h.tanaka

h.tanakaさんのMy best 2024

シェアする

  • facebook
1

東京都

洋食

h.tanaka

笹塚のドラえもんがマスコットキャラクター化している町の洋食屋さんです。前回注文したホワイトソーススパゲティ+ハンバーグはmustとして、今回は更にミートソーススパゲティ+ハンバーグ、シーフードドリアというかなり挑戦的なラインナップにしてみました。最初に運ばれてきたのはシーフードドリアでした。見るからに具沢山シーフードでチーズたっぷりのグラタン皿仕上げでめちゃめちゃ旨そう‼️はふはふしながら1口、中にもタコや貝やイカ等がしっかり入った正に宝石箱の様な1皿、ライスもピラフになっていて米のアルデンテ具合が絶妙な逸品です。お次はスパゲッティが同時に到着。両方ハンバーグトッピング、トマトソースははじめましてですが、手作りミートソースはトマトの酸味が際立っていて、ホワイトソースのまったり感とのコントラストが抜群です。アルデンテガン無視のわしわしスパゲッティは腹持ちもよく、ボリューミー。そしてこちらのハンバーグがとにかく絶品、特にホワイトソースとの相性抜群。何度食べても飽きない、中毒性高めの洋食屋さんです。全部美味しかったです、ご馳走様でした。

2

東京都

ラーメン

h.tanaka

要町の住宅街に構える町中華屋さんで、挽き肉のあんかけ炒飯、その名もローヒー炒飯が有名なお店でそれを目当てに初訪問でした。並盛り700円、大盛りでも800円ととってもリーズナブルな価格設定の為、迷わず大盛りにしました。相方メニューはニンニク餃子、ただのニンニク餃子ではなくニンニク玉餃子の記載があった所に惹かれての決断、しかも6個で450円と激安です。間も無くして着丼、これは以前梁山泊でも見たことのあるビジュアル、旨そう❗見たからに熱々具合が伝わってくるのでふーふーしながらはやる気持ちを押さえながら一口頬張るとそこには久しぶりに感じる感動が待っていました。甘さと塩気のバランスが絶妙で挽肉も肉肉し過ぎないけども充分な満足感があり、とろみ具合は固めで最後まで水っぽくならない様になっていて、炒飯は当然あっさり目に仕上がっていて、程よいパラパラ加減。全てが計算され尽くした逸品です。餃子はパリパリの羽根つきで、皮に甘さが漂っており、野菜多めの餡に何とニンニクがひと欠片まるごと、そのピリ辛と甘さが絶妙なバランスでこちらも至極の逸品です。いや~これは旨い❗ちょっとびっくりでした。美味しかったです、ご馳走様でした。

h.tanaka

定期的に通っているステーキハウスの幕張店。千葉県は決して近場ではありませんが頑張って通っております。そして注文もいつも通りエアーズロック共和国ステーキ580gと今回は初めて牛肉薄切り焼きニンニクがっつり鉄板焼にしました。そしてここには唯一無二のガーリックライスが食べ放題、更にはサラダバー、フルーツバー、ドリンクバー、カレーライス、デザートも食べ放題でまるでテーマパークの様なワクワク感溢れるお店でございます。そしてサラダバーを堪能しながら待つこと数分、本日も迫力満天のエアーズロックが登場、こちらのお肉は丁度良い脂の刺しが入った赤身肉の為、焼石でしっかり焼いてから食べると口一杯にじゅわっと脂の甘味が溢れ出し、すぐさまガーリックライスをかっこむとそこには至福の瞬間が待ち受けております。その後も鉄板焼、またステーキに戻り、途中カレーライスも堪能し、最後はコーヒーゼリーとフルーツでお口直しで完璧なフィニッシュです。今日も大満足、美味しかったです、ご馳走様でした。

