Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

旅行先などの地域でしか食べられないものや郷土料理が好きです。 オールジャンルいろいろ食べます、お酒もビールと泡盛、ワイン中心に何でもOK。 Rettyにはじっくり書き込むためある程度溜めてからまとめて書く運用をしています。

  • 256投稿
  • 368フォロー
  • 209フォロワー

好きなジャンル

  • 焼肉
  • 餃子
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

excellent

常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station

店舗情報

東京駅

クラフトビアバー

東京駅から一番近いビアバー、狭いため入れないことが多かったのですが今回ようやく訪問できました。 まるでバナナジュースのような香りのヴァイツェンをはじめビールは10種類近くと大変充実しています。 個人的には筑波名産の福来(ふくれ)みかんを使っているというDAi DAi Aleが気に入りました。 西海岸系のビールでも柑橘系のやつはありますが、福来みかんはジューシーというよりも爽快感があります。 もちろんフードもなかなか良かったです。 メインディッシュでいただいたサバサンド、中に入っているサバのボリュームがすごい! パンよりもサバの方が厚いのでは?? というほどで、少食ならこれ一切れで満腹なのではないかという量(笑) ザワークラウトとマスタードによる酸味が効いていて、しめ鯖との新しい組み合わせを発見できました。 常陸牛コンビーフのチーズ焼きは、コンビーフ・チーズ・じゃがを焼いただけというシンプルながらも濃厚で大変美味しい一皿。 もちろんコンビーフの質が違うからこの味が出るのでしょうね。 オリーブとチーズのマリネは、味付けにちよつと甘さがあるのが特徴。 よくお店で出されるオリーブの実は塩味が強いのですが、こちらのは甘めに味付けされていてとても食べやすかったです。 どのフードもおつまみとしてはもちろん単品でも美味しいので他のメニューも次はぜひ食べてみたいですね、ごちそうさまでした!

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

2022

横浜ジン蒸溜所

店舗情報

日ノ出町駅

バー

これまでクラフトビールやワイン専門店には行ったことがありましたが、クラフトジンのお店としては初めて訪問。 雪が降った日に横浜に用事があって訪問したのですが結論、ここは本当に行けてよかったと思いした! どのジンもボタニカルがとにかく香り高く、しかも個性的。 最初に飲んだフラグシップでもあるBRONCO 20を飲んだ時から衝撃でしたね... 「今まで居酒屋で飲んだジンバックやジントニックはジンではなかったのでは?」 そう思ってしまうほど味も香りも桁違い! BRONCO 20には十種類は優に超えるボタニカルが使われていてかなり深く複雑なテイスト。 個人的には山椒の香りが一番良く感じられましたが、オーナーの方いわく山椒は特にキャラが出やすいのでそう感じる人は多いのだとのこと。 他の種類も試しましたが、甘い花の香りのようなものもあれば、ジャスミンの香りがしてまるでさんぴん茶のようなものもあったりと、とにかく飲んでいて楽しいお酒ばかり! これほど香りを楽しめるお酒に出会ったのは初めてです。 また割り方も定番のソーダとトニックに加え、その中間にソニック(50%ずつ)というのがあり、甘さがありつつきつくないため個人的にはかなり気に入りましたね! ちなみにこのお店の店は、あのベイスターズビールこと横浜ベイブルーイングが運営しているのであの球場ビールもいただけてしまいます! おつまみのやまと豚ベーコン(この日は燻製が切れていたためベーコンのみ)もすごく美味しかったですねー 脂多めで厚みもあるしっとり系のベーコンなのですが、まったく豚の臭みがなく塩味が程よく効いて味が締まっています。 やまと豚というブランド豚を使っているそうで、お酒だけでなくつまみへのこだわりも感じられました。 このお店は以前Rettyオフ会で教えてもらい知ったのですが、教えてくれた方もここでジンの魅力にハマったとおっしゃっていましたね。 味もさることながら、香りを楽しむお酒の奥深さを知ってほしいので、ぜひ一度は訪問してみてほしい名店だと思いました!

