安藤 今日子 TOP USER

安藤 今日子さんの My best 2017

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

宮崎県

懐石料理

安藤 今日子

数日前から宮崎の昨日の天気予報は大雨。。。 こんなお天気の予報って何故が当たるのよねーー 大雨の宮崎ですが。。。 昨夜はママ友と優雅にシェラトンで和食を いただきました こちらのお店は誰もが知る和食のアイアンシェフ 黒木氏が故郷宮崎に出したお店です 湯島のお店は3月末に大門に移転し、 相変わらず予約が取れないみたいです(@_@) 夜のお料理は14500円(税・サ込み)のひとコースのみ ホテルの中と言うこともあって緊張感気味に 入店しましたが、 フレンドリー過ぎる大将(親父)と 大女将(妹)が迎えてくれました 昨夜は私達だけで、大将と大女将が 交代で私達の相手をして下さいました まさに店名通りの実家です(≧∀≦) 先ずは名物の焼き胡麻豆腐 表面に葛とお醤油を付けて炭火で焼き上げた 胡麻豆腐は、 外は香ばしくて中はとろとろで濃厚で 口の中いっぱいに胡麻の香りが充満します あまりの美味しさにこれから始まるお料理に ワクワクと期待が膨らみます 八寸 露地物たらの芽 とこぶし 島らっきょう すっぽんのゼリー寄せ のびる酢味噌 鯵のなめろう このわた フルーツトマト そら豆 綺麗な盛りですね 熱々サクサクに揚げられた春を知らせるたらの芽 衣にほんのり甘く味付けされています 甘さ軽くサッと煮られたとこぶし 見た目も食感も鮑に似てます シャキシャキ食感の島らっきょ、 ピリッと感じる辛味と癖はニンニク以上で 今もなお口の奥に残っています(≧∀≦) ねっとりした食感ののびるは 酸味を押さえたまろやかな酢味噌で優しいお味 すっぽんのゼリー寄せは、 すっぽんと言うよりスィーツ感覚でした 鯵のなめろうは、 臭みなくほんのりお味噌と生姜と白ネギが 一つに上手くまとまってご飯が欲しくなる なまこの腸で作られたこのわたは ねっとり濃厚で雲丹に似たお味 これまたご飯が欲しくなる美味しさです 酸味のない甘味だけのフルーツトマトに 春を感じるそら豆 大根を雪に見立て、散らした桜 冬から春の訪れをイメージしたスズキのお吸い物 なんとスズキはスズキの味ではなく、 昆布の味が表面だけではなく、 身の中まで染みていました お造りは伊勢海老とコチとかつおの漬け コチがお皿いっぱいに薄く綺麗に盛られ いますね 今季最後のぷりぷりした伊勢海老、 漬けはお上品に微かに甘いお醤油の味付け 嬉し過ぎる宮崎牛のたたき 赤身のたたきではなく、 サシの入った部位のたたきは口の中で溶けます 完熟の柚子の皮で作った柚子胡椒は 調子に乗って唐辛子を入れ過ぎたらしく そのままでいただいたらかなりのピリリですが、 宮崎牛に包み込むと脂身と上手く調和して お肉の甘味をさらに引き出してくれますね 鰆の西京焼き 鰆の美味しさを邪魔しないようにと お味噌は味付け程度で薄く薄くで ここまでかなりいただいたのに飽きのこない心使い 宮崎牛のスネ肉のコロッケとパン コロッケの中はほほ肉(≧∀≦) 今日は暇だからと作られたパンは もちもちもちで買って帰りたいくらい美味しく 本邦初公開ですって^ ^ 出来上がりを見せていただいたら、 艶々の表面、そしてほんのり甘いこのパンは 中華蒸しパンの様で、 なにやらこのパンを使って新作お料理を 考えているそう そして〆は。。。 悩みました、鯛茶漬けにするか鯛の冷汁にするか。。 鯛茶漬けにかなりの惹かれましたが、 東京と同様お昼にもいただけるとのことで 再訪を言い訳に鯛の冷汁にしてみました 土鍋で炊き上がった艶々のやや硬めのご飯 一気に冷汁をかけます 宮崎ならではの冷汁に鯛のほぐし身が ご飯の量と同じ位入ってます 熱々のご飯にキンキンに冷やした冷汁は スルスルと私の胃の中に入っていきました お味噌汁は伊勢海老 最後の最後まで贅沢な演出 デザートはなんと2品 たまたまエクセレント・日向夏・せとか 切り方にうっとり たまたまは家ではそのまま丸かじりなんですもの(≧∀≦) 東大のカフェと同じわらび餅は 京都産の100%わらび粉使用 きな粉の量と黒蜜の量が半端ないですね(≧∀≦) ぷるぷるもちもちのわらび粉は作りたてが分かる 温度で、これだけいただいても3人ともペロリに 大将と女将が 「お腹いっぱいになりました??」と 交互に聞きに来る(≧∀≦) 東京のくろぎの中に大将と女将の 宮崎テイストが入ったお料理は 宮崎ではかなり高めの価格設定ですが、 このレビューを書いていると 納得の14500円ですね♡♡ 帰りは大将と大女将に見送られ、 再訪を約束してあとにしました^^ 申し訳ありません、 日本食のレビューは文章力がない私は 上手くまとめられず、こんなに長文に なってしまったことをお許し下さいm(_ _)m

