やま かち

やま かちさんの My best 2016

シェアする

  • Twitter
  • facebook
1

兵庫県

割烹・小料理屋

やま かち

野菜好きの人のための野菜割烹料理店  野菜割烹「あき吉」は野菜をふんだんに使った料理が楽しめるが、なかなか予約の取れない人気の割烹料理店。特に女性に人気で、今日も男性は3人だけ(板さんを除く)。夜のコースは4500円(9品)と6500円(11品)の2つ。ランチもある。靴を脱いで上がるので、脱ぎやすい靴で行くのがおすすめ  今回は4500円のコース。   先付   夏野菜のクリーム和え   前菜   汲みあげユバのもろみ和え エビの芝煮とチーズカステラ など5品   椀物   とうものこしの真薯と焼きナス   お造り  ヒラメ、シマアジ、マグロ   蓋物   枝豆饅頭のあられあんかけ    焼物   トウガンとウナギのグラタン 合鴨ロース シイタケのもろみ もずく酢   炊合せ  お野菜の炊合せ食事   ご飯   トウモロコシご飯 香の物 赤出汁    デザート オレンジのアイスクリームとフルーツ  ほとんど野菜なんだけど、しっかりボリューム感がある。ご飯をおかわりしたことも、大きく影響していると思うが…。しかし、ほとんど油を使っていないので膨満感は全くない。肉メインだとこうは行かない。こういう料理を食べてると、もっと健康的になれるのでは…。もちろん、味も抜群。素材の活かし方もうまいし、出汁や味付けなど日本料理の基礎をしっかり押さえている。帰る際に、頭を打たないように注意したい。

2

兵庫県

焼き鳥

やま かち

西宮の上質で上品な焼き鳥屋  さくら夙川駅から南に下り、2号線を渡ってすぐのところにある「鶏天」、ミシュランガイト2016のビブグルマンに選ばれた焼き鳥屋である。店内はカジュアルな感じで、広々としている。2階にも席があって50人ほど入れるそうだ。焼き鳥屋とは思えないオシャレな空間。  やはり、「上白肝入り刺身4種盛り」(1700円)は外せない。白肝・こころ・ずり・ささみの4種。どれも新鮮で美味しいが、特に白肝が濃厚でビールがすすむw  焼き物も美味しい。「焼き鳥六本盛り合わせ(皮・ねぎま・つくね・肝・ずり・ねっく)」(1250円)は基本。つくねは間違いないが、肝の柔らかさには驚かされた。臭みは全くないし、焼き加減も最高。なんこつ(190円)の歯ごたえもよい。手羽先(240円)の焼き加減も最高で、外はパリパリ中はジューシー。  サイドメニューも豊富。鶏天サラダ(900円)は野菜たっぷり、2人ならハーフ(500円)で十分。インカの目覚めポテトサラダ(380円)は濃厚でおいしい。ちょっと量が少ないかもしれない。  テーブルの上に、串から身をはずすための金属製の道具が置いてある。さすが上品な町、串ごとガブリじゃないんですね。焼き鳥屋としては若干高めだが、美味しさや雰囲気を考えると、むしろ安く感じる。

