Kazuya Watanuki

Kazuya Watanuki

  • 206投稿
  • 103フォロー
  • 64フォロワー

好きなジャンル

  • 焼肉
  • 丼もの
  • 寿司
  • ホルモン

MY BEST

  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Kazuya Watanuki

Kazuya Watanuki

excellent

だんらん処 一

店舗情報

伊丹駅

居酒屋

阪急伊丹駅、JR伊丹駅どちらからでも徒歩で5分。 老松酒造のすぐ隣にある海鮮居酒屋。 外観は趣のある蔵造りの建物、お店は2階。 入口で靴を下駄箱に入れ、入店。 新鮮な魚介が並ぶカウンター席、掘りごたつの席など、和風テイストの落ち着いた空間。 ランチは全て1000円以内とリーズナブル。 平日限定のお店が多い中、土日もランチタイムやってるの嬉しい〜 席に座ると、温かいお茶と同時に今日の日替わりは○○で、焼き魚は○○で、煮魚は○○になります。と教えてくれる。 ちなみにこの日は、 日替わり『あこう酒蒸し』 焼き魚『石鯛』 煮魚『がしら』 【注文】 ◉煮魚定食(¥800) ※ご飯・お味噌汁、おかわり1杯無料。 ◇煮魚定食 ふっくらと脂の乗ったがしら(カサゴ)がとっても美味しい。 濃いめの煮汁、一緒に煮た豆腐にも味が染み込んでいる。 この日の小鉢はとろとろの大根。 味噌汁はあら汁、漬物も付く。 骨までしゃぶりついて、余った煮汁はご飯にかける。 甘辛いタレご飯、お行儀が悪いけど茶漬けのようにしていただく。 ◆まとめ 魚が美味しいお店、日本酒も種類豊富。 ランチの日替わりは、ブリ大根、金目鯛かま焼き、甘鯛の酒蒸しなど...多彩みたい。 今度は夜に、牡蠣と日本酒で一杯やりたいたいなぁ。 Instagram @moritapan7 動画もあります #煮魚定食  #和定食  #ご飯おかわり自由

Kazuya Watanuki

Kazuya Watanuki

2022

餃子専門店 大阪王 伊丹店

店舗情報

伊丹駅

餃子

阪急伊丹駅から徒歩3分。 カウンター9席しかない小さな餃子専門店。 『ミシュランガイド兵庫2016特別版』掲載。 外観はレトロな赤いファサード。 入店すると、「ビール飲みますか?」と聞かれる。 なぜなら、メニューは餃子と瓶ビールしか無く、餃子の準備はすでに始まっている。 着席と同時にマッハの速さでキンキンに冷えた瓶ビール。 赤星っていうのが酒飲みには嬉しい〜 【注文】 ◉サッポロラガービール(¥580) ◉餃子3人前(¥960) ※10月から値上がりしたけど、1人前計算だと320円。 ※餃子の注文は2人前からで、追加注文ないようにお願いしますという独自のルールがある。 3人前を頼むと、瞬殺で目の前にこんがりキツネ色の餃子がやってくる。 僕は目を丸くした... 予想外の状況に思わず笑ってしまいそうになる。 頼んでから10秒もかかってないんじゃないかな。 とんでもない提供スピードの速さにびっくり。 他店だと餃子を待っている間に1本空けてしまうことも多々あるのに、このお店ではマストでギョウビーが楽しめる。 ◇餃子 惚れ惚れする焼き色にテンションMAX。 カリッともっちりした皮に、ジューシーな餡、サイズ感もちょうどいいミドルサイズ。 ふわっとにんにくの香り、豚肉の甘味、キャベツのシャキシャキ食感がたまらない。 タレはデフォルトの酢醤油or唐辛子粗めのラー油。 さっぱりとオイリーの2種類の薬味で楽しめる。 お酢や胡椒は置いてないので注意。 ご飯も無いから、とことん餃子とビールに集中出来る。 お客さんの滞在時間は短く、サク飲みに最適。 もちろん、餃子のテイクアウト有り。 ◆まとめ 大阪王の本店は京橋で関西にいくつかあるローカルチェーン。 店舗によって、コース料理や定食、サイドメニューがあったりする。 とりわけ伊丹店は、ミシュラン掲載なだけあって評価が高く、メニューは最低限。 ″伊丹名物″の看板に嘘偽り無し、わざわざ食べに行く価値のある餃子の名店。 Instagram @moritapan7 動画もあります #餃子  #ビール  #餃子専門店