2

東京都

焼肉

安藤 今日子

東京、クライマックスな夜に涙。。。 叶うことがあるのかしらと 思うくらい予約の取れないこちら、 東京出発の2日前に 突然神様が舞い降りてくれました その神様は。。。 Rettyユーザーさんで存知ない方は いませんよね、 門くんです♡←敢えてのくん付けです そしてその奇跡の計らいをして 下さったのが赤坂マダム京子さん♡ 19時スタート 場所は阿佐ヶ谷 以前滞在マンションが 高円寺だったので 引き払ってからの4年振りの阿佐ヶ谷 阿佐ヶ谷駅に降り立ってこんなに 緊張してしまうなんてあり得なーーい(≧∀≦) この日のメンバーは6人 1日1組限定の15000円のコース こちらはSATO社長から お許しをいただいた方しか お肉を焼くことが出来ません もちろん肉代官は門くん 分かりやすく説明とともに そのお肉にあった焼き方、 絶妙なタイミングで お皿にお肉を乗せてくれます 先ずはキムチと韓国海苔の乗ったサラダ そして付き出しがぁ ビーフシチューー♡ いや〜〜ん メインでいただきたくなるほどの 美味しさ お肉がとろとろで沢山入っています この日いただいたお肉は タン。。。 え!? こんなに分厚いタンは初めて! 裕に1cmはありますね サクサクな食感で無理なく いえいえスッと歯が入っていく ハラミ。。。 やだぁーー! これまた素晴らしい厚み 弾力があるのにスッと入っていく シンシン。。。 初めて聞く部位 柔らかくて甘い ランプ。。。 通常は我が家でステーキ用にいただく部位ですが、 歯応えが全く違うし甘くて、 敢えての甘タレでいただく カイノミ こちらも初めていただく部位 綺麗なサシ やはり甘い ヒレすき(ヒレ) 摘める黄身とヒレで 究極のTKG ブリ飯(シャトーブリアン) 歯の不要なシャトーブリアン(๑˃̵ᴗ˂̵) 歯が無くなってもいただける柔らかさ(≧∀≦) 雲丹とキャビアを乗せて 贅沢過ぎるOTR ブリカツサンド 大阪から取り寄せる食パンは ただ取り寄せるのではなく このサンド用に焼いてもらうそうで お肉とかたさ←敢えて表現 と、パンの柔らかさが同じ なので歯が要りません(≧∀≦)(≧∀≦) 〆はボロネーゼ もー無理!無理!と言いながらペロリ そして塩キャラメルアイス 実は。。。 こちらに来るまで。。。 4時半までわたくし、 マーブルラウンジでスィーツバイキングでした 食べれるものですね。。。 それほど美味しく感激の数々の お肉でした ご一緒の皆さんのいただく度の コメントが素晴らしく、 何度心の中で 「そのコメントを私に下さいませ」と、 叫んだことでしょう! あーー! また神様が私に舞い降りて来て 下さーーーい! 快く参加させて下さった門くん、 お誘い下さった京子さん、 優しく接して下さった Yokoさん、Akinoさん、悠さん ありがとうございましたm(_ _)m #分厚過ぎるタン #予約の取れない焼肉屋 #ヒレすき #ブリ飯 #ブリカツサンド