3

兵庫県

焼き鳥

やま かち

こだわり店主のこだわり鶏料理  ミシュラン2016☆の「鶏一途」は、店主のこだわりが溢れている焼き鳥屋。1ケ月前から予約が可能だが、できるだけ早くに取っておいたほうが良い。その際、刺身盛り合わせを注文しておくことを忘れずに。刺身は取り置きなので、当日急に頼むことができない。やはり、刺身がないと魅力が半減する。  店は15席ほどでそんなに広くないが、煙モクモクの焼鳥屋とは全く違う。空間が広く、まるでオシャレなカフェのような雰囲気。一品ごとに出され、完食しないと次の料理が出てこない。焼き立ての一番良い状態で食して欲しいとのことで、ここにも店主のこだわりが見受けられる。 ・極上白肝入り地鶏刺身の盛り合わせ(1400円)  醤油やゴマ油でなく、塩やワサビでいただく。鶏の旨味・甘味が引き立って美味しい!新鮮な鶏肉でないと、できないことだ ・蒸し鶏とトマトのサラダ(700円)  結構ボリューミー。生野菜でお口サッパリ ・前菜の盛り合わせ(650円)  おまかせの5種で、この日は「キャロットラペ」「スイートコーンのポテトサラダ」「おくらと小松菜のにんにく醤油和え」「きゅうりの醤油和え」「干しきのこのグリル」 ・食べ比べ入り6本セット(1530円)  これ、いろいろな食べ比べができる。例えば、写真は雄と雌のネギ身の食べ比べ。一緒に食べると違いが判る(雌の方が若干柔らかく脂がのっている)が、一つだけだと全然わからない。店主のこだわりが半端ない ・地玉子と削りたて鰹節の玉子かけごはん(550円)  〆の一品。メニューにあった鶏パンも気になったが…  セットに入っていた「つくね」は超オススメ。食べるとじわっと肉汁が出てくる。これはぜひ食しておきたい。焼き鳥にしては若干高めだが、肉の新鮮さや手間を考えると、その価値は十分ある。

4

香港海鮮料理 和

店舗情報

兵庫県

中華料理

やま かち

素材を生かした大人の中華料理店  平日の12時過ぎに着いたが、ほぼ満席。やっぱり人気の店なんだね~。相席なら2階の宴会用個室でということなので、即座におk。階段を上って2階の個室に行くと、上品そうな初老のご婦人が一人座っておられた。軽く挨拶を済ませ、さっそくお目当てのランチを注文。 限定 和特製ランチ(1000円)  白身魚の卵あんかけ  海老の入ったオムレツ  蒸し鶏  茄子の肉詰め  スープ  ご飯orお粥  ザーサイ  杏仁豆腐  お粥はおかわり自由。全体に優しく上品な味付け。  家内は、小籠包(3ケ540円)と本格香港チャーハン(864円)を注文。チャーハンをちょっともらったが、パラパラしていて美味しい~。ディナーにも訪れてみたい店だ。 ----------------------  先日、ディナーに訪れたので、その時の写真を追加。まずは、「迷你(ミニ)コース」(3000円)を注文。内容は、   前菜3種盛り合わせ   ホタテと春雨のガーリック蒸し   きのこともんごういかの塩味炒め   フレッシュパイン入り酢豚   えび入りチャーハン   杏仁豆腐  さらに、アラカルトで以下のものを注文。   春巻き  1本200円   牛肉とピーマンの細切り炒め  1500円   鶏のレモンソース  1400円   海鮮あんかけ焼きそば  1500円  これで1人6000円程度。化学調味料を使っていないということで、いっぱい食べてもムカツクことはない。心地よい満腹感を味わった。

5

アノニム

店舗情報

兵庫県

フランス料理

やま かち

繊細な仕事と味を楽しめるフランス料理の隠れ家  カウンター8席のみで、完全予約制の隠れ家フレンチレストラン「アノニム」、こんな所にレストランがあるの?というような所にある。夜のコースは7500円のみ。シェフと奥さんの2人で切り盛りしている。今日は貸し切りにしてもらい、8人で訪れた。他の客に迷惑がかかるので普段は撮影禁止だが、今日は貸し切りなので許可が出た。では、さっそく料理をいただくことにしよう。 【アミューズ】小皿料理5皿  ・グージェール  ・イチジクのラルド(豚の背脂)乗せ  ・オイスターのペースト  ・ひき肉のブリック包みと温度玉子  ・バターナッツかぼちゃのスープ スパイスの泡 【前菜】  ・神戸産有機野菜のサラダ 【魚】  ・明石の鱸のヴァプール リゾット添え 【肉】  ・蝦夷鹿のロースト フレンチキャビア添え 【グラニテ】  ・ユズのグラニテ 【デザート】  ・クリームチーズケーキと栗皮  ・コーヒー  厳選された材料に惜しみなく手間がかけられ、独創性や想像力に富んだ料理の一つ一つに驚かされる。アミューズで一番印象的だったのが「オイスターのペースト」。牡蠣の旨みが凝縮したペーストで皿に模様が描かれており、芦屋の「ベッカライ・ビオブロート」のパンに塗って食べる。想像を超えた味であった。ペーストの後に「サ・マーシュ」のバケットに切り替わるのも、シェフの料理への強いこだわりを感じる。前菜や魚料理には地元の食材をふんだんに使い、そのコンビネーションの意外性に驚くともに、繊細で優しい味を楽しむ。そして、肉料理の「蝦夷鹿のロースト」。当然のことながら火入れは完璧、若干酸味のあるソースとの相性も抜群。なによりも、蝦夷鹿は脂質の含有率が低いのが嬉しい。味もさることながら、見た目の美しさや食べる人の健康にまで気を使った料理に大満足であった。  忘れていたが、ワインは料理に合わせていろいろ選んでもらった。8人だったので、ボトル1本頼むとだいたい1杯ずつ楽しめる。結構飲んだような気がする(3本までは覚えているが…)。料理中は非常に厳しい顔をしていたシェフも、デザートが終わると柔和な顔になって、いろいろな話をしてくれた。酔いも手伝って、和気あいあいの雰囲気が心地よかった。