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

excellent

ラーメン専門 宮の森

店舗情報

六本木駅

ラーメン

六本木の秘境的な二郎系ラーメン、宮の森さん。 なぜ秘境なのかというと、目立つ看板が出ておらず雑居ビルの最上階というかなり奥まった場所にあるから。 でもこちらでは、他でなかなか食べられない一杯がいただけます、それは二郎風の「北海道チーズラーメン」! なんでも二郎系豚骨に味噌を入れたスープを使っていて、実際スープからはあの独特のパンチが効いた香りがしてきます。 しかも豚はサイズも食感も完全に二郎のそれ。 一方トッピングにはチーズやコーンがふんだんに乗っており、ベースが味噌ということもあって味は大変まろやかでした、もちろんニンニクは良くあいます。 本家の二郎だと量や動物感が気になってしまう人でも、このラーメンなら二郎の旨さを感じられるのと思いました! また麺は北海道黄色卵ちぢれ麺と二郎でおなじみのオーション麺が選べます。 今回はもちもちした縮れ麺でいただきましたので良い意味で二郎感が弱く、オーション麺のようなガッツリ感はありませんでした。 もう一方の看板メニューである醤油ラーメンと味噌ラーメンはガッツリ二郎系。 もやしや脂の調整もできるそうです。 二郎好きな方とデビューしたい人にはなかなかおすすめできるお店だと思います。

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

good

祐天寺駅

そば(蕎麦)

今回のオーダーは素揚げ野菜のせいろ。 麺は細めの更科で大変コシの強いお蕎麦で、麺の角もしっかり立っていて形・色合いも大変美しいです。 麺だけで食べても美味しく、卓上に塩がないのがちょっと惜しかったですね。 つけ汁は細切りの大根をベースに、素揚げの野菜甘味がしっかりと感じられます。 ナス、ベビーコーン、ズッキーニ、かぼちゃなどかなり種類豊富に入っていて食べごたえも十分! 蕎麦湯もかなり濃く、卓上七味も入れてしっかりと風邪対策もできました。 落ち着いた風情ある店内で、テーブルも複数あるので家族連れの方も多く利用しやすいお店だと思います。

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

excellent

野毛焼きそばセンター まるき 野毛本店

店舗情報

日ノ出町駅

焼きそば

夕食と飲みがいい感じにできそうなお店を探していて発見しました、野毛焼きそばセンター! どんな焼きそばがいただけるのかワクワクしながら入店。 こちらは素焼きそばにお好みのトッピングを載せられるという方式で、定番のセットもいくつかあります。 今回はガッツリ系のウルトラやきそばををオーダー。 こちらはニンニク・ニラ・キムチ・生卵・豚バラ・ネギという超スタミナ系トッピングがてんこ盛りの一皿になっています。 着丼してびっくり、麺より具が多いじゃないですか! 麺はどこへ(笑) それくらいガッツリ具材に押されて麺が見えませんが、ちゃんと中に入っています。 丸くもっちりした開花楼製の太麺は細切れになっており、そばめしまではいかないもののかなり短めの長さになっておりました。 ただこうすると具材を掴んだときのバランス感がちょうど良いのでしょう。 具材を「絡める」というよりも「麺と一緒に具を食べる」という表現が近いかなと。 ニラのシャキシャキ感にガーリックフライのサクサク感、キムチやネギのしっとり感に豚バラのジューシーさなど、食感がまるで違う食材が組み合わさっていて大変面白い味ですね! そばの量が相対的に少ない分、ちょうどつまみにしやすい量と味になっています。 特にガーリックフライのインパクトが強いのですが、追加でふりかけた青のりが負けない磯感を出してくれてしっかり味変にも成功。 特製のソースやからしマヨネーズも後から追加可能という親切サービス。 最後まで美味しくいただけました、他ではなかなか食べられないような系統の焼きそばだなと思いました。 お通しで頂いたのは燻製柿ピー。 その名の通り柿ピーを燻製にしたものらしく、色もちょっと燻されて濃くなっています。 柿の種の方もさることながら、ピーナッツにかなり良い香りが付いています。 「お土産にどうぞ」と書かれていましたが、これは確かに買って帰る方もいそうですね!