4

東京都

ラーメン

h.tanaka

先日来たばかりですが、とても美味しかったので直ぐに来てしまいました。相変わらずワンタンのビジュアルがかなり強烈なインパクトのお店でワンタン麺を楽しむというよりもむしろワンタンメイン、単品ワンタンの種類も豊富ですが、今回は一番オーソドックスな広州雲呑麺(醤油に)にミニ高菜飯にしました。席に着くと店員さんがワンタンの美味しい食べ方をレクチャーしてくれます、卓上調味料も豊富でワンタン用だけで食べる辣油、生姜、玉ねぎ、特製だれの四種類に醤油やお酢が整えられており、店員さんのおすすめは食べる辣油とお酢との事でした。間も無くして着丼、ワンタンが10個もあるので準備された調味料をフル回転させて楽しむ事が出来そう‼️最初は店員さんに教えてもらった通りにそのままワンタンに食べる辣油とお酢で頂きました。その後は生姜、玉ねぎ、特製だれを駆使しながら時折麺をすすりながら、ミニ高菜飯を挟みながら食べ進めて行きます。麺は細麺、スープは清湯ベースの醤油ラーメンなのでさっぱり、高菜飯もミニじゃなくてレギュラーサイズにしとけば良かったと思わせるクオリティー。これ程迄にワンタンを堪能したことはありません。美味しかったです、ご馳走様でした。

5

東京都

ラーメン

h.tanaka

今回は少し間が空いてしまいましたが個人的に数少ない定期的に通うラーメン屋さん。日本全国数多のラーメン屋さんだけでなく美味しい飲食店が数え切れない程存在するこの国では本当はもっと定期的に通いたいお店がいっぱいあるにも関わらずそれを許してくれない環境、その中でもこちらのラーメン屋さんは必ず月一では通っています。今日の到着はランチタイムをとっくに過ぎた2時半頃、流石にやってないかな~と思っていたら暖簾がかかっていたので急いで入店、いつもの中華そば中盛り1050円を注文しました。間も無くして着丼、相変わらずの美しいビジュアルです。ツルツルもちもちの喉ごし抜群の麺、魚介系&動物系のコク深いスープ、とろけるチャーシュー、ピリ辛に味付けされたメンマ、どれも主役を張れる一級品。でもやっぱりこちらは麺を喉ごしで流し込んでいる時間が最高でたまりません。今日も美味しかったです、ご馳走様でした。

6

東京都

ラーメン

h.tanaka

超人気店ということで2時間待ち位を覚悟しての訪問、2回目です。予想通り到着時には約20人程の行列、時間潰しアイテムは必須ですよ。結果的には1時間15分位の入店、ほとんど売り切れになっていたので塩らーめんの中盛りにしました。間も無くして着丼、寒さのせいかスープの表面にうっすらと脂の幕が張っていて、それがキラキラ光って美しい丼に華を添えております。スープは塩らーめんなのであっさりしてるな~と思ったら、トッピングのネギとそこに付いてる辛味を溶かすと何ともコク深い、味わい深いスープに大変身。麺は多加水麺の極太ストレート、ツルツルもちもち喉ごし抜群、チャーシューは大振りでかなり厚みがあり食べ応えも同じく抜群。個人的に感動ものはメンマ、とにかく味付けが旨い、おつまみメニューで提供してるのが納得の逸品でした。長時間並んだ甲斐がありました。美味しかったです、ご馳走様でした。

7

東京都

つけ麺

h.tanaka

今日は久しぶりの大勝軒系巡りで北綾瀬は大谷田大勝軒に初訪問です。国道沿いにあるためとっても見つけやすくて助かりました。訪問は午後1時過ぎ、先客は2名でした。中華そばと決めていながら券売機に目をやると大盛りの文字に一瞬迷いましたが、大勝軒系はごく一部のお店を除いて普通盛りが大盛りクラス、もりそばの表記を見てそれを察知し大盛りは回避しました。更に珍しいのはスープの種類の豊富さ。醤油、塩のスタンダードに加え、トマト、豆乳といった変わり種まであります。今回はワンタンメン塩、玉子トッピング850円にしました、ワンタンに玉子を付けて850円という値段に衝撃と感謝です。間も無くして着丼、見た目で分かる、やはり普通盛りが大盛り。まずはスープを1口、かなり動物系が強め、塩だから余計にそう感じます。ワンタンはちゅるちゅる、チャーシューはとろとろ系、玉子はしっかり火の通った味玉。特筆すべきは麺、ガッツリ太麺でめちゃめちゃもちもちしていて僅かに透明感のある麺。店主に聞いたらタピオカ粉を練り込んであるそうです。更に衝撃だったのは卓上調味料、自家製ラー油かな~と思ってワンタンに浸けて食べていたのですが、かなりエスニック風味。こちらも店主に聞いたらなんとレモングラスをすりつぶしてつくったトムヤムクンだれとの事でした。これほんと旨いです。後半はこれをたっぷり入れて完全にトムヤムクンラーメンとして頂きました。美味しかったです、ご馳走様でした。

