プロフィール カバー写真
Masahiko.S

TOP USER

スイーツ

Masahiko.S

同じお金を払うなら美味しいものを!スイーツキング

自分のなかで唯一こだわっているのが「食」。 同じお金を出すのであればより美味しいものを。 なるべく複数回訪問したお店についてお気に入りのレポートを。 複数回の訪問でも1投稿(時間帯や利用目的が異なる場合は複数投稿)に。 でも家食が1番。 https://www.instagram.com/ranrun3.4

  • 3679投稿
  • 24フォロー
  • 1680フォロワー

好きなジャンル

  • スイーツ
  • ケーキ
  • カフェ
  • 洋食
  • パン
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Masahiko.S

Masahiko.S

excellent

北本駅

クッキー

埼玉県北本市のクッキーショップ「クル」。 今回はふるさと納税を利用しての入手です。 とても長い間待ちました。 12月に注文して手元に届いたのは4月。。 「クル」の日々の暮らしを笑顔にする「クッキー缶」。 バタークッキーやオイルクッキーといったかわいいクッキーらに、限定のクッキーも加わった9種類がバランスよく詰まっていて、まさに「クル」のクッキーを堪能できるセットです。 その内容は以下の通り。 ■いちじく&クランベリー(クッキー缶限定)×4 ■ミニキャメリカン(オートミールクッキー)×22 ■ストロベリージャムクッキー(クッキー缶限定)×2 ■キャラメルくるみ×2 ■かぼちゃ&ゴマ[クッキー缶限定]×2 ■のだ塩×3 ■むらさきいも×4 ■クーモさん(メープル)×4 ■チョコ×4 バターや菜種油等を使い、様々な食感を楽しめます。 こちら「クル」のクッキーは決して特別ではなく、普段使いするような、誰もがみんなで楽しめるのがコンセプト。 当初は素朴さがウリのクッキーかなと思っていましたが、そんなことはない、新しい要素も加わった、いつまでも色褪せないクッキー。 個人的にクッキー缶については、ふるさと納税で様々な自治体から返礼品で頂いてみましたが、ここ「クル」のものが上位を争うくらいに美味しかったです。 優しさがありつつもプロの味でしっかり丁寧に作られていると感じる逸品でした。 缶もかわいくてオススメです。

Masahiko.S

Masahiko.S

excellent

神奈川駅

ステーキ

火曜日のランチで訪問しました。 横浜駅からはちょっと遠いけど、訪問してみる価値ありのとんかつ屋さん「サンオリーブ」。 神社の参道を横切る宮前商店街はやや辺鄙な雰囲気ながら、いくつか点在する飲食店には名店や使い勝手のよいお店があったりと、大変重宝しています。 その宮前商店街に静かに佇むのが人気のとんかつ屋さん「サンオリーブ」。 TV「アド街」にも登場した有名なお肉屋さん「川窪牛豚肉店」が経営していて、その熟成肉を使用した質の高いとんかつを出すことに加え、ボリュームがあってコストパフォーマンスも高いという評判です。 ランチタイムには破格の値段のとんかつメニューが並んでいて、1番人気はランチサービスの「ロースかつ定食」です。 やはりボリュームがあって肉汁ジューシーでコスパ最高です。 「林SPF豚」のとんかつです。 そう、Specific(特定の)、Pathogen(病原体が)、Free(ない)の、林SPF豚肉を使用しているのです。 肉質は程よくやわらかくて、「林SPF豚」は豚肉の甘みを感じとても美味しいです。 特に脂の甘みが楽しいです。 価格設定は抑えめで、「林SPF豚」レベルのとんかつをリーズナブルに味わえるなんて最高です。 個人的にはもう1つ、特筆すべき点は「せんキャベツ」。 こんなまろやかで繊細な食感の「せんキャベツ」にはなかなか出会えないでしょう。 以上、基本的に肉質が最高なので、どんなとんかつメニューも決して外さない「サンオリーブ」でした。

Masahiko.S

Masahiko.S

excellent

春日部駅

和菓子

和菓子屋さん「青柳」は、春日部を代表する、明治33年から続く老舗。 ショーウィンドウには、定番の和菓子はもちろんのこと、季節を取り入れた華やかな和菓子や、慶弔向け等、多数取り揃えています。 今回は3種類の和菓子を頂きました。 この季節に外せないのは「うぐいす餅」。 なめらかなこし餡をやわらかな餅で包み、うぐいすを表しています。 こし餡に餅、きなこと、絶妙な和の組み合わせを堪能しました。 「芋羊羹」は秋冬限定商品なのでギリギリ頂けました。 川越市産のさつま芋、しかも「紅あずま」を使っています。 さつま芋の上質な甘さや美味しさを楽しめます。 「草餅(こし餡)」は、よもぎの香りが口の中に豊かに香る、やはりこの季節の和菓子です。 餅の食感をより楽しむためにこし餡を使っているとのこと。

