shouzou.on

shouzou.on

ビジネスマン@東京 / ホームは湾岸千葉 / オジサンは医食同源のスローライフがお好き(+_+) #西荻 #吉祥寺 #大田区 #調布 #千葉 #表参道 #南新宿代々木 #大分 #恵比寿 #横浜町田

  • 580投稿
  • 364フォロー
  • 216フォロワー

好きなジャンル

  • ダイニングバー
  • カフェ
  • とんかつ
  • ラーメン
  • イタリアン
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
shouzou.on

shouzou.on

excellent

池尻大橋駅

ラーメン

 令和の今、香月があるだけで嬉しい、そんなお店です。90年代、一世を風靡、熱い店だった香月が、五反田とか色々な変遷ののち池尻大橋で静かにオープンしているのが感慨深いです。場所はあの目が回るような首都高の大橋ジャンクションの近く、環6沿の目立つとこにありますが、アクセスが良いとは言えません。  今となっては特段のパンチのあるラーメンではなくなってしまいましたが、やっぱり美味しいです。安心して注文できます。昔よりメニューが増えたのは世のニーズに応えるためか‥‥‥。無料のトッピングは刻みタマネギをいただきました。  背脂チャチャチャ、当時は珍しかった佐賀ラーメン、何人もの注文を一気に覚える男性店員さん、恵比寿がメジャーな街になるターニングポイントに関わった店の1つだと思います。初めて食べた時の感動が甦りました。

shouzou.on

shouzou.on

excellent

中目黒駅

ラーメン

 お正月の「2023超激ウマ大捜索!ラーメン超食べまくりバトル」(テレビ東京×ラーメンデータベース、7年連続OA)で、東MAXチームが「SPY×RAMEN」というお題で見つけた?お店。  場所は今や中目黒を城下町としているEXILE・LDHグループの本丸やSTARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYOの近く、山手通りから路地を入ってすぐのところ。  テレビで見た時は、ちょっと見つけにくい高級住宅街の一軒家かと思いましたが、それなりにわかり易い店構えでした(笑)  番組で“スープは玉ネギ、もやし、ニンニク、挽肉を炒め、自家製味噌を加えて一気に炒める。試食した東MAXは衝撃の味噌らーめんとコメント”した1番人気の味玉味噌ラーメンをいただきました。衝撃の味噌ラーメンというのはよくわかりませんが、とにかく美味しい味噌で丁寧な仕上がりの一杯です。サッポロ系の少し赤く脂っぽい味噌ラーメンとは別物で、麹と出汁の効いた美味しい味噌系スープってとこでしょうか。味噌なのに海苔との相性も良かったです。  麺は手打ちっぽい少し平打ちの卵麺、トッピングは、大判のチャーシュー、もやし、挽肉、ヤマクラゲ、おろし生姜。メンマではなくヤマクラゲってのが(私的には)微妙ですが、全てに抜かりないラーメンでした。  芸能人のサイン色紙がたくさんありました、もちろん東MAXも。芸能人が好む味なのか、このあたりにお住まいなのか、マスメディアでの露出(芸能人レポート)が多いのか‥‥‥。  中目黒から池尻方面に左側歩道を14〜5分歩いて、右側にSTARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYOの建物が見えたら、左に入ってすぐ、EXILEが来る店と言われる「宗楽」を左に曲がったところ、休祝日は11:00〜麺が無くなり次第終了とのことですが、1/21(土)は16:30で大丈夫でした。  中目黒で目移りしないでここまで辿り着くのはなかなかの苦行ですが、わざわざ行く価値のあるお店であることは確かです。

