プロフィール カバー写真
松 宏彰

TOP USER

カレー

松 宏彰

Pro

4000軒カレー屋を食べ歩いたMr.カレー細胞

カレー細胞/松 宏彰 ポケットカレー株式会社代表取締役/映像監督/広告プランナー カレー屋訪問4000軒以上。「マツコの知らない世界」出演。 JAPANESE CURRY FESTIVAL/東京カレーカルチャー プロデュース。 映像作品「やさいのようせい N.Y.SALAD」「ネコ戦隊びたたま」「トキノ交差」など

  • 1421投稿
  • 586フォロー
  • 11905フォロワー

好きなジャンル

  • カレー
  • タイ料理
  • アジア料理
  • 洋食
  • バー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
松 宏彰

松 宏彰

good

ニュールドリ

店舗情報

谷塚駅

インド料理

谷塚で人気のインド料理バイキング。『ニュールドリ』 谷塚で随一の人気を誇るインド料理店。 大きな集合住宅に一体化したお店です。 頭上の看板は『ルドリ』 お店の前の看板は・・・『ニュールドリ』 かつて『ルドリ』だったのがオーナーチェンジによって『ニュールドリ』に。 上の看板は手が届かなかったのでしょうね、きっと。 ちなみに元の『ルドリ』は名店『シターラ』の関係者によるお店。 こちら谷塚の店舗を知人に譲ったのち、現在は北本市にて移転営業しています。 このオーナーチェンジ(と店名変更)によってスタッフも料理も変わったにも関わらず、 食べログの高評価だけ継承されたことが当時物議を醸したのは記憶に新しいところ。 かような理由から2021年度の食べログ百名店への選出にも賛否両論はあるようです。 そんな経緯は頭に入れつつ、2022年現在の『ニュールドリ』を楽しんでみようではありませんか! この日は土曜日のランチ訪問。 お得なランチバイキングを求めて、クルマでやってきているお客さんが何組もいました。 ★ランチバイキング ¥1290 店内も広々しているし、このラインナップ。 家族のランチには最高でしょう。 おっと、昼間からお酒も飲めますよ。 ★ネパール製ラム酒 コーラ割 ¥320 いわゆるククリラムコーク。私が一番好きなラムコークです。 けれど、このお値段にはビックリ!! 自分史上最安値です。 おかわりしても640円ですよ。バリューが凄い。 さて、この日のカレーはマトン、バターチキン、ほうれん草チキン、野菜の4種。 から揚げ感覚でつまめるタンドリーチキンにフライドポテト、パスタもあって、ソフトドリンクも飲み放題。 ほんとファミレス要らずです。 ナンは店員さんに言えば焼きたてを持ってきてくれます。 最初気付かなかったんですが、他の客がオーダーしているのを聞いて。 円型でサックリした良ナンです。忘れずオーダーしましょうね。 こりゃあ凄い。 カレーはバイキングとしてはなかなかのクオリティ。 とくにマトンは骨付きの現地寄りでウマウマ。 総じてバイキングとしての満足度はかなり高いです。 お酒も安いし、おつまみもいろいろあるみたいだし、飲み需要にも良さそう。 今までの経緯はさておき、近くにあると何かと便利な良店といって良いのではないでしょうか。 四六志久です!!

松 宏彰

松 宏彰

excellent

カレと。Men

店舗情報

清澄白河駅

カレー

POPな名前でカレー&ラーメンの二刀流・・・実は只者ではなかった。 清澄白河にある、ちょっと気になるカレーとラーメンのお店。『カレと。Men』 2020年7月13日オープン。 ホワイト&ウッディを基調としたクリーンな内装。 洒落たお店が多い清澄白河界隈にピッタリの雰囲気ですね。 メニューにはカレーとラーメンの他、両者を組み合わせたカレーラーメンも。 さて。カレを選ぶか、MENを選ぶか。 それとも二股かけるか。 二股かけちゃいました。 フルサイズのカレーとハーフサイズのラーメンの組み合わせ。 やはり最初はそれぞれの個性を味わいたいですからね。 ★フルボディなBLACKカレ。 ¥1500 見てくださいこの牛カツのド迫力! ザックリした衣に肉肉しい噛み応えの牛肉。 受け止める漆黒のカレーは濃密な旨みとコクの上に焙煎された玉ネギの甘くもビターな調律が乗ってこれまたハイレベル。 それぞれの味の低音をリセットする完熟バナナジュースもついてきます。 そしてもう一方、ラーメンも凄かった。 ★ハーフなBLACK Men ¥480 豚骨出汁が効きつつキレの良いスープ。 平打ち麺の食感とのマッチングも見事。 胃袋容量的にハーフを頼みましたが、「大きなどんぶりで食べたい!」と思ってしまいました。 それもそのはず。 実は『カレと。Men』店主である清水博丈さんはかつて、新大久保の有名ラーメン店『竃TOKYO』の店主だったお方。 2018年に惜しまれながら閉店した『竃TOKYO』ですが、まさかカレーとの二刀流店に転生するとは誰が予想したでしょう。 ラーメン店を開業する前からカレーの研究もしていたという清水氏。 その実力が如何なく発揮された、今後も注目すべき名店なのでした。 若いノリの店名に油断してはなりませんぞ。 ●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell ●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