Kazuya Watanuki

Kazuya Watanuki

excellent

麻辣江湖

店舗情報

長堀橋駅

中華料理

大阪メトロ•堺筋線長堀橋駅から徒歩2分。 東心斎橋の南警察署のスグ近く。 中国人による現地風中華料理のお店。 平日の13時過ぎ、満席で10分くらい待った。 店内は、奥にカウンター席、4名テーブルが3つ、2名テーブルが2つ。 店員さんは中国の方で、カタコトの日本語。 中国版インスタの小紅書(RED)の投稿を見て来てる方達なのかなぁ? お客さんを見渡すと、僕以外全員中国のお客さん達。 中国語が飛び交う異国情緒な雰囲気。 まるで中国にいるかのような、アウェー感を感じる... 定食のメニューを見ると、どれもリーズナブル。 人気の麻婆豆腐は辛さが三段階(不辣・普通・本格)から選べる。 あと、食べきれなかった残り物を持ち帰りしてる方がいて、海外らしいなぁと感じた。 【注文】 ◉エビチリ定食(¥900) ※ご飯大盛りは無料サービス 鶏肉とピーナッツの唐辛子炒めと迷ったけど、変わった海老チリをチョイス。 ◇エビチリ 具材は海老、ねぎ、胡瓜でかさ増し、ボリューム満点。 ぷりぷりの海老とシャキシャキの胡瓜が意外な組み合わせに感じたけど相性抜群。 味付け濃いめ、酸味の効いた甘酸っぱいチリソースが絡んで、ご飯が進む。 ザーサイ、千切りキャベツにマヨ感強めの胡麻ドレ、卵スープ付き。 卓上のアジシオの瓶の中には、ピンクソルト。 普通の味塩じゃなくて驚いたw 味変で辛そうな調味料をかけたり、エビチリ丼にして食べたら最高に美味しかった。 ◆まとめ 大衆的な雰囲気の中、ガチの四川料理が食べれるお店。 四川名物の水煮肉片(シュイジュウーロウピエン)とか魚香肉絲(ユーシャンロースー)など、気になる定食が1000円以内で食べれてコスパも優秀。 次回は麻婆豆腐の本格がどのぐらい辛いのかチャレンジしてみよう。 Instagram @moritapan7 動画もあります #エビチリ定食  #ガチ中華