8

東京都

ラーメン

h.tanaka

八王子ラーメンというカテゴリー初心者です。以前食べた八王子ラーメンの美味しさに感動して、今回はその八王子ラーメンの名店みんみんラーメン本店に行ってきました。到着は13時過ぎ、待ちは20人以上、流石人気店です。それでも回転は比較的早く30分程で入店出来ました。注文を検討する時間はたっぷりあったのでその間に決めたのはラーメン特大、チャーシュー皿、ライスでしめつ1600円です。初めにチャーシュー皿が運ばれてきたのですが、花びらの様に盛り付けられたその様はまるで肉ブーケ2、3枚食べてラーメン、ライス待ち。ラーメンとライスは同時に到着。ラーメンは八王子ラーメンの特徴的な黄色い麺の美しい麺、少し硬めの仕上がりが喉ごしに心地よく食べ応えも抜群、こりゃ旨い❗とろとろのチャーシューをオンザライスでまずかっこむ、残してあったチャーシュー皿のチャーシューをスープに一定時間浸している間にラーメンを食べ進め、濃い目の醤油スープを八王子ラーメン特有の玉ねぎみじん切りと一緒に流し込み、そろそろかな?というところでチャーシュー飯をかっこむという、もはや至高の時間が流れ続ける無限ループ。それでも終わりはやってくる、何と言う背徳感‼️美味しかったです、ご馳走様でした。

9

埼玉県

定食

h.tanaka

北浦和に衝撃的な定食屋さんを発見。メニューの豊富さにも驚きますが、一番の驚きは料理のクオリティーとそのボリュームです。今回吟味して選んだのはイワシフライ定食、メンチカツ定食、ニラレバ炒め。イワシフライは新鮮過ぎる為なのかフライなのにしっとりしていて、かなり大振りなのが三匹も。メンチカツは肉汁滴るジューシーながらもふわふわしていて、全く脂っ濃くなくソースよりも醤油が合うタイプ。ニラレバは名前の通りレバーよりもしゃきしゃきのにらが主役。それでもレバーは全く臭みのない新鮮そのもののしゃくしゃくした食感がたまりません。味噌汁はしじみ汁なのもありがたく、小鉢のかぶの漬け物も小鉢にしては山盛りです。極めつけは白米❗絶妙な炊き方で固さが抜群です。他の客の料理も多種多様でめちゃめちゃ目移りしてしまうのでリピート確定。次回はオムライスかカツ丼にしようかな?全部美味しかったです、ご馳走様でした。

10

千葉県

うなぎ

h.tanaka

今日は天気も良かったので成田山の観光、といってもお目当ては美味しい鰻を食べることって事でやって来たのはこちらの駿河屋。到着は10時半にもかかわらず、既に3時間待ちという驚異の人気っぷりです。小江戸の町並みの雰囲気漂う商店街には沢山のお土産屋さんで溢れているので3時間もあっという間、むしろお腹を空かせるにはもってこいといった所でした。そして入店出来たのは午後1時、万全に仕上がった状態で選んだのは特上鰻重と上鰻重、1年に一回あるかないかの大奮発です。そして待つこと20分程、目の前に現れたお重をぱっか~ん‼️ぬお~‼️一尾半の鰻が所狭しと並んでおり、むしろ入りきらず先っぽが折り返している状態‼️箸を入れるだけでそのふわふわ感が伝わってきて、そのまま大口で頬張るとそこには正に至福の一時が待ち受けております。普段はスーパーの鰻を旨い旨いと食っていますが、当たり前ですけど全くの別物。これは生きてる限り年一では味わいたい感覚です。きも吸いのきももとろとろで大きくてこれも今まで味わった事のない感動、漬け物もただの箸休めレベルを越える上品な味わい、これはお値段以上の体験でした。ありがたや~、美味しかったです、ご馳走様でした。