Masahito Okawa

Masahito Okawa

20代の頃に、ラーメンとカレーで食べ歩きの楽しさに目覚めました。 今もいろんなジャンルにチャレンジするより、ひとつのジャンルを食べ比べるほうが楽しいです。 お酒好き。甘党です。

  • 13投稿
  • 10フォロー
  • 10フォロワー
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Masahito Okawa

Masahito Okawa

excellent

あらいやオートコーナー

店舗情報

潮来駅

弁当屋

行くたびにシャッター閉まって売り切れの貼り紙だった、あらいやオートコーナー。 少し早めの到着を意識して向かった今回、三度目の正直で無事開店していました。 土曜、日曜は15時くらいまでの到着を目処にすると良さそうです。 次々とお客さんが来ては、レトロ自販機の前に立って、小さな包みのお弁当を買って行きます。 代表作やきにく弁当と、もう一つ、ひれかつ弁当を購入。 一個330円。やきにく、ひれかつ、からあげと、メニューはいわゆる茶色いお弁当です。 ノスタルジックな緑色の紙に包まれた弁当は、ちょうど良い具合に温まって、見た目とてもシンプル。 やきにくもひれかつも、若干パサ感のある肉で、おかずだけついばむと、お世辞にもうまーい、という訳じゃないんですが、何故だかご飯がえらくうまいのです。 塩気の効いた味付けのやきにくと、このご飯の相性に、茶碗飯をかっ込む勢いであっという間に完食です。 なんというか、おかずとご飯をひたすら交互に食べては感じる、口内調味のハーモニー。 おいしい白米ガッツリ食べたい、見た目小さなこのお弁当にはそんな気持ちをしっかり満たしてくれるものがありました。 今にも壊れそうな自販機から現れる、妙に手づくり感溢れるお弁当。 ヘリハラな時、ふと思い出しては行きたくなる、名スポットですね!

Masahito Okawa

Masahito Okawa

excellent

炭焼きレストラン さわやか 函南店

店舗情報

大場駅

ハンバーグ

箱根へのマイカー旅行に合わせて、念願のさわやかに行ってきました。 平日昼の時間帯で、待ち時間は40分でした。 ランチメニューのげんこつ倶楽部という、ライスorパン、スープ、ドリンクがセットのものをオーダー。 店内に入った時から、香ばしいグリルの香りがして、期待に胸が高鳴ります。 熱々の鉄皿に載った、丸々としたハンバーグを店員さんが半分にカットして、断面を皿に押し当てます。ソースはおろしオニオンです。 パチパチはねるソースが落ち着いてから、いざ実食。 一口目に感じるのは、なんと言っても肉々しい食感で、噛みごたえのある密度の高さが、肉ガッツリ欲を満たしてくれます。 火がしっかり通った香ばしく肉感溢れる外側と違って、中のレア部分は溶けるようにジューシーな柔らかさ。 このギャップも楽しく、酸味のあるさっぱりしたオニオンソースが肉々しいハンバーグの絶妙な引き立て役になっていて、あっという間の完食です。 ソース自体の味もさっぱりなだけじゃなく、奥行きある味わいで、多くのお客さんがオーダーするのも納得でした。 付け合わせの野菜や、ライス、コーヒーもしっかり美味しいもので、満足のランチとなりました。 肉感求めるならハンバーグよりステーキ派でしたが、こんなにしっかり食べ応えあるハンバーグがあるんだなぁと思い直すくらい、ガッツリ胃袋掴まれた、さすがは人気店のハンバーグでした!

Masahito Okawa

Masahito Okawa

excellent

CAFE&HAMBURGER Ra-Maru

店舗情報

伊豆急下田駅

カフェ

道の駅開港下田みなとにあるカフェレストラン、Ra-maruの看板メニュー「下田バーガー」。 ドライブ旅行の途中で立ち寄って、食べてみました。 フィッシュバーガーは好きですが、いつもお馴染みのそれとは「違う!」とはっきり分かる味わい。 見た目にも大きなフライは金目鯛を使ったもので、一口目で風味ある魚の主張をしっかり感じます。 カリッと揚げられた金目鯛のフライに、そこはかとなく煮付けを思わせる甘めのソース、カマンベールとチェダー、みずみずしいトマトとレタスが相まって、ミート感なんてあるわけ無いフィッシュバーガーなのに、食べ応え&キレの良さが実に美味しいバーガーでした! ハンバーガーに黒毛和牛バーガーがあるなら、それのフィッシュバーガーバージョンみたいな感じかも。 ご時世柄テイクアウトのみでしたが、とても美味しいバーガーでした。

