Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

ゴハンが生き甲斐♪ なけなしのヤル気はすべてゴハンのために費やされている… 2016年10月から老後の自分の思い出のため備忘録として自己満足投稿してみてる ※そのためリアルタイムな投稿とは限りません。悪しからず

  • 1014投稿
  • 10フォロー
  • 76フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 中華
  • トルコ料理
  • うなぎ
  • イタリアン
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

    PIZZA MAFIA TOKYO

    店舗情報

    桜新町駅

    ピザ

    2018年9月OPEN。東急田園都市線桜新町駅から徒歩3、4分。IT企業の役員から転身した店主が薪窯で焼き上げるピザ屋。 ・マッシュルームのビスマルク ・グリーンサラダ を食す。 スライスされた生のマッシュルームがピザを覆い尽くしたインパクト大なビジュアル。下には生ハム、キノコソース、モッツァレラチーズが隠れている。半熟卵を崩して食材を絡めて最高のマリアージュ。24時間かけて熟成させ、450℃の薪窯でさっと60秒焼いて完成したピザ生地は、小麦の香りが芳ばしく中がふっくら。 グリーンサラダは新鮮野菜たっぷり。オリジナルなのかな、ニンニクが効いたドレッシングが野菜の旨味を際立たせ、食が進む。 全面ガラス張りの店内は自然光が差し込み、イタリアンやピザ屋というよりカフェという印象。開放感ある空間で美味しいピザを頬ばる。幸せなひととき♪ #pizza

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

    宗家 源 吉兆庵 赤坂店

    店舗情報

    赤坂(東京)駅

    和菓子

    1947年(昭和22年)岡山にて創業。1977年6月株式会社 源吉兆庵を設立し、2009年に和菓子販売部門を株式会社 宗家 源吉兆庵に分離した和菓子屋。 果物の王国 岡山で日本の自然に育まれた四季折々の実りをふんだんに使った創作和菓子で有名。 ・陸乃宝珠-マスカット オブ アレキサンドリア ・陸乃宝珠-オーロラブラック ・桃泉果 ・歳々果 を食す。 ・桃泉果(とうせんか) 白桃を丸ごとひとつゼリーで包み込んだ和菓子。白桃の果汁を一滴たりとも逃すことなく閉じ込めたような、和菓子と言うより果物に近い印象。 - 陸乃宝珠(りくのほうじゅ)-マスカット オブ アレキサンドリア 岡山県産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を砂糖をまとった薄い求肥で包んだ果物を使った創作和菓子 吉兆庵の代表格。果実の皮がはじける食感と爽やかな甘味が絶妙に調和した逸品。 ・陸乃宝珠-オーロラブラック 2020年より登場した「オーロラブラック」岡山県産オリジナルの品種オーロラブラックを生のまま求肥で包んでいる。果汁多めのみずみずしい印象。 ・歳々果 色鮮やかな橙色の枇杷を透き通ったゼリーで包んだ見目麗しい和菓子。枇杷をかたどった個包装も愛らしい。ゼリーの中の果実は大きく、風味豊か。 いずれも夏季限定の創作和菓子で、果実を噛みしめるとみずみずしい果汁が味わえ、体内の熱がすっと抜けていくような清涼感。暑い夏に嬉しい、至福のひとときを与えてくれるステキな和菓子♪ #和菓子

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

    名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店

    店舗情報

    内幸町駅

    そば(蕎麦)

    1872年(明治5年)創業。「砂場」の起源は大阪。安土桃山時代に豊臣秀吉による大阪城築城時、資材用の砂置き場に出店した蕎麦屋が繁盛し、それら蕎麦屋の俗称「砂場」が由来だそうな。その後「砂場」は徳川家康とともに江戸へと移り開業。江戸(東京)で連綿と続く老舗蕎麦の三大屋号(藪・更科・砂場)のひとつとなったそうな。 木造2階建てで、瓦で葺いた屋根が使われている店舗は1923(大正12)年に建てられ、2011年に国から登録有形文化財に指定された。現在は都道「愛宕下通り」の拡幅工事に伴う曳家工事のため、2020年8月に一時閉店。9月から約200メートル離れた仮店舗で営業を行っているそうな。 で、東京メトロ 虎ノ門駅より徒歩3,4分の仮店舗へ訪店。 ジュンサイ蕎麦を食す。 そば粉とつなぎの割合が10対2となる「外二(そとに)」蕎麦を提供しているそうで、ほのかな蕎麦の香りがする細切りで、ツルツルなのど越し。ジュンサイ、とろろと相まってつるんと食せ、一気に食してしまった。もっとゆっくり味わう予定だったのに、そして風情のある店舗でいただきたいな―と思ってしまった…。

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

    でんでんでん

    店舗情報

    赤坂(東京)駅

    ご当地グルメ

    東京メトロ千代田線赤坂駅より徒歩3、4分。みすじ通りと赤坂一ツ木を繋ぐ脇道に位置する宮崎の郷土料理店。 ちきん南蛮 レディースサイズ+冷汁を食す。 ひと口サイズよりやや大き目のモモ肉の唐揚げを甘酢に漬け、たっぷりタルタルをかけたチキン南蛮が4つ。サニーレタスにミニトマト、オレンジがついて彩り鮮やか。そこに玉子焼きと春雨炒めの小鉢がつき豪勢。 そして、プラス200円で味噌汁を冷や汁に変更できる。こちらの味噌汁は大きな椀で具材たっぷりの豚汁なので迷ったが冷汁に変更。味噌やゴマを混ぜて出汁で伸ばし、輪切りにしたきゅうり、豆腐、大葉を加えてゴハンにかけて食べる宮崎県の郷土料理。これが大好き! チキン南蛮だけでかなりお腹いっぱいになるのは分かっているのに、食い意地がはって冷汁も諦められない… お腹パンパン!でも、最高に幸せ♪ #チキン南蛮

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

    神泉 遠藤利三郎商店

    店舗情報

    神泉駅

    ワインバー

    2013年11月OPEN。京王井の頭線 神泉駅より徒歩5、6分。裏渋通りの街並みに佇む、落ち着きと大人の雰囲気が漂うビストロ&ワインBar。壁一面を常時500種類以上のワインが埋め尽くす圧巻の空間は「ペニンシュラ東京」を手掛けた橋本夕紀夫氏がデザインされたそうな。 コロナ禍でランチ営業されていたので訪店。 フィッシュ&チップス目当てであったが完売…残念! 本日のパスタ(ズッキーニのペペロンチーノ)を食す。 目にも眩しい色鮮やかなビーツの冷製ポタージュと新鮮野菜のサラダがセットになっており、テンション上がる見目麗しい豪華なランチ。ワインと一緒にいただきたい味わい。 次回はフィッシュ&チップスをワインと共にいただきたい! #ワインアパートメント