プロフィール カバー写真
大崎 裕史

TOP USER

大崎 裕史

Pro

ラーメンデータバンク取締役会長

株式会社ラーメンデータバンク 取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。自称「日本一ラーメンを食べた男」として雑誌やテレビに出てます。ラーメン以外でもうまいものが大好き。音楽はJ-POP好き。

  • 2461投稿
  • 874フォロー
  • 16955フォロワー

好きなジャンル

  • ラーメン
  • 寿司
  • 丼もの
  • フレンチ

MY BEST

  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
大崎 裕史

大崎 裕史

excellent

らーめん・わんたん ゆう輝屋

店舗情報

三軒茶屋駅

ラーメン

2022年8月15日、三茶のすずらん通りにオープン。 2階とは知らずに最初、通り過ぎてしまった。 「Como Dock」というBARの居抜きなのか、二毛作なのか。「ゆう輝屋」は22時までの営業。「Como Dock」は22時からの営業になっている。そのBARは株式会社LIVECREATEという会社がやっており、10数店舗展開している。 浜田山の「たんたん亭」を起点とする系統の「めでた屋」(仙川:1988年創業)を師匠と仰ぐ店。「めでた屋」は「かづ屋」(目黒)よりも1年早くオープンしており、系統の中でも古参。「修業というほどではないです。バイトだったので。」と言う若い女性店主(店長?)。インスタを遡って見ると『師匠の店。忘れられないこの味。このシンプルで、深みのある味。目指している味。』と書いてある。それが「めでた屋」。 主なメニューは、得ラーメン(チャーシュー2枚、ワンタン2個、味玉)1200円、ラーメン850円、ワンタンメン(6個入り)1100円、チャーシューメン1200円、チャーシューワンタンメン1450円、半ラーメン750円、など。 この系統ではいつもチャーシューワンタンメンを食べるのでそれを注文。しかし、今回は得ラーメンと随分迷った。でも、おいしかったので後悔なし。 具はチャーシュー(4枚だったかな?)、ワンタン(6個)、ねぎ、メンマ、三つ葉、海苔。 たんたん亭系とはちょっと違うタイプのチャーシューのような気がしたがしっとりしておいしい。てるてる坊主型のワンタンもおいしい。なので、次回来ても同じ物を頼みそう。 そして、メンマもおいしかったのだが、なんだかネギもおいしくて、それをレンゲで拾っているうちに完食はもちろん、スープまで完飲してしまった。バイトだった、というもののしっかりこの系統の味を出しており、おいしく仕上げているところなど、この女性はスゴいかもしれない。 麺はややパッツン系の細麺。「めでた屋」と同じ大栄食品。この麺もいい。 外観を撮ったのが12時14分。 (12時開店)階段を昇って店に入ると「ぼぶ」さんが出てくるところで私でちょうど満席。 その後、すぐに並びができていた。スゴいなぁ〜。知れ渡るともっと並びそう。