Masahito Okawa

Masahito Okawa

excellent

ガトー • プーリア

店舗情報

研究学園駅

ケーキ屋

チーズズコットとエクレアで人気のお店と知り、興味津々行ってきました。 つくばの中心街から少し離れた閑静な場所にある、ヨーロッパのおうちみたいな素敵な外観のお店です。 開店の10時には間に合わず、11時頃到着。 お店の外に待ち列が出来ていて、整理券を配布していました。 チーズズコットとエクレアが整理券の対象で、そのほかの商品を買い求めるお客さんは直接店内に入ることが出来る感じです。 エクレアの整理券は早い時点で配布が終わっていて、もしかしたら行き渡らないかもと、店主さんっぽい方から言われました。 自分はチーズズコットの整理券を貰い、待ち列に加わります。 結果、平日でしたがお店に入って買ってから出るまで、30分はかからない感じでした。 残念ですが、1個108円なんてすごく良心的な価格の「つくばエクレア」は目の前で売り切れてしまいました。 まだプレミアムエクレアがあるとのことで、そちらを購入。 ショーケースに並んだ見た目から、フィーリングでシュークリームもゲット。 そして、チーズズコットを購入。 チーズズコットは、チーズ蒸しパンを手に持てないくらいしっとり焼き上げたような食感。 香ばしいチーズやバターの香りのメレンゲにスプーンを入れるような、繊細な食感が魅力的です。 甘さは控えめで、ひと口ひと口がふわっと入ってしまう。 エクレアはパイのようなさっくりした生地になめらかなカスタードと生クリームが入って、ビターで香ばしいチョコレートがかかっています。 さっくり食感のエクレア、新鮮でした。 そして、その場のフィーリングで選んだシュークリームが自分的にはかなりのヒットで、何とも言えない絶妙のサクサク感がある生地に、やはり甘さ抑えめのカスタードと生クリームがたっぷり、あっという間に平らげちゃう美味しさでした。 明るい店内、和やかな店員さんの接客と、いろんな部分で魅力的なお店。 こんなお店が近くにあるジモティーの皆さんが羨ましくなる、素敵なケーキ屋さんでした!

Masahito Okawa

Masahito Okawa

excellent

ドラヤキワダヤ 古河店

店舗情報

古河駅

和菓子

以前から気になっていた、茨城県古河市にあるドラヤキワダヤさんに行ってみました。 変わり種のどら焼きが盛りだくさんのお店のようで、王道のどら焼きとはまた違う期待感で来訪。 お洒落な外観、暖簾の先には重厚な木のドア。 アンティークでいて、ポップな店内はカフェというより、落ち着いたギャラリーのよう。 どら焼きは、店内のテーブルに種類ごと、木箱に並んでいました。 セルフで好き好きに手に取り、レジへ行くスタイル。 売ってたどら焼きほぼ一つずつ買いました。 お店の名物バタどら、とちおとめ苺ショート、サクラ薫る桜バター、ほろにがコーヒー餡、蜜芋安納焼き芋、黒豆&焙煎きなこ…と、色々な珍しいテイストのどら焼きばかり。 少し小ぶりの皮は香ばしく、ふわっとクッションの効いた食感が素敵。 味わいも、はっきりしっかり苺のショートケーキだし、桜の香りがする餡だし、安納芋に黒豆きなこなんです。 どれも期待を裏切らない味なんですが、すごくちゃんとどら焼きとして着地してる感がハンパない。 キワモノで終わらない、本当の和菓子の美味しさ。 最初は王道とは違う期待感で訪れたお店でしたが、元々歴史ある和菓子屋さんだった素性がしかと感じられる、ポップなのに老舗の風格、ナイスどら焼きでした!