Masaru Yoshizawa

Masaru Yoshizawa

人のお金でばかり飯を食っている税理士。和食、中華、フレンチ、イタリアン、ラーメンと雑食。埼玉県南と東京の東側が中心。結構いいものは頂いてきたつもりだが基本はコンビニ大好きなバカ舌。コスパも判断能力は怪しい。(´Д` )

  • 635投稿
  • 91フォロー
  • 611フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • フレンチ
  • ステーキ
  • イタリアン
  • 中華
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Masaru Yoshizawa

Masaru Yoshizawa

excellent

京料理 と村

店舗情報

虎ノ門駅

京料理

各地の良いお店で蟹を食べている方が「ここの蟹が一番」とお連れいただいた。 春の筍、夏の鰻で既にこの店が別格であることは理解できていたが、蟹はその中でもまた別格。 漁港で蟹を大量に茹でた汁を使って出汁を作りそれで蟹を茹でるのだそう。 1.5kg級のサイズを一人半身ずつ。 蟹は旨くても剥くのが面倒なのだが、そのまま食べられるようにフォローしてくれるのもありがたい。 蟹味噌に爪の身を混ぜて食べるのは忘れられないほどの絶品。 蟹尽くしではなく、他の冬の美味しい料理も堪能でき、思わず「オスの蟹は1月がベスト」の戸村さんの声に惹かれその場で1月の回も予約しました。   料金も破格ですが、新幹線に乗って蟹の名産地で食べる予算があれば虎ノ門でというのもいいかなと。

Masaru Yoshizawa

Masaru Yoshizawa

excellent

てんぷら 下村

店舗情報

新御徒町駅

天ぷら

蔵前の住宅街にある人気天ぷら店。 のれんにも書かれているように山の上で修行なされたようです。 天ぷらは好みの薄い衣で素材の味がダイレクトに伝わる。 特に野菜が美味しい天ぷらでした。

Masaru Yoshizawa

Masaru Yoshizawa

excellent

銀座山科

店舗情報

銀座駅

焼肉

西銀座通りに出来た個室焼肉店。 一日3組限定、タンとフィレで構成される「悦」コースは脂身の多い肉が苦手でもOK。 ここの名物はシャトーブリアンのカツサンド。 色々高級店のカツサンドも食べてきたが個人的にはここが一番美味しかったです。 完全な個室だし、スタッフが丁寧に焼いてくれるので接待にもデートにも使い勝手が良さそうです。

Masaru Yoshizawa

Masaru Yoshizawa

excellent

銀座ひらやま

店舗情報

築地市場駅

ステーキ

新橋演舞場そばの某元総理が愛したステーキ店。 セミナーの打ち上げで久しぶりにメンバー4人が揃っての会食。 前菜のアワビやタルタルでもう十分満足していたところにメインのシャトーブリアン、通常100gのところを150gにボリュームアップして登場。 これが自分が知ってる150gよりもやたらとデカイ。要するに全て削ったあとの分量が150gなので通常よりも大きめになるんだそう。   それなのに口に広がる脂が上品で、なくなるのが惜しくて最後はドンドン小さく切ってしまうほどの旨さでした。 最後のデザートも5種類全てを少量ずつサーブしてくれるなどホスピタリティも満点。 誰をお連れしても間違いなく喜んでくれるお店でしょう。

Masaru Yoshizawa

Masaru Yoshizawa

excellent

東川口駅

割烹・小料理屋

東川口の住宅街にある知る人ぞ知る名割烹。 季節ごとに最高の食材が提供されるようだが看板はやはり秋の松茸。 一人1.2キロ、24本分の松茸を一気に食する機会はまずない。 ただ量が多いだけでなく、松茸という食材が香りだけでなくこんなに美味しいものだとはじめて知りました。 茶碗蒸し、フライ、焼き松茸等出てくる順にこれが本日一番だろうと思っていたところに出てきた松茸のすき焼きは、裏切らない肉と合間って絶品の一言です。 来年の白トリュフの季節はなんとか予約を確保、来年の松茸は300組のキャンセル待ちの列に並ぶことにしました。