3

新潟県

寿司

安藤 今日子

せっかくの新潟ですもの お鮨をいただいてみようと 調べて調べてここに決めました 予約するはもちろんカウンター席 物静かそうな若き店主に 少し戸惑いながら始まる カウンター席とは言え、 かなりの近さで店主の包丁捌きを 見ながらいただけます 特にメニューはなく おまかせでいただく 山葵の葉の上に先ずはひらめのお刺身から 綺麗な透明感ある身ですねぇ! 歯応えがあり 適度に脂が乗って甘みもあり 始まりからこの美味しさに 夫も私もかなりの期待 身が引き締まった今一番美味しい鰤 脂が乗っているのにコリっとした食感 サッとお醤油にくぐらせたつぶ貝 なんて素敵な切り方なんでしょう! コリコリ感が堪りませーーん うふうふ 大好きな白子♡ 新鮮だから、プチっと弾けて 口の中でとろとろと溶けていく やだ!やだ! 溶けないで! もっと私の口の中で遊んでいて!と、 叫んでみたくなるほどの美味しさ♡ またまた私の大好きなあん肝 え!? え!? 今までいただいてきたあん肝は なんなのぉ??? ねっとりの食感と思いきや、 ぷるぷるプリン様な食感とお味 ここで私、 「甘いお醤油を使っているのですか?」 店主 「お醤油の甘さでなく、 あん肝も甘さです。 しっかりと下処理をしているから うちはポン酢で誤魔化していま せん」と。 この辺りから物静かな店主と話が 弾みだす 軽く炙った帆立を海苔にくるんで 手渡し 写真を撮る私に、店主が 手渡しした意味がないから早く食べろと何度も言う 1枚だけにして直ぐにいただく パリッとした海苔にぷりぷりの帆立 え!? 帆立ってこんなにぷりぷりの 食感だったっけ!? 脂がのりのりに乗った鰤の塩焼き 普段は皮をいただきませんが、 あまりにも綺麗な焼き色に いただくと皮がパリパリと 音を立てる 脂の乗りにパリパリの皮が 美味しさを引き立てる ここから握りが始まる プチっと弾けるのでなく 舌に絡みつくいくら 最小限の塩加減であっさりと わぉ! のどくろ 柔らかく脂の乗りと相まって弾力も あり溶けていく かつてこんなに綺麗な隠し包丁を 入れた鯵があったでしょーかー??と、言うくらいで、これ鯵??と、 聞くほど あの独特な生臭さが全くなく 鯵が私の口の中で溶ける(*_*) 4日寝かせた中とろ 軽い脂乗り お願い! ゆっくり溶けて! 軍艦巻きでないうに え!? え!? なに!? なに!? この爽やか甘さは!? ずっと私の口の中で留まっていて 下さいm(_ _)m 驚きのお吸い物は次にいただく ネタと同じもの なのでツーショットで撮影 鮪のお吸い物ですって! なんて贅沢過ぎるお吸い物なんでしょう! 大とろ 書かなくても美味しさは 十分伝わっていますよね 想像以上の美味しさですよぉ(^з^)-☆ これも綺麗過ぎる隠し包丁入りの 真いかは歯が要りません(๑˃̵ᴗ˂̵) 漬けの手巻き はい! 店主が怒るので1枚だけ撮って いただきました 青く輝くこはだ しっとりした食感で さっぱりとしているのに甘さもあり 皮も柔らかくて美味 穴子 ふっくらと思いきや、 しっとりで、口の中で解れます そしてそして、 煮蛤のつゆだく ぐちゃぐちゃにして食するよう 店主から指令 蛤の旨味の出たつゆ 驚いたことにつゆはまさかの常温 常温だからの蛤のつゆの美味しさを 感じながらいただく 〆は卵のカステラ しっかり泡立ててふわっと感を 損なわずに焼き上げられた逸品 率直な感想。。。 魚が違う! お米が違う!と、 つくづく感じたお鮨は 日本海と太平洋の違い?? 寒い土地のお米と暖かい土地のお米の違い?? 上記はもちろん、 しっかりとした下処理の違いと 店主は口には出しませんでしたが、 いや出したかな(≧∀≦)、 それをしっかり感じるお鮨でした そして何よりの感激は 口の中でささっと解けていくしゃり これに お米のビール 日本酒3杯とお焼酎1杯で 25000円とはかなりの良心的な お値段ですね また新潟に来る機会があれば 店主の大好きな宮崎マンゴーを 持って来ようと思います♡ #カウンターでいただくお鮨 #新潟でお鮨 #新潟の名店

