Himawari Charmante

Himawari Charmante

料理は ”社会的な価値を創り変える行為” と言えば芸術ともいえます。この行為は名の知れたレストランの中だけに存在するのではなく、私の母の愛情たっぷりの鍋の中にも存在します。そこには母でしかできない絶対価値があります。”美味しい” という言葉は絶対価値です。なぜならばその料理は、その人しか創ることのできない仕事だから。

  • 39投稿
  • 12672フォロー
  • 2832フォロワー

好きなジャンル

  • アジア料理
  • エリア(すべて)
  • />
    ジャンル(すべて)
Himawari Charmante

Himawari Charmante

good

ヌッフデュパプ 六本木店

店舗情報

六本木駅

フランス料理

ソムリエ認定試験に、 友人がチャレンジするという。 岩手の食材をワインの肴に、 リースリングをチビチビ。 今年はこの辺が出そうとか・・・ あの葡萄はこんな味わいだとか・・・ ブルゴーニュの北から畑の順番はどうとか・・・ 今晩は聞き役に徹する。 面白かったのは、語呂合わせ暗記法。 友人はワインスクールに通っていないのだけど そのような本が出ているらしい。 例えば、メドック。 「サントスはポイでも樹里のリストラは無料だ。(まる)」 正解は、北からサンテステフ、ポイヤック、 サンジュリアン、リストラック、ムーリス、 マルゴーというわけですが。 サントスって誰だっけとか・・・ 樹里って女優の上野樹里さんのこと・・・とか 語呂合わせを覚えるるんだったら 普通に覚えた方がいいのではと思えて クスクス笑いが込み上げてくる。 そーいえば「良い国つくろう鎌倉幕府」 なんてゆうのがあったな〜なんて、 懐かしい思い出が蘇った、楽しいひと時でした。

Himawari Charmante

Himawari Charmante

excellent

ビストロノミー "ラトリエ1959" ヨコハマ

店舗情報

関内駅

ステーキ

久しぶりに関内。ワイン持ち込みで、異次元のTボーン。 横浜の肉料理はココしかない。 とりあえず、クレマンで乾きを癒す。 友人の姉が出産するらしく、まずは無事を祈りつつも そんな年齢になったことは嬉しいやら寂しいやら・・・ 夏休みの計画の情報交換をしつつ 持ち込んだ、モンラッシュを開けていただく。 電話でお願いしておいた、 車エビとウニのオードヴルにヒット。 仕事のストレスもすっかり晴れ晴れして 2人で上品なワインの酔い心地にうっとり・・・。 お待ちかね。コート・ロティとTボーンの登場。 焼きっぱなしのお肉とは、まったく別物の美味しさ。 もちこんだワインともマリアージュして 体中に幸福感が駆け巡る。

Himawari Charmante

Himawari Charmante

excellent

西陣 鳥岩楼

店舗情報

今出川駅

日本料理

<関西出張編 その3> 言わずと知れた鶏専門料理の名店。 井戸水を使ってゆっくり火入れした鶏肉とスープは 旨味が凝縮されているが雑味が無く丁寧な仕事ぶりがよくわかる。 このスープに、しっかり仕事が成された鶏肉と 京野菜や湯葉などを入れて炊く水炊きは 滋養が五臓六腑に染み渡るかのようにすばらしい。 鍋が仕上がるのを待つ間にいただくきも造りやたたきも 臭みがなく、仄かに甘いなめらかな食感で酒に合う。 小さな中庭を眺めながらの食事は、西陣の風情が味わえる。 町家を改築した座敷の天井や欄間も 当時の雰囲気が残されており目を見張るものがあり楽しめる。

Himawari Charmante

Himawari Charmante

excellent

丸太町駅

割烹・小料理屋

<関西出張編 その2> 京都きっての鱧料理の老舗。 150年受け継がれたその包丁さばきは見事というほかない。 淡路島近海で浜締めされた鮮度抜群の鱧を存分に味わえる。 その身だけでなく、骨も内蔵も味わい尽くす八寸は 堺萬ならではの逸品。 本来は仕出し料理を主体とする店だそうだが 2階の落ち着いた座敷で食事をすることができる。

Himawari Charmante

Himawari Charmante

excellent

草喰 なかひがし

店舗情報

元田中駅

日本料理

<関西出張編 その1> 銀閣寺に向かう道にひっそりと佇む。 上賀茂の山野を歩き回り、季節の恵みでもてなしてくれる。 自然の情景を鮮やかに映した品々は滋味に溢れ、野趣に富む。 種も葉も花もすべて食べ尽くした最後に 信楽焼のおくどさんで炊いた白飯とめざしが供され 料理の構成はクライマックスを迎える。 命の大切さと生きる喜びが心身に染み渡る。