大崎 裕史

大崎 裕史

excellent

三馬路 東京店

店舗情報

神田(東京)駅

ラーメン

2021年12月9日オープン。 今年のミシュランビブグルマン新掲載候補、5軒のうちの1軒。(過去の掲載店の傾向から大崎がセレクト) (他の4軒は「入鹿TOKYO」(六本木)、「嶋」(西新宿五丁目駅)、「BreakBeats」(祐天寺)、「百舌鳥」(赤坂)) そこが夏限定で出してるメニューを食べに行ってきた。 「冷製塩昆布水のTKM(卵かけ麺)」850円。 「TKM」は熊谷の「ゴールデンタイガー」が発祥と言われている「たまごかけ麺」(いわゆるTKG(たまごかけごはん)の麺バージョン)のこと。これがじわじわ広まってきている。 ここは「ゴールデンタイガー」ではなく、大阪の「桐麺」の「冷やし桐玉」を参考にした、と正直に言っている。ただし、食べたことがないので味はオリジナル、とのこと。(Twitterより) 「冷やし桐玉」1000円は今年4月から発売された新商品で関西で人気になっている逸品。 そして「冷製塩昆布水のTKM(卵かけ麺)」だが、「麺の茹で時間に8分前後かかるので提供までお時間をいただきます」とのこと。菅野製麺所製の太麺をじっくり茹でて水で締めている。底には真昆布・煮干・本枯節などで取った昆布水がある。カエシには貝柱・煮干・節・椎茸・沖縄の塩・カンホアの塩、などを使用。 トッピングは麺の上に「マキシマムこいたまご」、別皿に本枯節、有田産磯のり、九条ネギ。 まずは麺をそのまま食べてみる。あらかじめタレと和えてから盛り付けしてあるので、味は付いてあり、これがもう驚くウマさ。玉子を含めたトッピングは要らないのでは?と思えるほど。もしかして、混ぜていくともっとおいしくなるのか?と思いながら卵を混ぜたり、トッピングを混ぜたりして食べてみる。おいしいことはおいしいが、最初の一口がピークでその衝撃を超えることはなかった。 夏だからこの限定なのだろうけど、秋冬に向けて温かいバージョンでの再登場を願いたい。 麺を食べ終わるとタレと卵が残るのでご飯推奨しているが連食途中の私は、それを我慢。そうなるとそれはしょっぱくて飲めなくなる。スープ割りでも欲しいところ。(そういう意味ではナポレオン軒はよくできてるなぁ〜。) TKMはまだまだ進化発展していきそうで面白いジャンルだと思う。 私も早く熊谷に行かねば。(食べてないのかよっ!というツッコミは甘んじて受けます。。。)

大崎 裕史

大崎 裕史

excellent

麺や 七彩

店舗情報

八丁堀(東京)駅

ラーメン

8月23日から8月29日までの期間限定メニュー「トウキビの冷やし麺」。 今年で11回目の晩夏恒例企画。1400円。 岐阜県高山市高根町の日和田高原で育てられたタカネコーン。糖度の高い旨味たっぷりのコーン。数量も限定され、なかなか市場に回らないために「幻のとうきび」と呼ばれている逸品。それをたっぷり使った毎年恒例の限定メニュー。これを食べないと秋を迎えられない(笑)。 今年もおいしかった〜! 10時22分着で3番目。 開店時間で30人くらい? 食べ終えたのが11時16分頃。 その時の外待ちが11人かな。

大崎 裕史

大崎 裕史

excellent

味噌ラーメン 百庵 西新宿店

店舗情報

前日のプレオープンの後、2022年8月23日にグランドオープン。 花輪や祝花がたくさん出ていたようだが、指導があったか私が行ったとき(8/23の12時頃)には花輪は片付けられてしまって、祝花だけがたくさんあった。 一ヶ月ほど前、YOUTUBEの「ソラノイロチャンネル」で年商25億円のアパレル企業の社長として紹介されていた石崎さんのお店。すでに「麺菜Regamen」(北参道)と「吉祥寺 武蔵家」(両国)を運営している。しかしラーメンデータベースを見ると「麺菜Regamen」はすでに閉店しており、同じ場所に「花道庵」がオープン予定。野方の「花道」が今年4月から「花道庵」に店名変更されているが、その支店になるらしい。石崎さんのお店であることは確認済みで両国の「吉祥寺 武蔵家」と同様の展開らしい。「麺菜Regamen」は物件が見つかれば移転予定。 さて、「百庵」の話に戻るが12時過ぎに到着すると店外に10人くらいの待ち。 しかし、28席あり、回転も良く、思った以上に早く座れた。その陣頭指揮を執っていたのが石崎さん。厨房には「どみそ」社長の宮本さんが・・・。こちらも一緒に始めたのか?あるいは味噌ダレを仕入れていたりしてるのかと思い、聞いてみたらそんなことはなく、単なる手伝いだそう。(ネットで関係あるような書かれ方がしてあるが関係は無いそう) 主なメニューは、味噌ラーメン 880円、特製味噌ラーメン 1100円、辛味噌ラーメン 880円、特製辛味噌ラーメン 1100円、生卵1個50円(生卵付きを推奨している)、他。 特製味噌ラーメンを注文。 外観を撮ったのが12時6分で10人の並びでラーメンの写真を撮ったのが12時21分なのでかなり早い。初日でスタッフも多かったこともあるのだろう。そんなにバタバタも感じられず、スムーズな進行だった。 背脂たっぷりで味濃いめのスープに新宿だるま製麺(凪グループ)製のもっちり中太麺。豚バラと玉ねぎを炒めた物、もやし、九条ネギ、糸唐辛子、特製には味玉、厚みがあり大きめのチャーシュー2枚。+220円だからこれはお得。(通常の味噌ラーメンにはチャーシューが入らない) スタミナ系とどみその中間くらいの味わいか。相模原の「らーめんたきび」から祝花があったようだが、ちょっと似ているところもある。 店頭に『そこそこウマい味噌ラーメン』と大きく書いてあるが、十分旨いと思う。 近隣サラリーマンの日常食としてはこういうのが望まれるのでは?実際、この日は近所の人が多かったように思う。 丸ノ内線西新宿駅から「麺屋武蔵五輪洞」の前を通っていくことになり、並びで近くなので競争激化しそう。