4

三重県

すき焼き

安藤 今日子

なんたる美味しさ。。。 口の中でお肉が溶けていきます。。。 伊勢志摩まで来て。。。 次はいつ来れるか分からないので、 ちょっと足を伸ばして松坂まで 松坂牛をいただきに。。。 Rettyのユーザーさんでしたら 分かりますよね!? そう! ここは和田金さん! 和田金さんと言えばすき焼きですが、 メニューに網焼きを見つけてしまい お店の方に尋ねると 1人前ずつシェアしても良いとのことで 両方オーダー そしてコースにしてみました 前菜は牛肉の炙り焼き 赤ワインのジュレ掛け 燻した様なお肉 香り良く柔らか この柔らかさがこれから始まる肉旅に かなりの期待を持たせてくれる お肉のおすまし 生の肉にお出汁をかけます 蓋をして15秒 蓋を開けると柚子の香りが漂います お肉が綺麗なピンク色に変わり 極上のお出汁で肉肉しさと共に楽しみます 三種盛り お肉とお野菜のゼリー寄せは 和風お出汁のゼリーに寄せられた 程よい歯応えの野菜達 お肉と玉ねぎのムース 玉ねぎとは思えません まるでフロマージュの和製版 ふんわりムースがお肉が不思議と合う お肉のそぼろで、 えへっ、OTRしちゃいました(〃ω〃) そして菊炭を使った網焼きが始まる たまり醤油を使って焼き上げてくれます たまり醤油の香ばしいが堪らない 絶妙な焼き具合で、 がぶりといただきます 柔らかく、 美味しい!の言葉しか見つかりません すき焼きも菊炭を使って作っていただきます 時折パチっとする音がなんとも風情があります 鉄鍋に敷き詰めたお肉 サシが綺麗ですね 見ているだけで美味しい お肉の上にまんべんなくお砂糖をまぶし たまり醤油をかけます そしてその後に僅かに昆布出汁を入れます それだけの味付け 上等なお肉の脂身は甘くお口の中で 溶ろけてくれます 美味しくて美味しくて、 心にまでご馳走をいただきました♡♡♡ デザートは一口のお餅と餡子とメロン 完璧な松坂牛に完璧な作りの網焼きとすき焼き わざわざ松坂まで足を伸ばした甲斐がありました #極上すき焼き #口の中でお肉がトロける

