Shinichi Okumura

Shinichi Okumura

「人が美味しそうに食べているものは納得するまで試してみる」のがモットー。おかげで幼い頃から好き嫌いはありません! 食べ物も、お酒もジャンル問わず探求していきます。 でも、過去の投稿を見ると肉好きかな(笑) あと、ちょっとだけ辛いのが苦手… エリアは会社近辺の虎ノ門、新橋、赤坂、銀座、家近くの恵比寿、中目黒が多いです。

  • 541投稿
  • 873フォロー
  • 5645フォロワー

好きなジャンル

  • 焼肉
  • ホルモン
  • スペイン料理
  • ビール
  • 和食

MY BEST

  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Shinichi Okumura

Shinichi Okumura

excellent

とらきち家

店舗情報

東白楽駅

ラーメン

横浜の友人宅での飲み会の〆で訪問。 せっかく横浜なのだからと、家系の評判のいいお店を検索してこちらに。 訪れた際は、たまたま行列の切れ間ですぐ入店できたものの、後ろには行列が。 これは期待できそう。 注文は、【ラーメン ¥650】【味玉 ¥50】【半ライス ¥70】【ビール(缶) ¥350】 どれも都内の価格からすると、とても良心的。 まずはビールが通され、おつまみに味玉が。 スーパードライ+味玉で¥350は安すぎなのでは?と思いつつ、トッピングが要らなかったような^^;; しかしながら、この味玉がトロトロで美味い。 ほどなくして、ラーメンが供される。 スープはキリッと醤油の立った家系豚骨。 濃厚ながらスッキリしていて食べやすい。 麺は本格的な家系の中太麺。 かためで頼んだ茹で方も完璧。 具材は、分厚い海苔が香り高く、ほうれん草がしっとりと茹でられていて啜れるほど。 前出の味玉もトッピングで加わって、それぞれが主張しながら調和感を保っている。 家系が苦手な方でも食べられるくらい、完成度の高い家系ラーメンでした。 次回は、今回定休日であった末廣家にも訪れてみたい。

Shinichi Okumura

Shinichi Okumura

excellent

SATOブリアン

店舗情報

阿佐ヶ谷駅

焼肉

都内で伺いたかった焼肉店の最後に残った一店にお誘いいただいて訪店。 こちらは、お店の方が全て焼いて下さるスタイル。 普段、友人と行く時は必ず焼き係となる私は勉強も含めて期待大。 この日は¥10,800の直球コースをいただきました。 九州に限定して仕入れる黒毛和牛の肉質の良さ、 焼き方による食感や味わいの妙、 コースでも飽きさせない提供方法の工夫、 そしてCPの良さ(もちろん立地もありますが)、 と大変満足のいく内容でした。 こちらは個人的に都内で5本の指に入るお店かと思います。 コースの内容と感想は以下に記します。 *ちなみに、こちらの肉には下味がちょうどよく施されているので、  いろいろこだわりの調味料を出していただけますが、  私はほとんど使用しませんでした。 【ビーフシチュー】 肉がほどけるように柔らかく煮込まれたビーフシチュー。 タンも柔らかく、美味しい。 味付けは和風な家庭のビーフシチューといった印象。 【海苔サラダ】 さっぱりと美味しい。もう少し肉を食べた後のほうがより良かったかも。 【キムチ盛り合わせ】 酸味を感じるキムチ。甘味はほとんどなく○。 【和牛タン】 ここからが本気の焼肉。 焼き方は、早いうちから何度も返して愛でるように優しく焼いていくのがこちらの特徴。 こうすることで全体にムラなくゆっくりと火が通り、肉が表面も中も柔らかく仕上がります。 和牛タンはねっとりミルクのような甘味が印象的。 【鹿児島牛の特上ハラミ】 見事なサシのハラミ。こちらもタン同様の焼き方で加減は最高。 サシが多い分、噛んだ時のほどけかたは繊細さよりもダイナミックさを感じました。 二切れ焼いてくれ、一切れは焼き上がりすぐに、もう一切れは一分ほどおいて食べると 火の通りが違って味わいも違うと店員さんからアドバイスをいただきましたが、 食べ比べた結果、ハラミの角を感じられる焼きたてがやはり好きかなと。 【イチボ、ランプ】 間違いない一品。美味い。 ただ、特別感はあまり感じませんでした。 【シンシン】 ポーチのような大きさの塊肉。 網の上でこまめに返して空気を入れながらじっくり焼いた後、バックヤードで仕上げ。 ローストビーフのような美しい姿になって出てきます。 【糸島産トマト】 真っ赤な熟したトマト。甘味が強い。 【リブシン】 片面軽く炙っておろしポン酢に。 甘い脂の旨味とさっぱりしたおろしポン酢の相性は抜群。 このあたりからコースも最高潮へ。 (この後、シャトーブリアン四連発!) 【ヒレすき】 シャトーブリアンの薄く切ったカットを両面軽く焼き、溶いた卵の中に。 それをご飯に乗せて食す。 まずこれを食べて美味くないという人はいないと断言します。 ジャンボの野原焼きや、よろにくのシルクロースなどで体験したことのある味(食べ方)ですが、 美味いものは美味い。 【ブリ飯】 一口大のステーキカットにされたシャトーブリアンを焼き、白飯にオン。 その上に唐津の赤うにを乗せ、肉と一緒に温めたニンニクソースを掛けて。 やや豪奢な感もあり、この肉とソースだけで(ウニ、飯なしで)味わった方が実は美味いかもしれませんが、 このソースとウニがシャトーブリアンに相まった瞬間、トリュフのような香りを感じました。 この組み合わせ、侮れず… 【ヒレカレー】 仕込まれている時しか食せない限定メニュー。 ルーは普通ですが、ゴロッとした肉が美味く無問題。 【ヒレカツサンド】 最後に変化球。 ソースがよく合う。 揚げ具合とパンとの食感の相性はまあまあ。 【冷麺】 半田素麺のような食感。 出汁も軽やかで、散々食べた後でもするっと入る。

