Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

郷土料理やご当地グルメ、地元食材が好きなので、地方を周って新しいグルメの発見に勤しんでいます。 料理もお酒もオールジャンルOK。 食の文化、歴史、仕組みなどについての勉強も大切にしています。 コンデジで撮影し、Rettyにはある程度溜めてからまとめて書く運用をしています。 良い店ほどテンション上がってピントがブレがち。

  • 347投稿
  • 431フォロー
  • 249フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 海鮮料理
  • 鉄板焼き
  • 餃子
  • ビール
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

excellent

【珍味「カメノテ」を体験! 秋田駅前で食べられる男鹿の漁師の味】 男鹿産の魚介類を中心に提供しているお店で、地魚専門の郷土料理居酒屋は秋田駅徒歩圏では珍しいように思います。 店内には魚介類の解説書きがたくさんある中、お通しに出てきたのは「シタナミ」という小さなサザエに似た貝。 このあたりでは夏の定番おつまみなのだそうですが、初めて食べた自分は、最初中身を取り出すのに苦戦(汗) サイズが小さいので爪楊枝で蓋を開け取り出すのですが、サザエよりも小さくそのまま引っ張ると身が裂けて出てこなくなってしまいました。 店員さんに聞いたところ、コツは爪楊枝側ではなく貝の方を回転させるようで、やってみるとそこそこうまく行きました。 こういうチャレンジができるもの そしてメニューを見ていると「カメノテ」という気になるメニューを発見。 なんでも普段は漁師が自分の家で食べる分だけを採取するため、市場には出回らない珍しい貝なんだとか。 ちょっと見た目があれなのですが、気になって食べてみることに...するとこれが非常に美味! 身の食感がとても柔らかくエリンギのような食感で、また他の貝にはない独特の風味があります。 食べるときに皮と付け根を剥がすのもちょっとテクニックが必要で、これもまた初体験で面白かったですね! どうも夏場にたまにしか入荷しないらしく、これに出会えたのはかなりラッキーだったようでした。 他にも名物、秘伝の卵焼きやスズキの刺し身などをいただきましたが、これらも大変美味しかったです。 日本酒の品揃えも良く、さらには魚介類の量り売りまでしているという面白いお店。 市場が閉まった後も駅前で新鮮な貝や魚が手に入るので、地元の方もぜひ行ってみてほしいお店ですね。 #秋田 #男鹿 #地元食材 #カメノテ #シタナミ #スズキ

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

excellent

喰処 北洲

店舗情報

秋田駅

居酒屋

【1名からオーダー可能なしょっつる鍋のコースで郷土料理を堪能】 川反の飲み屋街でも特に歴史ある、郷土料理の居酒屋さん。 予約なし一人飲みで入ったにも関わらず、3500円の郷土料理セットがオーダー可能とのことで注文してみました。 ハーフサイズの鍋をきりたんぽかしょっつるから選ぶことができ、今回はしょっつる鍋で頂くことに。 お通しは茹で落花生に、「みずの実」という山菜のおひたし。 みずの実は秋が旬の山菜で、山椒のような香りがしつつ辛味の無い優しい味。 さっぱりしてて実や皮も柔らかく、非常に優秀な日本酒のアテになります。 秋田県以外にも主に東北で食べられている山菜のようですが、初めて食べましたね。 こういう料理を食べてこそ、 現地に来たかいがあると言うものです。 続いてコース料理。 まずは秋田の定番いぶりがっこが登場。 通常のいぶりがっこよりも柔らかく、またピクルス風に甘酢で漬けられているという点に個性がありますね。 甘口なのでさっぱりして食べやすく、また食べ飽きない味になっています。 続けて「畑のキャビア」とも言われるとんぶりと山芋の酢の物。 プチプチした食感が楽しい一品で秋田大館を代表する郷土料理ですが、加工には結構手間もかかるそう。 ここで食べて気にいったらお土産に買って帰るのもいいかも。 ここで旬の魚塩焼きのハタハタと、しょっつる鍋も登場。 やはり丸焼きだと全身の旨味を感じられ、ふっくらした身もパリパリの皮も大変美味しかったです。 鍋や寿司では食べられても、焼きたてのハタハタを食べられるお店に出会うのって意外と難しい気がします。 またメインディッシュ「しょっつる鍋」に入っていたのは、なんと子持ちのハタハタ。 卵の部分は粘膜があってネバネバしているんですね、鍋だと分からないですが色もかなりカラフルらしいです。 好みは別れると思いますが、珍味としては非常に面白い食べ物だと思います。 食感はプチプチとしていて、たらこよりもう少し粒が大きいため食べごたえもしっかりとありました。 お酒もいれつつ、コースを通して未体験の郷土料理を体験できました。 店の雰囲気も、田舎の実家に帰ってきたかのような風情ある雰囲気でとても満足度が高かったです! きりたんぽなどの定番料理もいいですが、ぜひ北秀さんでさらなる秋田の郷土料理・珍味を試してみてはいかがでしょうか。 #秋田 #郷土料理 #しょっつる鍋 #はたはた塩焼き #とんぶりの長芋和え #いぶりがっこ #地元食材 #みずの実