6

中国酒家 同源

店舗情報

兵庫県

中華料理

やま かち

スパイスを巧みに使った中華料理  岩屋の「同源」は神戸では超有名店で、医食同源をテーマに、漢方やスパイスを駆使した料理を提供する。店はそう広くないので、予約は必須。美味しく食べて健康になるというコンセプトは、私のような食べることが大好きな人間にとって、本当にありがたい。 ・おまかせ三品盛り(900円)  すぐに出てくるので、料理が出てくるまでの凌ぎにもってこい ・エビのチリソース(1300円)  結構ピリ辛で美味しい ・保湯(1600円)  コラーゲンたっぷりの和牛のアキレス腱とスネ肉を、漢方食材とスパイスでじっくりと煮込んだスープ。身体の内側から、じんわりと悪い物が出ていく感じがする ・牛ホホ肉のやわらか煮(2000円)  本日オススメのメニューで黒板に書かれていた。ホホ肉の柔らかいことといったら… ・マーボー豆腐(980円)  結構辛いので、普通で十分。花椒が効いて唇がピリピリ。辛い好きの人でも、チョイ辛ぐらいにしてた方が… ・カニあんかけ炒飯(1600円)  パラパラ炒飯に肉厚の蟹の身と卵白のあんがたっぷりかかって、優しく体に染み渡る  超満腹で大満足、その上身体の中の悪いものが出て行ってくれてハッピー!

7

兵庫県

お好み焼き

やま かち

美味しい牛肉と創作鉄板焼きの店  ミシュラン2016でビブグルマンに認定された、阪神住吉駅近くの「菜花 NABANA」。美味しい肉と創作鉄板焼きが食べられる。調理人は1人しかおらず、一つずつ非常に丁寧に仕事をされているので、料理が出てくるのに若干時間がかかる。それにしても、ミシュランの調査員はどこでも行くんだね~ 。そうそう、「あまから手帳」にも掲載されている。 ・10種野菜のシーザーサラダ(490円)  まずは、定番の「シーザーサラダ」でスタート。 ・淡路産タコの鉄板焼き(980円)  タコの歯ごたえが最高~! ・インカのめざめバター焼き(590円)  サツマイモと間違うくらい甘くてホクホクしている。 ・ふわとろのオムレツトリュフソース(790円)  オムレツがふわふわトロトロ。また、トリュフソースが泣かせるw ・特上黒毛和牛モモ100g(1800円)と特上黒毛和牛ヘレ100g(2800円)  時間をかけてじっくり焼いた高級肉は、抜群に美味しい!それに赤身だけなので、健康に不安を持つやまかちには、とても有り難い。 ・アンチョビキャベツの焼きそば(790円)  アンチョビの塩加減が絶妙 ・ビストロ焼き(980円)  牛すじとトマトが乗ったお好み焼き。生地はフワフワでクリーミー、辛めのソースがかかったトマトが甘く感じられ、とても美味しい。 どの料理もしっかり仕事がされており、一ランク上の鉄板焼き屋さん。