5

東京都

焼き鳥

安藤 今日子

東京グルメずっと行きたかったの巻2017.10月 昨年、かおりちゃんとりさちゃんと出逢ってから 「連れてって!」を連発していた 電話番号非公開の練馬の名店に1年越しの 想いが叶いました 予約は行きたい月の前月の1日から開始 電話非公開なのに、なかなか繋がらず それじゃ私もと言うことで。。。 はい! 繋がりました(@_@) ここで勝手に今日子の会に変更(≧∀≦)(≧∀≦)(≧∀≦) りさちゃんと私は午前中から町田&本郷で 18時からだと言うのに、 16時半過ぎまで食べ通し(@_@) これはヤバい! せっかくのお料理が入らないかもと 一抹の不安がよぎる ここからは 中目の女王トップユーザーのかおりちゃんと erikoさんと合流 待ち焦がれた「ファグラ鍋」 前菜が2品くらい出てファグラ鍋かしらと。。。 前菜 生つくね・鳥の肝のお刺身 長芋とささみのたまり漬け べったら漬けとレタスのお漬物 胸肉のたたき もも肉のたたき レバ串 軟骨串 鶏胸串 蓮根つくね 銀杏刺し ささみのカツ 手羽串 そして、ファグラ鍋 〆におうどんとトマト と、ファグラ鍋に辿り着くまでに長い道のり 不思議ですねぇ、 焼き小籠包・パフェ・カキ氷で お腹がいっぱいなのに フォアグラ鍋も含め 〆のおうどんまで完食 美味しいのはもちろんなのに、味が合う。。 その理由はフォアグラ鍋をテーブルで 作って下さる大将と話している時に判明 なんと大将は宮崎出身(@_@) それからは今年の7月に帰省した話から 宮崎ネタで盛り上がりました(≧∀≦) 初の生つくね ねっとりなのにふわふわ しっかりの味付け それがふたつも これでご飯がいただけそうな そんな味付けでもあり、 これは美味しいわ!の一言に 尽きますね 宮崎でも鶏のタタキやお刺身をよくいただきますが、 いただいたことのない肝のお刺身 新鮮だから肝の歯応えが感じられます 胸部分のタタキも初めて。 淡白でパサパサのイメージの部位ですが 皮をパリパリ焼いて脂身の甘みと旨味に 包み込まれている レバ串はお塩であっさりと^ ^ ここでささみのカツ!?と、 思う順番で出てきました 程よいピンクを残して 揚げられていて、パリパリはなく しっとりなのに山葵でいただくとあっさりと 胃におさまりました 待ちに待ったファグラ鍋 何度もこちらのレビューを見ているのに どう仕上がるか想像が付きませんでした 綺麗に並べた白ネギに火を入れ その中でファグラに焼き色を付けていきます この日フォアグラ鍋をいただくのは私達だけ 漂うファグラの匂いに他のお客さん達まで 興味津々(≧∀≦) その中に一気にキノコ類を投入 今年からそのキノコ類の中に ポルチーニ茸がぁぁぁぁぁぁぁ ファグラとポルチーニ茸の豪華過ぎる共演と匂い ファグラをそれぞれに取り分けて下さると、 鶏モモを入れて自家製の甘めの醤油だれで煮込みます その間にいただくフォアグラの美味しと言ったら 口の中にとろけて行くのを止めたいほど。 食べ頃になったお鍋には、 いただくたびにクレソンを入れます クレソンに火の通し過ぎは禁物 ほろ苦いクレソンに甘醤油ダレの染み込んだ 鶏モモとキノコが合い過ぎなくらい合うの これはいくらでもいただけますね 〆は宮崎のすき焼きの〆と同じの生卵におうどん 想定を越してしまうほど美味しいファグラ鍋と 鶏料理の数々 東京なのに宮崎価格ですか?と、 言いたくなる価格にも感激 お名刺をいただきました 予約のお電話をする時ひ私と分かる様に 合言葉も決めました(≧∀≦)(≧∀≦)(≧∀≦) 東京に行く度に、 そして夫や子ども達も連れて 度々訪れてたいそんなお店が東京に出来ました #フォアグラ鍋 #電話非公開の名店 #大将は宮崎出身 #これは食べて欲しい! #とっておきのお店キャンペーン