Shinichi Okumura

Shinichi Okumura

excellent

代官山 焼肉かねこ

店舗情報

代官山駅

焼肉

今年大注目のお店、浜松町のくにもとご出身の店主が手掛ける焼肉屋。 アクセスは代官山駅からTSUTAYAを越えて駅歩7~8分という、普段訪れないエリア。 小路に置かれたしっとりとした灯火を曲がるとお店とご対面。 店内はボックス席のみで赤いソファーが印象的なすっきりとした空間。 ソファー席の背もたれが切り立っているのがやや気になりましたが、私のように体格がいい男子以外は気にならないかな、と。 若いご店主と、奥様?と思しき方と女性店員さんの少人数で切り盛りされているご様子。 こういったお店は流儀に従うのが私の作法。 肉の注文もお店の方の仰るとおりおまかせコースを注文しました。 追加メニューを見ると、本日のコース肉も但馬牛、田村牛、近江牛とクリンナップを飾るブランド牛達とお見受けしました。 くりのみやハラミの塩味が素晴らしく、同行したメンバーが最初から感動。 ともさんかく、イチボ、サーロインのたれの味付けはさっぱりで、美しいサシたっぷりの肉ながら喉を流れる様なさらっとした上質の脂との相性がとても良い。 追加でオーダーした切り落としもサーロインの周りと思しき美しい肉が入っている次第。 こんなに贅沢な切り落としはこちらとなかはらでしか出会えないかも。 一つ注意すべきは、炭をかなり贅沢に使った炭火の火がかなり強いため(嬉しいことですが!)、 美味しく焼くには細心の注意が必要です。 焼くのが上手な方と行った方が1.5倍は楽しめると思います。 <頼んだメニュー> ・おまかせコース (塩) 【ともさんかく】 【ハラミ】 (タレ) 【くりのみ】 【らんぷ】 【イチボ】 【サーロイン】 ・サイドメニュー 【キムチ盛り合わせ】 【もやしナムル】 【切り落とし】

