Mina Hasegawa

Mina Hasegawaさんの My best 2023

シェアする

  • facebook
1

佐賀県

中華料理

Mina Hasegawa

こんにちは、佐賀!すっかり虜になってしまったこちらに、ラストオーダーギリギリに滑り込み。当然ながら、定食は全て売り切れていましたが、五目麺(860円)はまだ大丈夫とのことで、それに海老チリの小皿(400円)を一緒にお願いしました。 まずは看板メニューの海老チリが到着。ピリ辛ですが、溶き卵が優しく包み込んでくれる餡は白飯わわ誘いますが、これから麺が来るので、ここはグッと我慢。 程なく五目麺も到着。見るからに美味しそうです。椎茸出汁の効いた醤油味系の五目餡掛けは、これもご飯の上に乗っていたら最高なのですが、麺でも美味しい。 夢中で食べてしまいました。 ご馳走さまでした。また明日!来ます‼︎ #佐賀ランチ # 極上中華ランチ #茶色いものは美味しい

2

東京都

とんかつ

Mina Hasegawa

ずーっと食べてみたかった「白い衣のトンカツ」。高田馬場まで電車で行く? バスで行く?と迷っていたら、何と自宅近くにこちらのお店がオープン! 並ぶこと覚悟で神楽坂通りの人気店に向かう途中に看板を見つけて急遽、入店してみました。 運良く待ち時間ゼロで席に通され、初めてだったので、とりあえずロース定食(2500円)とヒレ定食(3個、3,000円)を注文。瓶ビール(中瓶、お通し付きで600円)を飲みながら期待が膨らみます。 白雪姫のような上品な衣を纏って登場したトンカツのお勧めの食べ方は(最初は何もつけずに、次は塩、最後にソース」とのこと。「何もつけずに〜⁈」と騙されたつもりでひとくちガブリ。あれ? 甘くて美味しい…。二口目はローズ塩で…うん! これ病みつきになるやつです。ヒレは口に入れた瞬間、お肉がホロホロと解ける感じ。あぁ〜、神楽坂に来てくれてありがとう‼︎ トンカツ食べていて、初めて「もう一枚、食べたい」と思えるくらい、胃にもたれない、どこまでも優しく柔らかいトンカツです。白飯もツヤツヤで甘くて美味しいし、広島菜も塩加減がちょうどいい感じです。ゴロゴロお肉の入った豚汁も素敵です。 次はちょっとお高めの他の部位も食べてみたいです。ご馳走さま! またすぐに来ます‼︎

Mina Hasegawa

久しぶりの森井! 今夜は期間限定の「鯛だしラーメン」(900円)を頂きました。勿論その前に、ビール(赤星の中瓶、500円)とおつまみ盛り合わせ(380円)で乾杯〜♪ ぷはーっ、たまりません‼︎ トロトロレアチャーシューや細切りメンマは言うまでもなく、味染み染みの半熟卵が美味しすぎて、ビールおかわり!卵はオレンジ色の黄身が自慢の千葉県産の茜美人だそうです。 前から気になっていたチャーシュー丼(300円)を頂き、チャーシューの美味しさを再確認した上で、いよいよラーメンタイムです。 透き通ったスープをひとくち。おぉぉ…鯛が香ります。思っていたより鯛味は強くありませんでしたが、細麺と共にスルスルいけます。美味しい…。 味噌好きさんには濃厚な味噌ラーメン(850円)がお勧めです。寒い日も、この味噌スープを飲めば身体はポカポカ、間違いなし。 ご馳走さまでしたー‼︎ #神楽坂でラーメン #ご馳走ラーメン #飯田橋ラーメンビル

Mina Hasegawa

4月4日はシシリアンライスの日! との事で、以前から気になっていてこちらに。重厚な雰囲気が漂う中、比較的カジュアルなお値段でお食事やお茶、スイーツが楽しめます。 折角なので、佐賀牛のローストビーフを使った特別メニュー(1680円)をお願いしてみました。サシが多いので、ローストビーフも柔らかトロトロです。セットメニューなので、食前のコンソメスープまたは食後のドリンクが頼めます。私は優しいお味のコンソメスープを堪能しました。 店内の雰囲気もとても心地よいので、またすぐにでも行きたいです。ご馳走さまでした。 #佐賀グルメ #シシリアンライス #昭和レトロ #佐賀牛 #大正ロマン #西洋館でランチ