Kazuya Watanuki

Kazuya Watanuki

excellent

すゑちゃん

店舗情報

魚崎駅

お好み焼き

阪神住吉駅から徒歩5分。 住宅街にある老舗のお好み焼き屋。 神戸のお好み焼き屋で根強い人気のあるトッピング″大貝″のそばめしが食べたくて初訪問。 大貝とは、ウチムラサキという貝で、その名の通り内側が紫色の二枚貝。 地方によって呼び方は異なり、愛知では大アサリ、播磨や岡山ではホンジョウ貝と呼ばれるらしい。 年季の入った外観、店内に入ると鉄板を囲んでカウンター8席だけの小さなお店。 おばちゃんが2人いて、常連さんとの会話がとびかうアットホームな雰囲気。 大貝ありますか?と確認すると、この日は残念ながらまさかの入荷無し... 比較的土曜日なら大貝が食べれるみたい... 牡蠣は特定の仕入れ先に無い場合は仕入れないので要注意。 もちろん、値段が高い時も仕入れしないと納得の回答。 おばちゃんと会話してると人情味があって楽しい〜 テイクアウトの予約の電話が度々鳴って、対応しながら豪快に作ってくれる。 【注文】 ◉アサヒビール(¥550) ◉ミックスすじ そばめし(¥1250) お好み焼きは1番安いので、680円からとリーズナブル。 モダン焼き、オムそば、ねぎ焼き等メニューも揃ってる。 お好み焼きは大阪のとは違い、神戸焼き。 薄いクレープ状の生地の上にキャベツ、具材を重ねていく焼き方。 このお店は、ジャガイモが入るのが特徴。 ◇ミックスすじ そばめし 神戸下町発祥の郷土料理。 細かく刻んだ中華そばとご飯をソースで炒めたもの。 調理風景を見ながら飲むビールが格別。 途中で、ドロソースを入れるか確認があり、よくわからないけど、入れてもらう。 具材はシーフード、牛すじ肉、豚肉、ねぎ、仕上げに青海苔。 完成すると目の前に持ってきてくれて、熱々をコテでハフハフしながらいただく。 ご飯と太麺が混ざり合って、パラパラふわふわ。 けっこうボリューム満点で、タコやイカがゴロゴロ入ってて食感も楽しめる。 ソースがまろやかな甘さで絶妙なバランス。 辛さを足したい場合は、本格的な韓国の一味唐辛子もあるけど入れ過ぎ注意。 後半はそばめしが余熱でカリカリになって、香ばしくなる。 味わいが変化して、とっても美味しかった。 ◆まとめ 焼きそば×ご飯のそばめし。 すゑちゃんは、下町情緒溢れる雰囲気の中、庶民的なそばめしが食べれる人気店。 次回は行く前に確認して、名物の大貝か牡蠣そばめし、持ち帰りで油かすジャガイモ入りお好み焼きとかもいいなぁ。 Instagram @moritapan7 動画もあります #そばめし  #お好み焼き  #神戸名物

Kazuya Watanuki

Kazuya Watanuki

excellent

メンヤ ニュークラシック 中津店

店舗情報

中津(大阪)駅

ラーメン

地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩2分。 鶏soba【座銀】の監修店。 鶏白湯、煮干し醤油、塩、期間限定のまぜそばの4種類で展開。 外観はラーメン店には見えないレトロ感漂うビルで剥き出しのコンクリート。 通りすがりに、ここ何屋さんかなぁ〜って立ち止まってたら店員さんが出てきて、ラーメン屋さんなのだと気づく... 入口でどんなラーメンなのか優しく丁寧に説明してくれた。 ここまで来たら入るしかないじゃんw ピークであろう土曜日の12時半頃だったけど、スムーズに入店。 先に券売機で食券を購入。 10月末迄のまぜそば、1番人気の鶏白湯も気になったけど気分的にさっぱり系が良くて煮干し塩をポチッと。 【注文】 ◉芳醇煮干し塩(¥850) ◉玉かけ飯(¥250) ◉味付け玉子(¥120) 店内は窓が大きくて開放感があり、シックでオシャレな雰囲気。 ラーメンを作ってくれていた方は女性でカッコよかった。 カウンター席に座って、5分くらいで着丼。 提供スピードが早くてびっくり。 ◇芳醇煮干し塩 見た目は清々しい和風テイスト。 澄んだ煮干しのスープに、豚&鶏の2種類のチャーシュー、えのき茸の素揚げで香ばしさをプラス。 麺は、平打ち縮れピロピロ麺。 スープとの相性も良く、つるりとした喉越し。 ちなみに鶏白湯だと、ストレート麺になる。 卓上にあるオリジナルの薬味は、それぞれのラーメン用に調合されていて、味変が楽しいのもポイント。 全体的にあっさりした味わいの中にも深い旨味があり美味しかった。 ◇玉かけ飯 卵はオレンジ色の卵黄と粘り気が特徴のルビーの瞳。 熱々ご飯の上には、ザクザク食感の食べるラー油がアクセント。 〆はスープを入れて、ラーメン茶漬け。 ◆まとめ とにかくお洒落なので、女性一人でも入りやすい。 入口の上の目立つ看板がカレー屋さんだから、僕みたいに戸惑うかも。 帰りに次回使えるサービス券が貰える。 唐揚げ1個or味玉。 Instagram @moritapan7 動画もあります