田中 克典

田中 克典

グルメ日記歴は約10年。 食べログが中心でしたが、 Rettyもはじめて見ました。 たくさんフォローさせていただきます。 フォローバックしていただけるとうれしいです^_^

  • 270投稿
  • 771フォロー
  • 217フォロワー

好きなジャンル

  • バル
  • 居酒屋
  • 海鮮料理
  • ホルモン
  • 焼肉
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
田中 克典

田中 克典

2023

飯田橋駅

寿司

知人に紹介されて行ったお寿司屋さん。 場所が神楽坂ということもあり、非常に楽しみにしていきました。 基本18:00、20:30の交代制ということで、20:30を選択。 この日は運よく他のお客様もいなく、雰囲気の良い空間をゆっくり楽しみました。 お寿司はお任せでドリンクはペアリング。 このお店を一言でいうと、大将がとにかく、食材のことを研究していて、食べる方の健康や、 次の日の胃腸の調子まで考えられた素材、食材選びをしているということ。 お話を聞いているだけで頭が下がります。 最初は イワシの握り。 そこから3品と合わせてペアリングされたのはBikoというスパークリング日本酒。 非常にすっきりとした自然の赤味の日本酒。これはとても新鮮。 イワシと海苔 佐賀県の海苔を使いパリっとした感じとイワシのコクのある味がたまらない。 あん肝のカクテル。 低音料理にて提供。 ウニとキャビアをあしらってキャビアの塩分濃度まで計算された一品。 まるでフレンチの前菜みたい。 ここはVINCUITという干しブドウで造った赤ワインを合わせて。 茶碗蒸し 天美卵を使っていてそれはもう上品という言葉がぴったり。 この一品だけでなにやら絵にも言われぬ満足感を感じます。 コレステロール低めなのだそうです。 大分産鰤のしゃぶしゃぶ。出汁がさっぱりしていて、 大根おろし、メネギがアクセントなり、絶妙。 ここから白ワインがペアリング。 長崎 アオリイカ。 甘みがあり、シャリもここで特徴ある事に気づく。 次に スズキの昆布締め、昆布がしっかり効いていて絶妙な塩加減 シャリについては 富山のコシヒカリで大粒。それを霧島でとれる硬水で炊いているらしく、 ミネラルなどの栄養素も増すとのこと 酢は 10年赤酢 5年赤酢 赤酢 黒酢 をブレンドして仕込んでいるらしい。 千葉くろむつ 脂身が程よく残り、良いバランス。 ここで竹林という日本酒をペアリング 100年前のおちょこを使って出てきます。 握りは 大間のマグロの赤身 そして 大トロよりの中トロ マグロの質の良さと100年物おちょこでいただく日本酒のハーモニーを楽しみました。 鯖棒鮨。 これも海苔にまいてサバとのバランスが良い。 甘鯛のあられ揚げズワイガニのあんかけ ここでまたペアリング変更で、 ハイボール。 貴重なスコッチで、癖のある香りと余韻の残る感じを楽しみながら料理へ。 白身魚のから揚げにあんかけ。 ぱりっぱりに揚げられた魚にカニの出汁の効いた餡が胃を温めてくれます。 赤貝のヒモと握り 赤貝は血の部分がポイントとなる貝らしく、 その味と磯の香りと塩加減が抜群に調和している。 ここから赤ワインがペアリング AMARONE 金目鯛のゆず漬。 ゆずの香りが鼻をくすぐり、たまりません。 トロタクのおはぎ おはぎの調理法をヒントにおはぎ風にトロタクをいただく! ボタンエビのウニ漬。 ウニに包まれたボタン海老。言葉にするだけでおいしそうですがまさに至福。 にあなご。 塩味だけで提供。それが一番穴子の味を引き出すのだとか。 しじみ汁 ここまでのコースを余韻に浸りながら味わいました。 ウニとキャビアを手巻きで。 紫蘇ワカメのだし巻き卵。 いちご大福 ドブロクにみかんジュース。 この組み合わせも胃腸のことを考えつつもデザートの楽しさも持ち合わせたペアリング。 事実次の日も胃もたれもなく、非常に体調が良い感じ。 洗練された食材でお客様の体調まで考えて提供するのは至難の業。 ただただ大将の知識と知恵に感動。 接待等、これぞという機会にまた使いたいお寿司屋。おすすめです。