Shinichi Okumura

Shinichi Okumura

excellent

焼肉ジャンボ はなれ

店舗情報

本郷三丁目駅

焼肉

名店「ジャンボ本郷店」のはす向かいにできた新店。 すっきりした店内は1Fにカウンター席と地下に個室という通常の焼肉店とは異なる面白いスタイル。個室があるのでさまざまな用途で重宝しそうなお店です。 この日は会社の同僚と賑やかに楽しみました。 メニューは希少部位からサイドメニュー、〆まで豊富で、単調にならないよう工夫されています。 頼んだものは以下の通りです。 【キムチ盛り合わせ】 まずはこちらから。 カクテキがいい食感、 【スタポン】 軽く炙ったホルモンの上にポン酢、葱、胡麻がたっぷり掛かっています。 細かく刻んだ葱がホルモンの香りを消すだけでなく、食感にも良いアクセント。 サラダのようにホルモンをいただける一品。 【並タン塩】 大きく薄くスライスされたタン。 ここまで薄いカットはなかなかお目にかかりません。 焦がさないようにさっと焼くと、薄いにもかかわらずシャクッとしっかりとした食感が楽しめます。 新鮮なタンならではの楽しみです。 【ぶつ切ローストビーフ】 炙って細かく刻まれたユッケのような一品。 卵とタレをまぶして食すと、炙った外側とレアな内側が相まって食感、香り、旨味が口腔、鼻腔をくすぐります。 序盤から思わずライスをもらいたくなるような味付けも脱帽。 【野原焼き】 ジャンボ名物、野原焼き。 見目麗しいサーロイン。これだけは焼こうとしても店員さんが焼かせてくれません。笑 手際よくサッと炙っていただき卵に絡めれば、見た目通り美味。 最高級の肉を炙って卵に絡めるスタイルは最近増えましたが、 以前からこの調理法で提供しているジャンボさんは流石だと改めて思わされました。 【イチボ】 見るからに美味そうなイチボ。 繊細な薄切りが一層美しさを演出します。 控えめなタレの味付けも口の中で肉がとろけた後の旨味とのバランスが素晴らしい。 【ロース】 ここまでテンポよく味付けの強弱交えて楽しんだ後のロースは少し重め。。 味付けはやや濃いめで食感も少しもったり感を覚えました。 ファーストオーダーの品物なので、提供順はここではなかったかと。。 【レバ焼】 規制前はレバ刺しで提供していたほど新鮮なレバー。 適度に火入れをするともっちりとした食感と閉じ込められた濃厚な味わいが楽しめます。 満足ながら、こちらもタイミングとタレたっぷりの味付けがやや残念。 【ハラミ】 サシの入った上質のハラミ。安定の美味さ。 他店でも高級店でしかお目にかかれないレベルのハラミであるのにタレたっぷりなのは勿体ない。 もっとストレートに勝負すべきハラミだと思います。 【ホルモン盛り合わせ】 上ミノ、センマイ、ホルモンの盛り合わせ。 見た目と食感から新鮮さと下処理の良さが瞬時に伝わります。 タレの味付けはまずまず。 【牛丼】 「ジャンボの肉で本気で牛丼作ってしまいました」な〆の丼。これは美味い! これだけでも食べにくる価値あり。桁違いの牛丼、必食です。

Shinichi Okumura

Shinichi Okumura

excellent

もつ焼きばん 中目黒本店

店舗情報

中目黒駅

居酒屋

【Retty初投稿】 あの「もつ焼きばん」が中目黒にも! 10/22に駅近の旧くろひつじの場所にオープンです。 こちらのお店は祐天寺から暖簾分けした五反田ばんの2号店。 しかしながら、ばん創業の地である中目黒に戻って来たため、店名は満を持して「中目黒本店」 狭い場所ながらカウンター16席、テーブルも合わせると50席と集客を考えられた店内は早くも待ちが出るほど超満員。 大きなレバカツや焼き加減が素晴らしいしろ、レバ、ちょっと辛い名物のとんび豆腐などをいただき大満足! 値段は串一本¥100と変わらぬ、ばんクオリティです。 転居して祐天寺のばんに足が遠のいてしまっていたので、中目黒にこのお店がやってきたのは本当に嬉しいニュース! 1人でフラッとでも、みんなでワイワイでも重宝しますね。