大崎 裕史

大崎 裕史

excellent

らーめん かねかつ

店舗情報

北浦和駅

ラーメン

4-5年前の話だが、ある人とお寿司やさんに行くことになり「友人を一人連れて行ってもいいですか?」と聞かれ、もちろんOKしたら女性を連れて来た。 その女性はかなりのラーメン好きで、その場でLINE交換をし、翌日からラーメン情報のやり取りをし始めた。何度もやり取りしてるうちに「私が大好きな店があるので一緒に行きませんか?」とのお誘い。 基本的にラーメンは一人で食べに行くことにしているので滅多にそういう誘いには乗らないのだが、今回はのってみた。そのお店というのが「かねかつ」である。 その後も一緒に麻雀をやり、私がトップだったのにオーラスで彼女に親の倍満を振り込み、大逆転されたこともある。しばらくお互いの都合がつかずに会うこともなく、ラーメン情報のやり取りも減ったのだが、紹介してくれた人から彼女が結婚したことを聞いた。 それはおめでたい。誰と結婚したのか聞いたら、なんと「かねかつ」の店主だったのでビックリ。そういうことだったのか〜(笑)。 昨年秋、鎌倉のラーメンイベントで偶然だが「かねかつ」のご夫婦にちょっとだけ会うことができた。今回は移転リニュアルしたので来てみたが、二人に会うのはそれ以来である。 「らーめん かねかつ」は2013年7月3日、川口でオープン。わずか4席の小さなお店だった。店主は製麺屋さんを経て、「大至」(御茶ノ水)にて修業後独立。当初は苦戦していたがそのこだわりと味の良さで徐々に人気になっていった。 そして先月7月7日に移転オープン。 行ってみて驚いた。 駅から遠くて狭い店だったのが、駅近の広くて綺麗なお店になっていた。スタイリッシュな店主とその傍らにはさらに綺麗になった奥様が接客担当で立っていた。食べる前から「いいお店になったなぁ〜」と感心するほど。 主なメニューは、らーめん・つけめん・あぶらそば各1000円、かねかつSP(らーめん・つけめん・あぶらそば+得肉三昧+肉ごはん)2000円、得肉三昧800円、肉ごはん400円、他。 ウリは自家製の手打ち麺とお肉類。普通のらーめんにもお肉が3種類のる。イベリコ豚肩ロースのミディアムレアポークステーキ、ほろほろ鳥もも・ほろほろ鳥胸の焼き立てチャーシュー。贅沢な3種類。1500円くらい取ってもいいんじゃないかと思う。肉がおいしいのは間違いなかったので、らーめんと得肉三昧を注文。(後会計制) スープは清湯醤油だが出汁が効いていて、おいしい。 そこにもっちりした自家製手もみ麺がこれまた大好きなタイプ。毎年恒例の「TRYラーメン大賞」では移転前につけめん清湯で1位、汁なしで2位を獲得しているが、醤油部門で入ってもおかしくないレベル。いや〜おいしかったし、何より、素晴らしいお店になっていて、他の人にもどんどんオススメしたい。 つけめんやあぶらそばも食べに行かなきゃ。