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

good

ケムリカレー

店舗情報

平塚駅

カレー

平塚駅近くのスープカレー屋さん、今回は看板メニューであるチキン野菜カレーをオーダー。 野菜が数種類に柔らかい骨付き鶏が付いたオーソドックスなスープカレーに、ちょっと珍しいガーリックチップ&レモン添えライスが付いてきます。 レモンはご飯にかけてとのことで程よい酸味がさっぱりしたカレースープに合いますし、またガーリックチップは、食感のアクセントが変わって良い香りでスプーンが進みますね。 そして半熟目玉焼きが付いてくるなど、かなり内容・量とも満足感が高いです! 辛さは1~5を標準範囲として、それ以上もオーダー可能。 今回は3でオーダーしてみましたが、思ったほど刺激がなかったので、得意な人は5以上でも問題なさそうでした。 繁華街の中にあり並びの店が派手な外装な中、ちょっと注意しないと見逃しそうな外観をしています。 平塚駅周辺で食べられるカレーの選択肢として覚えておいて損はなさそうですね。

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

excellent

札木駅

うなぎ

【歴史の面影残る本陣跡地の鰻屋は「べっぴん」発祥の地】 東海道吉田塾本陣跡地としても有名な鰻屋さん、高級感ある料亭のような佇まい。 地理的には関東と関西の中間にあたりますが、こちらのお店のうなぎは蒸してからタレを付ける関東風ですが、白焼きもいただけます。 遅いランチ訪問で客入も少なかったためか、二回のお座敷個室に通していただきました。 丼だけでなく定食、まぶし、かさねといったバリエーションがある中、今回は上定食の梅定食をオーダー。 しっかりオーダーから焼き上げるので、時間はかかるものの焼き立てふっくらです。 丼をよく見ると、なぜかよく見るうな丼なのにちょっと見慣れないですよね。 これは皮面を上にするという丸よさん独特の盛り付け方なんだそうでかなり珍しいとのこと。 皮にもしっかりタレが付いていることをアピールするという目的があるのだとか。 実際皮目もしっとりしていて、肉側と同じように味が染みていました。 よく見ると箸置きにもうなぎがいますね。 今回はランチで予算都合もあったので安めの梅にしましたが、今度来たらぜひ「う巻き」も食べてみたいですね。 もう一つの注目ポイントは、このお店が「べっぴん」という言葉の発祥の地であるということ。 元々「特に良いもの」という意味の京言葉、すなわち方言だったものだった。 それが、この店の前身となる鰻屋で看板に使われたことによって街道を伝って全国に広まった後、やがて美人を表す言葉へと変わったと言います。 もちろん看板通り今のうなぎも「べっぴん」でした! 会計で東海道の話をしていたら、女将さんが藤枝宿の案内をしてくれました。 やはり本陣跡のお店ということもあり、街道歩きで来られる方もいらっしゃるようで、いろいろお話が聞けるので興味がある方はぜひ話しかけるとよいでしょう。

Tomohiro Imaizumi

Tomohiro Imaizumi

good

冨久寿司紅谷町店

店舗情報

平塚駅

寿司

平塚駅前にある町のお寿司屋さん、ランチの上寿司は、1300円で数巻の寿司とカニ汁が付いてきました。 ネタはマグロ赤身、鰤、海老、イカ、サーモンに鉄火巻と卵。 王道のネタですが、シャリやネタの温度、鮮度とも良く、美味しくいただくことができました。 またガリも辛味がなく、甘酢の味が優しかったですね。 さらに、この日のカウンターにはお惣菜としてナスの揚げ浸し300円があったので、お野菜もいただくためオーダー。 油ものではありますが、出汁の染み具合もよくさっぱりしたナスの味は、寿司と合わせてもなかなかにピッタリでした。 「みょうがは苦手ではありませんか?」と女将さんに聞かれるなどしまして、こういった細やかな気遣いがあるも素晴らしいですね。 カウンターは4席にテーブルが2つと手狭ですが、夫婦個人経営で温かみのあるお寿司屋です。