shouzou.on

shouzou.on

excellent

新橋駅

魚介・海鮮料理

 急に飲みに行くことになり、東海道線通勤の連れの希望で新橋で予約することに。サラリーマンの街なんてよく言われますが我々にとってはストレンジャーというかアウェイな新橋。数年前、新橋バブルの頃に、お台場や銀座の後の二次会で何回か利用した魚金さんでお店を探したところ、「新店」で運良く予約が取れました。  魚金のナンバー店(◯号店)は明るいけど窮屈な店内、狭いテーブルがイメージですが、こちら新店は魚金六本木店に似て照明は暗く、店内は狭いけどカウンターメインでテーブル席よりは広い感じ。隣とは近いですがナンバー店のテーブル席よりは絶対に広い(笑)  ビールがサントリーモルツのみってのがビール派の私には困りものですが、お店のコンセプト的には選りすぐりの日本酒をおすすめするお店なのでしょう。私たちはビールの後、焼酎(大隅、芋)720mlボトルにしました。  日本酒にも焼酎にも造詣が深くないのでお酒のコメントは控えますが、料理は安心の魚金ブランド、写真は2人向けの盛り合せ「玉手箱」ですが、満足の質と量でした。なめろう、アンチョビキャベツ、ガーリックチャーハン、その他全部美味しかったです。 会話に夢中でだいぶ食べ残してしまったのですが、〆はご飯ものと青のりの味噌汁まで美味しくいただきました。 魚金新店、サッポロビールじゃないけど大人エレベーターで行ける魚金って感じ、良かったです。

shouzou.on

shouzou.on

excellent

横浜駅

そば(蕎麦)

 横浜駅西口を出ると目に入る光景、朝からいつも多くの人が集まっていて、雰囲気的には場外馬券売り場っぽいな、でも何かみんな食べてるぞ、と思っていたのですが、そこは立ち食いそばの名店でした。ちなみに朝の方が圧倒的に人が多いです。  まあ、これだけ人気なんだから美味しいんだろうなとは思っていましたが、なるほどと納得させられる味でした。注文したのは邪道かもしれませんが「きしめん」。数日前の味噌煮込みうどんで名古屋メシが懐かしくなっていたのかもしれません。名古屋駅の新幹線ホームで食べていた立ち食いのきしめんの味が忘れられません。  ここ横浜で、そんな「住よし@新幹線名古屋駅ホーム」に勝るとも劣らないきしめんに出会えるとは思ってもみませんでした。「住よし」は豪快にカツオぶしがふりかけてありますが、そこが違うくらいで、出汁も程よい濃さで甘いキツネに合いましたし、きしめんの麺も名古屋のそれと変わりません。  カウンターは4人ほどしか入れず、私は運良くカウンターが空いたとこに入ることができましたが、あとは店舗脇の箱か台みたいなとこで3〜4人、それ以外は文字通りの“立ち食い”になるという厳しい環境でもこれだけのお客さんが入るってのはスゴいです。

shouzou.on

shouzou.on

excellent

平沼橋駅

ラーメン

ついに初見参、横浜家系総本山の吉村家 行列はちょっとびっくりするレベルで、ピーク時ということもありましたが、ざっと70〜80名でしょうか。並んでる時に食券を確認されることや10名以上を一気に入れ替えする仕組みで回転が早く、お一人様は隙間に入れてもらえたので、私は50番目くらいでしたが30分前後で着席できました。  約30名が取り囲む壮大なカウンター席ですが、席のテーブルの奥行き、隣との距離、席の後ろのスペースに余裕があり窮屈さは全く感じません。  これまでの私の常識をくつがえす醤油が強めのスープ。ベースは豚骨スープなのでしょうけど、昔どこかで食べたニンニク焼肉ラーメンの雰囲気(笑)。でも、旨い!鶏油の風味かな?このスープの旨み、これが本物の家系だ!って言われてる感じです。  麺も他店とは違う、特注または自家製でしょうけど、喜多方や白河ラーメンにも似たコシがあり、つるっとしながらも独特のモッチリ感がありました。周りの常連さんは硬めでオーダーしていたような。  海苔は追加しました。家系スープに海苔はデフォ、意外と匂いが気になる海苔が出てくるお店も多いのですが、こちらは香りも文句なしでした。このスープに浸した海苔とごはんの相性は鉄板ですが、今回は初訪なのでごはんはやめとき(自粛し)ました。  次回はごはんもつけて、サラッと”固め、薄め、少なめ”と言ってみる、と当然再訪決定。