松 宏彰

松 宏彰

excellent

ブルームーン オーミヤ

店舗情報

大宮駅

カレー

長らく、ラーメン優勢、カレー劣勢なイメージがある大宮の街に、キラリと光るスパイスカレーのお店が誕生しているのを知っていますか? 「BLUE MOON」(ブルームーン) 一見カレー屋とはわからない外観。 ファサードには「スナック霞」とありますが、それは前の店の遺産です。 流石はスナックの居抜き。 カウンターにはお酒がズラリ・・・あ、スパイス酒もあるんですね。 是非飲みたいところですが、この日はランチ訪問。 カレーはレギュラーのチキン、花椒に加え、限定カレーも用意。 単にスパイスカレーだけでなく、オムカレー、チーズカレーといったメニューで、カレーにリッチさやコクを求める向きにも対応していたり、ミニカレーやビールセットも用意していたりと、他に目立つカレー屋がない大宮という土地柄に合わせた細かい工夫が見てとれます。 ★あいがけカレープレート(チキン×花椒) ¥1100 店名の通り、青い満月の如きお皿が印象的ですね。 定番的なチキンカレーとは対照的に、花椒キーマはカルダモンと花椒がドキュンと効いた華やかな仕上がり。 カスリメティじゃなくてネギが乗っているあたりに、埼玉のアイデンティティを感じます。 そしてさり気なく添えられた茄子アチャール。これ絶対スパイス酒に合うやつ!! ここは大宮に来たらマストですね。ちゃんと飲みに来たいお店です。

松 宏彰

松 宏彰

excellent

カフェ東亜サプライ

店舗情報

門前仲町駅

コーヒー専門店

門前仲町に用事があったのだけど、ちょっと早く着いたのでカフェで仕事でもしようかなと。 駅出口のすぐ脇に、年季の入ったカフェを発見。 『カフェ東亜サプライ』 お店の前の看板には「マサラカレー」という文字が。 これは入らねば。 一階が珈琲専門店、二階がカフェのようですね。 狭めの階段を登ると、思った以上に広々。 老舗ならではの贅沢な空間使いですね。 待ち合わせにも、時間つぶしにも、一息つくのにもかなりイイ。 さてメニュー。 カレーは「マサラカレー」と「ドライカレー」の二種。 「ドライカレー」のほうには「辛」の文字が書かれています。 珈琲の香りにこだわる喫茶店が「マサラ」という文字を使うからには、スパイスの香りにもこだわるに違いない。 そして同時にラインナップしているドライカレーはさらに味が濃いに違いない。 その予想は的中でした。 ★ドライカレー(ドリンク付)¥880 たっぷりのクミンシードの他、カルダモンが強く香り、 煮詰まったような独特のニガ辛テイストはどこか初代『ニューキャッスル』を思い出させてくれます。 ご飯の量が結構多いのですが、カレーの味も濃く辛さもええ感じなので残らずバランスよくいただくことができます。 いやいやこれは大当たりの喫茶店カレーですぞ。 もちろん珈琲も高レベル。 ストロングタイプの「キングアーサーブレンド」を選んでみました。 まぁ、強いですよね。アーサー王。 カレーのあと口に残ったスパイスの香りが珈琲の濃いアロマと結合して、鼻に抜ける空気にダンディズムを感じます。 そう、「世界一美味しい珈琲はカレーの後の珈琲である。」という言葉、まさにそのもの。 こちらのお店、新宿に本社を構えるトーアコーヒーの直営店として1980年にオープン。 堂々40年越えの年季でした。 門前仲町のほか、東松原にも直営店『珈琲専門店東亜 東松原店』があるようですが、 カレーメニューはちょっと違って「ジャワカレー」なんてのがあるみたい。 そっちも気になりますね。

松 宏彰

松 宏彰

good

Oriental Elephant 高田馬場店

店舗情報

高田馬場駅

インド料理

高田馬場、神田川を越えたあたりの静かな路地に佇む、洒落た店構えのレストラン。 『Oriental Elephant 高田馬場店』 ネパール人によるインド・ネパール・タイ料理の複合レストランですが、よくあるインネパ店とはだいぶ異なった様相なのです。 シェフは長年タイでシェフとして働いていた方らしく、タイ料理のメニューは豊富。 インド料理も日本向けテンプレメニューだけではなく、ダルタルカからビリヤニ、プラウまで、ちゃんとしたインド料理レストランの構成です。 ★ネパールビール(ネパールアイス)¥450 とりあえずビールが安い。 ★チキンパコラ ¥750 ベスン粉(ひよこ豆パウダー)を衣にカラッと揚げたインド式の鶏天。 揚げたてが堪らなく美味いです。 ビールのアテに最適! ★カオソーイ ¥950 タイ北部チェンマイ名物のいわゆるカレーラーメン。 ちゃんと揚げ麺と茹で麺の二段構造です。 スープはかなりココナッツミルク強めのリッチ仕様。 具材として鶏肉、ピーナッツ、高菜が入っておりました。 居酒屋っぽくも使えるけれど、味付けはだいぶレストラン寄り。 2人以上でディナーなんかに使うのが良さそうですね。