5

東京都

焼き鳥

Mina Hasegawa

ただいま、東京!今宵は我らが佐賀が誇るみつせ鶏を頂ける、炭寅さんへ。佐賀銀行本店前のお店は建て替えで閉店してしまいましたが、安心してください。神楽坂店はやってますよ! まずはお通しと肝のごま油漬け(530円)と一緒にサッポロの赤星(730円)。ぷはーっ、美味しい! 喉が潤ったところで、お店のお勧めを5本、焼いて頂くことにしました。 鶏とろ(330円)、そり(330円)、つなぎ(330円)、せせり(330円)、手羽先(330円)。どれもお肉の味が濃くて美味しいです。1本330円はお安くはありませんが、神楽坂プライスとしては普通ですし、何よりお肉のボリュームがあるので、これはむしろコスパはいいかも。 そこそこ満たされましたが、みつせ鶏の美味しさにもう少しだけ食べたくなってしまい、砂ずり(230円)、わさび(280円)、梅肉(280円)も頂きました。 鶏肉だけでこんなに待たされるだなんて。人生、まだまだ捨てたもんじゃありません。佐賀は牛だけでなく、こんなにも鶏肉が美味しいことを再確認しました。 ご馳走さまでした。みつせ鶏、万歳‼︎ #神楽坂グルメ #極上の焼き鳥 #みつせ鶏 #佐賀ん美味か飯

Mina Hasegawa

こんにちは、佐賀!地元民が愛してやまないトンカツ屋さん。プロの料理人も「分厚いトンカツは言うまでもなく、白飯と味噌汁がうまい」「上質の厚切りロースやヒレカツを東京の半額以下で食べられる」と太鼓判を押しているので、早速来てみました。 看板メニューでもある、特製ジャンボヒレかつ定食(1,670円)をお願いすると、まず最初に甘辛2種類のソースと、和風・サウザンドの2種類のドレッシングが登場。黒い壺に入っているのが普通のトンカツソース(辛口)。そして赤い壺が、毎朝お店で手作りしている味噌ベースの甘口ソース。タマネギやフルーツのような甘さも感じるのですが(レシピは社外秘密!だそうです)、お味噌の甘さが効いているからだそうです。 運ばれて来たヒレカツは、大きめのスマホより更にひとまわり大きなサイズで、衣も入れれば3センチくらいの厚さがあります。ヒレなのに中からじんわり肉汁も滲みだして、軽く噛むだけでハラハラとお肉が解けていきます。あ〜堪らない。柔らかく優しい甘さのヒレ肉に抱き締められたような至福を感じます。 ソースは個人的にはヒレには甘口が合うと思いました。ロースだと辛口&和からしと一緒に食べると良いのかもしれません。 そして、特筆すべきは果たして白飯、そしてお味噌汁(それぞれ、お代わりは1回ずつ無料)が抜群に美味しいことです。九州麦味噌ではなく、赤味噌と白味噌の合わせ味噌だそうで、これがまた信じられないくらいの熱々な状態で出て来ます。美味し過ぎて、お味噌汁(とキャベツ)はお代わりしちゃいました。 確かにこのクオリティーなら、都内だと3,000円超になるかな。沖縄スーパーポークや宮崎県産の霧島黒豚のトンカツも興味をそそられますが、次に来てもやはり、このジャンボヒレかつ注文しちゃうだろうな。 ご馳走さまでした。がばい美味しかったとです。 また来ます。 #佐賀ご飯 #分厚いトンカツ #コスパ最高 #地元民に愛される店 #ガバ旨ご飯

Mina Hasegawa

こんばんは佐賀! JAさがの方に教えて頂いた「佐賀牛のオススメの味わい方」が、旨味を存分に頂く「せいろ蒸し」。せっかくなので直営店で、ロースのセットメニュー(9,800円)を食べてみることにしました。 佐賀牛は、12段階で評価される刺しの入り方が7以上のみの高品種だけが認証を受けられるブランド牛です。クオリティーコントロールの厳しさは日本でもトップクラスなのだそうです。 店内に一歩踏み入れると、甘い牛肉の香りに包まれます。深呼吸しただけで、もう美味しい♪のです。 可愛らしい前菜4種の後にはせいろにびっしり敷きしめられたお野菜(白菜、ネギ、シメジ、エノキ)。これが脂の融点の低い佐賀牛からほとばしる旨味を受け止めるのです。 美しすぎる佐賀牛をお野菜の上に広げて、蓋をして待つこと2分。ピンク色の佐賀牛とお野菜をポン酢に潜らせて…お口の中に幸せが広がります。こ、これは美味しい♪ この世界にはまだ、出会ったことのない美味しいお料理があるようです。 ご馳走様でした。佐賀牛のせいろ蒸し、最高です。 #佐賀牛 #肉の旨み増幅 #佐賀グルメ #佐賀さいこう