田中将

田中将

カメラマンしております。食べ物の撮影も多く、仕事柄会津のお店に詳しくなってしまった食いしん坊です。

  • 294投稿
  • 67フォロー
  • 61フォロワー

好きなジャンル

  • 和食
  • ラーメン
  • 洋食
  • 丼もの
  • 坦々麺
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
田中将

田中将

excellent

    猪苗代駅

    そば(蕎麦)

    お蕎麦って人それぞれ好みがある。 お蕎麦に関してそんなにシビアな視点は持ってないけれど、文句なく自分の中の真ん中にドンと入ってくるお蕎麦に時々出会うことがある。それが猪苗代の手打そば処まるひさんのお蕎麦だった。 太さ、茹で加減、香り、甘味のバランスがドンピシャ。モグモグとお蕎麦を食べてるなぁ〜という快感があるのだ。ツユも甘すぎずバシッと決まってるし、天ぷらの内容も華美過ぎないお蕎麦のお供として最高の塩梅。添えられたキュウリの辛子漬けなんかも夏を感じてとても美味しかった。 川桁方面の小さな集落の中、この美味しいお蕎麦を求めてやって来るお客さんも多かった。平日のお昼に仕事の合間の食事で来てる感じが多かったので、地元の人気店なのが窺える。 あまり教えたくない秘密のお蕎麦やさんという意味で「まるひ」なのかななんて思ったりした。 久々に美味しいお蕎麦を食べた気がした。 大満足。

田中将

田中将

good

    餃子の京香

    店舗情報

    七日町駅

    餃子

    からあげカレー¥990@京香 餃子のお店の京香さん、唐揚げが美味いと強烈に推され、俺の唐揚げ脳を激しく刺激し、堪らず入店。 唐揚げ脳ながら厨房から漂うインド物質の香りに今度はカレー脳に真っ黄色に染まる俺。 結果、からあげカレー磐梯山盛りをチョイス。 少食な同行者が食べ切れないと判断したと思しき唐揚げを2個、不意にカレーに乗せられ都合4個のスペシャルなからあげカレーに昇格。 ゴツゴツガリガリに揚げられた唐揚げは揚げたてで、噛んだ瞬間に出る灼熱のジュースが俺の口の中のアソコの皮をズル剥けにする。あうふあうふと悶えながら涙目でズル剥けたアソコに熱々のカレーが追い討ちをかける。まさにインド式拷問なのか?のか?のか?のか?のか?のか? ガリガリでニンニキーでヤンチャな唐揚げはゲップした息まで美味い。口の周りをカレーまみれにして俺もヤンチャに貪る。 満腹で油断しているとそこには杏仁豆腐が運ばれてきた。 白肌にクコの実も艶めかしくふるふるっと揺れて誘惑する。スプーンで仕切られた絶対領域に妄想を膨らませ昼下がりに微睡むようなに隠微な夢の中に落ちそうになるのだ。

田中将

田中将

excellent

    Teppanyaki あいづ家

    店舗情報

    七日町駅

    鉄板焼き

    鉄板焼きで、あいづの美味しい食材を表現するあいづ家さん。お肉もお魚も凄く美味しいのですが、やはり特筆すべきは鉄板で丁寧に焼かれた会津野菜が感動的に美味しいこと。素材を活かす味付け、塩加減焼き加減など、全く食べ飽きない料理たち。 会津には本当にいいお店があるなと実感します。 #teppanyakiあいづ家 #あいづ家 #teppanyaki #鉄板焼き #会津野菜 #野菜の鉄板焼き #会津地鶏 #会津 #aizu #会津グルメ

田中将

田中将

excellent

    灯りの食邸 KOKAJIYA

    店舗情報

    弥彦駅

    創作料理

    ランチコース¥2,860@小鍛冶屋 新潟、岩室温泉街にある古民家レストラン小鍛冶屋さんのランチコース。築100年以上の旅館跡の古民家を利用して作られた、静かに時が流れる癒しに満ちた空間。 お料理も地の旬の食材を使った優しい味。素材の何かを突出させる感じではなく、柔らかい調和の中にお互いの味を生かし合っている。 満足。 前菜 宮路農園アスパラガス 温玉 ニゲラ(ブラッククミン) パスタ 寺泊アオリイカ 空豆 手打ちタリオリーニ メイン 三条クリーンポーク 筍 ウド デザート(別注文¥440) 越後姫 ホワイトのチーズテリーヌ 濃茶 しばらくは、日替わりのランチコースのみの営業だそうです。 #小鍛治屋 #灯りの食卓kokajiya #岩室温泉 #新潟ミシュラン #新潟ランチ #古民家 #古民家リノベーション #古民家レストラン

田中将

田中将

excellent

    味平食堂

    店舗情報

    七日町駅

    定食

    マーボラーメン半チャーハン¥750@味平食堂 八日町の入り組んだ路地を曲がりながら進むと綺麗な緑色の暖簾が目に飛び込んでくる。この道、初めて通ったかもしれない。だから知らない街を彷徨っているみたいな気分だった。 11時に店に入ると既にテーブルが全てお客で埋まっていた。小さな路地の人気店のようだった。 マーボラーメンがオススメと聞いたのでマーボラーメンを軸に何かハーフサイズのご飯モノを注文しようと考えていた。メニューを見るとマーボラーメンが¥600で半チャーハンは¥400で、本当だと¥1,000のはずが、セットだと¥750と超お得ではないか。マーボを軸にしたいろんなセットがかなりのお得な価格になっているところを見るに「マーボ推し」がうかがえる。 「マーボラーメン半チャーハンをください」 そうコールして暫し待つ。 待つ間、他のお客の注文したものが運ばれる様子を眺めると、冷やし中華やトンカツとか、やたらと美味しそうで目移りした。 マーボラーメン半チャーハンが運ばれてきた。 たっぷりマーボがかけられたラーメン、丸く可愛い清楚な佇まいの半チャーハン。赤い辛子。 たっぷりマーボをまとわせて強目の縮れがかかった麺を激しく汁を飛ばしながら子供のようにでゅろでゅろと啜る。生姜の効いた爽やかなマーボだ。 汁に沈む前のマーボ急いで掬い上げひとくち食べた後の半チャーハンにかけてマーボチャーハンに。状況状況を変幻自在に楽しむのがメシの醍醐味だ。 添えられた赤い辛子は予想に反してニンニク味はなく、粉唐辛子を練って熟成させた感じで辛さと香りのバランスもいい味変をもたらす。 辛さで体温が上がり、じんわりと汗ばむ。何故かデトックスさえ感じる。 食べてる途中にサービスのドリンクを聞かれてアイスコーヒーをチョイス。食べ終えた瞬間にそれが出される無駄のないリズム感。店外を見るとお客が3組ほど待っている。待たせまいとテキパキ仕事をされてる姿がまたいい。 路地裏の人気店、また行こう。 ごちそうさま。 #会津ランチ #会津 #aizu #味平食堂 #八日町 #マーボラーメン #マーボラーメン半チャーハン #マーボラーメン推し #マーボーラーメン半チャーハンセット