h.tanaka

h.tanakaさんのMy best 2022

シェアする

  • facebook
1

東京都

ラーメン

h.tanaka

荻窪で話題の新店に行って来ました。店名は「there is ramen 」、直訳するとラーメンがある、面白い名前です。店頭のナルトの看板がかわいい。到着は丁度正午という事もあってか既に10人程の待ちが発生しておりました。そのあともあれよあれよという間に行列が増えてきて、あっという間に倍くらいになりました。まだオープンして間もないのに、決して目立つ立地でもないのにこの人気、かなり期待できます。並んでいる間もぶし系の香りが漂ってきて食欲を増幅してきます。注文は最初から決めていた味玉チャーシュー麺、1250円。ゴロチャー付きのご飯がサービスで付いてきます。間も無くして着丼、チャーシューが大輪の花を咲かせる美しいビジュアル。味玉は別添えになっておりました。まずはスープを一口、魚介の香りがフワッと鼻から抜けるあっさり過ぎない絶妙なスープ。麺はストレート麺で喉ごし抜群で、絶妙スープとの相性ぴったし。そしてチャーシューも柔らか過ぎずの絶妙な調理加減でおかずになるタイプ、ご飯のサービスがうなずけます。卓上にチャーシューだれとカラシが置いてあって、これがまたチャーシューをワンランクアップさせる魔法の調味料。らーめんもミニチャーシュー丼も無心にかっ喰らってあっという間にスープまで完食です。出てしまいました、今年No.1らーめんです。美味しかったです、ご馳走様でした。

2

東京都

ラーメン

h.tanaka

三鷹で歴史の長い中華そばみたかに行ってきました。雑居ビルの地下に構えていてカウンター席のみのお店です。厨房を囲う様にカウンターが設置されているのでらーめん着丼までの時間がライブで見れるのが初めての体験でした。注文は五目チャーシュー850円、らーめんには珍しいピーマンが真ん中に盛られていてその下にはたっぷりのもやし。しっかりめのゆで玉子にメンマ、ハムとが五目のベースにあって豚バラチャーシューという構成です。まずはスープを一口、あっさりしている中にも深みを感じる美味しい醤油スープ。麺は太めのごわごわ麺でこしがあってめちゃくちゃ旨い❗他では味わった事の無い唯一無二の感覚を味わえます。そのあとは一心不乱にかっこんであっという間にスープまで完食です。店員さんもとっても感じが良くてお腹も気持ちも満たされる最高の逸品を頂きました。美味しかったです、ご馳走様でした。

3

愛知県

とんかつ

h.tanaka

名古屋遠征第2弾。覚王山に今年オープンしたという新進気鋭のとんかつ屋さんです。外観もお洒落な造りで店内も清潔感溢れる落ち着いた空間が広がっていました。どれにするか迷う所でしたが、初訪問なのでまずはという所で上ロース御膳1600円ととんかつ屋さんでは珍しい部位のリブロース御膳1900円にしました。卓上調味料に2種類の岩塩とスポイト醤油が3種類用意されていて待っている時間中ワクワクが止まりません。ご飯にも拘りがあるらしく最初に今日のご飯は富山県さんのコシヒカリとの説明がありました。カウンター内に釜が置いてあってその都度よそっていました。因みにご飯はお代わり何杯でも無料です。間も無くして運ばれてきた来たのは両方とも断面がほんのりピンク色で恐らく丁寧に低温調理されたさくさく衣の映え映え御膳でございます。上ロースの方は脂身の少なくさっぱりしていて、リブロースの方はしっかり脂身があるのですがその脂身が非常に上質な甘味溢れる絶品ものでした。一口食べてとんかつオブザイヤーという事はわかりました。あとは一心不乱に卓上調味料やわさび醤油、山椒などを駆使しまくって、ご飯も3杯お代わりの最後にTKGでフィニッシュです。めちゃくちゃ美味しかったです、ご馳走様でした。

4

東京都

ラーメン

h.tanaka

九段下の名店二階堂つけそば編‼️先日来たばかりでしたがその時に他のお客さんが食べてるのを見てどうしても味わいたくなって我慢できずにやってきました。つけそば味玉付きで丁度1000円、麺の量も並みで200g、中で300gから選べるとの事でしたので迷わず中にしました。特製つけそばじゃないと付いてこないと勘違いしていた味付け野菜もしっかり付いて来たのは嬉しい誤算。スープはらーめんスープにも感じた日本そばスープの様な出汁をうっすら残しながら桜台の丸長の様な甘辛スープです。丸長程ジャンクさは無いのですが、らーめんとのギャップに大将の幅の広さに感服。そして麺は完璧なアルデンテのつるもち麺に味玉は完璧な味の染み込み具合に黄身のねっとり感は正に神業の領域です。夏は冷やし中華もあるそうなので絶対来ます!美味しかったです、ご馳走様でした。

5

東京都

ラーメン

h.tanaka

先日テレビのらーめん特集に取り上げられていた話題の新店に行ってきました。着いたときはそれほど並んでいなかったのですがあれよあれよという間に長い行列が出来て行きました。国道246から脇にそれた所にあってお世辞にもらーめん屋さんの立地として好立地とは言えないのにも関わらずこの行列は凄い、期待が膨らみます。オーダーはテレビで薦めていた特製塩らーめん1250円、最近は1000円越えが当たり前のらーめん業界になってきましたね。食券に必要事項を○して渡すのですが、麺250g、脂普通、味普通、本わさび有りにしました。わさびはチャーシューに付ける用だそうです。間も無くして着丼したのは当たり前ですがテレビで見たあの美しいらーめん。丼並々までスープが迫っていて極厚チャーシューが2枚も中央に鎮座、味玉の脇にはワンマンが2つという構成。そして麺をひとすくいするとテレビでも言ってましたが極太麺でいながらの喉越しの良いつるつるの多加水麺。チャーシューはオーソドックスなタイプだけどわさびで頂くと確かに初めての感覚でお肉の単品料理を食べてる感覚になります。スープは塩であっさりのはずなのにガツンとパンチが効いていて、あれだけ並々だったスープも気づいてみたら飲み干す寸前でした。美味しかったです、ご馳走様でした。