田中 克典

田中 克典

excellent

乃木坂駅

九州料理

知人の紹介で西麻布に素敵な居酒屋があると聞き、予約。 IPOを目指す先輩経営者の方との会でこちらを利用させていただきました。 西西麻布の交差点を青山墓地の方に行ったところにあるLAWSONのとなり。 外装もよい雰囲気で、素敵なお店。 入店すると厨房が見渡せる店内。 料理にも自信がありそう。 この日は店舗お任せでいろいろなものを出していただきました。 まずはビールで乾杯。 ビールはサッポロ黒ラベル。ちなみに瓶は赤星です。 まずでてきたのがたたきキュウリ。 薄くスライスされたキュウリがまるでフグの刺身のように盛られ、 非常に美しいお皿に仕上がっています。 その上の白ゴマとごま油をかけて、食感と味を楽しめる一品。 続いて たことアボカドの梅和え アボガドの食感とタコの淡白さ、それに梅の酸味が絶妙に絡み合って、 さっぱりした味。 ごぼうのから揚げ。 ごぼうを贅沢な長さでから揚げにして、マヨネーズを添えていただきます。 ごぼうの繊維質の食感がよく、甘みもあります。 続いて手羽先から揚げが2種類の味で出てきました。 塩コショウと甘だれ。 どちらも手羽先のうまみと絶妙にマッチングして、 絶妙な味。からっと揚がっていて食べやすく、止まらない感じです。何本でも行けそう(笑) ゴマサバ。 ゴマのたれがいい感じで、サバの臭みがなくなり、たべやすい。 餃子。食べ方は揚げ。 種をその日に仕込んで包んで出してくれているらしく、 ふわふわな仕上がりが、餃子専門店なみの、仕上がり。 これも何個でも行けそう。 牡蠣フライ。 牡蠣の甘みが凝縮されて、 噛むと汁があふれ出るおいしさ。 馬刺し盛り合わせ。 臭みのないきめ細やかなに肉質で、 さっぱりいただけます。 そして鍋。 もつ鍋のしょうゆ味なのですが、 お店のアレンジであんきも、白子などが乗ってきて、さらに いくらをかけて食べるというぜいたくさ。 ただ尿酸値が劇的にあがりそうな”痛風鍋”仕様。 なので、うまみがたっぷりです。 いろいろな味の混ざったスープがまた絶品で、 〆はこれにちゃんぽんを入れていただきした。 複雑な味のスープは絶妙な仕上がり!。 大満足。 非常に雰囲気もよく、丁寧な接客。 そして何よりも丁寧に作られた一品一品の質の高さ。 ドリンクもリーズナブルで、西麻布という立地にしては、 コスパが相当高い。 ブーブグリコなども非常にリーズナブルプライスで飲める。 デート、少人数での宴会等使い方も多様。 また行きたいです。

田中 克典

田中 克典

excellent

宮崎駅

うどん

家族で実家に帰省。 うどんが食べたいということでいつものお店ではなく、こちらに。 昼時で並ぶかなと思いましたが、スムーズに入店することができました。 魚寿司、いなり寿司、ちらし寿司をそれぞれ注文し、あとは釜揚げうどん。 並と大のみのシンプルなメニュー構成。 それでもお店は常に満員。 うどんは麺を茹でるのに時間がかかるので10分くらい待ちます。 それでも出てきた釜揚げうどんを食べれば納得。 ただ柔らかいのではなく弾力のある麺は絶妙な茹で加減。 美味しくいただきました!

田中 克典

田中 克典

excellent

富士山(旧:富士吉田)駅

イタリア料理

年末旅行二日目の夜。 富士急ハイランド帰りで今日はホテルの夕食は予約しておらず、山中湖付近でサーチ。 子供達が麺が良いということでパスタを食べられるイタリアンに。 山中湖畔のこのお店にしました。 電話では混んでいるとの憶測も、意外にスムーズに入店できて着席。 運転してたので乾杯はオールフリーで。 シーザーサラダ アサリのガーリック炒め バジルコのパスタ カルボナーラ チーズフォルマッチョピザ をまず注文。 店内見える厨房で出来立てをすぐにテーブルに持ってきてくれて、熱々のイタリアンを食べられます。 味もよくちょっと老舗っぽい感じ。 追加でジャコのペペロンチーノ ポテトフライを注文。 なかなか良いイタリアンでした。

田中 克典

田中 克典

excellent

富士山(旧:富士吉田)駅

うどん

山中湖界隈に年末の旅行。 初日のランチは高速降りてすぐにあるうどん屋を探しているここに来てみました。 店内は座敷になっていて、結構広い。 ぶっかけ肉を注文。 平皿にうどんが盛られてつゆがかけられている状態で出てきました。 うどんは硬めで歯応えがあり、味も濃いめ。 つゆとの相性もよく、箸が進む。 肉は豚肉。 醤油ベースで煮込まれている。 このお肉と同じものがのった肉ご飯もあり、食べようと思ったが息子がペロリ。 食べたかった(笑)