Hideo  Sato

Hideo Sato

趣味は登山とそば打ち。 自分で打つようになったら蕎麦屋の外食は少し減ったかな。それでも土地々々の名物蕎麦はできるだけ食べるようにしています。 そして山登りで遠出するときもその土地の名物をいただきたくて、Rettyを活用させていただいています。 食レポうまくできないけど気に入ったお店を紹介していきます。

  • 79投稿
  • 20フォロー
  • 18フォロワー

好きなジャンル

  • アイス
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Hideo  Sato

Hideo Sato

good

    麺や 大山

    店舗情報

    堀米駅

    ラーメン

    佐野ラーメンの人気店、麺や大山です。 前回は定番の醤油だったので今回は”塩” スッキリと透き通っているのにコクがある。 醤油よりさらにアッサリとスープの旨味を感じる。 これも正解。 そして野菜たっぷりの餃子。 辣油の砂をたっぷり入れていただきます。 うまい。 ライスもほしいが今日は我慢。 久しぶりの佐野ラーメン。 ごちそうさまでした。

Hideo  Sato

Hideo Sato

good

    プレジール

    店舗情報

    岩舟駅

    カフェ

    PanCafeプレジールさんはパンやデザートの販売とランチのお店。 ランチはセットメニューが中心。 今日は私が「骨付きチキン」をパンで、 相方が「カヴァルマ風ハンバーグ」を雑穀米でいただきました。 セット内容はサラダ、スープ、雑穀米orパン、そしてワンドリンクがつきます。 双方とも1,480円、ちょっと高めかな。 チキンはメニューにあるとおり、ほろほろと箸でも崩れるくらい柔らかい。 箸とスプーンという組合せだったけど、やっぱりフォークとナイフの方が食べやすい気がした。頼べばよかった。 パンは3種類ついてきて、木の実が入ったものや中がふわふわだったり、おいしかった。 カヴァルマ風というのはブルガリアの代表的な煮込み料理。器の中にはハンバーグと大きな野菜がゴロゴロ、卵も入ってチーズがかかっている。 因みにスープはみそ汁。 熱々でボリュームもあり大満足。といってました。 少しもらったけどうんうんという感じ。 このお店は一昨年まで「センプレ」という名前で営業していました。 瓦屋根の古民家を改装し、さらにリニューアルして再オープンしたそうです。 パンは変わらず美味しかったです。 三毳山の西口でちょこっと入りますが分かりやすい。 山を歩いてランチするのにいいんじゃないですか。 #パン #パンカフェ #カフェ #ランチ #有機野菜 #三毳山

Hideo  Sato

Hideo Sato

2020

    chez竹榮山

    店舗情報

    佐野市駅

    鉄板焼き

    お店の入口は高級なクラブのような感じ。 店内はこじんまりしていて、思いのほか気さくなシェフの思いが所々に感じられる。 オーダーはおすすめのおまかせコース。 足利マール牛がメイン。 地産地消を目指し、地元の素材にこだわり使用しているそうだ。 野菜もとても新鮮、もちろん地元産。 お酒はワインはもちろん日本酒も地元開華まで、 おいしい料理とお酒で至福のひととき。 大満足のディナーでした。

Hideo  Sato

Hideo Sato

excellent

    まぜそば凜々亭 郡山本店

    店舗情報

    郡山(福島)駅

    油そば

    節系和風まぜそばの大盛を注文。 並盛・大盛は800円、特盛は900円だった。 魚介系の濃厚な味はなんだか懐かしい。 しっかり、まぜまぜし、太くて噛みごたえのある麺をほおばる。海苔の香りもいい。 途中、カウンターに置いてあるお酢とラー油を順番にちょい足し味を変えてみるのも楽しい。 好きな唐辛子は たっぷり入れてみた。 こってりとボリュームもあるけど、鶏ガラだと思うけどスープを飲みながら食べるとどんどんいけちゃう。今度は別なメニューで特盛にチャレンジしてみよう。 人気店らしく11:10のオープンちょうどにお店に着いたけど、すぐ満席になった。 店員もお客もマスク着用でカウンターと椅子席は背中合わせ、お客どおし対面することはなく良くできた作りだった。 #昔懐かしい味 #メニューが豊富 #一人ランチ #麺好き #こってりボリューム #まぜそば専門店