Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

ゴハンが生き甲斐♪ なけなしのヤル気はすべてゴハンのために費やされている… 2016年10月から老後の自分の思い出のため備忘録として自己満足投稿してみてる ※そのためリアルタイムな投稿とは限りません。悪しからず

  • 1044投稿
  • 10フォロー
  • 79フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 中華
  • トルコ料理
  • ベトナム料理
  • スイーツ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

池尻大橋駅

中華料理

2021年8月移転OPEN。以前は国道246号線沿いにあった店舗が、東急田園都市線 池尻大橋駅より徒歩10分程度の目黒川沿いに移転した中華料理店。辛さが選べる激辛「地獄谷麻婆豆腐」が有名。 ・トマトと卵炒め ・アボカドとトマトの和えもの ・鶏肉とカシューナッツ炒め ・干し豆腐の和えもの ・蒸し鶏と胡瓜 黒酢生姜ソース ・ニンニク丸揚げ ・白菜クラゲ胡瓜の和えもの ・レバー野菜炒め を食す。 激辛麻婆豆腐が有名だが、それ以外にもメニュは豊富で担々麺は数種類もある。今回はメンバの関係で激辛は回避した注文。 すべての料理美味であったが、黒酢と胡麻油の使い方が絶妙な干し豆腐と蒸し鶏がよかった。これだけで呑める! 以前のイタリア料理店を居抜きで利用しており、中華とは思えぬお洒落感満載。 #中華料理

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

池尻大橋駅

つけ麺

2009年9月OPEN。東急田園都市線 池尻大橋駅からも東急東横線 中目黒駅からも徒歩15分程度。池尻とも中目黒とも言いにくい「中目尻」エリアの山手通り沿いにある、つけ麺専門店。 ・まぜそば ・つけ麺 を食す。 麺はまぜそばもつけ麺も同じでストレートの中太麺で、モチモチ弾力があり、コシが強い。 まぜそばはその重量ある麺を混ぜ合わせるのに、結構なパワーが要る。お酢をたっぷりかけ、まぜまぜ。つけ麺とは異なる印象を醸し出すから面白い! つけ麺のスープは鶏ベース。濃厚ながらサラッとして麺によく絡む。スープが冷めると焼き石を入れてもらえ、最後までアツアツを楽しめる。 また、焼き石を入れると少し香ばしくなり、最後にテーブルのポットに入っている割りスープをセルフで楽しむ際にお勧め。 #つけ麺

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

とり安本店

店舗情報

虎ノ門駅

焼き鳥

1959年(昭和34年)創業。東京メトロ 銀座線虎ノ門駅より徒歩3、4分。昭和の香りが漂う佇まいの老舗焼き鳥屋。 きじ焼重を食す。 創業当時より継ぎ足されているタレがかかった御飯の上に、きじ焼きと卵そぼろがほぼ半々に盛り付けられて2色に敷き詰められている。きじ焼きは芳ばしく焼き上げられた鶏肉が細かく刻まれてタレが絡められており、卵そぼろは甘め。合わせて食すと素晴らしいハーモニーを奏でる。 つけ合わせのモヤシは鶏ガラが効いたナムルといった印象。これだけで呑める!スープも鶏の出汁が効いたやさしい味わいで葱が相性抜群。お代わりしたかった。 今回、とり味噌漬ライスを食したくての訪店あったが売切で、きじ焼重に急遽変更であったが大満足♪ でも次回こそ、とり味噌漬ライスに出会いたい! #焼き鳥

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

俺流塩らーめん 渋谷総本店

店舗情報

神泉駅

ラーメン

2010年7月OPEN。渋谷近辺を中心にいくつも姉妹店が増殖している、オレンジ色の看板に勢いがある「俺流」の文字が印象的なラーメン屋。 「俺流」には『魂を込めて全て手作りでつくった私たち独自のらーめん=「俺流」という意味と、無料で提供している数種類のトッピングをご自由にお使いいただいて、「俺流」「私流」に作り上げ、味変を楽しんで頂きたいという意味が込められています』のだそうな。 限定麺 とびっきり担々麺を食す。 店舗の前を通ったら担々麺の写真がバーンと掲出されていて、しかも「限定」の二文字も飛び込んできて、担々麺好きとしては見逃せず訪店。 山椒は感じず辣油で辛味を演出も辛さは控えめ。麺は看板メニュの塩ラーメンと同じようで細めのちぢれ麺。辛味も胡麻も酸味もいずれかが際立つことなく、全体的にバランスよく調和した担々麺。 もっと辛くできると尚良しな印象。 だが、岩のりやとろろ昆布、ゆず胡椒などのトッピングは活かせず、こちらはやはり塩で俺流を楽しみたい。 #担々麺

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

good

新台北 西新橋店

店舗情報

内幸町駅

居酒屋

2014年9月OPEN。都営三田線 内幸町駅より徒歩1分。西新橋スクエアビル2Fにある、台湾の「夜市」にあるような屋台の雰囲気を楽しめる台湾料理店。 沙茶牛肉焼炒麺を食す。 台湾の国民調味料である「沙茶醤(サーチャージャン)」で作る牛肉の入った焼きそば。 沙茶醤は干しエビやヒラメなどの魚介をベースにニンニク・ゴマ・香辛料・植物油を加えて煮込んだ調味料。豆板醤や甜麺醤のようなピリ辛さを持ちながらも、ナンプラーのような魚介の旨みが濃縮されており、一度食べるとクセになる味わい。 牛肉の旨味を際立たせた、異国の独特の味わいで、ちょっとばかり海外旅行気分を楽しんだ。 #台湾料理