プロフィール カバー写真
Masahiko Shimizu

TOP USER

カフェ

Masahiko Shimizu

同じお金を払うなら美味しいものを!スイーツキング

自分のなかで唯一こだわっているのが「食」。同じお金を出すのであればより美味しいものを。 なるべく複数回訪問したお店について、お気に入りのお店についてレポートを。 複数回の訪問でも1投稿(時間帯やシチュエーションが異なる場合は複数投稿)に。 https://www.instagram.com/ranrun3.4

  • 2801投稿
  • 15フォロー
  • 1519フォロワー

好きなジャンル

  • スイーツ
  • ケーキ
  • カフェ
  • パン
  • 洋食
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Masahiko Shimizu

Masahiko Shimizu

excellent

    ママン オヴァール

    店舗情報

    刈谷市駅

    ソフトクリーム

    絶品「フレンチトースト」を愛知県からお取り寄せしました。 ふわふわ食感の「フレンチトースト」。 外側はサクッとして、中は卵液がたっぷり染み込んでトロッと、これが絶妙なバランス。 「オヴァール」はもともと、創業者が卵を研究していて、その美味しさを身近に感じてもらえるようにとカフェを開業されたとのこと。 だからこそ卵には深いこだわりがあり、この「フレンチトースト」は卵の魅力をしっかり感じることができるのですね。 粉砂糖、はちみつ、メープルシロップと相性はもちろんバッチリ。

Masahiko Shimizu

Masahiko Shimizu

excellent

    GRAND CASTELLA 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

    店舗情報

    押上駅

    スイーツ

    会社帰りに寄り道です。 アジア中で愛されているという、話題の「台湾カステラ」。 その発祥の店がここ「GRAND CASTELLA」。 この「台湾カステラ」はふわふわだけど、ぷるぷるな食感、でもしっとりなところもある、とても軽い食感が特長です。 そして甘すぎることがありません。 シンプルかつ優しい味わいが幅広い人々に長く愛されている理由なのですね。 今回は「プレーンカステラ」と「チーズカステラ」との「ハーフ&ハーフ」を。 特にふわふわの生地に2層のチーズが溶け出す「チーズカステラ」が人気とのこと。

Masahiko Shimizu

Masahiko Shimizu

excellent

    パティスリー ココアンジュ

    店舗情報

    六本木駅

    ケーキ屋

    会社帰りに寄り道です。 六本木駅近くにお店を構える「Patisserie Coco Ange(パティスリーココアンジュ)」。 人気No.1の「カヌレ」は外側はカリッと、中はモチッとした独特の食感の癖になるスイーツでした。 今回は3種類を。 「ナチュレ」「ショコラ」「ココナッツ」。 見た目は艶が綺麗に出てて、味も香ばしさが好みです。 常温のそのままだと少し苦味が強いかもしれませんが、温めると優しい甘みがふんわり広がるとのこと。 一方で「六本木〜Gokujyo〜プリン」 は、日本全国から厳選して仕入れた素材のみを使用して作る極上プリン。 卵は「ひたち農園」の「奥久慈卵」、砂糖は奄美諸島の「素焚糖」、牛乳は八ヶ岳野辺山高原の「ジャージー牛乳」、生クリームは「北海道産」。 絶妙な焼き加減のバランスのよさが特長とのこと。 ちなみに「Coco Ange」とは「愛しい天使」という意味。 「すべてのお客様に喜んでいただけるように」「世界中に愛が溢れますように」という願いが込められているとのこと。

Masahiko Shimizu

Masahiko Shimizu

excellent

    AUX BACCHANALES 横浜

    店舗情報

    横浜駅

    カフェ

    会社帰りに寄り道です。 パリさながらの空間を演出し、本場の味と雰囲気を気軽に楽しめるフレンチスタイルのベーカリーカフェ&レストラン「AUX BACCHANALES La Sœur(オーバカナル ラスール)」。 今回は「ヴィエノワ サンド」「栗とベリーのデニッシュ」「ショーソン オ ポム」「ショコラ オ ザマンド」「パン オ ショコラ 」「ヴィエノワ ショコラ」。 さすが、いずれも逸品揃い。

Masahiko Shimizu

Masahiko Shimizu

excellent

    東神奈川駅

    ちゃんぽん

    木曜日のランチで訪問しました。 東神奈川の有名な、「長崎ちゃんぽん」&「皿うどん」のお店「西海」へ。 こちらはなんと、個人店なのに24時間営業とのこと。 どうも兄弟3人で3交代で回しているようです。 11時くらいに到着しましたがお客は自分だけ。 では誰もが注文するという「長崎ちゃんぽん」を。 壁に貼られているメニュー紹介のPOPには「12種類の野菜、魚介類、練り製品が作り出した、まろやかでコクのあるスープ。これぞ本場のちゃんぽんです。」と書かれています。 実際に、たっぷりと盛られた具材は、烏賊、うずらの卵、海老、人参、蒲鉾、もやし、キャベツ、豚肉、ナルト、タマネギ等、たしかに12種類の野菜、魚介類、練り製品がてんこ盛りです。 1番大事なポイントであるスープは、まろやかながらもコクと深みがあって、個人的に大好きな味で、美味しくてかなり衝撃を受けました。 麺は「長崎ちゃんぽん」に相応しい、普通の麺よりもやや色白な、中細でやわらかい王道のもの。 九州人ならば、「長崎ちゃんぽん」と「博多うどん」の麺はやわらかくコシがないと始まりませんよね。 とにかく最後まで美味しくて飽きずに食べ続けられる、ここ「西海」の「長崎ちゃんぽん」は今まで食べた中でも上位を争う出来栄えでした。 「西海」はまさに大衆中華屋といった店構えで、店内やお皿などお世辞にも綺麗とは言えませんが、こういうお店ほど味は抜群なのですね。 一方で気になるメニューもありました。 それは「焼きちゃんぼん」。 独特の風味と食感のちゃんぽん麺を焼きそばのように炒めて海鮮風に味付けした「西海」名物の逸品とのこと。 モチモチの中太麺で、味は濃いめなのですがソースが海鮮の旨味を濃縮していて、癖になる美味しさという噂。 次は是非これを。