Masahiko.S

Masahiko.S

excellent

土曜日のランチにママと訪問しました。 自家焙煎スパイスを使った創作系カレー屋さん「こちら春日部市学校どおり前カレー屋」。 以前は春日部駅の西口側で「曲がり角の間借りカレー 春日部の良ちゃん」としてランチタイムだけ間借りしていましたが、その後、独立して東口側にて「こちら春日部市学校どおり前カレー屋」として営業しています。 店の外観が古民家風なのは歴史ある粕壁東口の風情に馴染んでいます。 評判がすこぶるよく、13時半くらいの到着しましたが、やはりほぼ満席の状態。 店内は、天井は吹き抜けで圧迫感のない造り。 カウンター席やテーブル席と落ち着いた雰囲気の中で心地よいBGMを楽しみながら、スパイスカレーを楽しみます。 主力メニューは以前と変わりません。 結局、2人とも前回と同じメニューを注文しました。 待つこと数分で供されます。 ママは「国産ビーフのキーマ」を。 肉感たっぷりのキーマカレーです。 メニュー表によると、食べ方は次の通り。 まずはそのまま、次に玉子をつぶして、最後はスープ割りで味変の三段活用とのこと。 「トッピングセット」を組み合わせましました。 その内容は副菜が2種類に加えて、自慢の「トリプルスモーキーポテサラ」も。 では、まずはキーマカレーをそのまま頂きます。 綺麗に丸く型取られたターメリックライスの上にはたっぷりの牛挽肉。 牛挽肉だけでなくゴロゴロした肉も含まれていて、それは食感が楽しく、しかも大変食べ応えがあります。 そしてスパイスのハーモニーが素晴らしいです。 スパイスが心地よく、コクがしっかりあって辛さもちょうどいい感じ。 複雑であっても、キチンと収まりどころのある安心感。 こちらのスパイスカレーはそんな安定感がある感じ。 次に玉子を潰してまろやかに。 中央の卵黄を独創的なスプーンで崩すとまろやかなコクになるのです。 カレーの辛さに優しい黄身がよく合います。 さらにスープで割ってもらってリゾットっぽく頂きます。 さらにまろやかな味で〆ることができます。 スープの風味で優しく食べ終え、穏やかな余韻が残りました。 以上、香り高いスパイスとしっかりした牛挽肉、そして味変で3度も美味しい「国産ビーフのキーマ」でした。 なお、「トッピングセット」のうち、「トリプルスモーキーポテサラ(=燻製味のポテトサラダ)」が気に入ったようです。 一方、自分は「チキン&ポークのあいがけ」を選びました。 やはり「トッピングセット」をセットしました。 大きな皿の真ん中には縦にドーンとターメリックライスが。 トッピングが盛られていて、そのターメリックライスを中心に、左右にチキンカレーとポークカレーが盛られています。 チキンカレーはスパイシーな味わい。 ヨーグルトとスパイスに漬け込んだチキンを使っているそうで、しっかりと肉感を確かめながら、またココナッツミルクでまろやかな舌触りでした。 じんわりと広がる辛さを楽しめ、辛さと旨味にハマってしまいそうです。 ポークカレーは欧風でコクを楽しむタイプ。 マイルドな甘みを感じます。 大きな豚肉の塊が2つ。 それはやわらかくてホロホロ。 やわらかくも、噛むと豚肉の旨みと食感が楽しめるポークカレーです。 いずれも都内のスパイスカレー屋さんに伍するレベルの味とボリュームでしょう。 店主はカレーに対して研究熱心で情熱が凄く、「曲がり角の間借りカレー 春日部の良ちゃん」時代に雑誌「究極のカレー2021・2012 」にて紹介されています。

Masahiko.S

Masahiko.S

excellent

神田(東京)駅

魚介・海鮮料理

会社の懇親会で4人で訪問しました。 いわし料理の専門店「かぶき」。 フツーの居酒屋さんと勘違いしていました。 予約の際に全く気がつかなかったですが、いわし料理の専門店なのですね。 今回のメンバーのうち1人が、いわし等の青魚が苦手と。。 でも大丈夫、いわし料理以外のメニューも充実していてホッと安心。 店内は神田のおじさま方で満席御礼状態。 ではビールに「生タコ刺」で乾杯。 この「生タコ刺」は「ごま油塩」にて頂くのですね。 なかなかな味わい。 「ポテトフライ」は細め。 その塩味にビールが進みます。 「チーズ春巻」は外側はパリッと心地よく、中身はとろーり濃厚。 「とうもろこしの天ぷら」は、天ぷらに揚げることでコーンの甘さが引き立ちます。 「さつま揚げ」は、本場の鹿児島からの3種盛り。 「つみれポン酢」の自家製つみれはふっくらやわらい食感。 「カキフライ」はジューシー。 「いわし明太子和え」は、酢で〆たいわしを明太子と胡瓜で和えました。 「えびせん」は、揚げたてのタイ風のえびせん。 「たたみいわし」は、しらすを板状に乾燥されたおつまみ。 「えいひれ」は定番のおつまみ。 「いわし天ぷら」は、大葉で巻いていますのでさっぱりと頂けます。 〆は自分は「明太子茶漬け」を。 ご馳走様でした。