Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

ゴハンが生き甲斐♪ なけなしのヤル気はすべてゴハンのために費やされている… 2016年10月から老後の思い出のため備忘録として自己満足投稿中 ※そのためリアルタイムな投稿とは限りません。悪しからず 改めて見ると、麺食いだなぁ

  • 1335投稿
  • 13フォロー
  • 86フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • 中華
  • うなぎ
  • フレンチ
  • スイーツ
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

虎ノ門駅

そば(蕎麦)

東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩2、3分。浜松町に本店がある「五六八そば」、新橋にある「寿毛平」の系列店で、「五六八」と書いて「いろは」と読むそうな。 蕎麦の量が多い&舟盛り蕎麦が有名で、それを体験したくて訪店するも寒さに耐えられず、温かい蕎麦を注文してしまった。 玉子とじ蕎麦を食す。 玉子とじが結構な粘度のあるあんかけ状態で熱々。蕎麦をすすることは少々困難を伴うほど。なのに、ボリューム満点の細目の二八蕎麦は温かい蕎麦ではどんどん柔らかくなる。はふっはふがんばって完食。しっかり温まった。 次回こそは舟盛り蕎麦に挑戦だ。 #二八蕎麦

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

三軒茶屋駅

サンドイッチ

2021年9月16日OPEN。東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩1、2分。キャロットタワーの裏手に、佐賀県で2店舗、福岡県で3店舗を構える、毎日行列を作る果物屋の手掛けるフルーツサンド専門店。東京初上陸なんだそうな。 ・柿レアチーズ ・チョコバナナ を食す。 柿レアチーズは生クリームではなく、さっぱりとしたクリームチーズが柿そのものの味わいを際立たせている。 チョコバナナはチョコクリームとバナナの想像した通りの、期待を裏切らないテッパンの組み合わせ。 どちらも自立できるほどクリームたっぷりだが、果物の味わいを邪魔することなく、口福感満載なフルーツサンド。 #フルーツサンド

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

あおば通駅

郷土料理

2021年10月15日OPEN。仙台市中心部のクリスロード商店街にある「みやぎ・みちのくカイタク市場」 宮城の海、みやぎ/みちのくセレクト、催事の3つのゾーンで宮城を中心とした東北の地場産品を集めたセレクトショップ。 むすび丸 味付海苔を購入。 明治40年創業。石巻市渡波で焼き海苔を中心に加工販売している株式会社マルモ内海求商店と合同会社カイタクのコラボ商品。レア商品で見つけたら買うべし!と聞き購入。 程よく甘辛く味付けられたパリパリ海苔は止められない、止まらない。 仙台出身者に差し上げても知らなかったが、むすび丸のイラストが「仙台」を証明していてお土産にぴったり! #土産物

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

1947年(昭和22年)創業。仙台銘菓「萩の月」で名を馳せる菓匠三全が郷土料理である「ずんだ」に関するスイーツ商品を展開するブランド「ずんだ茶寮」。 仙台駅3階。改札口を出たすぐの所にCaféスペースを併設する土産屋。 「仙台名物ずんだ餅」をお土産として購入。 茹でた枝豆をすりつぶして、砂糖を混ぜ、餅にからめた、仙台地方に伝わる郷土料理「ずんだ餅」。 通常外側にまぶす、ずんだ餡を逆転の発想で餅で包み、常温で持ち歩き可能にした新しいずんだ餅。 爽やかな緑色が餅越しに見え、ふくよかな甘み、粗くつぶした枝豆の食感がまんま詰められていて、餡と餅は逆転しているが、まさしくずんだ餅であった! #ずんだ餅

Akiko Matsuda

Akiko Matsuda

excellent

1975年(昭和50)年1月1日創業。創業以来昔ながらの手法で塩味は手ぶり塩仕込み、たれ味は手作り特撰たまり醤油、味噌味は手作り仙台味噌を使い仕込んでいる老舗の牛たん専門店。JR仙台駅3階の牛タン通りには2003年10月31日OPEN。 創業当時はまだ専門店も少なく、マニアな食べ物とされた牛たん焼に、初めての人に馴染みやすい「たれ味」を開発した店としても有名であり、牛たんを仙台名物として押し上げた功績のある店でもある。 牛たん炭火焼き(塩・4切)定食を食す。 牛たん定食には、牛たん焼き・麦めし・テールスープ・漬物がつく。 喜助オリジナル味を楽しむならたれ味と思いつつ、定番の塩を選択。ほどよい歯応えと口いっぱいに広がる旨味。牛たんそのものの美味しさが出ていて大満足! 次回こそはたれ味をいただこう。 #牛たん