安藤 今日子

バンコクグルメ2017.12月 私。。。 パクチーもタイ料理も苦手なのに バンコクに来ちゃいましたー(๑˃̵ᴗ˂̵) どーなることやらと、 思っていたら。。。 My best pizza in my life♡ 全く想定外の出逢いが バンコクで(@_@) バンコクでの食事の計画を立てている時に 見入ってしまったガイド本のピッツァの写真 バンコクでピッツァなんて あり得なーーーーい! でも私、パクチーもバンコク料理も 苦手だしぃ。。。 そのレストランはホテルから 徒歩10分位だしぃ。。。 友達に頼み込んで予定に 入れてもらいました 外観はカフェ風 テラス席もありましたが 暑いので、中でお食事することに。 中に入ってびっくり 高級レストランの様に 豪華なインテリア イタリアンなのにイタリアの レストランと言うより、 フランスを思わせてくれます メニューを見るものの、 種類が多過ぎて選べない。。。 ガイド本を出して、 写真を見せてオーダー パスタはメニューからポモドーロに してみました これからピッツァとパスタだと 言うのにパンが運ばれて来ました 一緒に生フレッシュトマトのソース これが生のタバスコ版みたくで。。 運ばれて来たピッツァは 素敵❣️ 素敵❣️ 素敵❣️ 綺麗過ぎるピッツァに 度肝を抜かれてしまった私たち ガイド本にはワンピースに CULATELLO(生ハム)が1枚なのに 2枚!? 3枚!?も乗ってる お色も綺麗 素敵過ぎる焼き加減 CULATELLOの上には ブラッターチーズ 何!? 何!? このチーズ!? モッツアレラがとろとろになって 濃厚クリーミィでフレッシュチーズ入りの生クリーム様 生地はサクッとで、 いただいているうちのしっとりや ペチャッとがないから 最後まで焼き立てピッツァの食感 フレッシュトマトのソースは ピリ辛で、そのままいただいても 美味しいのに、また違った美味しさの 演出で1枚で2度美味しい^^ サイズは日本のピッツァの LLサイズ このクオリティにこのボリュームで 1800円なんて嬉し過ぎるタイ価格 ポモドーロは パスタは太麺のモチモチ フレッシュトマトとソースに バジルとガーリックが絡まって シンプルに美味しい 運ばれて来た時は少ない??と、 思いましたが、結構なボリュームで 1200円^^ 思わぬ美味しいピッツァとの出逢い 多分、近い将来このピッツァを いただきにバンコク再びの予感(๑˃̵ᴗ˂̵) これからバンコクに行かれる方、 バンコクに赴任するTakeshiさんに 訪れて欲しいレストランです♡ #マイベストピッツァ #バンコク #絶品ピッツァ

7

東京都

ピザ

安藤 今日子

東京グルメ2017.10月 この日はRetty女子会。。。 その前日に千代子さんから、 もしかして東京に来てる?と、LINEが入る。。。 お引越しや姫達のお世話で忙しそうなので 連絡しそびれて上京(ノ_<) しっかり謝って、女子会に参加していただきました♡ この日はメンバーは 千代子さん、りさちゃん、京子さんそして私 私達。。。 イタリアンのコースをいただくお店と勘違い オープン数分前に着くと私達だけ 予約は要らなかった??と、思っていたら、 着席同時に満席 先ずはサングリアで再会の乾杯 オーダーは次のスィーツを考えて控え目に、 タコとセロリのマリネ あれぇ!? セロリが苦手なのに美味しくいただけのは何故?? ミートボール イタリアンにもミートボールがあるのね 柔らかなミートボールにからんだトマトソース 酸味より甘さを感じる、美味 そしてピザは頼むはもちろんTamaki ふんわりとサクッと、 こんな軽い生地は初めてで、 ちょっと時間が経つとペチャふにゃっと、 なりがちなのに、こちらは時間が経っても 焼き立てのまま フレッシュなチェリートマトの酸味と甘みが 口の中でブッチュチュチュ それを覆うスモークモッツァレラに 生地からのちょっ強めの塩っぱさが ピッタンコ合うの なるたる美味しさなのかしら! 改めて東京のレベルの高さを痛感 そしてそして今月のピザ 国産栗とクルミとクリームチーズベースのピザ ほんのりラム酒が香るからまるでマロングラッセ それにくるみの程よい食感 クリームチーズに蜂蜜 生地がふわっとサクッとだから これまた相性ぴったんこ そしてそしてそして、感激の一瞬。。。 バースデープレート んーー〜ー! これだからいくつになっても誕生日って 嬉しい♡♡♡ 嬉しくて嬉しくて、 殆どひとりでいただいてしまいました(#^.^#) りさちゃん、ありがとう♡♡♡ そしてあくる日。。。 Rettyナイトが赤羽橋 会場入りする前に軽く飲んで食べてとなり 前々日にかおりちゃんから 「Tamakiで待ち合わせね!」 私「前日がTamakiだから別でお願い」と、 言ったものの、美味しくて その日の朝に「TamakiでOK」と連絡 この日のオーダーはかおりちゃんにお任せ 乾杯の後にマッシュルームのスープ ググッとマッシュルームの美味しいエキスが 濃縮されて美味 珍しいお野菜ばかりの組み合わせと ヨーグルトディープ 新鮮なポキポキシャキシャキお野菜 24ケ月熟成パルマ生ハムとフレッシュブッラータ お皿に張り詰めらた生ハム ねっとりそして感じる美味な塩っぱさ それだけでも十分に美味しいのに、 艶々ねとねとのミルキーなチーズ 生ハムに巻きつけていただくと 美味しくて美味しくて美味しくて。。。 他に言葉が見つかりません 東京でリピどころか 同じお店に2日続けて行くなんて初めて(@_@) それほど美味しいお店でした(^^)v #イタリアンバル #ピザの美味しいお店 #赤羽橋のピザ屋 #ハロウィンキャンペーン

