひオススメのお店です。 #問答無用!の大阪で人気のうどん店巡り #Retty投稿1番乗り #吹田の人気うどん店 #片山商店街のうどん屋さん #関西讃岐うどんの人気店 #アットホームなお店 #ハイクオリティーなうどん #絶品かやくご飯 #JR吹田駅 #地元に愛されるお店 #絶品うどん #コロナウィルス感染症防止対策店