6

東京都

ラーメン

h.tanaka

魂中発作が起きはじめて来たので重症化する前に行って来ました。正午過ぎの到着で待ちは5~6人、回転も早い方なので、ものの10分ほどで入店でした。毎回今日こそはいつもと違うオーダーにしようかとも思うのですが、今回も安定の中華そば中盛りにしました。こないだまではま920円でしたが昨今の値上げ傾向に伴い950円になってましたが中盛り無料なのでそれでもコスパ高めと感じます。間も無くして着丼したのは相変わらず美しいビジュアルの一杯です。大振りのチャーシューがど真ん中に鎮座する姿は圧巻です。そのしたにふんだんに盛られたご主人こだわりのツルツル喉ごし抜群の麺❗毎回この麺を喉ごしで楽しむ為に通っていると言っても過言ではありません。こだわりは絶対に麺を噛みきらない事としているので毎回口の中が火傷しますが、そこだけは譲らず続けております。チャーシューもとろとろで箸でつかむのもままならない程でした。本日も美味しかったです、ご馳走様でした。

7

東京都

ラーメン

h.tanaka

八重洲の地下街にある七彩飯店。麺屋七彩が運営している店舗っぽいです。こちらのメニュー、確かに知らないと中々たどり着けない定食メニューかもしれないです。それを証拠付けるかの様に他のお客さんは皆らーめん絡みのメニューをオーダーしており、新人さんと思われる店員さんも食券を読み上げるのに一瞬躊躇があったように感じました「あくまでも個人的な見解」。間も無くして運ばれてきたのは最高のバランスに整えられたチャーシューとシュウマイの一皿、ごはんもたった20円のプラスでマンガ盛りへと変貌を遂げておりました。チャーシューは極厚小降りの拳レベルのボリュームのが三枚も。シュウマイも追加するか迷いましが今回は控えて懸命なだと思わせてくれる程のでっかいシュウマイが2個。総合的にもマンガ盛りのご飯で丁度良いバランスの定食だと思いました。小鉢のネギ塩脂がこれまた良い仕事してました。美味しかったです、ご馳走様でした。

8

神奈川県

ラーメン

h.tanaka

下手したら何十年振りの湘南江ノ島です。すっかり雰囲気が変わった感じもありますが、やっぱり海岸沿いを歩いているだけで非日常になれる不思議な空気感がありました。自分も含め観光客でごった返す商店街の中に構えるお洒落な佇まいの比較的新しいと思われるらーめん屋さん。野菜がたっぷり乗ってる以外は真っ黒醤油スープに薄めにスライスされた豚肩ロースと思われるバラのチャーシュー、まるで京都の新福菜館を彷彿とさせる見た目です。半チャーハンも同様にらーめんタレをベースにしていると思われる黒目の見た目ですが、どちらも不思議にも濃すぎる事なく スッキリとしていてキレの良い味わい。そんな所も新福菜館に似てる感じがしました。湘南であの懐かしさを感じられるとは思いませんでした。美味しかったです、ご馳走様でした。

9

東京都

そば(蕎麦)

h.tanaka

入谷の老舗お蕎麦屋さんの東嶋屋へ初訪問。お目当てはカツカレー。以前SNSで見かけたビジュアルに一目惚れしてから念願のご対面です。注文を受けてから一杯づつ丁寧に作るとの情報も事前に仕入れていたので待っている間にお新香と瓶ビールで一杯やりながら待つことにしました。そしてお新香も300円とは思えないくらいの美味しさとボリューム。中瓶飲み干すのに丁度良いあてとなりました。図ったかの様にビールが終わりかけの頃にカツカレーが着丼❗待ってました、これこれ~というライトイエローが映えまくっている美しい見た目に感動です。さくっと記念撮影を終えて一口頂くと衝撃的な旨さ‼️これはカレーというよりもこういう食べ物という新たなカテゴリーわけをしても良いのではないかと思ってしまいます。カツも厚めのロースカツでさっくさく、油の旨味を纏っていてほんのりスパイシーでこく深いどろどろルーにぴったりです、正に至福の時間を過ごしてしまいました。最高に美味しかったです、ご馳走様でした。

10

東京都

とんかつ

h.tanaka

大塚駅から徒歩3分程の所にひっそりと構えるとんかつ屋さんです。でも本日のお目当ては生姜焼き定食何と2950円。他のとんかつ系定食でも1000円台におさまっているのに比べても一際目立つ値段設定となっております。店長おすすめマークも付いているのでそれも背中を押してくれた要因の1つ。わくわくしながら待っているとチョモランマ盛りされたキャベツに想像以上に分厚い豚肉がカウンターにスタンバイ。あとがけでその都度作っている生姜焼きのタレがじゅわじゅわ~、よだれもんです。早速一口頬張ると思っていたよりも柔らかく脂の旨味が口一杯に広がります。大根おろしが付いて来るのですがそれが脂っこさを見事に中和させてくれてよく考えられたサイドだと思いました。お漬け物や出汁の効いた赤だし味噌汁が良い箸休めにもなっております。チョモランマ盛りのキャベツも生姜焼きのタレがしっかり絡んでこれだけでも充分おかずになります。しかしこのボリューム感はほとんどチャレンジメニュー級です。美味しかったです、ご馳走様でした。