8

四季彩料理 田菜花

店舗情報

兵庫県

割烹・小料理屋

やま かち

落ち着いた雰囲気の隠れ家和食店  鮮度抜群の素材をとても丁寧に仕事されている。見た目もきれいし、出汁が効いて味もやまかち好み。おいしい日本酒が豊富。初めてでも店の人との会話は楽しいし、テーブルにさりげなく花を飾るなど店の雰囲気もとても良い。これぞ和食という店。 写真は4000円のコース。  先付け(枝豆のお豆腐・小松菜と桜海老のチーズ和え・穴子と茄子)  鯛の新緑蒸し  造り3種(鮃・鮪・烏賊)  鱧の小鍋仕立て  海老の湯葉巻サラダ  黒毛和牛のローストビーフ  小豆島の素麺

9

兵庫県

洋食

やま かち

いつも行列ができる人気の洋食屋  店の前に、大きなスヌーピーのぬいぐるみ(3体も)を置いてあるのが目印。カウンターのみ15席しかないので、ランチ時には行列が絶えない。しかし、こういう店は回転が速いので、長時間待たされるということはない。少しだけ我慢して待てば、美味しい洋食にありつける。  ランチメニューは、カニクリームコロッケ(918円)、ビーフシチューオムレツ(864円)、ミンチカツレツ(864円)、ミックスフライ(864円)、ハンバーグ(864円)、カツカレー(864円)、オムライス(864円)など。サラダ、味噌汁、ご飯、漬物が付いてくる。ご飯、味噌汁のおかわりもおK。  店のイチオシは、カニクリームコロッケ。中のクリームはしっかりと粘りがあり、甘味の中にカニの風味とまろやかなコクがたっぷり。揚げ具合もちょうど良い。二番人気はビーフシチューオムレツ。比較的あっさりめのビーフシチューに、柔らかいお肉が3個。オムレツも、中の卵がトロトロでフワフワ。すごく上品な仕上がりになっている。料理は全体的に上品な味付けだが、メインの量もやまかちにはちょっと上品な気がする…  夜には、ふわふわたまごのオムライス(972円)というのがある。これはチキンライスの上の卵にナイフを入れると、とろっと開いてふわふわオムライスになるというもの。残念ながら、ランチにはない(薄焼き卵の普通のオムライスしかない)。その他、本格的なディナーもある。

10

だるまや 西新宿店

店舗情報

東京都

ジンギスカン

やま かち

臭みの全くないジンギスカン  東京出身の人が出張の際に連れて行ってくれた。人気店で、なかなか予約が取れないとのこと。ビルの2階にあり、狭いしお世辞にもきれいとは言えない。  店に入ると、既に玉ねぎともやしがジンギスカン鍋にのせられている。カンテキに炭火が入ってスタート。最初は店員さんが焼いてくれて、程よく焼けたらラム肉を自分たちで投入して焼く。つけダレを付けて食べるのだが、臭みは全くない。こんなラム肉は初めてだ~。韓国風サラダを勧められ、これがまたサッパリしていて口直しに最適。いくらでも肉が食べられるw  次に頼んだのがラムの塊肉。これは店の人が丁寧に焼ていてくれて、塊肉をはさみでカットしサイコロ状にしてくれる。焼くのに時間がかかるとのことで、ラム肉のタタキ(1240円)を注文して暫し待つ。ようやくサイコロステーキ?の完成。こちらは塩コショウで食べるが、カレー塩が美味しかった。  最後は、ラム肉ハンバーグ(2000円)。ジンギスカン鍋にアルミホイルを敷き、その上にラムのミンチを載せ成形する。ある程度焼けたら、上からガスバーナーで焼き目を付ける。これ、めちゃくちゃ美味しい!5分の1ほど残したハンバーグをつぶしてライスをのせ、ガーリックバターライスにしてくれる。もう、カロリー・オーバーなんて関係ない!  いや~、最初から最後まで驚きの連続。ラム肉がこんなに美味しいなんて、認識を新たにした。