Chiharu Shinozaki

Chiharu Shinozaki

昼はラーメン、夜は日本酒とビール。 そんなサラリーマンであります。

  • 378投稿
  • 76フォロー
  • 122フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 居酒屋
  • ビール
  • 餃子
  • 焼き鳥
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Chiharu Shinozaki

Chiharu Shinozaki

excellent

    らーめん 平太周 神保町店

    店舗情報

    特製ラーメン ¥850 思い出は美しいのままの方が良いとは頭からわかっていても、改めてあの味が味わえると思うとついつい向かってしまうわけです。 環七ラーメン戦争を牽引した土佐っ子→下頭橋の流れを汲む、2000年代前半、板橋本町駅から5分くらい歩いたところだけど深夜に車を飛ばして通いに通った、ひっそりとだけど絶大なインパクトを誇っていた背脂チャッチャッラーメンの分店が、これまた大学生活を過ごした神保町にできたと聞けば行かない理由はないわけで。 最初の分店は大崎広小路の平太周味庵だったりするので五反田勤務の人はそっちの印象の方が大きいかもですね。 実際、そこからの分店と感じました。 (板橋本町の店主さんは閉店後北池袋で別の店をやっていたので〜という背景は割愛) 背脂のゲレンデを掘り返すと浮かんでくる真っ黒な醤油の大地。これを汁無し麺かの如く混ぜて混ぜて茶色になったところでいただきます。 この手順、身体が覚えてました。 食べた感じは相変わらず背脂の甘みと醤油のしょっぱさにニンニクが追い討ちかけてくるハーモニーは変わらず。背脂に負けない下味のチャーシューも良い仕事してました。 それでもやはり思い出の店には補正があるもので、玉子が半熟味玉だったのが少し残念。ハードボイルドなスープには玉子もハードボイルドが合うのですよ(調べたら特製にしなければゆで卵らしい。選ばせて!)とか、醤油のインパクトも薄れてた気がした、濃い目を頼めばよかったのかな。 などありましたが、変わらず無二の背脂チャッチャッ系である事は変わりなく、初代店主さんが引退された今、接客、オペレーションと素晴らしかった若い店主さんに今の時代合わせた背脂チャッチャッを提供していただきたいと思います。 次は新商品試してみるかな。 #背脂ラーメン #背脂チャッチャ系 #平太周 #神保町グルメ #ラーメン

Chiharu Shinozaki

Chiharu Shinozaki

2021

    仲御徒町駅

    ラーメン

    鷄ぶた塩タンメン+小ライス せっかくの有給なので新規開拓です。 観たかった映画がTOHOシネマズ上野のみしかやってないないと言う悲しい現実に負けないために上野へ…と思ったら最寄り御徒町じゃねーかと御徒町に降り立ちました。 ちょうどお昼の時間だったので御徒町あたりのラーメン屋を検索してると、最近東京に進出してた王道家が目につきますが、ふと、鷄スープのタンメンという文字が目に入ります。 確かに、タンメンって塩味だけどそこにわざわざ鷄と名乗る。 鷄塩ラーメンは世の中に溢れてるけどそこにタンメン。かなり興味深いネーミングです。 最近、トナリにも行けてないし新しいタンメン開拓も悪くないかと駅から秋葉原方面へ6分ほど歩きました。 鷄ぶた塩タンメンとうっかり小ライスを注文。 僕にとってタンメンは究極の野菜炒めなので何の矛盾もありません。 店主さんが寡黙に丁寧に1杯1杯作っていて期待感が高まります、 さてまずスープから。 鷄だ。すっきりとした塩味の後に鷄が追いかけてくる。 普通、タンメンのスープって結構ちゃんと塩味がする事が多いのですが、ここのスープは鷄の味がしっかり残ります。実に衝撃的。 鷄塩スープに炒められた野菜、軽く炙ったチャーシュー、そこに中太麺が程よい自己主張をしてきてもう止まりません。 うっかり頼んだ小ライスにスープが浸った炒め野菜を乗せて食べる。ついでにチャーシューも載せて食べる。なんなら麺もちょっと乗せて食べる。 …恍惚であります。 あと10年若ければライス大盛り平らげられましたね。

Chiharu Shinozaki

Chiharu Shinozaki

excellent

    湯川そば処

    店舗情報

    中軽井沢駅

    そば(蕎麦)

    突き出しで頂いた野沢菜の美味しさで お勧めの天ざる。 やはり軽井沢となると野菜の天ぷらを期待してしまいますが、果たして期待通りのものが提供されました。 塩を添えてくれるのも心憎い。 メインの蕎麦も喉越し、香りとも良く軽井沢で蕎麦食べてるな〜と実感させてくれました。 締めの蕎麦湯も濃く、蕎麦茶も美味しく。 店内も広いので団体さんにも優しい設計でした。

Chiharu Shinozaki

Chiharu Shinozaki

2021

    ○惠中華そば

    店舗情報

    巣鴨駅

    ラーメン

    巣鴨でお気に入り発掘です。 1枚目がチャーシュー麺大盛(中華麺)、2枚目がチャーシュー麺並(手打ち麺) 場所はなにかと話題の名店、蔦が入っていたところに居抜きで入ってました。 最近麺は手打ちと中華麺で選べると言うことだったので前回は手打ち、2回目は中華麺でオーダーして違いを堪能してきました。 スープは実にシンプルな塩。 旨味がじわりじわりと口の中に広がり、麺もよく絡むし、ちゃんと焼いた肩ロースの焼豚の味も引き立ててくれます。 麺、スープ、具、全ての調和が取れた一杯でした。 で、通常の麺と手打ち麺の比較ですが、基本的には手打ち麺がお勧めです。麺の縮れ具合や乱切りな感じがスープとの相性抜群、なのですが、1点、乱切りであるが故にたまに解れていない箇所があり少しまとまりにかけていた印象です。 既成の中華麺は固さ解れ具合が安定していて初回の人は中華麺の方がおすすめかなと。 ただ、手打ち麺は最近始めたばかりだそうなので、今後改善が見込めれば七彩レベルに達する可能性は十分にあるかと。 堪能しました。

Chiharu Shinozaki

Chiharu Shinozaki

good

    熱烈中華食堂 日高屋 田町西口店

    店舗情報

    三田(東京)駅

    ラーメン

    日高屋の和風つけ麺。 正直、普通に専門店で提供されても文句なく食べれてしまうくらい質が高かったです。 クーポン使ったとはいえ味玉に麺大盛りで¥850。 つけ麺「ブーム」は完全に終わり、ジャンルとして一般化したんだなと実感&確信した次第です。