8

宮崎県

京料理

安藤 今日子

久しぶりの上の子のママ友と 宮崎では珍しい京料理で贅沢ランチ❤️ 私達が1番乗りでしたが、 直ぐに満席になり、店内女子率100% 先ずは生シラスから 新鮮なシラスがポン酢と共にスルスルと 入っていきます ぷりぷりしていて甘いですね お造りは 鮪と鰹 鰹と言えば。。。 高知と連想されると思いますが、 宮崎県日南市が 近海鰹の一本釣り漁獲量が日本一なんです そう! 実は宮崎は鰹の聖地なんですよd( ̄  ̄) 新鮮な鰹は身がしまっていて 臭みを取る生姜やにんにくは不要 もちろん今日の鰹は身が締まっているので新鮮 臭みが全くないのでほんの少しのお醤油だけで 美味しくいただけました 筍と薄そら豆のしんじょ ふわふわの薄そら豆のしんじょの中には筍 筍を食べると春が来た!って感じ お出汁が効いたお汁が優しくしんじょを 包み込み、その下には卵焼き お出汁が染み込み美味しい 思わず「わぁ」と声があがる お盆盛り 春色のあられをまぶした海老と春野菜の天ぷら 鰆の西京焼き 白菜のおひたし 春キャベツとじゃがいものまんじゅう さごしのたらこ和え 青海苔すり身揚げ 海老のすり身揚げ 卵焼き どれも手が込んでいて 見た目だけではなく、舌でも楽しめるお料理 一口ずつ色々といただけるのは和食ならでは ですね♡♡♡ 欲張りな私にぴったりo(^-^)o ふっくらご飯には甘く炊かれた鰹節のふりかけ 宮崎では珍しい赤出汁 デザートには あまおうのアイスクリーム 桜の塩漬けの味が感じられる和ティースト もちもちのお花見団子 南瓜のプリン そして何より嬉しいのはお抹茶 この一服でホッと和みました さてさてこんなに素敵な京料理が 2160円でいただけるなんて。。。 嬉し過ぎる宮崎価格に感謝の京料理ランチでした^^ #リリース記念 #肉の日

9

東京都

おでん

安藤 今日子

このビジュアル素敵ですね 一目見ただけで美味しいが分かりますよね ずっと来てみたかったおでんの名店お多幸さんの 名物のとうめし♡ 関東風のたっぷりのお出汁を吸ったお豆腐 それが一丁ご飯の上に丸ごと乗るから結構な迫力 どーやっていただきましょうか。。。 箸を入れてみるととろろ〜ん 口に含むと溶けてしまいそうな柔らかさなのに 崩れそうで崩れない 九州生まれの九州育ちの私に 関東風のお出汁に馴染みはありませんが、 お豆腐とご飯だけの素朴な組み合わせ、 ご飯は意外にも驚くほどのかたさ そのご飯に混ぜ合わせた微かに感じるお出汁 いただくごとに舌に馴染んでくる すっきりとした九州とは全く違った甘さ これぞ昭和の究極OTRですね♡♡♡ 書かれている あとをひく美味しさ、 もう一度食べたくなる味を追求し せんだいからの味を守っていますが しみじみと感じられる初体験お味 とうめしでした やや寒さを感じる今日の東京 とうめしをいただきながら ほっこり温まりました♡♡♡ #とうめし #老舗のお味 #後をひく美味しさ

10

宮崎県

洋食

安藤 今日子

昨夜はお華のお教室のお仲間と会食でした^ ^ 家族とは出かけても基本夜が苦手な私の 久しぶりの夜のお出掛けでもあります^^ 今回は偶然にもずっと行きたかった 老舗のちょっとお高めな洋食屋さん ビルの2階、ドアを開けるまで そこが洋食屋さんだなんて全然分からないし、 まだ18時過ぎたと言うのに店内は満席(@_@) 私が初めてだと言うこともあり 無難な4800円のコースにしてみました ドリンクは赤ワインをボトルでオーダー 前菜 トマトのキッシュ ムースの様にふわっとしているので 聞き間違いかとスタッフに 尋ねましたが、やはりキッシュでした ふわっと口の中で酸味が広がり 溶けていきます 生地はサクサク 美味しぃぃぃぃぃぃ これはかなり期待の持てるお料理のスタート 石鯛のカルパッチョ ほばそのままでお刺身のように コリっとプリッとを楽しみます 豚肉のリエットと生ハム 豚肉のリエットは目を閉じていただくと 豚肉とは分かりません 臭みが全くなく、 パテより軽く甘味もありスッと口の中で 溶けます 大好きな生ハムはねっとりがいい感じ(^-^)v 小さな農園 なんて素敵なネーミングのバーニャカウダ なんでしょう♡ 宮崎産の新鮮なお野菜 真っ赤なトマトが甘くて甘くてフルーツみたい うっかり、 私ったら先生の分までいただいちゃいました(>人<;) ガスパチョ トマトの酸味と甘味のきいた濃厚スープに 黒胡椒がピリッ。 キンキンに冷えて美味 穴子とメヒカリのカリッと揚げ ほんとカリッと揚がっています そしてメヒカリも穴子もふわふわなんです すり身ではありませんよ(≧∀≦) ふわふわで言わなければお魚と分かりません こちらのスペシャリテのカニのクリームコロッケ 単品でオーダーしたら1600円もするんです だからかな??? お皿はロイヤルコペンハーゲンです(≧∀≦) 衣はサクサク 中を割るととろ〜り あまりにもトロトロで、 どうやって形成して衣を付けて 揚げたのかしら???と、 主婦は思ってしまう(≧∀≦) クリミィでカニのお味が濃厚 幸せ感じるコロッケです♡ 牛のロースのグリル 良い焼き色ですね 焼き加減も絶妙 見ただけで美味しいと分かりますね 見ての通りの美味しさです♡ ガーリックライス もうかなりお腹がいっぱいですが、 ガーリックの匂いが食欲を後押ししてくれました トマトのパスタ もー無理ですぅ なんて言いながらも意外に重たさもなく いただいてしまう そして、そしてデザートと珈琲 わーい!わーい! 大好きなタルト・タタン なんて素敵な焼き色なのぉ♡♡♡ キャラメリゼされたりんごの 甘味と酸味と香ばしさが美味し過ぎる♡ ん?ん?ん? これは何??? 桃のコンポートの中にバジル これ駄目でしょ!? 一口目??って感じだったのが いただき進めるにつれて、 美味しさが増してくるの 桃のコンポートとバジルのミスマッチな 素敵な出逢いって感じ♡ こちらのシェフは 2代目で、 修行は東京・四谷のミクニですって^ ^ 先代のお味を引き継ぎつつ、 フレンチを兼ね備えたそんな洋食でした 4800円にワイン、そしてカシスオレンジを いただいて一人6800円と宮崎にしては ちょっとお高めなお食事代でしたが 品数も多く何より美味しいので リピしたいと思います♡♡♡ #宮崎の老舗洋食屋さん #スペシャリテはカニのクリームコロッケ #夏休みキャンペーン